2024年03月01日

台湾留学 開南大学A

大家好〜!

台湾の開南大学に留学中のユキです。

久しくブログを書けていなかったので今回は少し長めに書きたいと思います。


授業について

 私が前期履修していた授業についていくつか紹介したいと思います!

 開南大学は語学学校はないのですが、中国語を勉強する授業はちゃんとあります。聴力、発音などに分野分けされていて、それぞれベトナム人クラスと日本人クラスがあります。交換生はどちらのクラスを取っても良くて、必要ないと感じたら履修しなくても大丈夫です。

「初級華語」という授業は、文法や単語を勉強します。週4時間あって学べることも多いのでテスト勉強も結構しないといけません。前期の中でこの授業が一番学ぶことが多かった気がします。

「華語発音」は私が取ったのはベトナム人クラスでした。先生が発音を個別に1人ずつ見てくれて、毎回の宿題が大変なので、中国語独特の発音は身につきやすいと思います。

「日語翻訳」は、台湾人とグループを組んで、文化交流みたいな感じの授業です。スライドを作って中国語で発表する場面や台湾人と話す機会も多く、先生も日本語で解説をしてくれます。ので、とてもためになる授業だと思います。

 他にも、「書道」の授業は基本中国語で、字の書き方について説明されます。実際に書道セットを先生から買って、字を書いてみることがメインなので、中国語の聴力を伸ばしたい人や息抜きをしたい人におすすめです。

「バドミントン」は、言語の授業ではないので先生の中国語が聞き取ることは難しいですが、先生がランダムにチームをつくってくれるので台湾人の友達ができやすいです。

 どの授業の先生も優しくてフレンドリーに関わってくれますし、交換留学生ということでも色々気にかけてくれます。


 後期は少し中国語に慣れて来たので、法律やジェンダーに関する授業を履修してみようと考えています。しかし、先生によっては聴講生(普通に授業に参加できるけど、テストは受けられず単位を取ることができない)としてしか受け入れてくれない授業もあるので単位が必要な人は要注意です!今のうちに経済の専門科目の単位を取っておくことをおすすめします。

 開南大学は完全に履修する科目を決める前に2週間のお試し期間があります。その間に気になる授業に参加してみて履修するかを決めることができます。私は法律やジェンダーの授業に行きましたが、ネイティブの中国語なので、聞き取れないことが多くて絶賛苦戦中です。


寮生活について

冬休み前まで私の部屋は私と台湾人2人、タイ人1人の4人で生活していたのですが、今学期からは台湾人2人の代わりにベトナム人2人が入って来ました。開南大学はベトナム人と日本人がとっても多いです。違う国の人と暮らしていく中で、正直、文化の違いを感じることはたくさんあって、それがストレスになることもありますが、なんとかやっていけてます。開南大学の寮の部屋は一回だけ自分の希望で変更可能なので割と気楽に過ごせます〜!


旅行について

冬休みの間に九份と十份へ行って来ました!「千と千尋の神隠し」の舞台となったことで有名な九份ですが、実際に見ても、九份自体の街並みや建物がすごく綺麗でした。旧正月のお祭りである天燈節で行われるランタン飛ばしにも参加しました!朝早くからチケットを取りに行くのはきつかったですが、ラプンツェルの世界に飛び込んだようで感動的でした。ぜひみなさんも行ってみてください〜!

それではまたお会いしましょう〜!!

1BED26A0-CC16-4AD8-A752-391D59D55426.jpegC39F9F08-6C33-4981-98EC-C8E9E1019C82.jpeg386966E7-AFBA-4DBC-A65E-479D383F6720.jpeg


posted by ゆき at 22:37| 大分 ☁| Comment(0) | 2023-2024 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

開南大学に留学して5ヶ月

大家好!

台湾の開南大学に留学中のYYです。台湾に来て5ヶ月が経ちました。少しずつ中国語に慣れて聞き取れるようにはなっているものの、話すとなるとなかなか難しいのであと4ヶ月でどこまで伸ばせるのか日々葛藤しています。122日から219日までは冬休み期間でした。冬休みになると台湾人たちはみんな実家に帰るので、私の部屋は自分一人になり、寮自体にいる人数もとても減りました。台湾の旧正月は2月の初旬から中旬あたりでその頃は至る所で毎日のように花火が上がっていて、元日に当たる210日は特にたくさんの花火が上がっていました。冬休みの1番の思い出は平溪天燈節です。今年は217日と24日に行われていて、私はお友達と4人で17日の天燈節に行きました。前日にラプンツェルを見てから行ったのですが、とてつもなくきれいで本当にラプンツェルの世界でした。5時半に起きて朝からランタンを飛ばすためのチケットに並んだのですが、無事にチケットも取れてお願いごとを書いて飛ばしたのできっと叶うと思います。来年も絶対行きたいと思うくらい素敵でした。

 さて、219日から冬休みが明けて学校が始まりました。まず出てくる問題として履修登録が挙げられます。もうすぐ履修登録期間が終わるのですが、未だに迷っています。せっかく留学に来ているから苦しんででも授業を取って挑戦したいと思いつつ、テスト期間になった時に自分が壊れちゃうんじゃないかという心配もあり、履修登録はなかなか難しいです。自分とよく相談しながら、授業を組んでいきたいと思います。留学も残り4ヶ月となり、限られた時間でどんなことができるか日々考えています。この留学で既にたくさんの学びがありましたが、あと4ヶ月でさらに自分にとって実りのある留学にできたらいいなと思います。

ではまた次のブログで!!再見〜

IMG_3448-179ef.jpegIMG_3140-d1fd2.jpegIMG_3113.jpegIMG_3008-67b41.jpeg
posted by YY at 21:04| 大分 ☁| Comment(0) | 2023-2024 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月29日

フィリピン語学研修

Magandan hapon! 現在フィリピンのアテネオ・デ・マニラ大学に短期語学研修に来ているハロハロです。現地に到着して1週間がたちました。私は荷物とSIMについて話そうと思います。


 まず、フィリピンに持ってきてよかったものと持ってきたらよかったと思うもの、正直必要がなかったもの

を書いていこうと思います。

持ってきてよかったもの

・日焼け止め    ・お箸        ・薬

・サングラス    ・ジップロック    ・洗濯ネット

・除菌シート    ・水筒        ・ハンガー

・味噌汁      ・日傘        ・スマホのストラップ

・お皿       ・サンダル      ・ビタミン剤

・コップ      ・帽子        ・熱さまシート

 フィリピンの日差しはとても強いので対策は必須です。日本でサングラスをしていない人でも絶対に持ってくることをおすすめします。また、外でご飯を食べる機会も多いので除菌シートが大活躍します。私たちの寮には食器類がひとつもおいていなかったので、お皿、コップ、百均のカトラリーセットを持ってきて大正解でした。朝ごはんにパンやコーンフレークを食べるのに便利です。そして、家にあったのでなんとなく持ってきたビタミン剤に助けられています。というのも、フィリピンでは野菜料理をみかけることがほとんどなく、寮には料理をするための道具もないので、食事でビタミンをとることが難しいからです。絶対に必要なものではないけれど、あるととても役に立ちます。


 次に、持ってきたらよかったものについてです。

持ってきたらよかったもの

・おしゃれ着

・大きめのプラ袋

 私は服に関して後悔しています。きれいに着飾っていたらお金があると思われて、ぼったくりにあったり、すられたりするとネットに書いてあったので、汚れても、破れても、どうなってもいいような服しか持ってきませんでした。ですが、実際には周りのフィリピン人も観光客もみんなおしゃれしているので、何着かおしゃれ着を持っていくことをおすすめします私がいる寮の部屋にゴミ箱がおいていなかったので各自が持っていた袋をゴミ箱として代用していますが、限界があります。なので、大きめのプラ袋を持ってきていたらよかったなと思います。


 次に正直必要がなかったなと思うものについて話します。

正直必要がなかったもの

・虫除けスプレー

・汗拭きシート

・トイレットペーパー

 私を含めクラスメイトみんな、フィリピンで虫に刺されていません。大学周辺は比較的きれいな街なので日本からわざわざ買って持っていくほどではないかなと思います。ただ、郊外へ出かける予定なら持っていてもいいと思います。今のところ私は虫除けスプレーを使っていません。汗拭きシートもまた持ってきたもののほとんど使っていません。授業がある教室は寒いほど冷房が効いていますし、寮にもエアコンがついているのでかなり快適に過ごせます。外を歩き回ると暑いですが、意外にも日本の真夏より過ごしやすい気候なので個人的には必要なかったです。トイレットペーパーに関しては本当にただの荷物でした。フィリピンのトイレはトイレットペーパーを便器に流さずゴミ箱に捨てる方式です。そのため、トイレットペーパーが日本のものより分厚く、流すことができないので、日本のものを持っていったほうがいいというアドバイスに従って4ロールも持ってきてしまいました。日本ではトイレットペーパーを流さないことがありえないので、初めは戸惑いましたが、慣れればなんてことないです。トイレットペーパーも定期的に補充してくれるので持ってくる必要はありません。ちなみに、トイレットペーパーを流さないとトイレの匂いが気になるのでは?と思う人がいるかもしれません。私も思っていました。ですが、手動のウォシュレットみたいなもので洗ってから拭くので、まったく匂いは気になりません。

 最後にSIMについて話します。結論から言うと、eSIMを事前に日本で買っておくことをおすすめします。現地で買うとSIM本体がだいたい40ペソ(約107円)で買えます。また、現地の電話番号がついてくるので、GCashという日本でいうところのPayPayみたいなキャッシュレス決済が使えますし、何かと便利かもしれません。ただ、SIMの抜き差しや設定が面倒です。また、SIMを設定した後にアプリからプランを選択してその分の料金を追加で払わないと使えません。私はSIM本体を買えば使えるものだと思っていたので、SIMに関してはとても苦労しました。ただ、現地のSIMを買う場合、追加の料金もだいたい500ペソ(1,300円)くらいなので、eSIMを買うよりずっと安いです。また、空港でSIMを買う場合は少し割高になりますが、自分でやるより簡単だと思います。ですが、やはりeSIMを買っておくことをおすすめします。eSIMならフィリピンに着いてすぐ簡単にアクティベートすることができるのでSIMを探したり、設定したりする手間が省けます。


 まだまだ書きたいことはたくさんありますが、長くなってしまうのでこの辺にしておきます。少しでもフィリピン留学を考えている方の参考になれば幸いです。Thank you po!

posted by ハロハロ at 18:18| 大分 ☔| Comment(0) | 2024 フィリピン語学研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィリピン語学研修

フィリピン語学研修が始まって約10日が経ちました。そこで今回はフィリピンでの生活・授業・その他困りごと感じたこと等を紹介します。

 まずフィリピンでの生活についてです。私は4人部屋の寮に住んでいます。部屋にはお風呂とトイレがついていないので同じ階に住んでいる人と共同して使うことになります。そのためお風呂に持っていきやすいビニール製のナップザックや、濡れてもすぐ乾く小さいカゴにシャンプーやリンス等を入れるのが便利だなと感じました。トイレにはトイレットペーパーはあるのですが、ストックが置いてあるわけではなく朝の掃除で補充されるので夜になるとどのトイレにもトイレットペーパーがない状態になります。そのため日本から2ロールほど持っていくといいかもしれません。洗濯についてですが、洗濯と乾燥を合わせて110ペソ(日本円で約294円)で洗濯することができます。友達と3日間分の洋服をまとめて洗濯していく形になります。洗剤は固形のジェルボールを持っていくのをおすすめします。なぜなら液体洗剤は物によると思いますが使えないといわれる場合があるからです。固形ジェルボールの方が持ち運びも軽く便利です!乾燥までしてもらっても若干濡れていたりするのでハンガーは必ず持って行ってください。寮の部屋にはハンガーがついていません。

 次に授業についてです。私のクラスは12人が授業を受講しており、全員日本人です。午前中はlisteningSpeakingの授業で午後はReading & Writingの授業です。指導してくださる先生の英語は聞き取りやすく、とても優しいです。グループワークやペアワークの時間も多くクラスメイトと英語でコミュニケーションをとる機会もあるので楽しいと感じます。リスニングやリーディング問題のレベルが高くて大変だと感じることもありますが、毎日新しい英単語に出会い様々な事を教わる点で毎回の授業が刺激的で新鮮です。授業時間だけでも6時間は英語を聞いて過ごすので耳が鍛えられます。大学内にいる海外の人にインタビューをする宿題があったのですが、その課題を機に海外の人の友達をつくることもできました。自分の英語が相手に伝わり会話できているのだと感じると感動し、嬉しかったです。

 最後にフィリピンに来て感じたことや困ったことを紹介しようと思います。フィリピンの気温はとても高く日差しも強いです。毎日約30℃あります。新しい生活で慣れない上に夏バテを起こしてしまう可能性があるので日本で様々な薬を揃えておいてください。そして貴重品の管理は徹底して行ってください。私は3つの財布にお金を分けて生活していました。財布もブランド品だと狙われてしまう可能性もあるので、私は100均で買った黒いミニポーチを使っていました。財布のチャック部分にカラナビを付けてバッグやリュックに紐づけて置きました。そうすることで簡単に財布を盗られるリスクを減らすことが出来ます。移動中はリュックを前に持つなどして気を付けて生活してください。大学のカフェテリアや外食では野菜の料理がかなり少なく、自炊をしない限りお肉と白ご飯中心の生活になってしまいます。野菜を中々摂取できない代わりにサプリを持っていったりフルーツを多めに食べたりして工夫すると良いかもしれません。

 フィリピンに来て毎日が刺激的で学びの多い充実した生活を送ることができています。少しでも興味がある方はフィリピン語学研修に参加することをおすすめします。

posted by ペソ at 18:07| 大分 ☔| Comment(0) | 2024 フィリピン語学研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

釜山大学(韓国)B

アニョハセヨ!釜山大学に留学中のL.Pです!🍏

今回は釜山大学に留学する方や釜山大が気になる人への有益な情報を書いていこうと思います。

まずは、よく使う学校関係のリンクを貼っておきます。


・釜山大学 부산대학교 (pusan.ac.kr)

→あまり使わないけど一応載せときます。


・釜山大の留学生係 국제처 (pusan.ac.kr)

→このページを見れば留学生へのお知らせや提出書類などが分かるので、要チェックです。


・釜山大のmoodle的なもの 부산대학교 스마트 교육플랫폼 PLATO 0(pusan.ac.kr)


・釜山大の教務情報システム的なもの 부산대학교 - 학생지원시스템 (pusan.ac.kr)

→このページで履修登録やシラバスを見たりできます。どんな授業があるかもここから確認できます!留学志望校を決めるときにも使えると思います!


・学生寮 부산대학교 대학생활원 부산캠퍼스 (pusan.ac.kr)

→寮の延長申請をしたり、寮生へのお知らせを確認できます。


以上、よく使うリンクでした!

釜山大に留学が決まった人は毎日メールを確認してください!!すべてメールで入学に関する資料が送られてきます。今は、留学先が決まり、分大は春休みですね!これから留学申請関係で書類に追われ忙しくなっていきます。時間があるのは春休みまでです!春休みに語学をしっかりやっておけばと韓国に来た時に後悔しました…

みなさんはそうならないように、春休みを有益に使ってください!


僕は今、長期休み期間です。釜山大学では12月下旬に授業が終わり、3月から新学期です。授業がないので、語学をもう一度基礎から確認したり、韓国で知り合った友達と日本旅行をしたりしました。残り4ヶ月、時間を大切に頑張ります!

もし、釜山大学について聞きたいことがありましたら、留学生係に行くと僕のメールアドレスを教えてくれるはずです。いつでもお待ちしております!

それでは次のブログで!

posted by L.P at 14:15| 大分 ☔| Comment(0) | 2023-2024 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月28日

フィリピンでの生活

こんにちは!  Tahoです。

現在、フィリピンに来て10日経ちました。来る前はフィリピンについて何も知らず、海外で、共同生活で、と不安な要素は沢山ありました。ですが、ルームメイトやクラスメイトに恵まれ、毎日楽しく充実した日々を過ごせています。

まず、授業について話していきます。授業は月火木金にあります。午前中はlisteningとspeaking、午後からreadingとwritingの授業を行います。月・木と火・金にそれぞれ同じ先生が授業してくれます。オールイングリッシュの授業ですが、先生たちの英語はかなり聞きやすく、私たちが本当に理解しているかを毎回確認してくれます。そして分からない単語もすぐ調べられます。私は電子辞書を持ってきましたが、ネット環境関係なくすぐ調べられて便利なのでおすすめします。クラスメイトは他大学から来た日本人と合わせて12人のクラスです。日本人同士でも教室では英語のみとルールが決められているのでかなり英語力を鍛えることができます。宿題は1週間のうち1、2回で今のところは3min トークと言って決められたテーマについての発表を準備してくるものや、現地の学生にインタビューしてその人についてプレゼンをするものなどがありました。宿題としてインタビューした学生と仲良くなって休日に遊びに行けたりもしました。クラスメイトが全員日本人のため、フィリピン人の友達を作るにはカフェテリアなどで自分で話しかけるしかないです。とても緊張しますがフィリピン人は基本的にフレンドリーで優しい人が多いのでこれからも積極的に話しかけていこうと思います。日本のことが好きで、日本語を話せる学生も何人かいるのでその人たちと仲良くなって輪を広げるのも良いと思います。

次に休日の過ごし方について話していきます。休日は授業がない水・土・日です。基本的に同じ大学の子と観光地を巡ったり、仲良くなったフィリピン人に他大学のキャンパスに連れて行ってもらったりしました。大学付近から離れると、ストリートチルドレンや野良犬、しつこくガイドを提供してお金を取ろうとする人たちなどが沢山います。スリにも注意した方が良いです。観光地までの行き方については、UPtownなど近場のショッピングモールに行くならトライサイクルというバイクの横に人を乗せるカゴを付けた乗り物を使います。この乗り物はカゴに3人、ドライバーの後ろに1人の最大4人乗れて、値段も人数と距離により変わりますが近場だと20ペソ(約53円)程です。ですがシートベルトもない上に乗り心地も悪く一言でいうと危険なゴーカートに乗っている気分です。最初は驚きますが慣れます。遠出する場合はgrabというアプリを使ってタクシーを予約するか、電車を使います。私自身まだ電車を使ったことがないですが、使った人はシステム自体日本とあまり変わらず、安価で利用しやすいと言っていました。ですが人が多いので利用する場合はスリに気をつけた方が良いです。grabについてはタクシー予約とUberEatsが一緒になったようなアプリでとても便利なのでかなりおすすめします。クレジットカードを登録して使用します。タクシーでも約20kmの距離を1時間程乗っても2300円くらいなので日本と比べたらかなり安いです。タクシーも綺麗でドライバーも優しい人が多いです。grabのタクシーは最初に値段が確定しているのでそれより値段が変わることもなく安心して利用できますが、それ以外のタクシーは基本的にぼったくられてしまうので利用しない方が良いです。

最後に食事について話したいと思います。
食事については不安がたくさんありましたが、思っていたより口に合うものが多いです。日本のもちもちしたものではないですがお米もちゃんとあります。大学内のカフェテリアではお米の量と食べたいおかずを大体2個選びます。1食平均130ペソ(約348円)くらいです。朝ごはんはスーパーで買ったパンやコーンフレークを食べています。昼と夜はカフェテリアか外食が主です。大学外にでるとマックやSUBWAY、韓国料理、モールなどには丸亀製麺など日本料理屋もたくさんあるので日本食が恋しくなったら食べることもできます。私たちはインスタントの味噌汁やお菓子を持ってきていたのでそれもよく食べています。不満があるとすれば野菜のメニューが少ないことです。カフェテリアはフィリピン人が大好きなフライドチキンなど肉が主です。
でも自分たちでスーパーで買って調理していけば大丈夫だと思うので工夫していきたいです。フィリピンはマンゴーがとっても美味しいのでぜひ食べてください。
posted by Taho at 23:35| 大分 | Comment(0) | 2017-2018ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィリピンの語学研修2024

 フィリピンの語学研修に参加して1週間半が経ちました!Jollibeeです!
この記事では、フィリピン、授業、寮の3つについて書く前に、国際送金について話そうと思います。私は国際送金は楽天銀行からしました。ネットからできるし、手数料1750円と安いです。大分銀行からは手数料8000円らしいです。そして大分銀行からは自分の口座に入っているお金がどこから来たのか証明が必要で、周りのみんなはとても大変そうでした。私は楽天銀行をお勧めします。
 まずはフィリピンについて軽くお伝えしようと思います。フィリピンは熱く紫外線が強いので外に出るときは帽子と日焼け止めクリームは必須です。しかし、授業などの建物の中はクーラーが効きすぎてとても寒いです。羽織物は必ずいります。日本を出発したときの季節は冬なので、その時に着ていた長袖を建物の中では着ていました。私は日本を出発するときにフィリピンと季節が真反対なので服装について悩んでいましたが、半袖の上に上着を着る格好がいいと思います。フィリピンは交通状態が良くありません。横断歩道もなく、いつのタイミングで道路を渡ればいいのか最初は戸惑います。そして車間距離もギリギリでクラクションもよく鳴らすので道路を歩くときは周りに注意して歩きましょう。アテネオ・デ・マニラ大学の周りには沢山の飲食店があるので食事に困ることはありません。そして大学内のカフェテリアも美味しいです。人によって好き嫌いはあると思いますが、周りの人も食事を気に入っています。しかし、野菜はとても少ないです。ビタミン剤などを持ってきておくと良いかもしれません。SIMカードは私が契約しているスマホの通信会社が楽天モバイルなので買わずにそのまま使えました。
 次に授業について紹介します。私のクラスは12人で、フィリピンの人と日本の学生がいました。日本の授業と違って、皆の前で発表をする機会が多いです。最初は緊張しすぎて心臓が飛び出そうでしたが大丈夫です。それはみんな同じです。クラスのみんなは英語を学びに来ているので、英語に対する意識が高くとても刺激になります。最初は自分から発言することに戸惑いがありましたが、周りの人が使っている会話のフレーズや文の構成、表現などを積極的に取り入れましょう。取り入れたものはアウトプットしましょう。そうすることで身に付きます。発表したり作文の提出をした後に、先生から自分の良かったところや次に向けてのアドバイスがもらえます。それはとても嬉しいです。授業中に分からない単語や、人との会話で言いたいのに言えないことがあると思います。その日のうちに調べて次同じシチュエーションの時に使えるようにすることで力が付くと思います。
 最後に寮についてです。私の寮は4人部屋でした。キッチンはありますが料理器具がないので自炊は全く出来ていません。でもフルーツは食べたいので近くのショッピングモールの100均でまな板と包丁のセットを買いました。シャワーと洗面所とトイレは同じフロアの人達と共同で使います。毎日清掃してくださる寮なのできれいです。洗濯は2日に一回友達と一緒にしました。洗いだけだと60ペソで、乾燥も入れると110ペソです。
 フィリピンの語学研修はフィリピンの人や日本の違う大学の人、世界各国の人と会話する機会が沢山あります。私は今まで海外に行ったことがありませんでした。しかし、皆フレンドリーなので会話が楽しいです。フィリピンの大雑把なところや自己管理の重要性、危険があるなど全ては日本との文化の違いです。最初は戸惑います。しかし日本と比べるのではなく全てを受け入れる姿勢が語学研修を有意義なものにする秘訣だと思います。まだまだ語学研修は続くので、これからも沢山フィリピンの良いところが知れると思います。また次のブログで会いましょう!
posted by Jollibee at 20:27| 大分 | Comment(0) | 2024 フィリピン語学研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィリピン短期語学研修 寮

皆さんこんにちは!サラマッポです。

今回は、アテネオデマニラの寮生活についてお話します。


ちなみにサラマッポは、タガログ語でありがとうという意味です。現地の方々は、タガログ語を話していることが多いので、フィリピンに来た時には、ぜひ使ってみてください!


私たちは、URHという寮で生活しています。分大の学生4人で1部屋です。部屋には、ベッド、ロッカー、勉強机、エアコン、冷蔵庫があります。お風呂とトイレは、別の場所に共同のものがあります。

お風呂は、各個室にシャワーと蛇口が取り付けられています。お湯出ます!シャンプーや洗剤は持参です。着替えたり、服を置いたりする場所がなく、シャワー室に持って入るので、中が濡れない袋を持っておいた方が良いです。コンセントはないので、ドライヤーは部屋でかけます。日本と電圧が違うので、海外対応のドライヤーを買っていきました。

トイレは、トイレットペーパーが備えられていますが、流すことはできないので、置いてあるゴミ箱に捨てます。清掃員さんが定期的に掃除してくれているようで、においなどは全く気にならないし、きれいです。


洗濯は、コインランドリーでします。寮から3分くらいの場所と、5分くらいの場所にあって、一回8キロ程度まで、1つの洗濯機に入ります。洗いのみが60ペソ、洗い乾燥で、110ペソです。部屋干しで乾くので、私は洗いのみにしています。ジェルボールの洗剤が便利です。友達三人・三日分の洗濯がだいたい8キロくらいなので、三日置きぐらいに一緒にしています。


ご飯は、食堂で食べています。学校には四つ食堂があって、目の前にも一つあります。一色100〜200ペソで食べることができます。フィリピンのご飯は、野菜がほとんどなく、おかずは肉の揚げ物や煮物が主流です。角煮や、そぼろみたいな味で結構おいしいです。大きい食堂は、フードコートのようになっていて、ピザ、ハンバーガー、コーヒー屋さんなどがあります。ここのワッフルサンドがめちゃくちゃおいしいです。キッチンが別の階にありますが、キッチン用品はないです。スーパーは寮から歩いて15分くらいのところにあります。


不自由だなとか、汚いなとか感じることはほとんどなくて、日本と同じ感覚で住めます!野菜が好きな人は、若干きついかもしれないぐらいです。寮のスタッフさんはみんないいひとで毎回挨拶してくれて幸せな気持ちになれますよ!

IMG_1532.jpegIMG_1923.jpgIMG_1924.jpg
posted by サラマッポ at 19:10| 大分 ☁| Comment(0) | 2024 フィリピン語学研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月14日

台湾 東海大学A

皆さんこんにちは。台湾の東海大学に留学して半年がたちました。
 これから東海大学に留学しようとしている人に有益な情報をお届けできたらと思います。まず、東海大学はTunhai university と書くのですが、普通にカタカナで読むとトュンハイと読みそうですが、トンハイなので気を付けてください。どっちでもいいですね。すみません本題に移ります。
 今回は東海大学での生活についてお話ししようと思います。私たち留学生はほぼ全員4人部屋の寮に住まわされます。この部屋はランダムで指定されるのでルームメイトは誰になるかわかりません。ちなみに私のほか3人は台湾人でした。そのうちの1人が部屋に彼女を連れてくるといった問題児で、さらにもう一人は日本人に興味がありフレンドリーでしたが私のスマホを音もなく真後ろから覗いてくるような人でした。そのような部屋に私は耐えることができず、officeに相談して次の学期から部屋を移動することになりました。東海大学の敷地は全長2キロメートほどあり、私の移動先の部屋は1キロほど離れた寮になりました。なぜ私が移動しなければならないのか納得いかない部分もありますが、心機一転残りの留学生活を頑張ろうと思っています。
 台湾は暑いイメージがあると思いますが、正直大分と変わりはないと思っています。また、1月から2月にかけての寒波が想像を超えて冷たいです。私はユニクロのポータブルライトダウンを持ってきていたので重宝しています。東海大学では西の海からくる風が非常に強く、体感気温をグンと下げるので羽織る服を持っていくとよいと思います。
 ちなみに寒いと前述しましたが、蚊は年中います。おそらく一度は蚊に対してブチキレます。台湾にきて最初の月は痒みの拒絶反応か、両足に虫刺されのような腫れが50か所ほど現れ、病院に行きました。笑 ですが、2〜3か月目になると刺されすぎたのか、刺されてもかゆみがすぐ引くようになります。台湾では日本の薬の人気が高く、高い値段で売られているので虫よけや塗り薬を持ってくることをお勧めします。さらに、下痢止めや、バファリン、目薬、鼻づまりをとるシュッてする薬などを日本から持ってきておくと生活の快適度が上がります。
 一日の食費についてですが、一食90〜120NTDを想定してください。クレジットカードはカリフールという近くのスーパーか、セブンイレブンでしか使えません。さらにセブンイレブンはVISAだけなので気を付けてください。私は現金の引き出すために楽天銀行を利用していますが、引き出すために手数料が毎回100NTDかかります。私の友達は台湾で口座を開設している人もいました。そのほかには、繰り上げ返済が可能なクレジットカードでキャッシングによって引き出し、すぐに引き出した分を指定口座から返済することで手数料(利息)を実質ゼロにすることができます。
 中国語に関してですが、東海大学は平日15時間の中国語講義を受けることができます。これによって中国語のレベルは上がり自分の意思表示をすることはできるようになります。お店では英語話者が限りなく少ないので英語より中国語を上達させたい人におすすめの留学先です。
 台湾の東海大学に留学に留学して...東海大学は留学生と交流する場を設けてくれたり、留学生に非常に親切にサポートしてくれたりします。さらに東海大学の周りには夜市をはじめ、スーパーマーケット、コンビニ、デパートなどがあり、公共バスはひっきりなしに動いています。生活するには全く困りません。非常におすすめの留学先です。ぜひ参考までに。
posted by YELLOW at 18:13| 大分 ☁| Comment(0) | 2017-2018ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月01日

台湾(東海大学)留学ブログU

你好。東海大学に留学中の饅頭です。

今回は秋学期授業の後半と台湾での生活について紹介します。

・秋学期の授業とテスト

中国語の授業では主に教科書を中心に授業が進んでいきクラスメイトとのペアワークをしながら習った文法や単語を実際に使って学習していく。また、中国語の授業を管轄しているCLCが主催のバスボム作りや授業の締めくくりとして他クラスが制作した動画を鑑賞したりして授業以外でも楽しい活動がたくさんあり中国語を楽しく学ぶことが出来ます。月曜日のBusiness eticsでは計三回のプレゼント中間、期末レポートがありました。。プレゼンでは強制労働や汚職、企業による環境問題などの内容を扱い海外の経済状況や問題を深く学ぶことができました。しかし、自分の英語力が足りなかったためクラスメイトは下を向いて何か作業していて自分の発表を聞いていない状況にしてしまったため、来学期では英語での発表力を上げるよう努力したいです。中間レポートでは授業で扱った内容を踏まえて自分の意見を記述するものであり、期末レポートでは経済事情の記事を読みその中の一つを選び自分の考えを記述するものでした。英語でのレポートを書くのは初めてで苦戦しましたが日本の状況と比較しながら書いたため海外企業の経営方法や経済状況をうぃ深く知ることが出来ました。Business statisticでは授業で学習した内容の小テストと期末課題としての解説動画制作がありました。特に動画作成では実際の統計データを用いて統計分析をした動画をクラスメイトと共に作成し今まで学習した計算、分析方法がどのように使うのかを身につける事が出来ました。台湾歴史與古蹟では12月に2回目のフィールドワークがありました。フィールドワークでは台南のお寺を訪れたり、パイナップルケーキを作ったりして、特に自分で作ったパイナップルケーキはとてもおいしく思い出によく残りました。中間レポートはフィールドワークの内容を記述し、期末課題では第二回のフィールドワークまたは台湾の土地政策や砂糖産業などのプレゼンをしました。

・台湾での生活

台湾では11月頃から1月頃にかけて季節は冬になるのですが気温が高い日が多く本当に冬なのか疑う事がよくあります。しかし、突然気温が低い日になったり寒くなったと思ったら次の日には暑くなったりと台湾の冬は気温に上下が激しいと感じました。服装は長袖、長ズボンが4セットあれば十分冬を越せると思います。期末テストが終わり冬休みに突入するとへやの移動があり、残っている生徒は第一校、第二校の寮の空き部屋に移動する事になります。移動先の寮は部屋こそ選べませんが第一校か第二校かは選択でき第一校の寮は第二校に比べて少し安く提供されています。秋学期期間中には東海大学のオフィスであるOIRが主催する地元高校との交流活動や東海大学で行われるクリスマスマーケット、日本語学科が開催する留学生と東海大学生徒との交流活動など様々な楽しい活動があります。

今回はここまで、また次の投稿で。
バスボム作りの光景
IMG_2841.jpeg
新年の花人フェスティバル
IMG_2726.jpeg
東海大学のクリスマスマーケット
IMG_2684.jpeg
地元高校生との交流イベント(サイクリング)
IMG_2625 (1).jpeg
パイナップルケーキ作り
IMG_2842.jpeg
日本語学科主催のクリスマスイベント
IMG_2673.jpeg
posted by 槙 at 14:42| 大分 ☁| Comment(0) | 2023-2024 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする