2017年12月26日

☆Taiwan2☆


台湾の東海大学に留学中のnaoです。
12月に突入し、さすがにもう半袖短パンでは過ごせなくなってきました。
今回は、私が参加した活動について紹介します。

☆visit a local junior high school in Taichung 〜與清泉國中有約 在地學校與國際學生交流會〜☆

11月半ば、台中市の中学校に行き、現地の中学生に日本の中学校について紹介する活動に参加してきました。台湾 中学校 1.jpg
東海大學の外での活動はしたことがなかったうえに、詳細を聞かされていなかったので、外部の先生の話が聞き取れるか、中学生と交流ができるか心配でした。当日は清泉國中の生徒方が学校の紹介をしてくれましたのですが、その流れでアドリブで各自の中学校生活を紹介することになりました💦生徒も40人ぐらいいたので一気に緊張しましたが、ここ3か月で学んだ中国語を必死に思い出して主に部活動やテストのことについて話しました。伝わってるといいなあ(;´・ω・)
1時間目は主に中学生の学校紹介、そして2時間目は7,8人のグループに分かれあらかじめ準備された中学生の質問に私たちが答えたり、おしゃべりしたり、日本の中学校と台湾の中学校の行事の違いを見つけたりする活動を行いました。一応事前準備で、日文系の友達に日本と違うところ(例えば、台湾の中学校は春休みが無い、9月から1学期が始まる、夏休み強制補修参加など)を聞いていたので、そのへんも聞いたりしました。ちなみに台中の中学校は修学旅行の際は高雄に行くそうです(近っ)合唱コンクールも遠足も運動会などもあるそうなので、あまり日本と変わらないなあと思いました。
台湾の中学生は元気がよく、作ってきたスライドに興味もってくれる子もいてほっとしました。とある男の子は日本の国歌(君が代)に興味があったらしく、不錯!(すばらしい)と言っていたのが印象的でした。なぜ君が代を知っているの?と聞きましたが、當然!(当然だよ)と答えられ、正直自分は台湾の国歌を知らないし関心すら無かったので、すごく驚かされました。
この活動は、おそらく英語の授業の一環で行われたと思います。台湾の先生方は中国語ではなく主に英語を使って説明している点が読み書き中心の日本の中学校とは違うなあと思いました。私の担当はついこの間入学したばかりの中学1年生でしたが、頑張って学校紹介をしてくれました。私が中1の時はオール英語の英語授業ってほぼ無かったので感心しました!
中学生の話す言葉を全て理解できたわけではなかったし、私の中国語もまだまだなので、時折戸惑いました。また用意されたクエスチョンが全て英語だったため、英語を完璧に忘れた私は中国語で答えるか、超簡単な単語とかでしか答えられませんでした。いろいろ思うことはありましたが参加してよかったと思っています。控室では”サインください!”と言われました。スター気分です☆幸い日本人は少なく、韓国人、アメリカ、パラオの友達ができて本当に充実しました。限定マグカップやペンまで頂きました。ありがとうございます。中学校を去る際には主任の先生からランニンググループに招待されたので、また機会あれば中学校に行ってみんなと走りたいです!

前半の学校紹介の様子です↓

IMG_1882.JPG

帰り際に撮った学校の写真(懐かしい...)↓

IMG_1775.JPG


おまけ ☆東海のクリスマス☆ 

IMG_1868.JPG

毎日見ている教会になんとオーケストラのプロジェクトマッピングが!!
DJ(クラブ?)や学生会のゲーム、小売店、教会でのコーラスなど盛りだくさんで
ものすごく楽しかったです♡
コカ・コーラの協賛もあってクリスマスへの気合がハンパない東海..!
DJのノリにはついていけなかったけど、いい思い出になりました。


では、また〜



















posted by nao at 02:45| 大分 ☁| Comment(1) | 2017-2018アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中学訪問ですか。中学生との交流や中国語での日本の紹介など、いい経験ができましたね。
君が代のことをそんなふうに思ってくれているんですね。すごいな。教会の屋根のコンサートのプロジェクトマッピングもびっくりです。
Posted by m at 2018年01月04日 13:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。