2017年12月13日

【KOHEIのアメリカ留学記】#1

 どうも初めまして。KOHEIと申します。僕は只今アメリカのノースカロライナ州、シャーロットに位置しますUNCC(University of North Carolina Charlotte)へ留学させていただいています。

 まずは、軽く自己紹介させてください。僕が所属するのは工学部(現在の理工学部)機械コースです。今は、3年の前期を終えたところで、実質的に休学をさせていただきこちらに1年間の留学をしております。
 他の留学生の方々が魅力的な記事を紹介してくれるなか何を書き綴ろうかと頭を捻らせた結果、僕はこちらでの秋セメスターを総括してそこでの感想をフレッシュなうちにシェアしていきたいと思います。アメリカでの生活や苦労話、留学に至った経緯については今後更新していく予定なので、ぜひチェックお願いします。

 大分大学が夏休みに突入した直後に渡米し、その後一週間ほどで授業が始まり、先日、長かったようであっという間の秋セメスターが終了しました。素直に感想を伝えるとするならば、アメリカでの出会いの数々は、僕の今後の人生を変えるには十分に斬新的で衝撃的でした。
率直に言って、世界は広い(笑)。 笑ってしまう程に。
 僕はアメリカに来て初めてイスラム教徒の友人に恵まれました。彼は普段運転するとき、車内は絶対に爆音であるし、授業中でもたばこをぷかぷか吹かしに抜け出すこともありますが、一日に5回必ずイスラムの神に祈りを捧げます。どれだけ疲れていたって忙しくたって毎日絶対に欠かしません。その姿は普段と打って変わって、非常に印象的で神秘的でもあります。この間、車で旅行に出向いた際にホテルでその姿を初めて見ました。文化の違いをもろに喰らいました。初めての感覚だったので、感銘を受けたことをよく覚えています。
 ブラジルからの友人はその二人共がおもしろい程に、いつも落ち着いた雰囲気に包まれゆったりとしていて、喋り方でさえもそのゆったりとしたペースには人を癒す効果があるのではないかと思います。会話よりもそっちに目がいってしまうこともしばしばあります。日本の典型的な性格とは、まるで正反対なところがあるように感じます。
 ルームメイトに関しては、かの有名なトロント大学を卒業した後、一旦仕事に就いたもののUNCCのビジネスの大学院(シャーロットはBank of Americaの本社の拠点ということもありビジネスは強い)のほうからオファーを受けてこちらに来たという素晴らしいルームメイトを持ちました。こんな斬新な出会いは、僕の生涯のなかで忘れるということは不可能でしょう。

 さて、今回の締めとしてこれらの出会いのはどのようにして生まれたのかを考えてみたいと思います。無論、きっかけは留学してきたことであるのは明白です。しかし、もっと一般的に考えるとことのきっかけは常に”何かを始める”ということになります。Face Bookの創設者 Mark Zuckerberg氏はスピーチの中でこう述べています。
"Let me tell you a secret: no one does when they begin. Ideas don’t come out fully formed. They only become clear as you work on them. You just have to get started."
彼はアイデアについてですが、僕の経験から出会いについても同じことが言えると思います。全ては始めることから始まる。あなたのその最初の一歩が、すべてにつながっています。留学もその一歩となりうることは確かです。

参考までに以下がそのスピーチになりますので是非一度聞いてみてください。


 ここまで読んでいただきありがとうございました。次回の更新でまた会いましょう。では。

-KOHEI
posted by KOHEI at 14:52| 大分 ☁| Comment(1) | 2017-2018アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アメリカで知り合った友人たちのこと、楽しく読みました。いろいろな人がいて興味が尽きないね。
Zuckerbergのスピーチ、思わず見てしまいました。若いのに、さすがの風格が漂ってますね。 Let’s do big things, not to create progress, but to create purpose. 留学するというKOHEIのpurposeがかなった今、次のpurposeに向かって、let's get started!

次の更新、早く読みたいです。待ってます。
Posted by m at 2018年01月04日 13:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。