2017年02月26日

ハンガリー🇭🇺

こんにちは!とうとう、ハンガリーの留学も折り返し地点になりました…留学中は特に月日が早く経ちます( ;  ; )

今回はハンガリーの1月と2月について書きたいと思います!
1月は前回も書いたようにクリスマスあたりから2月の最初の週までテスト期間です!冬休みはたった2週間!私は1月18日にテストが終わったのにハンガリー人は最後までテストがあって、とても忙しそうでした。そして私はみんなのテストが終わるまでの2週間は特に暇でした…テストが明けると、すぐに履修登録です!2月の2週目から授業スタートです!今学期は私が取れる授業は7つだけ。そして人文学科の専門的な授業は難しいのでパスする事を勧められました😳なので、私が今受けている授業は、ハンガリーとヨーロッパを結びつけた歴史の授業と、ハンガリーの文学、歴史、文化の授業です。前者は、先生もまさか日本人が来るとは思っていなかったようで、あなたは特別ゲストだから、日本についてとりあえず何でもいいからプレゼンしてもらえる?!という感じでした笑 他の留学生はとても物知りで発言をよくします。私は、ほぉ~と聞くので精一杯です😅後者は今は、ハンガリーの詩を時代背景や、詩人の考えなどを分析しています。私はその詩の理解に苦しんでいます😥そしてここでも、留学生が、私はこう思います!!!とアピールします。これらの授業は留学生約4人とハンガリー人が約7人くらいで受けています。ハンガリー人は意外とあまり発言をしません。それでも、もちろん専門というのもあってハンガリーについて詳しいので、先生に指名されたらきちんと答えられるんです…しかし、ハンガリー人は言い争うのが大好きだと聞くので、ハンガリーでハンガリー人と論争にならないように注意してね、と大学の先生に言われたこともあります。そして、私の一番のお気に入りの授業が、ハンガリー語の授業です!この授業だけ、別のキャンパスであります。この授業は最低2人いないと開講されないのですが、奇跡的に2人集まったんです😳👏そしてもう、家庭教師のような授業です!途中で1人増えましたが、それでもなお小さなクラスなのでみんなラフな感じで受けています。私はこういう授業は好きだし、Reviczkyにあるキャンパスであるので楽しみです!なぜなら、日本語学科学科かあるキャンパスで、建物はこれ大学の入り口?!と思ってしまう小さなキャンパスであちこちで友達に会えるので(^^)sziaaaaaa!(英語のHi)と言いながらハグしてくれる友達がいたり、大学を出ようとしたら出口で知らない人にこんにちは!と挨拶されて、自己紹介や今度遊ぼう!とか話したり(あ、帰れない…)、授業終わりに日本語学科の友達に捕まって10人くらいと話していると2時間半話すとか😀(あ、また帰れない…)私はこれが楽しいです!笑 皆さんもスターになりたかったら是非ハンガリーへ✨

話は急に変わりますが、今年の1月はハンガリーは、極寒でした!!昼でも-10℃とかです!あのドナウ川も凍って人が川の上を歩けるくらいでした!ハンガリー人も観光客も関係なく橋の上から写真パシャパシャ私も笑 でも、それくらい寒くて、この寒さは20〜30年ぶりと知人に聞きました!ハズレの年だったんですかね…

今回はここら辺で終わります!最後まで読んでくれた方、ありがとうございます😊

IMG_9757.JPG
1月のドナウ川!
IMG_0208.JPG
ケチケメートという小さな町の高校です!お城…
IMG_9620.JPG
クリスマスにくるみ割り人形のクラシックバレエをオペラ座で(^^)
posted by はるき at 18:05| 大分 ☁| Comment(0) | 2016ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

フィリピンでの英語の授業ってどんなの?(1) 研修2日目

こんにちは!

今回はAteneo de Manira University での英語集中プログラム(Intensive English language Proguram:IETP)について投稿しようと思います。

DSC_0004.JPG
9:00にALLC(Ateneo Language Learning Center)にある教室へ集合。

DSC_0008.JPG
クラス分けのテストが行われました。
・Reading Assessmest(60min)⋯文法問題(選択肢ありの穴埋め、誤り箇所訂正問題等)
・Writing  Assessment(60min)⋯Reading、Writingで伸ばしたいところ/英語の得意分野について英作。
・Oral      Assessment(about 3min/1 person)⋯専攻、将来の夢、なぜ英語を学びたいか、地元の紹介等の質問応答。

DSC_0006.JPG
次にプログラムに参加するための必要書類の記入や入構のためのIDカードの証明写真撮影等を行いました。

DSC_0009.JPG
2/21からはクラス分けされ、授業開始です( ^^) _U~~

Thanks for reading this!






続きを読む
posted by Y.Taichi at 23:17| 大分 ☀| Comment(1) | 2016フィリピン英語研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

フィリピン人の車の運転⋯"(-""-)"  研修1日目

こんにちは!

去年ミニベトナムin ベトナムに引き続き、
今回はAteneo de Manila UniversityIntensive English Learning Program(IELP)に参加します!(^^)!

170219 b.jpg
成田空港から5時間ほどかけて、フィリピンの首都マニラに向かいます!
機内食にHaagen-Dazsが出てきたときは少しビックリ⋯
結局一睡もすることなく、映画を2本見ているうちに到着!

170219 a.jpg
マニラ空港内で宿泊費(今回はOracleに宿泊 http://dormitory.oraclehotel.com.ph/index.php?page=rmrates)と手持ち分のお金を¥→P(ペソ)へ換金。この日は¥2.3≒1Pでした。

DSC_0007.JPG
チャーターした車でOracleまで⋯これがまた大変でした💦
急ブレーキ⋯車線を上を走る⋯えっ!?という車間に入り込んだり⋯
1時間もかからなかったと思うのですが、かなり酔いました|д゚)
そこらへんで事故が起きていないのに感心💦

まだまだ、書きたいですが⋯明日はいよいよAteneo de Manila University へ⋯!ですので早めに休みます⋯(´・ω・`)

読んでいただき、ありがとうござました!


続きを読む
posted by Y.Taichi at 23:14| 大分 | Comment(0) | 2016フィリピン英語研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

スウェーデンよりB

Hej, hej!

 お久しぶりです!スウェーデン留学中のJiroyanです。
かなり遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます!
今年も良い年になりますように!
今回のブログに何を書こうか考えたのですが、あまりネタがなく……
ということでスウェーデンにきて驚いたことなどを書きたいと思います。

@クレジットカード社会
スウェーデンに来て1番感じたことは、どこでもクレジットカードを使うということです。今まで現金社会で過ごしてきた私にとって便利な反面、いくら使ったのかすぐにわからないという不安な点もあります……。クレジットカードには限度額というものがあるので、調子にのって買い物し続けるとカードが使えなくなります…。そのためこちらの人はいくつかのカードを持っているようです。私も日本の銀行で作ったクレジットカード(Visa)とプリペイドカード(Master)を使っています。プリペイドカードはあらかじめ振り込んでおいた金額しか使うことができないので、使い過ぎを防ぐことができます。もし足りなくなったら日本にいる家族から振り込んでもらえるという点も便利です。様々な種類のプリペイドカードがあるので、興味のある人は調べてみるとたくさん見つかると思います!

A市バス
バスの乗り方としてはチケットを運転手にみせ、乗車するといういたってシンプルな乗り方です。しかし驚くことは各バス会社がスマートフォンアプリを開発していて、そのアプリ内でチケットを購入できるということです。私の住むヴェステロース市内のバスは乗車時に運転手からチケットを購入できますが(もちろんクレジットカードでの購入も可)、ストックホルム市内は運転手から購入できません!アプリ使って購入 or 大きな駅にある券売機、コンビニでのチケット購入となります。これはバス車内における強盗を防ぐためだそうです。現地の人はSuicaような電子カードを使ったり、アプリを使ったりしています。日本とはだいぶ違ったシステムなので、観光等で来る人は少し注意が必要かと!

B銀行
スウェーデン国内で現金をおろすことのできるカードを持っていたので、スウェーデン国内の銀行では口座を作らず、家賃等は銀行から現金で振り込もうと考えていました。現金をもって銀行に行くと、現金は扱ってないとのこと…。ヴェステロース市内全ての銀行は現金扱いをやめたそうです。多分、他の都市もそうかと…。銀行で紙幣を使えないとはとても驚きました。銀行の人に尋ねたら、両替所なら大丈夫かも!と教えてもらいなんとか振り込むことができました。将来的に両替所で振込ができるかどうかはわからないので、スウェーデン留学の際は現地口座を作るのが良いかもしれません。また日本にいるときから現地の金融事情に関するニュース等を見ておくのも良いかもしれません!(こちらに来る前に、スウェーデン国内の銀行で現金取扱を止めたというニュースを見たような見てないような……)

1番気になったのはこのような感じですかねぇ〜。次回の更新時は何かみんなが興味を持ってくれるようなネタを考えておきます!笑
日本の皆さんはそろそろ春休みですね〜。思い思いの春休みを楽しんでください!
最後に全く記事には関係ない写真を掲載しておきます!
それでは今回はこのへんで!

Hej då!

DSC_0189.JPG

お寿司ー!!スウェーデンでもお寿司は人気で、至るところにお寿司屋さんがあります。
とても美味しいです!

DSC_0169.JPG
スウェーデンのビール!!
ここ最近飲んだ物の中で1番美味しかったビールです!笑

続きを読む
posted by Jiroyan at 03:18| 大分 ☁| Comment(0) | 2016ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

身震いするほどの、夢のような、3週間


初めまして。工学部2年、名前はコウヘイといいます。

まず、この記事のタイトルを読んで「ああ、なんて大げさな人なんだこの人は。多分この記事は参考にならないや。」なんて思った人もいるでしょう。まあ、実際そうなのかもしれません。
でも、少しだけ付き合っていただきたい。このブログが課題である、ということもあるけどそれ以上にやはり、自分の財産とも言えるこの経験を伝えてみたいのです。



<strong><em>-身震いするほどの、夢のような-</em></strong>

僕にとって自分が経験したこのイギリスでの3週間はこうやって形容するほかどうやって伝えたらよいのか思い浮かびません。もし、もう一度あの時に戻れるなら 、と想像すれば身震いするくらいワクワクするし、今あの時を振り返っても、まさに夢のようです。

<span style="font-size:x-small;"><span style="font-size:x-small;">ああ、たのしかったなぁ。。。</span></span>



さて、セントラル・ランカシャー大学での授業の様子や旅行のことはほかの人たちが書いてくれることでしょう。おそらく国語が大嫌いで全くできない僕なんかが書くよりわかりやすい。。。笑
ということで、僕はまた少し違った観点から記事を書いてみようと思います。
まずは動機。これに関してはありふれているけど、ただただ英語が喋れるようになりたい、と思ったことと、このプログラムはサンディエゴのプログラムと違って工学部でも単位認定されたことです。笑 <span style="font-size:x-small;">ありがたや。</span>

さっきから淡々と偉そうに語っている僕ですが、これといって英語が上手いわけではありません。
ではなぜこんなに感動できたのか。どこに身震いする要素や夢みたいな要素があったのか。
そこについて考えてみたいと思います。
唐突ですが考えるプロセスにあたり、1つの質問があります。

<strong>あなたが身震いするほどの感動を覚える時、時間があたかも夢のように感じる時、振り返ってみてそれはいつでしたか。あなたは何をしている時でしたか?</strong>

答えは人それぞれですよね。そんなことは当たり前です。
ここで問題にしたいのはその人それぞれの答えの共通項を探っていけば何かしらを見つけられるのではないか、ということです。それらの共通項の1つに、「それは好きなことである」ということが挙げられるでしょう。
例えば僕の場合であれば「留学」に感動を覚えるわけですが、もっと細かくすれば僕は外国の人と話したり、海外を歩いたりすることが好きです。これらはとても新鮮で刺激的だからです。


「好きなことをした」から。

これが「なぜこんなにも感動できたのか」という最初の質問の僕なりの答えです。


さて、最後にイギリスでのきれいな風景と3週間を通して見つけた今後の目標を載せて「イギリス短期留学体験記」とさせていただきます。

今後の目標は、「トビタテ!留学JAPAN(http://www.tobitate.mext.go.jp/index.html)」を利用して1年以上の留学をすることです。またいつかなにかしらの留学体験記で会えたら良いですね。
お付き合いくださってありがとうございました。それでは。


<a href="http://koopee-uk.up.seesaa.net/image/CqE3G5cWgAAQ1fo.jpg" target="_blank"><img width="320" height="180" alt="CqE3G5cWgAAQ1fo.jpg" src="http://koopee-uk.up.seesaa.net/image/CqE3G5cWgAAQ1fo-thumbnail2.jpg" border="0"></a>
ランカスター城
<a href="http://koopee-uk.up.seesaa.net/image/CqE3GN3WgAAED9C.jpg" target="_blank"><img width="320" height="180" alt="CqE3GN3WgAAED9C.jpg" src="http://koopee-uk.up.seesaa.net/image/CqE3GN3WgAAED9C-thumbnail2.jpg" border="0"></a>
ランカスター城の下町
<a href="http://koopee-uk.up.seesaa.net/image/CqD0NXZXEAEoQcX.jpg" target="_blank"><img width="180" height="320" alt="CqD0NXZXEAEoQcX.jpg" src="http://koopee-uk.up.seesaa.net/image/CqD0NXZXEAEoQcX-thumbnail2.jpg" border="0"></a>
ヴィクトリア女王と青空
<a href="http://koopee-uk.up.seesaa.net/image/CrJWOn2WgAAaHkK.jpg" target="_blank"><img width="320" height="180" alt="CrJWOn2WgAAaHkK.jpg" src="http://koopee-uk.up.seesaa.net/image/CrJWOn2WgAAaHkK-thumbnail2.jpg" border="0"></a>
リヴァプールの街並み
<a href="http://koopee-uk.up.seesaa.net/image/Cp1wWfTXYAADCgY.jpg" target="_blank"><img width="180" height="320" alt="Cp1wWfTXYAADCgY.jpg" src="http://koopee-uk.up.seesaa.net/image/Cp1wWfTXYAADCgY-thumbnail2.jpg" border="0"></a>
行きの機内にて
posted by ムラマツコウヘイ at 15:37| 大分 ☁| Comment(0) | 2016イギリス語学研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

シンガポールのご飯事情

こんにちは!


更新が遅くなってすみません!!

シンガポールに留学中のKoukun です。


今回は、シンガポール留学でのごはん事情についてお話したいと思います。


ここシンガポールでは、様々な国の文化が混ざり合っているため食文化も色とりどりです。シンガポールに留学して、最初のブリーフィングで先生方から言われた“シンガポールで食べ物に困ることはない”とはまさにその通りで、ここシンガポールでは外に出ればごはん屋さんを見ない日はありません。

私が通っている学校を例に挙げると、一つの学校の中に8個の食堂がありすべてのお店で、メニューも価格も異なります。そのなかには、SUBWAYなどの企業やINTERNATIONAL FOODとして、たこ焼きなんかも販売していたりします。

留学を検討する中で食費を気にしている方も多いと思うので、ここで少し食費について話したいと思います。私の学校の場合は、



平日(月〜金)

土曜日

日曜日・祝日

開店

8am

11am

×

閉店

7pm

1pm or 2pm

×


こんな感じで学食が開いているので、基本平日は学校で済ませています。朝昼晩食べても、考えて食べれば1000円前後で抑えることができます。土曜日のお昼は学校で済ませられるので、朝と夕飯だけ、自炊もしくは外食になります。日曜・祝日は基本開いていないのでここも自炊もしくは外食で済ませています。私の場合、朝は基本パンだけで済ませるので土日祝日の朝は困りませんが、昼夜ご飯が曲者です。最初シンガポールに到着してからの1カ月ほどは観光もかねての外食がほとんどだったので、食費は平日の2倍、3倍がほとんどでした。シンガポールは、レストランの価格が非常に高くなっています。これは価格にサービス料などの日本ではあまりなじみのない料金が、高く設定されていることもありますが、それ以前に海外からの旅行者やビジネスマンから高く稼ごうという観光大国ならではの方針もあります。一般のシンガポール人の人たちには、クーポンやサービス券を新聞、雑誌、アプリを通じて配布し、格安でサービスを提供しています。私もこのシステムについて最初は全く知らなかったので普通に全額で支払っていましたが、安くできるアプリを見つけてからはずっとそれを使用しています。そのアプリがこれです。

 IMG_2378.PNGIMG_2379.PNG


“eatigo”というアプリですが、ご覧の通りアプリで予約するだけで半額にすることができます。このアプリを使えば比較的に安く食事できるのでお手頃で、予約もアプリ内から行うので簡単です。ぜひ使ってみてください。

ここで自炊についても触れたいと思います。もともと私は自炊をあまりしないのですが、最近の休日は韓国人の子たちとよくご飯を食べています。また、大阪から来た留学生のこともよく一緒に食べます。みんな料理が上手で、それぞれの国や地域の料理を作ってくれるのでまったく飽きません。私は基本食べてばっかりです笑 私があまり料理をしないことをみんな知っているので、私が一度肉野菜炒めを作ったときなんかは、みんなが交代でキッチンを見に来て、手伝うことある?とか本当に一人でできる?とすごく心配されてしまいました。そのたびに大丈夫だからと断って、やっと出来上がった時にはみんな不安そうな顔をしていましたが、食べてみると美味しくてびっくりしたと言われたときはうれしかったです。こんな感じでお互いに作ったり作ってもらったりしながら休日を過ごしています。

一人分だけご飯を作るのは難しいので、みんなで1品ずつ持ち寄ってシェアしながら一緒に食べるのも楽しいですよ。今度は私の出身、佐賀県の郷土料理をふるまえたらいいなと考えています。

 シンガポールには“ホーカーセンター”と呼ばれる大衆食堂があります。ここはとても安くご飯を食べることができ、多くのシンガポール人が集まるところでもあります。しかし、日本人には正直ちょっとキツイと思います。シンガポールといえば、とても綺麗でクリーンなイメージも多いと思いますし、確かにきれいでクリーンな国ですがここはまったくの真逆です笑

そこら中に食べ残しが落ちてて、それを小動物たちが食べてて….

でも、シンガポールに来たら一度は体験してみるのもいいかもしれません

ただ、お箸やスプーン、フォークなどは持参することをお勧めします。


そんなこんなで、シンガポールのごはん事情についてでした!

それではまた次回まで〜〜


posted by Koukun at 14:29| 大分 ☀| Comment(1) | 2016アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

アメリカ サンディエゴより

 こんにちは。わたしは今、アメリカ西海岸のサンディエゴ州立大学に留学しています。8月中旬に渡米した際は、毎日タンクトップとショートパンツで過ごせるくらい毎日快晴でしたが、11月以降は朝晩冷え込むようになり、慌ててニットやジャケットをそろえました。今年のサンディエゴは、こちらの人も驚くくらい雨が降る日が多く、気温も例年より随分低いそうです。
 わたしは、女性の社会進出や男女平等社会の実現を学ぶためにサンディエゴ州立大学に留学しています。秋セメスターでは、世界のジェンダー問題を議論するクラス、アメリカ国内でのビジネス環境やダイバーシティを学ぶクラス、日本語クラスのTA,そして移民や難民女性のアメリカでの社会進出を支援するNGOでのインターンシップをしていました。二度目の留学なので、前回からステップアップした留学生活を目指すために、インターンシップと学校生活の両立に挑戦しました。ジェンダー学のクラスでは、7ページ以上のエッセイをセメスター中に3本、中間テストと期末テストがあり、明確な答えのない女性問題を論理的に論述することの難しさに、何度も心が折れそうになりました。
 インターンシップでは、主にアフリカのソマリアやスーダンからの難民女性をお仕事をさせていただくことが多かったです。看護学校への入学手続きや、運転免許の取得、赤ちゃんの予防接種の手続きや、ドネイション募集まで、幅広く担当させていただきました。移民、難民女性のアフリカンアクセントの英語と、私のジャパニーズイングリッシュでのコミュニケーションには大変苦労し、電話口で怒鳴られたことは何度もあります。当たり前のように毎日違う洋服を着て、学校に行って、友達とおいしい食事をしていた私とは正反対の環境で、小さな赤ちゃんをシングルマザーとして育てているたくさんの女性に出会い、女性が子育てをすること、女性が社会で働くということについて深く考えられる貴重な時間を過ごすことができています。
 サンディエゴに留学を希望している人、海外でのインターンシップに挑戦したい人がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡ください。
posted by HONOKA at 10:19| 大分 ☔| Comment(0) | 2016アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

私の韓国留学 高麗大学 12月

アニョハセヨ
高麗大学留学中のyukinoです😊
今回は11月ごろからのことについて書こうと思います
韓国の冬はとっても寒い❄️
最高気温がマイナスになることもあります
寒がりの私にはとっても辛い…
しかし、そんな私も部屋の中では半袖短パン!
なぜかというと、韓国ではオンドルと呼ばれる床暖房がついていて部屋の中はポカポカです

11月はInter National Festival(ISF)と呼ばれるお祭りがありました。
8952D996-E221-4952-891D-0E5EB5D73213.jpg7572DDC2-F2C7-4FDE-9FCC-7D09CF7F0D68.jpg
私は浴衣を着てたこ焼きを焼きました🐙
他にも11月はアイススケートやMembershipTraining(MT)、テコンドー体験やハイキングなどイベントがたくさんありました✨
とくに、このMTはKUBA(留学生サポート団体)の中でも私の大好きなイベント😘
グループごとにペンション?のようなところに行って夜から朝まで飲んだりゲームをしたりするという合宿のようなもの🍺
987EAB2F-9153-4665-B084-170A9B054DE9.jpg
グループのメンバーとの仲もさらに深まった気がします(^^)
その他にも11月は、授業での発表やディベートなどがあって、忙しくしていました。
12月は期末試験があるのでみんな勉強モードです✏️📖
私は一年間の留学で来学期もいるので、新しい部屋を探しに行きました。1学期目は寮に住んでいたのですが、1学期間しか住むことができないので…
コシウォンと呼ばれる狭いアパートのようなところに契約しました。ワンルームもあるのですが、最初に払う契約金がとても高いので私は手が出せませんでした…契約金は部屋を出るときに戻ってくるのですが、30万円くらい〜100万円くらいかかるので一気に払うには覚悟がいりますね
そして、学期終わりにはKUBAの最後のイベント、ferewellpartyがありました
B7077E57-295F-42AA-A77E-D2AE9FAF602F.jpg

来学期からはグループも変わるので寂しいです( ; ; )
この日ももちろん朝までパーティは続きました笑

そういえば、試験も全て合格していてホッとしました💮
それでは、また今度は新しい学期が始まった頃に更新しますね(^^)
最後にいろんな写真を載せておきます。
681E68A9-8D09-4604-A4D7-4222EAD674C5.jpg
MTでの集合写真1537D7AA-E047-4024-A6A6-9B3895B81A9F.jpg
私の好きな국수(ククス)と呼ばれるスープAAB71004-787B-4D34-9491-D1A2C731B909.jpg
セブンイレブンでこんなに可愛いピカチュウ饅頭が❤️511B1FD4-CE1A-49F4-B419-55F90955C410.jpg
日本では食べられないであろうユッケ
私の大好物です❤️AD1125F2-BE72-4098-80EA-27B57753A638.jpg
最近日本にも進出したらしい설빙 (ソルビン)冬限定イチゴチーズケーキ🍓
0F1AE54F-BAF3-4015-902C-59A3AFD00950.jpg
私の大好きな호떡 (ホットック)D192CDF0-2778-4589-B417-4CD88F9621C7.jpg
ISFでの一コマFC0B4DFD-F39C-44BF-B74D-13FF555ED9A9.jpg
韓国でもついに『君の名は』公開!!9941EC11-4717-47FB-920B-EB8CC187E339.jpg
この日はルームメイトの誕生日パーティでした(^^)泣いて喜んでくれました( ; ; )
posted by yukino at 12:20| 大分 ☁| Comment(0) | 2016アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

台湾留学記

大家好!我是飯糰(おにぎりです)🍙
前回写真を載せようとしたら文字数制限(?)のせいで載せれませんでした。
今回書いていこうと思っている内容は台湾にきて一番困ったと言っても過言ではないお金の問題です。
僕は生協でtuoカードを留学前に作っておきました。
その時は「クレジットカードがあれば生きていけるやろwww」とか思ってました。
でも東海大學に先に留学していた先輩たちはデビットカードの方がいいと言ってました。
正直な話世間知らずな僕は「デビットカード?なんそれ響き強そうやな」とかアホなことばかり思ってそれ自体なんなのか全くわかってませんでした。
簡単に書くとクレジットカードは借金して物とかを買うカードです。デビットカードは自分の口座と直結していて支払いの時自分の口座から直接支払われます。はい一般常識でしたねすみません。
ここからが僕の苦労話です。
台湾に着いてすぐ手持ちの日本円の半分くらいを台湾元に替えました。大体1万5千元くらいです。
最初の月なので出費がすごくてすぐにこの1万5千元はなくなっちゃいました。
ここに来ても「クレジットカードがあるから大丈夫www」とか思ってました。ばかですね。
現金がなくなってまず最初に影響を受けたのは食事です。餐廳ではクレジットカードなんて使えません。台湾といえばの夜市でもクレジットカードは使えません。ここでようやくまずいことに気が付きました。急いで手持ちの日本円を台湾元に替えることのできるところを探しました。なんとか友達のおかげで近くの新光三越(実は台湾には三越多いんです)で両替できました。ですがこれでは根本的には解決しません。実は留学行く直前に母にデビットカードはほんとに使えるのか?他にも作るべきではと口酸っぱく言われ、eposカードと、楽天銀行カード、楽天デビットカードを作ってました。eposカードのデビットカードは使えないと言われたのですが楽天の方は銀行もデビットも両方とも使えました。
これのおかげで一時期の貧乏&断食生活から抜け出せました。やはり、母は偉大でした。
写真はいつもお世話になってる大学内の銀行のATMです。
中国語と英語の二つから言語は選べます。
楽天銀行でのやり方書いときます
カードを入れたら言語を選択、パスワード入力、mastercard/cirrus選択、credit、金額入力
これでお金Getですね。最初の月以外特別旅行をしまくったりしない限り2万元あれば贅沢な暮らしができます。
正直なところ最近ではデビットカードより楽天銀行を中心につかってます。
なぜなら、クレジットカードと同様デビットカードも使うところが限られます。
基本的に現金払いが主な国で、都心部ならなんとかクレジットカードやデビットカードでもなんとかありますが田舎や、夜市に行ったときに「なんも食えねぇ、なんも買えねぇ」ってなります。
寮は最初に9000元?かなそれくらい払えば1semester住めます。ふつーに激安www
台湾の台中の普通のアパートで1ヶ月大体6000元なので台湾の中でも安いですね。まーその分きたなi...
これも現金払いです。クレジットカード出番なし・・・ドンマイ
いまさらですが元は大体1元=3.1円とかそんな感じです。
現金は危ないですがその分どこでも使える利点もあります。
ちなみに財布とか何個かにわけて持つと効率的取られる心配が薄れます。
話がかなり外れますが台中市内にはbrtというバスがあります。なんとこれ、easycardというカードがあれば10キロまで無料で乗車できるんです!なんて太っ腹...
しかも東海大學の目の前に駅が...真的すげー。
でもわざわざカード作んのめんどくさいという人、実は東海大學の学生証にはこのeasycardが搭載されているんです。もう泣きそう。もちろん、かなりの頻度で使わせていただいてます。
食べ物についても少し、僕はかなりの量を食べるほうです。いつも金額は僕がトップですwそんな僕でも1日の食費は多い時で300元いくかなって感じです。日本で1000円でおなかいっぱい1日食べれる。おかげでおなかが...
いつもお店の人達ちゃんと生活できてるのか心配になります。
今回のまとめとしては・クレジットカードは場所が限られる・デビットカードは作るべき・楽天は万能(個人の意見です)・台湾なら現金の方が使える・台中市内は無料で移動可能・食費は抑えなくてもかからない・母は偉大
こんな感じですね。
それでは再見!

続きを読む
posted by おにぎり at 02:27| 大分 ☁| Comment(1) | 2016アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

中国ってどうなの?  対外経済貿易大学

こんにちは!北京に留学しているシシコです。今回は前回予定していた内容を変更して中国とはどういう国なのかを書いていこうと思います。なぜかというと、みなさんが留学先を決定してしまう前に伝えておきたいと思ったからです。
みなさんが中国に抱いているイメージは、「汚い」「臭い」といったものだと思います。たしかにその通りです。笑 道端によくごみは落ちてるし(綺麗なとこは綺麗)たまに変な匂いもします。店員さんとかも結構適当で、大学もあまりちゃんとしていないとこも多々あります。このように中国はちょっと嫌なとこもありますが、私はみなさんに中国留学を視野に入れてほしいと思います。というのも、上に挙げた例は、全て慣れれば慣れます!笑 英語の勉強がしたいから英語圏に行きたい、って人がいると思いますが、英語の勉強は英語圏だけじゃなくても十分可能です。私の留学している対外経済貿易大学にはヨーロッパからの留学生も多くて、みんなネイティブではありませんが、彼らと英語で会話すれば十分に英会話能力は上達します。もちろん中国語の勉強も学校のクラスで勉強できます。中国語の上手な友達と遊べば中国語の勉強を学校以外でもできます。このように、自分の行動次第で、英語の勉強もできるし、中国語の勉強もできます。自分の志望が通らなかったけど、どこか留学してみたいっていう方、中国を視野に入れてみてはどうでしょうか。北京は中国の首都なのでいろいろなお店がありますし、遊ぶとこはいろいろあります。ぜひ考えてみてください。
次回は授業と大学の外の雰囲気を伝えようと思います。

ではまた!
posted by シシコ at 17:09| 大分 ☀| Comment(1) | 2016アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする