2019年06月05日

履修のすゝめ

どうも、A澤M吉でございます。
改名の理由は、今回のタイトルから察していただけるかと思います。笑

 さて今回は留学先大学での授業履修の方法及びアドバイスを書いていきたいと思います!

履修登録は渡航前に済ませておこう!
 アメリカの大学でも日本の大学と同様、オンライン上での履修登録です。しかし授業にはそれぞれの定員人数が定められており、それを超えてしまった場合、自分の取りたい授業が取れなくなってしまいます。それを避けるためにも大学から正式な受け入れ許可が降りたら、まずは自分の大学アカウントを作りましょう!これがなければ履修登録はできませんので要注意。どうしても受けたい授業がある場合には、すぐに国際交流課に連絡し、myuncc.eduのアカウントとパスワード登録を始めてください。そして、取りたい授業を開講している先生に直接メールをして席を取っといてもらいましょう。この時に自分が交換留学生であることを伝えておけば、大半の先生方はお優しいので配慮をしてくださったり、特別措置を講じてくれると思います授業はコースカタログ(いわゆるオンラインシラバス)を参照にして下さい:https://registrar.uncc.edu/node/55


のような課題との戦う日々

 アメリカの大学では日本の10倍、いや100倍?もの課題が出されます。授業はだいたい週に2回、そして毎回のごとくレポート地獄です💦ですが全てが全てそんな授業ばかりではなく、中にはダンスやゴスペルなどの実技系試験や用語の意味を答えるだけというものもありますのでご安心を。大学の単位互換を行わない方は前期セメスターにこれらの授業を中心に履修することで英語に慣れていくのがいいかと思います。

 そして後期セメスターは少しガッツリ!…とおもっていたのですが、帰国が迫っているということもあってかなりハードな時間割にしてしまいました。授業にも1〜4年生向け(いわゆる難易度コード)みたいなものがあり、授業の数字4桁の1桁目を見ればわかります。例えばDANC1102であればこちらの1年生向け、TESL4204であればこちらの4年生向け。

 私は後学期に学期レベル4を3つとレベル3(オンライン、これがまた厄介)1つ、そしてダンス2つと日本語のアシスタント(登録しなかったので単位なし、ボランティアと呼ばれています)と計7つの授業を受けていました。


前期セメスターの授業日程

8:15-9:30

ジャズ

初級

 

8:15-9:30

ジャズ

初級

  

10:00-11:00

日本語

アシスタント

 

10:00-11:00

日本語

アシスタント

10:00-11:00

日本語

アシスタント

10:00-11:00

日本語

アシスタント

2:30-3:45

バレエ

基礎

1:00-2:15

英語学

3年生向け、ちょっと難しすぎたのでwithdraw

2:30-3:45

バレエ

基礎

  
 

11:45-12:30

日英翻訳

 

11:45-12:30

日英翻訳

 
 

2:30-5:45

教育に

おける

多様性

   

 木曜日は授業終了後、毎週のようにおじょー(初回ブログ記載、のちに情報追加予定)宅で焼肉や日本食作りをしていました!笑 ダンスの授業はアメリカの高カロリーな食事に負けないように取り続けていますが、脂肪と筋肉で身体は大きくなっていく一方です…

 こうして前期は比較的のびのびしていましたが、周りの留学生はみんなハードなスケジュールをこなしつつメキメキと英語力を向上させていきました。「このままではアカン」と思い、後期は張り切って授業をいっぱい登録したのです。これがのちに自分の首を絞めることになるとは知らずに…



後期セメスターの授業日程


10:30-11:45

バレエ基礎

10:00-11:15

TESL 移民のための学級経営

10:30-11:45

バレエ基礎

8:30-10:45

現地小学校での調査学習

 
 

11:30-12:45

日英翻訳

 

11:30-12:45

日英翻訳

 

12:15-1:30

モダンジャズ

1:00-1:50

日本語アシスタント

12:15-1:30

モダンジャズ

  

1:45-2:15

日本語アシスタント

:30-:45

日英翻訳

1:45-2:15

日本語アシスタント

:30-3:45

日英翻訳

1:25-2:15

日本語アシスタント

5:00-8:45

パブリック

スピーキング(月曜夜中までに提出の課題の負担になるためwithdraw

    

 はい、1つ1つの授業について説明していきます。

月・水

バレエ1年生向け、テストはフランス語のスペリングと英語での説明なので一応勉強は必要。楽しい!

モダンジャズ…これまたダンスで2年生向け。担当のAudrey先生は前期のバレエでもお世話になっていて、とても良かったので取ってみた。しかし思った以上に履修メンバーがハイスペックで、現役のチアリーダーや過去に大会で受賞歴のある人もいるので度々心を折られそうになっていることはここだけの話。そしてテストはグループでの創作なので黙って同意してるだけでは通用しません!何かしらの発言が求められます😇


木彫以外の週4

日本語アシスタント…アシスタントとしての仕事は学生の課題の丸付け(結構大変)、2回の模擬授業、及び各学生とのセッション2回。 今期の先生はとても授業が上手で素敵な女性です✨アシスタントの私にも意見を聞いたり発言させてくださるのでやりがいを感じています!

パブリックスピーキング…交渉によって聴講生として登録しました。私の場合、スピーキング力の向上と人前での話し方(教員志望なので)を学びたいと思って取りました。しかし、他の授業の課題レポート(すべて月曜の夜中までが締め切り)が毎週3〜4個出ると分かり、取り続けるつもりでしたが全てがおろそかになってはいけないと思い、泣く泣く諦めました…


火・金

TESL(英語を第二言語として学ぶ学習者への指導法)+現地小学校での調査学習

…日本語アシスタントこの授業を取れることがUNCCを選んだ大きな理由でした。しかしこの授業、かなりハードで前半は毎週2回レポートの提出が求められます。これは予想していなかった。おかげで今まで避けてきたリーディングとライティング習慣が身につきました😇そして小学校での調査学習、これは主に移民としてアメリカにやってきた児童を受講者が各自1名ずつ担当し、一緒に彼らについてのビデオを作成するといったことを目的に行われるものです。わたしは2年生の女の子を担当していましたが、わたしがインフルエンザでダウンしている間に違う学校に転校してしまったようです…代わりに附属の幼稚園で園児全員と関わりながら、アメリカで学んだことや自分の留学までの経緯についてのビデオを作ることになりました。この授業についての詳しい情報は機会があればまた書こうと思います。

日英翻訳✖2TESL及び日本語の授業から15分後にあります(つらい)。担当のBoyd先生は…な、なんとあのT大の日本文学博士課程を卒業された素晴らしいお方です!かなりマニアックな文学の翻訳をします(褒めている)。そして受講者も日本への留学経験者が多く、本当に日本語や文学が好きな学生さんが多いのでいろいろなことを教えあうことができるのでオススメです😄

 そして!私は前期後期合わせて4つの授業を履修し、無事全てをpassできましたので日英翻訳のcertificateをいただくことが出来そうです!将来何らかの形で自分の強みになるといいなぁ😍しかしまあ、後期はほとんど毎日課題に追われ、死にそうになりましたのでみなさん、履修の際には欲張りすぎず、ほどほどに。キャパをオーバーしてしまうと後々苦しくなるのでできる範囲で着実に物事を進めていきましょう😅


ではまた!

posted by マヤチュアンA GO GO at 11:21| 大分 ☔| Comment(0) | 2018-2019アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

始動!留学生活を最高のスタートにしよう!家選び編 〜オンキャンパスかオフキャンパスか〜

どうもこんにちは!アメリカのノースカロライナ大学シャーロット校に留学していたマヤチュァンです!

ブログの更新をせねばと思いつつ、なかなか更新できずすみません😓留学が決まった皆さんはおめでとうございます!早急に交換留学先からもらったアプリケーションを済ませ、取りたい授業や住居についての下調べを始めてくださいね😉笑 留学までの道のりは長いですよ!

留学生活を最高にするためには始めが肝心!今回はそのために必要なことについてお話ししていきます。お役立ちリンクも乗せておくのでぜひご活用ください!

◯家選び編 〜オンキャンパスかオフキャンパスか〜

 どうやって住む所を選ぼう、初めての人たちにはハードルの高いことだと思います。やはり初めてだからとりあえず半年間は学生寮に住んで、そこからオフキャンパスに移った方が何かと便利だと思い、私はオンキャンパスを選びました。しかし盲点だったのが契約書にはしっかりと、1年契約と書いていたのです!!途中で引越しすることはできないので注意。以下のことを踏まえた上でリサーチしてみてくださいね😉


◇オンキャンパス…UNCCの場合、Witherspoonと呼ばれるところは便利もよく、日本人留学生も多いのでオススメ。

概要:https://housing.uncc.edu/housing-options/buildings/witherspoon-hall

ちなみに私の住んでいたのはHolshouser Hallと呼ばれるオンキャンパスハウジングの中で3番目にお安いところ(South Campus、橋を渡ってすぐにSOVIと呼ばれる食堂があります)。前述したWitherspoon Hall(North Campus)の真反対にあります=あまり便利が良くないかも笑

概要:https://housing.uncc.edu/housing-options/buildings/holshouser-hall

Holsh.jpgSoVi.jpg

UNCC Housing(オンキャンパスハウジングのウェブサイト。家の料金や寮の規則などの詳細が書かれています。)https://housing.uncc.edu

(長所)

・留学生はほとんどっこっちなので友達もできやすく、助け合える。

・キッチン付きを選べばミールプランも取る必要がないので自炊も可能(ちなみに私の場合はミールプラン必須のアパートメントタイプでした)。逆にキッチンのない場合はミールプランをとれば自炊の手間が省ける、しかし食べ過ぎ注意!


(短所)

・決まりが色々と厳しい。鍵がオートロックなので部屋に閉じ込めた場合は5ドルで合鍵を借りなければならない。

・建物が古い場合、空調が良くないことがある。

・高い、安くて月900ドル。高いところは月12001300ドル。

1年契約なので半年契約とかはできない。オフキャンパスのアパートメントを考えている場合はまずオンキャンパスの部屋を確保したのち払い戻し期間までにどうするかを決めてキャンセルしなければお金を取られてしまう。


◇オフキャンパス…住んだことがないのでよくわかりませんが、だいたいこんな感じ。

UNCCのウェブサイトにもいくつか載っていますが、自分でもう一度各アパートメントのホームページに飛んで概要を読んでみることをお勧めしあます。https://offcampushousing.uncc.edu

ちなみに友人宅の近くにMillennium Oneと呼ばれる良さげなエリアがあったので参考までにサイトを載せておきます。https://m1apartments.com...家賃約700ドル/月、敷金350ドル。3人部屋、プール、ジム、シャトルバス付き、留学生の入居も可。契約期間:8/17〜7月まで。途中退去は認められるが、契約期間中の家賃は払い続けなければならない(私調べ)

P-ZFx17Tfnu.jpgfloorplan_detail_D1-e5c62852e14f4f230bcab23623d390a9.jpg

(長所)

・比較的広く、良い部屋が安価でもらえる、月500-700ドルくらい。

・プールやジムなどがついていてもちろん無料で使える!学生向けのショッピングセンターやフードプレイスの多い所を探してみましょう。

・契約、友達づくりなどを通して自主性が身につく


(短所)

move-inの時期が遅い(おそらくオリエンの23日後)。友達を見つけて住まわせてもらうかホテルで過ごすか、もしくは学校のホームステイプログラムにお願いするか。

・車がない場合は大変。歩いて帰るということは危険なのでやめた方がいい、シャトルバスが出ている所を探そう(運行時間は基本、朝8時―夕方5時まで)。

・手続きを自分でやらなければいけない。



◇家探しの手順(共通)

.オンキャンパスのハウジングを調べるにはまず学校周辺をキャンパスマップを開いてみましょう。そして取る授業を把握しているのであれば教室の確認を行い、利便性などを考慮することをお勧めします(朝早い授業なのに教室が自分の住む寮と真反対、とかだったらちょっと不便ですもんね😓)。オフキャンパスの場合は”student apartment near UNCC”, ”student apartment near station”などの検索ワードやGoogle Mapを使って調べる。

CampusMapUNCC.jpg

.料金や場所、シャトルなど自分の知りたい条件をそのアパートメントハウジングのホームページで調べる。

3.念のためわからない所をダブルチェック(メールか国際電話、これは大分大学に来ている留学生に助けてもらえばいいと思います!もちろん私もお助けできます!)

4.ホストファミリーやUBAR or Lyftの力を借りて学校周辺まで行く。

※詳しいことを聞きたい場合はこのようにメールか国際電話を使って日本から事前に連絡を取っておくことをお勧めします。先方から返信があり、良い感じだと思ったら手続き書(free application)をメールで送ってもらえるかを聞いてみよう(オフキャンパスの場合)。必要なのは名前とメアド。場所によってはハウジングツアーをしてくれるらしい。

家選びに必要なのは学校までのシャトル等がしっかりしているか、周囲の環境の良し悪し(授業教室までのアクセス、治安、ショッピングセンター等々)そしてジムなどの設備が整っているかもしっかり調べておきましょう。Move in-move outの可能な時期(留学後のオリエンテーション前にしっかり間に合うよう1−2日の猶予を持ちましょう)。


どちらも良し悪しありますが、オンキャンパスは利便性でいうと充実した学校設備をフル活用できる点で、またオフキャンパスは安価で良い環境よ得るために自分でどんどんチャレンジしていけるという点がオススメです!
posted by マヤチュアンA GO GO at 09:42| 大分 ☔| Comment(0) | 2018-2019アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月08日

オランダ NHL大学 3

こんにちは、
オランダのNHL Stenden に留学しているedoです。

桜も咲き、春の訪れを感じることができるものの、いまだに低気温には悩まされる一方です。もう5月なので、暖かい日々が訪れると思いきや、普通に寒いです。特に朝は凍えながら学校へいく毎日です。早く、ダウンジャケットを手放せるような気候になってほしいものです。

2月の初めから、新たなセメスターが始まり現在私はInnovation & Leadership というマイナーを取っています。このマイナーは前半の2月から4月くらいまでは、様々なビジネスモデルを学んだり、様々な企業を例にしてその企業のビジネスモデルをイノベートする練習をします。後半の方は、実際の企業からの依頼を受けて、その企業のビジネスモデルを考えたり、新しいビジネスを考えて提供するというものです。本当にたくさんのビジネスモデルが出てくるのはとても難しいですが、同時にとても興味深いものです。前半の方はもちろん基本的に授業は毎回グループワークになるのですが、前回のインターナショナルビジネスとは違ってグループが固定されているわけではなく、毎回自由に座って近くの人とグループを作って、作業を行う感じになります。金曜日だけは、リーダーシップについての授業で、他の曜日は色々なビジネスモデルキャンバスについて学んだり、ビジネスモデルをイノベートしたり、新しいサービスを考えたりします。毎回の授業でクリエイティブになることが求められるので、私に取ってはとても難しいのですが、他の生徒たちはアイデアが止まらんと言わんばかりに次々と発言するので、本当に自分の力のなさを痛感する日々ですが、他の生徒たちからたくさん学べるという点では、とてもいいマイナーだと思います。4月の半ばには中間テストのようなものがありました。2人組を作って、30分間という限られた時間で、自分がどんなことを学んだのか、どう成長したのかという部分をリーダーシップパート、ビジネスモデルパート、イノベーションパートの3つに分けて、プレゼンテーションをするというものでした。何をしても、何を使ってもいいということで、とても自由なテストでした。私たちは、クイズをしたり、短いビデオを作ったりしまして、とても楽しめたと思います。現在は、授業も後半部分に入り、3人ずつの固定グループを作って、グループごとにそれぞれの会社のためにビジネスモデルや新しいビジネスを考えたりします。私のグループはFriesland Campinaという会社の担当です。グループメンバーの一人が授業に来なさすぎて、先生に後半の授業に出ることを許可されなかったので、私たちのグループは2人だけでやらないといけなくなりました。このマイナーの前から、彼のことはよく知っていて、時々出かけたりしていたので、彼のロスは正直とても痛いです。次彼に会った時は、しっかりクラブは週3までにしとけということを伝えたいと思います。残り約一ヶ月で、最終的にAdovisory reportを作らないといけないので、正直時間との戦いになりそうですが頑張ります。

あとこのマイナーでは、Slackというアプリを用いて、授業の写真を見つけたり、スケジュールを見つけたり、授業で使ったプレゼンテーションを見ることができます。授業で使った写真はアサインメントによく使うので保存が必須です。最初に先生が何もかも写真も全てSlackに載っけるからと言っていたのですが、マジでびっくりするくらい載っけません。とてもいい人なのですが、嘘つきは良くないなと心の底から思いました。だから、もしこのマイナーを取ろうと考えるなら、毎回の授業で自分でしっかり写真を取って保存することが大切です。

最近はお金があまりなくなってきたので、今月は節約を頑張る月にしたいです。
以上オランダより、edoでした。


posted by edo at 08:30| 大分 ☀| Comment(0) | 2017-2018ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

暑くなってきました

シンチャオ!
ベトナム国家大学ハノイ校に留学中の学生です。

ハノイも3月頃からだんだん暖かくなってきました。

ベトナムは南部と北部で気候に大きな違いがあります。
南のホーチミンは1年中夏と言って良いくらい暖かいですが、私が滞在している北部のハノイは11月頃から気温が下がり、12月には防寒具が必要なほど気温が下がります。日本ほど寒くはなりませんが、寒い時で10度を下回る日もあります。

そんなハノイも最近では40度近くなるほど暑くなる日もあり、そんな日に外を歩くと尋常ではないほど汗をかきます。

そんな日でもベトナム人はあまりを汗をかいていないので、やはり国の気候に対応しているのかなと感じました。

もし、ベトナムに留学に来るのであれば、防寒具はベトナムで購入することをオススメします。
私は、荷物を減らすためにベトナムで安いものを購入し、帰国するときは捨てて帰ることにしました。

そんなベトナムでの生活も残り2ヶ月ほどになったので、悔いの残らないように生活していこうと思います。

それでは
posted by トム at 16:13| 大分 ☁| Comment(0) | 2017-2018ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月03日

ドイツ パダボーン大学 B


Guten Tag!


ドイツ・パダボーン大学に留学中のGusです。

 ついに春が訪れました。歓喜!!パダボーンの今の時期は気温が上がり、晴れの日も多く、非常に快適で過ごしやすいです。あの暗くて寒くて長い冬を乗り越えたからこそ、快晴の青空で気持ち良く朝を迎えれることはより嬉しく感じます。待ってましたと言わんばかりに外には多くの人が出掛け、芝生でゴロゴロしたり、公園で遊んだり、ピクニックをしたり、冬に溜まったであろうストレスを解消している様子です。


・近況

2月は旅行、3月はホームステイをしました。旅行を通してその地の文化や歴史を知ったり、人と交流してリアルな生活を肌で感じることは、留学しているからこそできる体験だと思います。パダボーン大学は大分大学のように約1ヶ月半春休みがあるので、旅行や自分がしたいことに時間を当てることができ、有意義に過ごすことができました。
4月に入り、以前と比べ格段に日照時間が長くなりました。最近は21時頃にようやく日が沈みます。本格的に夏になると22時頃まで明るいそうです。カーテンを開けてはまだ明るいんかいと心の中でツッコんでいましたが、そんなヨーロッパ特有の気候にもやっと慣れてきました。イベントや新しい友達との出会いにも恵まれ、新学期を良いスタートが切れました。一方で、寮からのドイツらしい街並みを見て、この景色が見れる回数も少なくなってきたなあと留学生活が終わりに近づいていることを感じながら過ごしています。


・セメスターチケットについて

 ドイツの大学生の多くがIC、ICE (日本の新幹線のような列車種)以外の公共交通機関が無料になるセメスターチケットというものを持っています。使用期限は1セメスターで、値段は約300€(約40000円)です。州によって乗れる範囲はそれぞれですが、パダボーンがあるNRW州(ノルトラインヴェストファーレン州)では、州内どこでも使えます。NRW州には世界遺産ケルン大聖堂が有名なケルン、多くの日本人が住んでいるデュッセルドルフなどの大きな街もあり、これらの場所に行き放題というわけです。また、ドイツのほぼ全ての大学は学費を払わずに勉強することができ、パダボーン大学では学費に代わり年間約600€払ってセメスターチケットなどの学生登録費用を徴収しているということです。このことだけでもドイツがいかに学生に対する制度が充実している国ということが分かります。
 そして飛行機を利用する旅行をする時、このセメスターチケットは真価を発揮します。なぜなら州内どこでも移動できるための空港の選択肢が増えるからです。旅行計画を立てる際、行き帰り別の空港を利用することもでき、より安くより自分のスケジュールに合った計画を立てることができます。この点はドイツに留学する上でかなりのメリットだと思います。


IMG_8873.jpg

ベートーヴェンが生まれた街ボン!NRW州のボンの桜はドイツの中でも有名で、満開の桜は鮮やかで多くの観光客で賑わうそうです。自分が行ったときはまだ満開ではありませんでしたが、長く続く桜並木はボンの街並みに映え、和の桜とヨーロッパの建物のコラボレーションは乙なものでした。

IMG_9098.jpg

なでしこJAPANが奇跡的に自分の街に来ました。パダボーンにはドイツ2部のプロサッカーチームがあるものの、ドイツにはたくさんのサッカースタジアムがあり、多くの街がある中で、なぜ日本対ドイツの国際親善試合の場に選ばれたかは不明ですが、またとない試合を住んでいる街で見れることは感激でした。


もうあっという間に帰国が頭によぎる時期になりましたが、残り少ない留学生活を大切に過ごしていきたいと思います。

Tschüss!!



posted by Take at 19:05| 大分 ☀| Comment(0) | 2018-2019ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィンランド TAMK大学🇫🇮3

こんにちは!

留学生活も残り少なくなってきたので3回目のブログを更新します。

4月に入ってから日が暮れる時間は日に日に遅くなり、今は夜10時ぐらいにやっと空が暗くなります。なので、時計を見ないと今が何時なのか分からなくなります笑 気温も上がってきて半袖の人も見かけるようになりました。ただ、ブログを書いている今日はまさかの雪が降っています😂気温の変化が激しいので風邪をひかないようにしなければです。


さて、今回のブログで何を書けばいいか迷ったのですが、フィンランドのことを知ってもらう意味も込めて私のお気に入りのお菓子を紹介したいと思います。その名もルーネベリタルトです。フィンランド国歌の歌詞も書いた詩人、ルーネベリさんの誕生日である2月5日はルーネベリの日と言い、彼の奥さんが彼のために作っていたルーネベリタルトが年明けからこの日にかけて街中のカフェやお菓子屋さん、スーパーマーケットで売られます。フィナンシェのようなしっとりした生地の上にアイシングとジャムが乗せられています。この生地にはクリスマスで食べるジンジャークッキーを砕いて入れていることと、フィンランドのお菓子には欠かせないカルダモンというスパイスが入っていることから、少しスパイシーな味がします。スパイス系の味が好きな私はこのお菓子の虜になりました。上記の特徴はみんな同じですが、その味はお店ごとで全然違うので、いろんなお店のものを買って食べ比べをして、自分のお気に入りのお店を見つけるのが楽しかったです。このお菓子は期間限定なので、留学に来た人には是非試してもらいたいし、ポルヴォーという場所に限っては一年中ルーネベリタルトが食べられるので、旅行でフィンランドに行く場合でも訪れてみてぜひ楽しんでほしいです!留学中は日本食が恋しくなることもありますが、その国ならではのお気に入りの食べ物を見つけるとテンションが上がります!


TAMK大学の春休みはとても短いですが、そこを利用して友達と旅行に行きました。また、セメスター間にも何個か連休があったので一人旅をしてみました。友達と行く旅行は心強くてもちろんとても楽しかったですが、一人で行く旅も現地で出会った人と仲良くなったり街をひたすら散策して可愛いお店を見つけたりするなどいろんな経験ができて楽しかったです。ヨーロッパに留学する大きな利点の一つとして、旅行がしやすいことが挙げられると思います。フィンランドは北欧なので、陸路で行くことができる国は少ないですが、それでもフェリーや飛行機を使えば、日本から行くのに比べて費用も時間もはるかに少なくヨーロッパ旅行をすることができます。もし留学先に悩んでいて旅行が好きな人はヨーロッパの国にするのもいいと思います。

もう留学先も決まっていろんな準備が始まる今の時期にはちょっと遅すぎる話題だったかもしれませんが、何かの参考になるといいなと思います。

それではまた。Moi moi!

IMG_8687.JPGIMG_2971.JPG

今年はもう見られないと思っていた桜をタンペレで見つけて嬉しかったので写真を載せますね。

posted by こーりー at 02:00| 大分 ☁| Comment(0) | 2017-2018ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月30日

Taiwan4

你好!春学期が始まって中間テストも終わり、写真とPPTでの発表も終わり、留学生活がもうすぐ終わりそうだなぁと思いつつ過ごしてます。
今回は@小琉球
A台湾の朝市(早市)
B今からしたほうがいい事、を書きたいと思います!

@小琉球
台湾の4月の1週目は日本のGWみたいな感じで5連休でした。その期間で2泊3日言語交換の友達と台湾の南(屏東)にある島、小琉球に行ってきました。台湾の島に行くのも海を見るのも初めてで楽しみでした。バスで台中から3時間ぐらいと船20分ぐらいで着きますが、酔い止め薬は飲んでおいたほうがいいです。私は長距離の台湾バスで天候が悪いと酔います…船の揺れはすごかったです…
写真は昼暑くて食べたマンゴーかき氷、小琉球のシンボルの岩、夕焼けです。食べ物はおいしくて、人は優しくて、景色はきれいでとても楽しかったです。本当はBBQ(烤肉)とか海鮮料理を食べたかったんですが、友達が肉類食べれないので諦めました…行くときは是非食べてくださいね!

A台湾の朝市
土日は授業がないのと中国語の授業で紹介してる人がいて気になっていたので行ってみました。果物や生肉がスーパーより安いと聞いていたのですが、ちょっと安いぐらいなのと、撮るのを忘れましたが珍しい果物は置いてました。高いのとネットの感想で自分の好きな味じゃなさそうだったので珍しい果物は買いませんでしたが、買った果物の味はスーパーよりおいしい感じはしました。朝市は値札はほぼ計量で決めて、名前は書いてないです。聞いても漢字を想像しにくいので「わからないから漢字書いて」と言ったら書いてくれました。朝から中国語褒められたのもうれしかったです!生肉は写真より迫力?あると思います(笑)

B今からしたほうがいい事
4,5月は行く大学が決まって書類待ちであったり、書類の準備をしていると思います。(大学も決まってなかったらすみません)大学からもう来たよって人は早めに準備してミスがないようにしてください。まだって人も多いと思います。遅い大学は遅いです…焦らずに今できることをしつつ待ちましょう。
したほうがいい事
・ゼミの先生をあらかじめ絞っておく。
 資料はメールで届きますが顔も知らない先生の中から選ぶのはきつかったです。学科が決まったばかりだと思いますが、サークルの先輩に聞くなり、友達に聞くなりしたほうがいいです。学科が違うと誰がいるのかも分からず留学行くことになります。
・なぜその国を選んだかをまじめな理由でも、友達と話すときに使う理由でもいいので考える。
 こっちの学生と初対面で話すことで絶対聞かれるのでなんで選んだか考えとくと話が進みます。また、東海大学の課題で学習計画があると思いますが、それに書いてもいいと思います。
・お金が現地で下せるか調べる。
 1回目か2回目で書きましたが、私は現金を換金して台湾の郵便局に預けてます。ですがそれ以外にデビットカードを作るというのが一番簡単でいいと思います。作ったことないのでやり方は詳しくないのですが、過去の先輩のブログ等で書いてあったと思います。手数料はかかると思いますが、いちいち換金するのもめんどくさいと思うのでお勧めしておきます。
・勉強
 台湾は繁体字の中国語(華語)を主に話します。文法は1年生の時に第2言語で習ったことと同じですが、ほぼ発音など忘れていると思います。できれば勉強したほうがいいですが、それよりも台湾(留学先)に何があるのか知ることのほうが大切です。観光地や食べ物、社会情勢何でもいいので好きな分野で台湾のことを知って来たらより楽しめると思います!私は数字も自分の名前もちゃんと言えずに来ましたが、こっちで勉強してどうにかなってます(数字は分かるほうがいいです)

今回は3つの点について話しました。3つ目は文章ばかりになりましたが、私がすればよかったなってことをまとめました。漏れているかもしれないので、もっと聞きたいって人は気軽に質問してくださいね!再見!

posted by イクコ at 22:53| 大分 ☔| Comment(0) | 2018-2019台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国留学 梨花女子大学 C

こんにちは。


今回は冬休みの間通っていた語学堂について書こうと思います。


梨花女子大学校では、12月21日に前期の授業が終わって、3月4日に後期の授業が始まりました。


休みの期間が長かったので、一度日本に帰国した後にまた戻ってきてから学校の中にある語学堂


で短期の韓国語の授業を受けました。


語学堂で授業を受けるとなると、また別に授業料を払わないといけないのですが、もともと交


換留学をしている人は、新たに語学堂に通う人よりも授業料は安くなります。


この語学堂では集中コースと短期コースがあって、集中コースは約2ヶ月間ほどで、短期コース


は約2週間ほどです。


私はこの短期コースで週5日 14:00~17:50まで授業を受けていました。ただ、このコースは


期間が短いので1つの級の内容を全部できるわけではないのですが、休みの期間に少しでも語学


力を伸ばすのにいいと思います。


また、語学堂では午前中を利用して、文化体験に連れていってもらえます。今回は韓国のMBC


という放送局に行ったり、博物館で印鑑を作ったり、プルコギを作ったりしました。


語学の勉強だけでなく文化体験もでき、新しい友達にも出会えたので良かったです。


留学生活も残り少ないので、充実した毎日を送れたらと思います。
posted by くま at 14:56| 大分 🌁| Comment(1) | 2018-2019韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シンガポール留学 4

こんにちは。

前期の授業が始まりました。日本ではシンガポールに留学する方がいらっしゃるのであれば、NYPからの連絡待ちをしている頃かなと思います。


今回取った授業は

@international business Abusiness communication essential Bsocial relationship communication Cbusiness analyticsです。

@国際的な経済について学ぶ授業です。

朝八時から授業があり、tutorialの授業ではかなりノートをとるのですが、タイピングを素早くしながら文章の要所を抜いてノートをとるようにと言われ、結構大変です…。リスニングだけというわけではなく、パワーポイントをメモすればいいのですが、写真禁止でみんなで慌てながらメモを取っています。(笑)でもグループで調べ学習やブレインストーミングをするなど、面白いです。

Aビジネスにおけるコミュニケーションや文章の書き方などを学ぶ授業です。

先生がみんなにあてていくのでいつ当てられるか緊張しますがプレゼンテーションのことも学べるので自分の糧になると思います。プレゼンテーションもビジネスの文章も苦手ですが頑張って身につけたいです。

BSNSを通じた経済について学ぶ授業です。

Lectureを担当している先生の話がかなり面白いのですが、話すスピードがかなり速くて聞き取れないところがあるので録音と予習が必須だと思います。

CExcelを使いながらデータの読み取りをする授業です。日本でしていたExcelよりもレベルが高いのでついていくことに必死です。でもExcelは出来るようになっておいた方がいいと思っていたのでこの機会にある程度は出来るようになろうと思っています。


最近は学校のラウンジのようなところで勉強するようにしています。学生だけでなく地域の人も勉強していて勤勉だなと感じます。

見習わないとという気持ちになるのでお勧めです。


新しく留学生が来て、また友達が増え嬉しいです。韓国人の友達が出来たのでお互いの空きコマで韓国語を習い、逆に日本語を教えています。

友達は日本語検定があり、その資格を取りたいそうで、自分が助けられるか分からないけれど、一緒に頑張ってみます。


前回寮費を銀行で振り込むかもしれない という話を書きましたが結局銀行にはいきませんでした。Netsカードというプリペイドカードに上限額まで入れて(50ドル)毎日ちょっとずつ払うという方法を取りました。学校でも払えるし、自分は2枚持っていたので銀行よりもそちらの方が払いやすかったです。


ではまた。


聞きたいことなどあればぜひラインなどしてください。何でも/いつでも答えます。😊
posted by O at 00:47| 大分 ☔| Comment(0) | 2018-2019シンガポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月10日

オランダ留学B(NHL Stenden)

ブログ更新3回目のMEGです!
最近気温がやっと二桁になり、暖かくなってきました。
近くの公園の芝生に花が咲き始めて、オランダにも春の訪れを感じています。

〈勉強について〉
さて、春セメスターが始まって2カ月が経ちました。
私は、今期Branding Advertising Designというマイナーを取っています。
このマイナーでは、文字通りBranding, AdvertisingそしてDesignを学んでいます。
毎週の流れは月曜に先生から課題が与えられて、月曜から金曜日までの間のスケジュールをグループで決め、金曜日にプレゼンを行うという流れになっています。
最初の1カ月の課題は、私の住んでいるフリースラント州の組織の抱える課題にどのように取り組むかといったものでした。最初の課題は、今後30年間人を継続的に呼び込むことのできるウォーターレクリエーションを考えること、ミツバチの保護のために人の意識を変えるにはどのようなことをしたら良いか、美術館と自然について人がもっと興味を持ってもらうにはどうしたらよいかなどが課題でした。
このマイナーには、将来グラフィックデザイナーやコピーライター、イラストレーター、webデザイナーなどとデザインに関する仕事に就きたい人が多くいます。私のいるNHL Stendenの面白いところは、さまざまな人がいるところです。子供がいる人、他の大学を卒業してからまた学び直している人、年齢層も18歳から30歳までと様々です。
そして、グループワークなので日々のコミュニケーションがとても大事になってきます。
幸運なことに、グループのメンバーはとても優しくてさまざまなことを教えてくれます。
Adobeのアプリをダウンロードして、実際にポスターや雑誌の見開きを作ってみたり
実践的な講義が多くて毎日が楽しいです。
もちろん、まわりの学生は少なからず私よりプロフェッショナルなので
知識の差や、テクニックの違いで実力不足を痛感する毎日です。

この学校では、いろんなことが学べます。
本当に学びたいと思ったことがすべて学べるのではないだろうかというくらい学べるのです。そしてどれも専門的で実践的。典型的な90分の座学ではなく、インプットとアウトプットを同時にできる素晴らしい機会だと思います。もちろん、楽しいことばかりではなくきついこともたくさんありました。まずは、圧倒的に課題の量が違うことです。3000字のレポートやプレゼンテーション、書類をたくさん作ることもしました。1人暮らしに慣れない中で、これらのことをこなすのはとても大変でした。
ですが、まわりの人たちから学ぶことへの意欲や熱意のある姿勢などに刺激を受けて
自分は今まで学んできたことに胸を張って、人に伝えることができるだろうかということを深く考えさせられました。日本に帰ったらしっかりと“学ぼう”と思いました。卒業するときに、今まで一番頑張ったことで胸を張って勉強といえるようになりたいです。

〈生活について〉
オランダのスーパーマーケットは何といっても
Albert HeijnとJUMBOの二つです!!!
日本に比べてフルーツや野菜は安いと思いますが、魚と肉は種類も少ないうえに高い気がします。
こちらに来てから、魚と肉は日本にいたときよりも食べなくなりました。
まわりの友達にベジタリアンやヴィーガンもいるので、その人たちから刺激を受けつつもあります。
日本や韓国、中国。特にアジアはベジタリアンにとっては食の選択肢が少ないようで
これも文化の違いだなと感じました。特にオランダ人は昼食に生野菜(ドレッシング無し)、リンゴ丸かじり
ワイルです。オランダのスーパーマーケットで驚いたことは
乳製品の多さです。特にチーズはブロックそのままで売っているし、牛乳とヨーグルトは数えきれないくらい種類があるし
さすがヨーロッパって感じです。
なかでも衝撃的だったことは、フライドポテト用の油とポテトのソース(マヨネーズ)があることです。

夜は本当にすることがありません。
オランダ人はとにかく夜はクラブクラブクラブクラブです。
クラブに入るときにはIDが必要なのでお忘れなく!
こちらのクラブは、カメラマンがいてクラブの中で一眼で写真を撮ってくれます。
その後に、そのクラブのFacebookで写真をシェアしてくれます!
最近は日が落ちるのが遅くなり、散歩したり、ランニングしたりできていますが
冬は5時にはもう外は真っ暗なので、何かすることを見つける必要があります!(笑)


春休みはアイスランドへ行ってきました。
私たちは3泊4日の短い滞在の中でオーロラをくっきりとみることができました。
アイスランドは国全体にオーロラベルトがかかっているので、首都から見ることができました。
10代最後のとてもいい思い出ができました。
アイスランドとてもお勧めです。伝統料理は衝撃的なものが多かったので
ぜひ気になる人は調べてみてください!!!
export(1).gifexport(2).gif

残りの留学生活も残り3か月半となりました!
最後まで楽しみながら帰国の日を迎えたいと思います。

posted by meg at 05:50| 大分 ☁| Comment(1) | 2017-2018ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする