2020年03月18日

ハンガリー#3

Sziasztok!

こんにちは!2月までハンガリーに半年間留学していたKiyoです。

現在は留学を終えて無事に帰国し、日本で生活しておりますが、最後のブログを投稿させていただきます。

今回は主にハンガリーに留学する人向けに、ビザに関する情報や生活に役立つ情報を書いていきます。

まず、ビザに関してです。結論から言うとビザは日本でもハンガリーでもどちらでも取得できます。ちなみに私は日本で取得しました。

しかし、どちらにせよメリットとデメリットがあるのでそれについてここで説明しておきます:)

@日本で取得する場合

ハンガリー大使館は日本国内で東京にしかありません。(東京タワーの近くです。)ですので、日本で取得するなら東京に行くことが必須条件です。また、ビザ申請から取得まで1カ月ほどかかるので遅くても7月の第1週くらいまでには大使館に行く必要があります。ということは、それまでに申請に必要な書類もすべて準備しておかなければならないということです。

そして、この申請で取得できるビザはハンガリーに入国後、30日以内に滞在許可証に切り替えてもらう必要があります。しかし、本来は移民局に行く必要があるこの切り替えですが、今年度はオリエンテーションウィークに大学に移民局の方が来てくださったため、移民局に行かずに大学ですべての手続きを終わらせることができました。ラッキーでした。しかし、移民局の人は1時間以上遅刻して来ましたが。。。(笑)

そして日本で取得する場合のメリットとして、申請料がかからないことがあげられます。ですので、東京への往復の航空券や、日帰りではない場合の宿泊費のみがかかります。東京や東京周辺に実家がある人は帰省のついでに行くといいかもしれません…!

Aハンガリーで取得する場合

ハンガリーで取得する場合、出国までにしておく準備は申請書類をぬかりなく用意しておくことです。ハンガリーに到着してからあれがない、これがないと慌てるのは嫌ですよね。不足している書類を日本から送ってもらうことはとても面倒だと思うので、しっかり準備しておきましょう!

また、ハンガリーで取得する場合は移民局に直接行く必要があります。留学生が団体で早朝に集合させられ、移民局に連れていかれます。私の記憶では2回くらい行っていた記憶があります。それに移民局の局員の評判はあまりよくなく、ルームメイトは疲れて帰ってきました。(笑)

さらに、日本で取得する場合と違って、もう一つ準備するものがあります。申請料です。18,000Ft(カード不可)です。(日本円で約6000円程度)しかし、カーロリー大学と移民局の連携がうまくとれておらず、1年間の交換留学生でも滞在許可証の期限が半年間で切れてしまうケースが多かったです。その時はまた18,000Ftを追加で支払って、後から大学に返金してもらうようです。それに加え、もう1度長い申請書を記入したり移民局に行く必要があります。面倒です。

まとめると、

ハンガリーで何度も手続きを行うのが不安、または面倒な人→日本で取得

ハンガリーで何度も手続きを行ってもいいから安く済ませたい人→ハンガリーで取得

こんな感じだと思います。私は日本である程度手続きを済ませておく方が安心だったので、東京に行きました。しかし、少しでも安く済ませたかったので日帰りでバタバタ行ってきました。

東京での申請自体は30分程度で終わるので、遠方から東京に向かう人は早めに計画して旅行ついでに行くのがベストかもしれないです!(笑)

どちらの場合でも大切なのは★申請書類をぬかりなく準備すること★です。

ハンガリーで暮らすための大事な申請書類ですので、早めに準備しておきましょう。

また、ここに書いた内容はあくまでも2019年度に留学した私の経験談であって、来年度も全く同じとは限りません。臨機応変に対応しましょう:)

次に生活に役立つ情報を少しだけ記しておきます。

スーパーについて

スーパーですが基本手にはALDI、SPAR、TESCOの3つが主要でどこにでもあります。特に私は寮の1番近くにあるALDIをたくさん利用しました。パンや果物が安くておいしいし、カードも使えるし、歩いて5分くらいなので毎日のように行きました。日によってセールされるお菓子や野菜、果物が変わるので要チェックです!また、日本のようにレジ袋はもらえないのでしっかりエコバッグを持っていきましょう。

SIMカードについて

携帯は海外で生活するにあたって命とパスポートの次に大事だと思います!インターネットは旅行中等でも必須だと思うのでSIMカードを契約することをおススメします。私はTelecomというピンクの看板が目印の携帯会社で契約しました。ハンガリー人の友人に連れられて入国した日に購入しました。しかし、何も下調べなしよりはハンガリー人の友人やバディにあらかじめ聞いておくほうが良いと思います。実際、Telecomも悪くはないですが他の携帯会社のほうが利点が多いイメージがありました。自分ができる範囲でよく調べておきましょう!

カードについて

私は日本の三井住友銀行のデビッドカード(ATM引き出し機能付き)でほとんど生活し、ハンガリーの銀行で口座開設などはしませんでした。最初は少し不安でしたが銀行口座がなくて困ることは一つもなかったです。ただ、寮費を払うときは現金なので毎月ATMでお金を引き出していました。(三井住友銀行デビッドカードの場合、手数料100円+税)寮費は大学の銀行口座に振り込む形になるので銀行に行く際は大学の口座番号などをすぐに提示できるようしっかり準備しておきましょう。寮費の支払い方法についてはオリエンテーションで説明されるのでよく聞いておいてください。

最後に、私が大好きだったカスタードクロワッサンの写真を載せておきます。このクロワッサン本当にとってもおいしいので絶対食べてほしいです!17番か41番のトラムの終点近くのパン屋さんにしかないのですが、他のヨーロッパでも同じようなクロワッサンはあまり見かけなかったし、絶対食べてほしいです!


現在は新型コロナウイルスの影響で世界各国が困難に直面している状況ではありますが、少しでも早くこの状況が収束し、皆さんがそれぞれの留学を安全にスタートできることを祈っています。

Sziasztok!

posted by Kiyo at 21:38| 大分 ☀| Comment(0) | 2019-2020 ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月15日

最後に

最後に私は約3週間半のドイツ語語学研修に参加した感想について述べていこうと思います。
私はこのドイツ語語学研修に参加する前はドイツ語の知識はほとんどない状態でいきました。授業は正直なんて言ってるかわからないこともありましたが周りの友達や先生に助けてもらいながら最後のテストでは合格点を大幅に超えることができました。なので、ドイツ語の知識に自信がないからといって参加を躊躇しなくていいと思います。また、ドイツの生活習慣や生活環境、歴史、文化を身をもって体験できるのはもちろんのこと、現地の人や他大学の人とも交流できるので、新たな価値観や考え方も知る貴重な機会にもなると思いました。約1ヶ月近く海外で過ごすことはたしかに不安が大きいと思います。しかし、この研修は参加して絶対後悔することはないと思います。なので、少しでもドイツや海外に興味があり参加を考えている人にはぜひ、挑戦してもらいたいです!
posted by ななちゃん at 16:57| 大分 ☀| Comment(0) | 2020 ドイツ語語学研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生活環境・休日の過ごし方について

今回は、宿舎や休日の過ごし方について書いていこうと思います。
★生活環境について★
このドイツ語語学研修での生活環境は学校ごとで異なっていました。ホームステイはもちろんのこと普通のアパートに学生だけで住むといった人たちもいました。私は1人でホームステイでした。部屋はベッドとクローゼット、机があり、お風呂やキッチンは共用でした。特に不自由なことはありませんでした。しかし、お風呂で使うタオルは1枚を3日間使うことや洗濯にはお金がかかることもあるのでそういった決まりごとはきちんと事前にホストファミリーに確認した方がいいです。また、分からないことが少しでもあったらなんでもホストファミリーにきいたほうがいいと思います。

★休日の過ごし方★
休日は学校が提案したベルリンやドレスデンのツアーに参加したり、友達とホームパーティをしました。ベルリンやドレスデンのツアーは学校が考えているものなので、有名で歴史的な場所をツアーガイドの説明も聞きながら訪れることができます。このツアーの参加は任意なので自分たちの考えた違う場所を訪れることも可能です。私も3週目は学校のツアーではなく、行ってみたかったポツダムを友達と訪れまた。このように自分たちで考えていくこともとてもいい経験となるのでおすすめします。

D9D72E39-B61E-40F4-8E81-519AC23FAE37.jpeg
posted by ななちゃん at 16:38| 大分 ☀| Comment(0) | 2020 ドイツ語語学研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツに着くまで・授業日の1日の流れについて

私は約3週間半のドイツ語語学研修に参加しました。これからこの研修についての体験記を書いていこう思います。
★ドイツに着くまで★
私たちは韓国経由の飛行機で行きました。その後フランクフルト空港に飛んで、列車でライプツィヒまで移動しました。学校に初めて行く時は少し迷ったので前日にしっかり場所を確認しとくといいと思います。また、交通手段としてトラムも使ってもいいと思いますが、トラムはたくさんの路線があるので使うの場合は行き先をしっかり確認した方がいいと思います。

★授業日の1日の流れ★
9:00~ 発音と文法の授業
10:30~ 休憩
11:00~ 文法の授業
12:30~ 昼休み
14:00~プロジェクトか選べるアクティビティ
15:30~ 放課後
午前の休憩時間は、友達と話したりお菓子を食べたりしていました。昼休みは外に食べに行ったり、学食を食べに行ったりしました。プロジェクトはいくつかのテーマから自分が興味を持ったことを選び
、最後に発表するというものです。ちなみに私はライプツィヒに住む人のお気に入りのライプツィヒの場所というテーマを選択しました。選べるアクティビティはライプツィヒの有名なで歴史的な場所をまわれます。放課後は友達とショッピングに出かけたり、アイスやケーキを食べに行ったりしていました。

51F9A3F2-F0EC-4AB7-84AB-EE45F40479B2.jpeg
posted by ななちゃん at 15:55| 大分 ☀| Comment(0) | 2020 ドイツ語語学研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

オランダ留学 3

こんにちは。オランダに留学しているkeiです!
今回で3回目のブログとなりました。だんだん朝日が昇るのが早くなり日が落ちるのは遅くなって、時の流れを感じます。
長く感じていた留学生活も半分もなくなってきました。意外とあっという間です:)

二月になって春セメスターが始まりました!私は専攻を変えて秋セメスターとは全く別の内容の授業に参加しています。
前回は観光について学んでいましたが今回は人事です。どうやったら社員のモチベーションが上がるのかということや、
文化や言語の違いが仕事のパフォーマンスに与える影響について勉強しています。
授業がある日は週に2日か3日ですが、一日にぱんぱんに何個も授業が詰まっていて、お昼ご飯もゆっくり食べれません(笑)
でもクラスメイトと先生が優しいので時間の経過が前より早く感じられます。しかしこの授業も宿題は多いです。
教科書の問題に内容を読んで答える、そしてもう一つ別の教科書については内容を要約するというものなのですが、
教科書の内容が難しくて問題数も多いです。まだまだ他にも課題はあります。
少し前に中間提出があったのですがその時点で1つの課題の字数は6000字超えました。ハードですが何とか頑張っていきます!
加えて70分のプレゼンテーションもあります。これは教科書の内容に沿って生徒が先生にかわり授業を行うというものです。
2月の終わりに私もプレゼンテーションを行ったのですが私のグループメイト3人のうち一人がプレゼンテーションの日に旅行に行くということで2人だけでプレゼンテーションを行うことになりました。自由すぎるーーー(笑) 残ったグループメイトとがんばって乗り切りましたが、きつかったです。3月の自分の20歳の誕生日に2回目のプレゼンがあるので頑張ります!

先日、日本人の友達と他国からの留学生と一緒にBrownies&downiesというカフェに行ってきました!
このカフェはオランダに約50店舗あるチェーン店なのですが、Downieはダウン症を持っている人を呼ぶときに使うスラングであって、
ここで働いている人はダウン症などの障がいを持った人です。
今障がい者に対する雇用機会に関しての問題もあるので面白いコンセプトのお店だなと思いました。
このような形でビジネスが障がい者の人にとって役に立つなんて素敵だなと感じた今日この頃でした:)


posted by Kei at 00:34| 大分 ☔| Comment(0) | 2019-2020 ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月07日

ドイツ留学B 授業

54235FC0-7DCC-41A2-8EC6-7F508E54BE22.jpeg6CA25B0E-570F-45B3-BFE8-B1628DC80DB9.jpeg
Guten Tag!
こんにちは。ゆきおんなです。

今日は、学校での授業について書いていきたいと思います✍️
学校は基本9時から15時半までです。1時間半の授業と1限と2限の間に30分の休憩、2限と3限のあいだに1時間半の休憩があります。
授業の内容は、ドイツ後の文法、発音、プロジェクトワークの3つに大きくわけられます。全ての授業をドイツ語で行いますが、自分の能力によってクラス分けされて授業を行うので安心してください☺️
私のクラスでは、座学というより、発言を求められたり、楽しみながら授業することが多めでした!
プロジェクトワークでは、自分の関心があるテーマについてチームのみんなで話し合い、インタビューなどを通して関心を深めていきます。

授業外でも、遠足?みたいな感じでみんなでベルリンやドレスデンに行ったり、ミュージアムや記念碑をみるプロジェクトも組まれてあります😊

毎日が本当に楽しいことばかりです🙌
ドイツ留学してから3週間が過ぎ、もうあとプロジェクトワークの発表会を残すのみとなってしまいました💦留学が終わるのはとても残念ですが、これから留学に行く方、ドイツに行きたい方のために少しでも多くの魅力を伝えられたらと思っています🙇‍♂️

見てくださりありがとうございました!

Tschüss👋
A65978DE-CE31-4B05-A588-F610E136F325.jpeg
posted by ゆきおんな at 05:23| 大分 | Comment(0) | 2020 ドイツ語語学研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月02日

ハンガリー留学B

みなさん、こんにちは。今回は1・2月のハンガリーの留学生活について書きます。

○「日本の日」について
1月22日にカーロリ大学に留学中の日本人でハンガリー人や留学生に日本の文化を伝えるというイベントを開催しました。当初カーロリ大学の日本語学科の学生を対象に宣伝していましたが、ありがたいことに留学生の友達や社会人、他大学の大学生など約30人の方に足を運んでいただきました。内容は、福笑い、坊主めくり、折り紙、正月に関するクイズでした。イベント終了後のアンケートでは多くの方からご好評の言葉を頂けて非常に嬉しかったです。次回の開催に向けてまた計画を立てて行きたいと思っています。


88809.jpg

○セーケシュフェヘールバールとボリ城
冬休みの終わりには、ブダペストとバラトン湖のおよそ中間地点にあるセーケシュフェヘールバール(Székesfehérvár)という町に行きました。この町には彫刻家で建築家でもあるイェヌー・ボリ(Jenő Bory)が画家である妻のために建てたと言われるボリ城があります。お城にはハンガリー建国の父であるセイント・イシュトバーンの彫刻をはじめとした多くの作品を見ることができます。また、絵画の展示スペースもあり、彼の妻の絵画も見ることができます。さらに、故事にもある「ダモクレスの剣」を連想させるような装飾や綺麗なスタンドガラスやタイルも素敵でした。春にはたくさんのバラやその他さまざまな花が咲くそうなのでぜひ春休みに訪れてみてください!(ホームページ:http://bory-var.hu/en


88811.jpg
88813.jpg
88812.jpg

○冬休みの過ごし方について
冬休みの間、半年留学の学生は帰国してしまい、1年留学の学生も一時帰国してしまう人が多いです。一方ハンガリー人の学生は2月までテストが続く場合があるので、なかなか会うことができません。有意義な休暇にするために、冬休みに入る前にしっかりと計画を立てることをお勧めします。旅行に行くのも良いですが、「英語を伸ばしたい」「ビジネスについて勉強したい」「ハンガリー以外の学校で勉強してみたい」という方はウィンタースクールに参加してみても良いと思います。(ヨーロッパ各国のウィンタースクール:https://www.summerschoolsineurope.eu/winter/search) 

ではまた次回のブログでお会いしましょう!Szép napot!
posted by べにー at 18:59| 大分 ☀| Comment(0) | 2019-2020 ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツ留学 A ホームステイ

C1074592-C9B3-49B1-AD2B-C84FC830F0E4.jpeg
Guten Tag!
こんにちは  ゆきおんなです

今日はドイツ留学での滞在方法について記事を書いていきたいと思います。

まず、留学に参加している生徒は滞在先がホームステイとオーナーと契約したアパートという風に二つに分かれています。
アパートは3〜4人で一部屋を借り、共同スペースと個人スペースで生活します。
ホームステイは、現地に住む家庭の一室を借りて共に生活します。
私は、ホームステイをしているので、ホームステイについて詳しく書いていきますね✍
私のホームステイ先は、女性1人暮しの家庭です。娘さん?の使ってない部屋を使わせてもらっているという感じです。マザーとご飯を一緒に食べたり、ドイツ語で会話をしたり、宿題をみてもらったり、とても楽しく日々をすごしています。
休日には、マザーとドライブしたり、趣味を見せてもらったり☺️
ちなみに、私のマザーの趣味は、ガーデニングです✨他にも、絵を書いたり、歌が好きだったり、多趣味で素敵な方です🙌

ホームステイには、アパートでは体験できないような素敵な生活をすることが出来ます!
ぜひ、ホームステイを体験してみてください

それでは
Tschüss 👋
AE77C616-3D56-4BF6-BEEB-F5B5B65CA519.jpeg
posted by ゆきおんな at 05:07| 大分 ☔| Comment(0) | 2020 ドイツ語語学研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月01日

ドイツ留学 2週間経過

Guten Tag!
こんにちは。ゆきおんなです:)

ドイツのライプツィヒに来て2週間が経ちました
大学での勉強やホームステイ、放課後の過ごし方や街なみなど、多くの刺激がありました!

日本人の学生約40名と昼は大学で授業を受け、放課後は近くで遊んで、食べて家に帰っています☺︎
ライプツィヒはバッハのお墓があるトーマス教会がある場所だって知ってましたか👀✨
教会では、他にもコーラスのコンサートが行われたりなどしています。

現地の大学生とも交流があるので仲良くなったら放課後に一緒にCafeに行ったり、週末パーティをしたり出来ますよ😊

ドイツやライプツィヒの魅力をもっと伝えられるようにこれからまめにブログを更新していけたらなと思います👏

読んでくださりありがとうございました🙏
Tschüss 👋
posted by ゆきおんな at 03:12| 大分 ☔| Comment(0) | 2020 ドイツ語語学研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月28日

ハンガリー留学 Part3

皆さんこんにちは。ハンガリーに留学しています、たなぼうです。最近は、ナイトバスを乗りこなせるほどハンガリーに慣れてきました。3回目のブログの投稿になります。この2か月間は前のセメスターで仲良くなった友達が、それぞれの国に帰って悲しい反面、新しい留学生たちがまたやってきて、いろいろと新しく変わった時期だったと思います。留学もあと4か月しかないと思うと、恐ろしいほど時間が経つのが早いです。
今の時期は大分大学では、夏からの交換留学の大学と国が決まったころですね。結果のとらえ方は人それぞれだと思いますが、その場所で何をするかが大事だと思います。置かれた場所でそれぞれの花を咲かせられるように頑張ってください!「置かれた場所で咲きなさい」(僕の好きな言葉です)

今回は、派遣留学先が決まったということですので、ハンガリーに留学する人に向けたお役立ち情報をお伝え出来たらいいなと思います。リンクも貼っておくので、確認してみてください。

1、住居
住む場所は重要ですよね。毎日帰る場所ですので、できるなら快適でいい場所に住みたいですよね。カーロリ大学では寮に入るか、Flat(プライベートルームはあるが、バスルーム・キッチンが共有)に住むか、日本語学科の生徒の家にホームステイという3択になると思います。最後の例は特別ですが、、(笑) 今、僕は先輩からの紹介でフラットに住んでいます。留学前は、ほかのFlatに関する情報が全くなかったため、今いるところ一択でした。しかし、ハンガリーに留学中にいろいろなFlatを紹介しているサイトを見つけたので、そのリンクを貼っておきます。写真も載っていますし、金額も示してあるので、いろいろ比較して決めることができます。僕の住んでいるところも入れ替わりで入ることができると思いますが、選択肢は多いほうがいいですよね。大学の寮はちょっと、、という人はこちらを参考に探してみてください。最後に、注意点ですが大体部屋の写真はきれいにとってあります。実際に部屋を見たら生活感があふれていてがっかりするでしょう。ですので、写真はどんな家具・家電があるかや配置を確認するだけで、そのままのきれいさを信じないでください(笑)
・ブダペストのフラット

2、ハンガリーでの生活
海外での生活は、不安ですよね。大体のものはハンガリー語で表示されていますし、風邪や病気になったら病院はどうしようとなってしまいますよね。そんな時は、ハンガリーでの生活のお役立ち情報が載っているこの「ハンガリー暮らしの健康手帳」というサイトを見てみてください。ハンガリーでの生活の情報が日本語で載っています。これもFacebookのページですので、留学前にフォローして、ハンガリーについての知識を増やしておくことをお勧めします。ちなみに病院ですが、日本語の医療通訳の方がいらっしゃるので、万が一の時でも大丈夫です安心してください。
・ハンガリー暮らしの健康手帳


最後に日本から持ってきておいたほうがいいものを何点か紹介して、終わりにしたいと思います。
まず1つ目はパスケースです。なぜかというと、ブダペストの公共交通機関を利用する際は、基本的に学生専用の1か月の乗り放題のチケットを購入するからです。それを、地下鉄に乗る時などはチケットコントラーに見せて乗ります。ブダペストの人は透明な携帯ケースにいれてそれを見せる人と、パスケースで見せる人がいます。パスケースは売っていますが、日本の100均のほうが値段も、品質もいいと思います。

2つ目は、日本食です。これはブダペストに限ったことではありませんが、やはり日本の味が恋しくなったときにあると便利です。ブダペストにはKmartやAsian shopなどの日本食を取り扱っている食料雑貨屋さんはありますが、やはり高いです、、、特に僕が持ってきておけばと後悔しているのが、ふりかけ・粉末だし・お茶漬けです。あと、塩とコショウが一緒になっている調味料もあるととても便利です。

3つ目は文房具です。やはり、日本の文房具のクオリティーやコストパフォーマンスはすごいと思います。特に、シャープペンシルは売っているところが少ないと思うので、日本から多めに持っておきましょう。あと、ルーズリーフやノート、プリントを整理するクリアファイル等も必須だと思います。
今、思いつくのはこれぐらいですかね。また、思いついたら次回のブログに書きますね。

今回はこの辺にしたいと思います。次のブログにも、ハンガリーでの生活や留学生活に役立つ情報を載せられたらと思います。
それでは、また2か月後に(@^^)/~~~Sziaztok(ばいばい)!
posted by たなぼう at 08:06| 大分 ☀| Comment(0) | 2019-2020 ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする