2018年01月07日

SF 留学記U

  Long Time No See!  How have you been? 

一回目の投稿から、早二か月がたちましたね。本当に、時間がたつのが早すぎる、、、

Time fliesとはまさにこのことです。

こちらも、学期末の試験もすでに終わり、冬休みの真っただ中ですよ。



え?半年留学じゃなかったけ?
はい、そうですよ。半年です。もう僕の留学生活は、終わりです。(笑)

もう帰らないといけないなんて言わないで、、、

本当に個人的にも大きく成長できた半年でした。

詳しい話は、また別のブログでしたいと思います。

そういえば、まだ大学やアメリカでの生活について言ってなかったですね、、、、


これだと、みんなにたたかれますね(笑)

炎上だけは、防ぐために少しでも有力な情報を教えようかと思います。 Let's get started!



♦♦♦大学生活♦♦♦
 アメリカの大学生活、みなさんどんなイメージをおもちですか?

はっきりいって、大変です。(笑)

日本の大学とはくらべものにはならないほど、授業、課題、勉強がずっーーーーーーとまとわりついてきます。

本当に勘弁してほしいですね。(笑)

でも、キャンパスは、マジで最高です。
IMG_0121.JPG

開放感があり、なんといっても庭的な感じで、芝生が広がっているので大学感がものすごく感じ取れます。

写真の大きな建物が、図書館で、24時間やっているので勉強にはもってこいです!

この図書館には何度お世話になったことか、、、、、


日本の大学と違って本当に忙しので、自分の本当に興味のある授業をとらないと自分の目的などを見失ってしまい、大変な思いもします。

授業選びは慎重に、



♦♦♦大学の授業♦♦♦
 自分は、今学期4つの授業を履修しました。留学生は、たしか5,6個まで授業を履修できると思います。でも、本当にアメリカの授業は大変なので、授業は、4つでいいと思います。
自分の知る限り、4つ授業をとっている学生が多いです。

自分は、アメリカの歴史や経済学、ツアーリズムなどの授業を取りました。

ツアーリズムに関しては、大分大学では取れないような授業なので、すべてが新鮮でとても興味深かった授業でした。

しかも、この授業は、面白くて、比較的楽な授業だと思います。

Ergul教授の授業をとることをかなりお勧めします。

きっと、授業を通してこの教授の面白さ、やさしさがわかってきますよ。やりますねーーー。

アメリカの授業スタイル的には、予想よりも活動的な感じではありませんでした。

それでも、基本的にディスカッションを展開させて授業を進めていくスタイルが多いです。

本当に、アメリカ人にもアメリカの授業にも多々驚かされました。もお、すごいの一言です。

ディスカッションの時にみんなものすごい早口でいうから、何を言っているのかわからない(笑)

慣れるまで結構苦労しました、、、、、、、

アメリカ人は、結構自分というものをもっていて、授業に対する姿勢や考え方がまるっきり違います!!!!!!
何か、授業中に、疑問なことがあったら、その場で先生に質問をしたり、先生が説明したことに対して意見や反論をしたりなどとりあえず、授業はアクティブです。
それらのせいで、授業が中断して思い通りにすすまないことなんてざらにあります。

日本人とアメリカ人の学生の質の根本的な違いは、ここにありました。

アメリカ人は、納得のいくまで質問したり、理解しようとしたりします。そういった中で、自分自身の物事に対する理解力、知識力、考えなどが身についていく。ディスカッションの時に、アメリカ人がたくさん話をする理由もよくわかりますね。(笑)

日本人ももうすこし見習ってほしいですね。






♦♦♦交通機関♦♦♦
 大学の周辺には、大きく分けてMuniと呼ばれるバスと電車の二種類があります。そのほかに、Bartと呼ばれるいわば、地下鉄的な乗り物や、アメリカでは、かなり普及している配車サービスのUberがあります。

やはり、大学近くにあるMuniのバスと電車を多く利用すると思います。オフキャンパスに住んでいる人の多くが、結構このバスや電車を使っている気がします。

料金は、どちらもMuniという会社なのでバスも電車も2.75ドル払えば、乗れます。
すごいところが、一回2.75ドルを払っちゃば、どこにでも行けちゃいます!!!!(笑)
つまり一律2.75ドルです!日本とは違って便利ですよね。(決して日本を小ばかにしてはいません)

このバスや電車をのるにあたって、Clipper Cardという電子カードを使えば、バスなどに乗るときに機械にかざせば、スムーズに乗れちゃいます!日本でいうと、nimocaやsugoca的なやつですね。
clipper.jpg
これが,そのClipper Cardです。


さらにここで朗報です!!!!!!!



今年からSFSUの学生が持つStudent CardにClipper Cardの機能が加わりました!
これは、かなり便利です。学生証にnimocaなどの機能がついたということです。

hella便利です。あとは、このカードにお金をチャージすればすぐに使えちゃいます。
お金をチャージするところは、キャンパス内にいくつかあるので大丈夫です。

また、Muniの電車なら、Muni Mobileという電車のタイムスケジュールを確認できるアプリがあります。

Muni.png

これが、そのアプリです。iPhoneでもAndoridでもダウンロードできます。

これは、ダウンロードすることをお勧めします。Muniの電車に関しては、かなり利用頻度が高いと思います。
実際自分は、そうです。

ダウンタウンや有名な観光スポットに行く際には、結構利用します。このアプリを使えば、無駄な時間がなく電車に乗ることができますね。

そして、さっき申し訳程度にいったBartの電車。これは、まあーーーーー利用頻度が少ないと思われます。
Bartの電車は大学周辺にはありません。残念ながら。
Muniの電車との大きな違いは、Bartは地下鉄的な役割を持つこと、管轄している会社が違うこと、料金が停車駅によって変わること、そして何よりもシステムがややこしい(笑)

いまだに、理解に苦しみます。(笑)

でも、Muniの電車よりは、行動範囲が広がります。



最後に、Uberについて言いたいと思います。

正直言って、Uberはマジ最高です!!!!!!!!!!

基本的に夜遅くまで図書館で勉強して、そこからバスや電車で帰るのは、避けたほうがいい気がします。夜遅くのバスや電車には、変な人やホームレスの人がいたりします。もう気味が悪いです。へどがでます。

現に、スタンガンで襲われそうになった日本人の友達もいました。

夜遅くに帰る場合は、Uberがかなりお勧めです。

システムは簡単で、まずUberのアプリをダウンロードします。そして、クレジットカード情報を打ち込みます。はい、もう終わりです。(笑)

あとは、現在地から、目的地を設定すれば、現在地から近いUberドライバーが来てくれます。結構早いです。早ければ1ぷんできます。だから、待ち時間も少ないです。

街中でUberを呼ぶと結構Uberを探すのを苦労したりもします。自分も探すのは、下手です。(笑)


♦♦♦衣食住♦♦♦
 大学の近くに、いろいろなお店が立ち並ぶ複合施設があります。本当に、キャンパスからあるいて5分もかかりません。ここにくれば、衣食には困ることはないです。大分でいえば、わったんやパークプレイスです。
アメリカで有名なスーパーマーケットであるTrader JoesやTargetがあります。ここで、食料、お菓子や日用品が手に入ります。
また、銀行やATMもあるので、手軽にお金を引き出すこともできるし、アメリカで口座もここで作れちゃいます。
自分もここで作りました。

そして、Stownstownという大型ショッピングセンターもあります。ここでは、ブランド品が購入できたり、フードコートもあるので、気軽にご飯も食べに来ることもできます。


次に自分の住まいについてです。
自分は、オフキャンパスに住んでいて、大学から徒歩二分の距離にあります。

朝の苦手な自分にとっては、かなりうれしいです。

自分の家は、Parkmercedという住宅街のエリアに位置します。この一帯は、作りがあたらしく、安全かつ閑静な住宅街です。

このParkmercedには、タウンハウスという普通の一軒家とタワーハウスというマンションの二種類の家があります。

IMG_0112.JPG

これが、自分の住んでいるタワーハウスです。12階建てです。

全然アメリカンじゃないですよね。どうせならアメリカチックな家に住みたかったですね。

まあ、ぜいたくなんて言ってられないですよね。自分の場合、どれだけ家探しに苦労したことか、、、、、

精神的にも体力的にも死ぬ寸前まで追いやられました、、、、、、

この話もまた別のブログでしたいと思います。

この家は、ロビーにパソコンも置いてある談話室的な部屋、さらには地下にはラウンドリーやジムまで完備されています。

洗濯は、一回2.50ドル、乾燥で1.25ドル。

しかもクレジットじゃないとできません。

ふつうは、25セントでできます。この家は、ちょっと違うだけです。

家は、自分合わせて5人で住んでいます。

自分は、なんとシェアルームで、もう一人のアメリカ人と住んでます。そのほかに、部屋が別途二つあり、そこに別のルームメイトが住んでいます。

月に800ドルくらいです。プライベートルームなら1000ドル近く払わないといけません。



はあ??
ジンベイ.jpg

そんなに高いのか!!!!!

はい、サンフランシスコの物価が高すぎるので、必然的に家賃も高くなります。これが、家を決めるのが遅くなっていった一つの要因でもあります。

サンフラでプライベートルームに住もうと思うと本当に1000ドルは最低ほしいところです。

大学の寮に関しては、もっとします。そしてシェアルームです。オフキャンパスのほうをお勧めしたいですね。

個人的には、シェアルームでも悪くないと思います。中には、自分の時間が欲しい。面倒くさい口論をしたくないとかいう人もいますが、ルームシェアは、英語でコミュニケーションをとれる機会も増えて、英語の練習にもなるし、いろいろな話ができるのでいいと思います。

留学なんて一度きりかもしれないから、少しくらい我慢してもいいのかと。

本当に、色んな話を英語でしていると英語の話す楽しさ、そして色んなことを学べる。

色んな発見、カルチャーショックを感じることでしょう。


♦♦♦サークル・団体♦♦♦
 大学のじゅぎょう以外で何をしますか?もちろん、勉強もかなり忙しので授業によっては、遊ぶ機会もなかなか作れません。でも、週末くらい英語のコミュニケーションをとるために、いろいろなアメリカの文化、街並みを知るためにも外に出かけてみるのもいいでしょう。
Facebookに、近くの場所で行われる様々なイベント情報がのっています。イベントが多種多様で盛りだくさんで、面白いです。Facebookは、そのイベント確認のためにもダウンロードしておいたほうが良いです。

また、大学には、たくさんのサークル・団体があります。自分は、日本人サークルのJSAや留学生サークルのIEECのイベントに行っていました。

IMG_6795.JPG

JSA、日本人サークルの様子です

IEEC.JPG

留学生サークルIEECの様子です。


多分、この大学に留学しにくる人たちは、これらのサークルのイベントに何回かは参加することになるかと思います。

これらのイベントもFacebookに情報がアップロードされるのでチェックしましょう。







さて、今回は、情報がてんこ盛りすぎてなかなか困惑するかもしれないですが、

みなさんの留学の手助けになれたらいいかなー。やりますねー。


では、また次回会いましょう。 

See ya!



posted by mkt at 07:44| 大分 ☀| Comment(0) | 2017-2018アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。