2017年05月19日

Leeuwardenより #3

お久しぶりです。オランダNHL大学に留学中のRioです。
今回は前半で授業、後半で自分が留学で学んだ事についてお伝えしたいと思います。

私は今Communicationを受講しています。最初は名前の通り、異文化や人と人との繋がりについてだけ勉強するかと思ってましたが、予想以上に経営系の授業だらけでした(笑)
こちらの経営関係の授業は、商品や売りこむ国を自分達で決め、分析した上でどう販売するかをレポートにまとめるというものが多いです。
もちろん経営以外の授業も豊富で、心理学やマスメディア、科学技術について考える授業もあります。
大学のホームページ(https://www.nhl.nl/exchange-students/exchange-programs)に詳しく書いてあるので、ぜひ読んでみてください。既に決め終わっていても、オランダに着いてから授業変更は可能なので、時間をかけて決めるのもありだと思います!
ちなみに、春学期Communicationはこちらです↓

イタリア study trip2.jpg 
先日、Communicationのstudy tripでイタリアのナポリに行って来ました。ピザとアイスを食べまくって日に日にぶくぶく太ったり、カルチャーショックが色々あったりで濃い5日間でしたが、絶対もう一度行こうと決めたぐらい素敵な国でした。


次に、留学で学んだ事です。楽しいことはもちろんですが、正直大変な事も沢山あって、自分はここまでメンタル弱かったのか…と何十回も思い知りました(笑)
そんな留学生活で学んだ事の1つが、自分の意見はちゃんと伝える事です。そんな当たり前じゃんと思うかもしれませんが、私はこれがあまり出来ませんでした。英語が上手く話せないから、この空気を壊したくないからと言い訳作って自分の意見を伝える機会を減らそうとしていました。
ただ、授業や友達との会話など、絶対に伝えないといけない場面があります。むしろそればかりで逃げることは不可能です(笑)
でも、どんなに拙い英語でもみんな聞いてくれます。最後まで本当にしっかり聞いてくれるから、開き直って「あなたの方が英語出来るから、あたしの英語間違ってても察してください解読してください」スタンスでいます(笑)
口で伝わらなくて筆談、それでも伝わらなくてジェスチャーという事も多いし、それでもいいと思っています。
ネイティブ並みに英語を話す友達が、反応しない事が1番相手に失礼だと話していました。肝心なのは、ちゃんと反応し、自分の意見を伝えること。これは、勉強以前に人間として本当に大切だなと学びました。


最後に最近嬉しかった事!
レーワルデンも暖かくなりアイスの時期になりました。
この前アイスの無料販売があると聞いてウキウキで向かったのですが…
アイス2.jpg
この長蛇の列(笑)
でも、みんなすぐにアイスを取って行くので5分も並びませんでした。

アイス1.jpg
美味しくて、カップとクッキーアイス両方食べてしまいました。
でも近くのおじいちゃんは3つ食べてたので、恐るべしオランダです。

では、今回はこの辺で。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
posted by Rio at 22:16| 大分 | Comment(0) | 2016ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

NHL HogeschoolA

四月はイースターにApril Break、その流れで休みが多く、もうすぐStudy tripへ出発と、あまり授業がありません。春学期も後半戦へと突入しました。私が今学期専攻しているMinor International businessは地元の企業とタイアップして輸出計画を作成するというプロジェクトをメインに行っています。このコースの授業はなかなか難しいです。日本語で受けても理解するのは簡単ではないだろうなと思うことがよくあります。私のグループが担当する会社は日本に輸出したいということで日本について調べることが多いです。他の授業でも日本が例に挙げられることが多く、海外から見た日本の文化やビジネススタイルのとらえ方を知る機会があります。中でもコミュニケーションにおける人との距離や、接客やビジネス時の相手に対する態度、姿勢などには大きな違いが見られます。

今学期の半分が終わったところで、Portfolioを書いて提出しました。このコースは基本的にグループワークが主なので個人の貢献を知るために自分が何をしたのかをこのPortfolioに書かなければなりません。私はPortfolioなんて書いたことも無く、フォーマットも全然わからなかったので、友達の助けも借りながら家や学校で延々とパソコンに向き合っていました。チューターの先生にもよると思いますが、きっとPortfolioはこのコースの1つの山ですね。

コースを比べてみると、今のMinorは一つのゴールに向かってプロジェクトを進めているんだなという印象で、秋学期に履修したCommunicationはそれぞれの授業にテーマがあり、様々なトピックを扱っているなという感じで、今の時点では後者の方が自分は好きだったなと思います。Communicationの成績もほぼわかりましたが、まあまあっていう感じですかね。

休暇中には、The most beautiful spring garden in the worldと称されるキューケンホフ公園を訪れたり、ヨーロッパの頂上であるスイスのユングフラウに登ったりしました。

339.JPG

posted by HARUKA at 22:50| 大分 ☁| Comment(0) | 2016ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする