2012年04月20日

in しんせん

お久しぶりですこんにちは!
シンセン大学に留学中の上原です。

毎度毎度報告が遅れてすみません。


今回の報告は
新学期についてと
請明節という中国の一週間の休みについて書きたいと思います。


2月の終わりから今学期が始まりました。
はじめに中国語レベルを図るための簡単な面接を受けて
今学期自分が配属となるクラス分けをしました。
このクラスは自分の意志でどのクラスにも変えることができます。
私は最初は面接で決まったクラスで授業を受けていましたが、
クラスの雰囲気があまり好きになれずクラスを変更しました。
新しいクラスは活気にあふれていて今は楽しく授業を受けています。
自分にあったクラス選びをするのが挫折せずに楽しく中国語を学ぶのに最適だと思います。
授業科目数は先学期3科目でしたが今回はクラスも変えたことにより2科目になりました。
ですが、授業時間は先学期と変わらず同じなので1週間で進む量が多いのでちょっと大変です。
あと毎週「今週の話題」といって前にでてスピーチを読まされています。
中国語上達にはもってこいなんですが、毎週あるので大変です。
他にも選択科目として陶芸や体育や太極拳など受講できるのですが
私は受講しませんでした。もしシンセン大学に留学される方がいれば
受講されてみてください。おもしろいらしいです!!



次に請明節について書こうと思います。
請明節とは中国ではこの期間に先祖の墓掃除をするそうです。
この休みの間、北京の対外経済貿易大学に留学中の大上さんが
遊びに来てくれました。
そのこともあって香港とマカオに遊びに行ってきました。
香港では、有名な蝋人形館や100万ドルの夜景
香港では日本の製品がたくさん安く売られているので
買い物などをしました。

マカオでは、歴史建造物やマカオタワーに行きました。
マカオタワーでは、大上さんはスカイウォークを体験し
地上223mの高さを満喫していました。

次回マカオに行ったときはマカオタワーからの
バンジージャンプに挑戦したいと思います。




留学期間残り三ヶ月となりましたが
よりいっそう気を引き締めて今の生活を満喫したいと思います。
そしてもっともっと中国語スキルを上げて
自分の武器にしたいと思います。


posted by 大分大学 at 00:46| 大分 ☔| Comment(0) | 2011中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

もはや普通の女子大生じゃないぞ! 2


すみません、引き続いて福永の投稿です。(笑)


インドネシアでまたおもしろいとおもったことは宗教についてです。

ジャカルタに行ったとき、インドネシアで一番大きな教会と、モスクに行ってきました。

教会は日本にももちろんありますが、モスクって…見たことない!日本にあるんですかね?P1030812.JPG


P1030808.JPG

イスラム教の女性は、写真のように着替えます。男性は私服でした。
モスクの中は、なんだか体育館のようでした。そこで、女性、男性で別々の場所に別れて声を合わせてお祈りをします。

今まで知らなかったのですが、ムスリムの人々はインドネシア人でもアラブ語が読めるのですね!びっくりしました。

うーーん、豚肉食べられないとか、毎日何回もお祈りするとか、犬の鼻と口に触れないとか、お酒飲めないとか…イスラム教の人って、そういうの面倒くさそう。

これはアントン(インドネシア人の友達)が話してくれたことなのですが、インドネシアは大まかにクリスチャン・カトリックとムスリムでわかれていて、宗教の違いで学校でいじめなどもあるらしいです。
異なる宗教同士で結婚することも、もちろん許されません。

アントンの、「日本は国全体が大体一つの宗教だからいいよね。いろんな人と仲良くなれるもんね。」という一言に、宗教についてあらためて深く考えさせられました。

人々の心を支えるけれども、同時に人々に差別のような意識を与える宗教。
みなさんは、あるべきか否か問われたら、どう答えますか?



話は変わりますが、インドネシアではみたことのないフルーツがたくさん!
トロピカルフルーツですね☆P1030678.JPG

手前にあるマンギスというフルーツは、初めて見たとき「どうやって食べるんこれ…」と思ったのですが、頑張って割って食べてみると甘くておいしかったです!
ちなみにこのマンギスの果汁は、洋服につくと絶対おちないシミとなるらしいですよ(笑)


インドネシアにいる間、バリ島にも4泊5日で行きました!

生まれて初めてのスキューバダイビング!1211.JPG

私、泳げないんですけど、ダイビングできました…(笑)

それでも沈むときってすごく怖いですね。プロの方にアシストしてもらったのですが、彼がいなかったら間違いなく溺れていたと思います。それでも、海の中は魚がたくさんいて、とても楽しかったです!

4泊5日のバリ島旅行、忘れられない事件も起きた旅行でしたが、楽しかったです(^^)1302.JPG

P1040017.JPG



インドネシアには1月18日から2月5日まで約2週間いました☆

※残り十日間はタイ旅行です…が、また容量の都合により次の記事につづきます。
 一つの投稿にまとめられなくてごめんなさい!(><)












posted by 大分大学 at 19:08| 大分 ☀| Comment(1) | 2011中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もはや普通の女子大生じゃないぞ!

こんにちは!
対外経済貿易大学に留学中の福永晃子です。


今回の大きなトピックは、1月18日〜2月15日までの間の東南アジア三カ国の旅行についてです。
なぜ、この期間に約一か月間もその国々に旅行に行ったのかというと、北京があまりにも寒かったからです。外の世界はマイナス15度にもなる真冬の北京。大分で生まれ、育った私には過酷すぎる…と思い、実行しました。

旅行先には三カ国ともその国々出身の友達が何人かいたので、彼らをたずねて出発しました。





まず、1月18日の午前2時北京出発の飛行機にのり、午前8時ごろシンガポールに到着し、そこで午後7時ごろまで遊び、すぐに飛行機にまたのり、インドネシアの首都、ジャカルタへ飛びました。ジャカルタまでは、対外経済貿易大学で一緒に留学していた日本人の友達2人と、インドネシア人の友達1人の合計4人で行きました。




半日あそんだシンガポールでは、以前大分大学に半年間留学していたテレンスくんに観光案内をしてもらいました。彼は仕事をしているのにもかかわらず、その一日休暇をとり、私たちのために時間を作ってくれました。


彼は写真が嫌いなので、一緒に撮れませんでしたが、マーライオンをはじめ、さまざまな場所に案内してくれました!!

DSC00840.JPG

(笑)

P1030111.JPG




シンガポールの印象は、「ゴミ一つ落ちていない、いろんな国の人が集まる街」です。
乗り物に乗っていても、いろんな国の言葉が聞こえてきます。

看板にも、英語、中国語、マレー語、タミル語などさまざまな文字が書かれてあります。

うーーん、不思議な国。コンビニにはガムが売ってありませんでした。街が汚れないようにするためらしいですね。(・▽・)あ、それから、お札がきれいでした。キレイというのは、中国のようにぐしゃぐしゃでなく、ピン札のようにしわのないお札という意味です。

中国のお札になれてしまっていた私にとって、感動した点です(;v;)








さてさて、シンガポールを発った日の夜、22時ごろにジャカルタに到着!!

……到着して早速問題発生。


インドネシアという国は、一日でも滞在するのにビザが必要なんです。で、空港でそのビザを発行するのに必要なのが、米ドル・パスポート・出国時の飛行機のチケットだったんです。

私は米ドルも持っていたし、出国時のチケットもちゃんと予約していたし、問題ない!と思っていたのですが、そのチケットは予約しているだけでなく、きちんと印刷して置かなければならなかったのです。

今考えると当たり前のことなのに、どうしてそこに気が付かなかったのでしょう…空港内の飛行機会社の窓口で印刷してもらおうにも、もうすでに営業時間が終わっており、このままじゃ空港から出られない…!と思っていたところ、一緒にいたインドネシア人の友達(アントン)が助けてくれました。

どのように助けたのかというと、…わいろです(笑)

この国は、何でもお金でなんとかなる国なんだということを学びました。

…いきなりのカルチャーショックですよね。



やっとのことで空港から出られて、そのままアントンのお父さんが迎えに来てくれた車に4人で一緒に乗り込み、彼のおうちへむかいました。


インドネシアの民家ってどんなおうちなんだろう・・・と、うきうきしながらお邪魔したところ、想像以上にきれいで大きくて、すてきなおうちでした。

みなさん知っていますか?インドネシア人のおうちには、たいていお手伝いさんが何人か雇われているんです。洗濯をする人、掃除をする人、料理の手伝いをする人…さまざまな仕事内容に分かれて雇われているようでした。

日本では、家政婦を雇うおうちというのは、お金持ちだという感覚がありますよね。
インドネシアでは違うんです。学校に行くことのできない、貧しい家庭で育った女の子が、安い賃金で家政婦として雇われているのが現状です。聞くところによると、月給8千円くらいだとか。

彼女たちの仕事ぶりを見ていて驚いたことは、洗濯機を使わず、洗濯板を使っていたことです。それから、乾いた後の洗濯物、ひとつひとつすべてにアイロンをかけていたこと!下着や靴下にも!!

もちろん、洗濯してもらった洋服たちはピシッときれいでクリーニングに出したような仕上がりになっていました(感動)



インドネシアでは、アントンのおうちの他、以前大分大学に留学していて、私がチューターをしていたステラちゃん、その友達のコニーちゃんのおうちにお世話になりました。

彼女たちのおうちもまた大きくて大きくて…私の実家の2倍は軽くあるんじゃないかと思うくらいの、3階建ての素敵なおうちでした。インドネシアは地価が安いから中流家庭でも大きな家に住めるんだとか。
彼女たちのおうちにも、やはり女の子がお手伝いとして雇われていました。その子たちは、住み込みで働いているらしく、きちんと部屋も与えられていて驚きました。

それにしても、ステラとは一年ぶり、コニーとは半年ぶりの再会!
うれしかったです(^−^)P1030809.JPG

↑これはコニーとご家族☆P1030764.JPG

↑ステラとコニー☆

二人とも、私がいる間は車でいろんなところに連れて行ってくれたり、おいしいものをおごってくれたり、とてもよくしてくれました。彼女たちのご家族からも、「娘が大分にいたころはご迷惑かけたでしょう」と言って、持ちきれないくらいのお土産を頂きました。

一番長い間お世話になったアントンのご家族からも、たくさんのお土産と、「いつまたインドネシアに帰ってくるの?」という別れ際の一言。

大好きな友達の家族も、大好きになってしまいました。





※すみません、容量の都合で記事を後半に分けさせていただきます(><)


posted by 大分大学 at 17:52| 大分 ☀| Comment(0) | 2011中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

留学報告

みなさんこんにちは。

中国北京からの報告です。
季節は春になり暖かくなるはずなのに
毎日部屋が寒く感じます。

そんな中、学校も始まり新しいシーズンが始まりました。
今回は中国語のレベルも上がったクラスなので毎日が
大変になっています。そんな中で自信の中国語の状況も
非常によくなってきていることを実感しとても嬉しく思います。

またこの冬休みの間に色々な経験をしました。
友達に誘われスノボに行って来て慣れてきた頃に手を捻挫して
日々苦労するはめになったり、様々な人たちと出逢って
自分自身の成長にもつながりました。

そんな中、今一つの活動を行っています。
それは中国語を上手く話せないといけないので、自分に
とってはまだとても役に立っていないのですが、
非常に充実した毎日になっています。

中国での残された時間も少なくなってきたので
毎日自分自身の中で後悔のないように
しっかり生活していきたいです。
posted by 大分大学 at 00:31| 大分 | Comment(1) | 2011中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月31日

中国北京より


こんにちは、中国北京市の対外経済貿易大学に留学中の大上累実です。こちらに来て7カ月が経過し、4回目の報告となってしまいました。時間が経つのは本当に早いですね。


さて、こちらの大学も3月初頭から後期がスタートし、やっと新クラスにも慣れてきました。


DSC03378.JPG


前期は普通中国語を受講していましたが、今期はビジネス中国語を受講しています。
全てビジネスに関する内容で、以前より難しいですが
「この会話は、将来ビジネスのあんな場面で使えそう!」
など実践的な内容が主なので本当に楽しいです!専門用語の知識が増えることで、今まで聞き取れなかったニュースも本当に少しずつですが理解度が高まってきています。先日は北京の隣の天津に、中国企業見学へ行ってきました!


また、授業内でグループ発表や個人の意見を述べる機会が多くなり、クラスメートと皆で切磋琢磨しているのを実感してます。授業もクラスメートも大好きで、今までの人生の中でこんなにも学校が大好きだと感じたことはありません!留学してみて良かったなぁと実感する瞬間です。


一方、週3回語学学校にも通っています。帰国するまでにもっと発音をキレイにすること、またHSKという中国語試験のために文法の知識を増やすのが目的です。大学の授業の予習・復習も毎日大変ですが、あと3カ月しかないので今頑張るしかないですよね!


またこの語学学校はコリアタウンにあり、最近韓国人の友達が増えたこともあり韓国料理にハマってしまいました♪色んな国の料理が激安で食べられるのも中国留学の楽しみの1つです!


幸いなことに骨折した右足も、ほぼ普通に歩けるほどに回復しました。実は松葉杖で長期旅行にも行ってきたほど、元気です!歩けるようになって行動範囲が広がり、またたくさんの人と出会えることがとても嬉しいです。この留学中、本当に様々な人たちとの出会いのおかげで、自分にとって良い刺激となりました。残りの3カ月、さらにたくさんの経験をして楽しみながら自分も成長したいです!


実は今、北京から深圳に来ていて、大分大学から深圳大学に留学している2人にお世話になってます!今日から8日間の滞在予定なので香港やマカオにも遊びに行く予定です。こちらは暖かくて中国とは思えないほどキレイで感動しました…!



それでは!旅行たのしんできます^^
posted by 大分大学 at 16:19| 大分 ☀| Comment(1) | 2011中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

in しんせん


新年明けましておめでとうございます
シンセン大学に留学中の上原です。


留学報告が大変遅くなりすいません。



前回の報告からの
約2ヵ月間について
報告したいと思います!




まず学校面について
クリスマスに歌の大会?と期末考査がありました。
歌の大会は
クラス対抗で行われ、演劇や合唱をします。
私のクラスは演劇をおこない私はサンタの女装をしました。
結果は2位とまずまずの結果でした。
振り返ってみると
今学期の私のクラスは
漢字大会では1位
今回の大会では2位と
とても優秀だったなと思います。
時折“Fu○k you!”と発せられる
マジ喧嘩も起きてましたが
クラスメートはとても仲が良くわきあいあいとしているクラスでした。
期末考査はよくできたと思います。
先生からもお褒めの言葉をいただけたのでバッチリです。
今学期はあまり勉強面で苦労することがなかったので
来学期はもっともっと中国語が上達するように
ちゃんとはじめにクラスを見極めたいと思います。






次に
年越しの過ごし方について
初の海外での年越しとなった今回
私は香港にカウントダウンを見に行きました!
私の言葉じゃ感動を伝えきれないので、、、
神田さんがブログに書いているように
半端なくすごかったです!

旧正月は
うわさ以上の爆竹、花火の嵐でした。
毎日毎日
近所で爆竹、花火が鳴り
建物が崩れたような音で半端なかったです。
中国の爆竹は落としただけで破裂し威力は日本の3倍ほどあると思います。
まだ部屋に何個かあまっているので
試してみたい方はぜひお問い合わせください。






あと先日マカオに行ってきました。
世界遺産めぐりをしたので
写真等をアップしたいのですが
現在のネット環境じゃダメみたいなので
近々
なんとか策を練ってアップしたいとおもいます。







以上で今回の報告を終わります。

残り半年間
悔いの残らないよう過ごしたいと思います!
posted by 大分大学 at 01:14| 大分 ☔| Comment(1) | 2011中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月31日

新年快乐!

皆さんこんにちは。
それとあけましておめでとうございます。
中国北京から3回目の報告です。

こちらに来てから早いものでもうすぐ半年を迎えることとなりました。
学校も年末から休みになり多くの外国人が自分たちの国へと帰国しました。
休みに入ってからこれまでの約一ヶ月の間中国にある色々な活動などに
参加してみました。

まずは成人式に参加しました。スタッフとしての参加なのでまた違った経験を
しました。この成人式は中国にいる日本人学生を中心にもうすぐ成人をむかえる
中国人たちも参加できる式典です。また、この式典は日本人学生が中心となって
企画していくものなので自分もその手伝いをしながらとてもいい経験をしました。

また、中国の正月には知り合いの中国人に招待されその家族の人たちと一緒に
過ごしていました。みんな初対面の自分に対してとてもよくしてくれて、また
中国語を話すという上でとてもいい勉強になりました。
中国人たちとの交流が増えてきたのでとてもいい勉強になりました。

後一ヶ月間ほど休みがあるので充実した休みにして残りの学校生活を
楽しみたいと思っています。
posted by 大分大学 at 15:11| 大分 ☀| Comment(0) | 2011中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

中国*北京より 3


みなさん、新年明けましておめでとうございます!
中国北京に留学中の大上累実です。


現在大学は約2か月半もの長い長い冬休み中です。
クリスマス、新年、成人の日、春節があっという間に過ぎていきました。

中国では新年よりも春節の方を大切にしているように思います。
私は友達の家で、たくさんの親戚の人たちと一緒に春節を過ごさせてもらいました。


DSC00760[2].JPG


これは、北京で開催された日中成人式の写真です。
中国人・日本人の学生合わせて120人ほどが出席し、お互いの文化を披露し合いました。
日本の成人式とは異なりますが、北京でも成人を迎えることができて良い経験になりました。




前フリが長くなってしまいましたが、
今回は主に、私が通っている語学学校についてお話します。



私は以前入院していたこともあり大学に通えない日が多く、中国語に不安を感じていたので、この冬休みは大学とは別の語学学校で勉強しています。


平日 朝9:00〜12:00 1日3コマ(1コマ約600円です)。
最大5人までの少人数クラスで、週1で日本人対象の発音クラスもあります。


詳しくはこちらのHPで!
http://www.sinolandchinese.com/index1.asp


授業中の80%を生徒に喋らせるという学習カリキュラムで、発音の仕方など基礎から勉強でき、会話力が身につきます。


私も実際、この学校に通い初めて中国語の発音のコツが分かるようになり、以前よりも中国語を勉強するのが楽しくなりました!

また他大学の生徒や社会人の方、様々な国の人たちと知り合うきっかけにもなり良い刺激となっています。




追伸

皆様にご心配をおかけしておりますが、骨折して手術した右足も徐々に回復しています。
3週間後には松葉杖が取れて普通に歩けるようになる予定です!

posted by 大分大学 at 00:59| 大分 ☁| Comment(1) | 2011中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月11日

留学費用について

こんにちは、北京の対外経済貿易大学に留学中の福永晃子です。


今月は、18日からインドネシア・タイと約1ケ月間東南アジアへ旅行する予定なので早めの報告とさせていただきます。


そして、今回のテーマはタイトルにもあるように「留学費用について」です。


留学したい!
外国語を勉強したい!
いろんな国の人たちと友達になりたい!

……でも、どのくらい費用かかるんだろう……


こう思っているみなさんに、実際に留学中の私がどのくらいのお金を、どんなふうに使っているか、参考になるかはわかりませんが細かくここに記していこうと思います。


ただし、あくまで中国の北京での場合です!
そこを考慮したうえで読み進めてくださいね(^v^)






私が北京に来たのは8月22日ですので、今のところ報告できるのは8月〜12月の費用となります。

※1元=12円の計算です


8月(22日〜31日)

寮費            28800円
食費             7404円
携帯電話と通話料金      4560円
ネット通信料(半年分)    7200円
生活必需品          3528円
衣類・雑貨など        4344円
交通費            720円
            合計56556円    
※寮費は8月のみ24000円の敷金が含まれる(ちなみに私の部屋は1日600円)


9月

寮費             18000円
食費             18264円
電気代             300円
在留許可書取得費        5760円
教科書代            2304円
ジムの会員カード(1年分)   19056円
旅行費(西安)        15060円
娯楽(カラオケなど)      2940円
衣類・雑貨など         9288円
生活必需品           1968円
交通費             1752円
     合計94692円

10月

寮費             18600円
食費             13944円
電気代、水道料金        600円
旅行費(内モンゴル)     12000円
娯楽              3720円
衣類・雑貨など         7368円 
生活必需品           3336円
交通費             1308円
合計60876円

11月

寮費             18000円 
食費             13140円
水道料金            276円
娯楽              1632円
衣類・雑貨など         7020円   
生活必需品           804円
交通費             168円
             合計41040円    
※11月は父親がきたこともあり、助けられました 笑


12月

寮費             18600円
食費             16884円
水道料金            360円
携帯電話通話料         1200円
ヘアサロン           8880円
娯楽              336円
衣類・雑貨など        10068円
生活必需品           1320円
交通費             1356円
             合計59004円


こんな感じでしょうか(^^;)
少し説明を加えるとすれば、携帯電話と電気代はプリペイド式なので、なくなったら払うという感じです。日本より断然安くて本当に助かります!

娯楽はカラオケ、ボーリング、ビリヤード、クラブ…などでしょうか笑
クラブは人生で初めて行ったのですが、まぁ…私としてはカラオケのほうが楽しいです。

それから衣類・雑貨などですが、寒くなってくるとやっぱり靴下とかセーターとかほしくなってしまい、結構買ってしまいました。特に、12月は自分へのクリスマスプレゼントに化粧品を買ったので少し高めになってしまいました 笑

交通費は、寒くなればなるほどタクシーばかり使ってしまいます。でも初乗り120円で、友達とのればあまりかかりません。

それから、旅行費についてですが、この出費にはお金を惜しまず使ってもいいと思っていいと思います。どんな思い出ができようと、一生の大切な宝物になると思うからです^^


5か月で約31万円使っている計算になりますね汗
無駄なお金の使い方をしているところもあるかもしれませんが、これでも倹約しているほうです!笑




1月は、先に述べたとおり長期の旅行を計画しているためかなり出費が増える予定です笑





ところで、日本ではこんなふうに自分が使ったお金を記録したことなど一度もありませんでした。

なぜ留学先で突然こんなことを始めたのかというと、後に留学する後輩たちのことを考えたからです。

私が北京に来る前、実際にどのくらいお金がかかるのかとても気がかりだったので、きっと今留学を考えている学生も気がかりに違いないと思ったのです。

でも実際にこのように細かく記録していくと、ものすごく自分のためにもなると気が付きました。




私の留学費用は、奨学金と両親が蓄えておいてくれたお金から用意されたものです。

わかりやすく言うと、自分のお金とは言えないわけです。


とにかく、「知らないうちにこんなに使っちゃった!」っていうことだけは避けたいので、残りの留学期間もしっかり管理していこうと思います。



なんだか優等生みたいな書き方になっちゃいましたが…そうでもないので、なにか聞きたいこととかあったらなんでもコメント欄に質問してくださいね(・▽・)



では、次回は旅行の写真を盛りだくさんにして更新しますので、お楽しみに〜☆


追伸…おせちたべたかったなぁ涙
posted by 大分大学 at 20:13| 大分 ☀| Comment(2) | 2011中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

in しんせんA


こんにちは、、
中国の深セン大学に留学中の上原です。


深センに来て
早いもので3ヵ月が過ぎました。
楽しい時間はあっという間に過ぎていくものですな
骨折もすることなく平和に暮らしています。

唐突ですが
先月、念願の香港に遊びに行ってきました。
深セン大学から香港までは電車で1時間ぐらいです。
行きたいときにいつでも香港に行けるというのは
深大に留学するメリットのひとつだと思います。

香港は中国であって中国ではない都市なので
パスポートが必要でイミグレを通らないといけません。
イミグレは週末は人が多いのでちょっとめんどくさいですな。

香港は日本の物がたくさん売っています。
日本の物が欲しくなったときは
香港に行けばたいていのものは手に入れることができます。

いろいろと香港の画像をはりたいのですが
俺のパソコンが悪いのか
ネット環境が悪いのかわかりませんが
アップロードできないので次の機会にしたいと思います。
残念、、



また、毎週金曜日には
深センで働いている日本人の方々に混じって
中国人を相手にサッカーをしています。
中国人はプレーが激しいので
か弱い私はいつか骨折するだろうと思います。
保険選びは慎重に




勉強面では
先日、入門クラス対抗の中国語大会に
クラス代表として出場し
見事我がクラスが優勝しました。
優勝賞金は600元(約8000円)
深大はなにかとお金を配ります。



どの面を取っても充実していて
楽しい生活をすごしています。

が、最近寒くなってきました。
深センの冬を完全になめきっていた私は
日本から半袖しか持ってきていなかったので
冬支度が大変です。。。。。。。
みなさん、深センに留学の際は
冬の準備もしっかりしてくるようにしてください。


体調には気をつけて留学生活をすごしたいと思います。
posted by 大分大学 at 18:00| 大分 ☁| Comment(1) | 2011中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

中国*北京より2

こんにちは、中国北京の大上です。
実は、数週間前に右足骨折をして北京で手術を受けました。
なので今回は、保険の事など詳しくケガの報告をメインにさせていただきます(笑)


簡単にこれまでの経緯をまとめると

11/6 ケガ 病院で診察
11/7 入院 (20歳の誕生日…泣)
11/10 手術
11/17 転院
11/29 退院

こんな感じで、現在は松葉杖に苦戦しながら療養生活真っ最中です!


DSC00589[2].JPG

ケガをした日、病院で要手術と診断された直後の一枚。



海外で手術なんて色々大変じゃないの!?と思われがちですが、そうでもありません^ー^
北京市には日本の保険会社(数社)と私たち留学生の仲介役になってくれる会社があり、診察、入院、転院の手続きや、入退院時の送迎などなど全てそのスタッフさんがしてくれました。中国人なので少し頼りない彼ですが、こういう人がいると安心です!


私は東京海上の海外保険に加入してますが、私の保険の場合は医療費、入院中の食費、雑費、通院費などの費用がカバーされます。
救援費として、救援者(3名まで)の手当もあります。私は母、妹、北京での友人の3名を救援者としたので、友人が私の病院まで行き来するタクシー代、母と妹の飛行機代、北京での宿泊費、移動費も保険でカバー!空港までの送迎、ホテル(かなり高級)の手配もしてくれたので家族も安心して北京に来ることができました(*^^)久々に家族と会えてとても楽しかったです。


 
手術を受けた病院は北京の中でも大きな病院で、国際病棟もありホテル並みにムダに広くて綺麗な病室でしたが、医者やナースとのコミュニケーションがとりにくくて大変でした。

言葉が通じにくい上に中国の医者は適当な人が多いようで(国民性?)、足の症状、手術方法、手術後の治療やリハビリ方法、、などよく分からないままに手術を受けてしまいました。
先生達に「私の足が治るのはいつ?」と聞くと、「一か月半後」「2、3か月後」「半年後」と色んな答えが返ってきます。('_')

正直、中国での手術は色んな意味で恐ろしかったです。詳しくは書きませんが、良い体験(ネタ)が出来ました!


術後、体調が安定してからは日本語の通じる日本人に手厚い病院に転院し、退院後も頻繁に通院して治療を受けるつもりです。
ここの人たちはとても親切で優しいので大好きです!!

昨日めでたく退院したのですが、私の寮の部屋は6階にありエレベーターも無く不便なので、松葉杖生活の約1カ月間は大学近くのホテルに住むことになりました。※このホテル代も保険で!


大学は階段やトイレなどバリアフリーが無い上に、校内も広すぎて移動が厳しいので通学できません。それ以前に、北京の街中はバリアフリーが皆無なので一歩外に出たら危険がいっぱいです(@@)大学には通えないので今は他の中国語スクールに通っていますが、やっぱり大学の友達や先生が恋しい毎日です。


 
ザーッと書きましたが、こんな状態になってしまって落ち込んだ日ももちろんあります。
でも、この事故のおかげで気づけたことや考えさせられることもたくさんあり、「きっと自分自身の成長に繋がるだろう!この事故にはきっと意味があるんだ!」と勝手にポジティブに捉えています。(笑)

いま北京で前向きに過ごせてるのは友達、家族、IBPの仲間たち、病院のスタッフ、先生方、、本当に私の周りの人たちのおかげです。 

特に分大組のあっちゃん、安部氏!2人がいなかったら、私は留学を中断して日本に帰国するしか選択肢は無かったです。毎日ありがとう!家族以上に頼らせてくれて本当にありがとう!申し訳ないけどこれからも頼らせてね(><)


最後に、これから留学する皆さんへ!
海外保険選びは慎重に、絶対に加入しましょう(^○^)☆

posted by 大分大学 at 01:55| 大分 ☁| Comment(2) | 2011中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

対外経済貿易大学の安部の投稿2回目

こんにちは。
中国北京の対外経済貿易大学に留学中の安部です。
最後の更新?になるかもしれないため、頑張って書きます。

今回は、
1、勉強面 
2、日常生活 
3、4年生での交換留学 
4、反省点と今後に生かしてほしい点

この4点に関して書きたいと思います。

1、勉強面

まず嘘は付きたくないので正直に述べますと、留学から約3カ月が経ちましたが、ペラペラと日常生活で中国語が話せるレベルには到達していません。
ただ、もちろん来た当初よりは成長出来てると思っています。
来た当初は寮に住む手続きや携帯の購入など生活に必須なことを自分一人の力では出来ませんでした。
しかし、今では何とかそういったことが出来るようになったと感じています。もちろん、まだまだ「会話」という域ではなく、「何とかして伝える」という段階です。

とりあえず、最近最も嬉しかったことが3つあります。
1つ目は、ルームメイトのサウジアラビア人との会話が中国語になったことです。
というもの、彼は英語も中国語も話せるため私に気を使って、来た当初はほぼ英語で会話していました。(英語能力も低いので、彼は色々と気を使ってくれますが・・)
それが今では半分以上が中国語での会話です^^正直嬉しいです。

2つ目は、最近友人が北京に遊びに来てくれ、色々と観光名所を案内したのですが、そこで色々な中国人の方と話す機会があり、なんとか意思疎通し合うことが出来たことです。(何度も言いますが「会話」とは言えないレベルです (笑))
そんな私を見て、友人は毎回「すごい、すごい」連呼の嵐。もちろんお世辞も多いと思いますが(笑)

そんなこんなで、私の留学生活(大学の授業)は残り半月です。12月16日で期末試験を含む全過程が終了します。つまりそれ以降は大学の授業は無く、帰国することが出来るのです。なんと早いのでしょうか。
これまた正直に述べると、今までの生活は「勉強<遊び」の方が強く、留学生活を楽しみ過ぎてしまいました。
CIMG1198.JPG
クラスメイトと食事に行った時の写真です。

※誤解がないように述べますと、遊びも勉強の一部だと思っています。ただ机に向かう勉強をここでは勉強としています。言い訳ですね(笑)
12月は大学生活最後の勉強する機会だと自覚し、頑張りたいと思います。

ちなみに・・私は今大学とは別に、中国語の塾にも通っています。週に3回、1日3時間スピーキングを主に勉強しています。
クラスは先生1人に対して、生徒3人の少人数です。大学の授業ではあまり一人一人が発言できる機会が少ないため私は塾に通うことにしました。
正直大学の勉強より為になっていると感じています。

私の選択は正解なのか間違いなのか分かりませんが、最も重要と感じるスピーキングの能力を少しでも上げたいと思います!

2、日常生活

普段何をしているのか書きたいと思います。
正直日本ですることと大して変わりませんが・・・

友人と・・・・ジム(1)、プール(2)、買い物、カラオケ/ビリヤードetc遊び、病院(3)お酒を交えての交流、中国語と日本語の相互学習、パーティ等の行事への参加(4)、観光(5)

一人で・・・・洗濯、掃除、映画、買い物


私は結構一人でいる時間も好きで、日本では1日中部屋から出ないという日も多々ありました。しかし、こっちに来てからは一人の時間がとても退屈&無性に寂しくて、あまり自分の部屋に一人で居たくありません。
一番居心地の良い場所は友人の部屋です。友人には迷惑な話ですが、結構な頻度で泊まらせてもらっています(笑)
色々な意味で、北京に来て「新たな自分」を発見出来ていると感じています。

(1)ジム
「北京に来たら必ず太る」と留学経験者の友人数名から言われたこと&仲の良い友人が筋トレ大好きなことから、大学から徒歩5〜10分くらいにあるジムに週3程度通っています。
日本のジムとほとんど代わらず、とても通いやすいです。また他国の留学生も多いため友達も作りやすいです。そして何と言っても安い。
4か月契約で700元(約9千円)程度でした。1年契約など期間が延びれば延びる程、割安になります。本当にお勧めです。

(2)プール
なぜか北京で水泳にハマっています。マイブームです。特に、オリンピックスタジアム内のプール場で泳ぐことが本当に最高です!
世界のスーパー選手たちが北京オリンピックはもちろん、世界大会で現在も使用しているプールで一般人が泳ぐことが出来るのです!
料金は50元(600円程度)で、こちらの生活の中では少し値がしますが・・
CIMG1296.JPG
普段写真をあまり撮らないので、昨日急遽行ってきました(笑)

CIMG1287.JPG

CIMG1293.JPG
ちなみに、隣に居るのがお馴染みアントン君です。とっても良い奴なのでここに留学に来る方は彼を頼ったら間違いないです! また、もしかしたら将来大分に留学に来るかもしれないので、会った時は仲良くしてあげて下さい^^


(3)病院
前回の記事でも書きましたが、私は昔から腸が少し弱くすぐお腹を壊しやすいです。北京でもそれは変わらず・・いや、最近良くも悪くも腸が強くなったと思います。
ということで、今まで何度か病院にお世話になりました。
一度嘔吐下痢症になり、非常に苦しかったですが、3日程病院で点滴を受けさせてもらったら無事治りました。外で売ってるものは一杯食べるなという教訓ですね。
ちなみに、病院は日本人のための病院のため、安心して日本語で治療が受けれます。しかも全額保険会社が支払ってくれるため、心配いりません。
そういう意味で、必ず保険には入った方がいいです。

注意:ちなみに最近、北京で親知らずの歯を抜きました。(笑)痛みが我慢できず、歯科(日本人経営)に行ってきました。すぐ抜歯してもらえ痛みも無くなりました。
ただ、問題が一つ。それは歯科治療は保険適応外ということです。つまり全額自己負担。今回800元(1万円程度)かかりました。痛い出費です。
しかし日本の社会保険OR国民保険のある制度を利用することで、日本に帰国後申請すれば半分以上費用が戻ってくるそうです。
ただし、先生の診断書が必要です。もちろん書いてもらいました。
ですが、やはり出費は出費、歯の問題は日本で完全に治してから来ることが大事ですね。

(4)パーティへの参加
いくつかの集まりに参加しました。ハローウィン、クラブ(人生初)等です。色々な人に出会え楽しいです!
CIMG1218.JPG
(5)観光
最近天安門と万里の長城に行きました。万里の長城は本当に感動しました!
CIMG1268.JPG
万里の長城の写真がないので代わりに中国雑技団の写真を載せます。

3、4年生での交換留学

私は現在4年生で、来年の3月に大分大学を卒業します。(卒論とゼミの単位を落とさなければ・・)
なぜこの時期に留学なのか?1年間ではなく半年しか居れないこの時期になぜ?
答えは簡単です。単位や就職、費用の面で一番心に余裕を持って留学できるからです。私の場合、余裕がないと上手くいかないのです。
また、4年生になると単位を取り終えている場合が多く、多くの人は卒論とアルバイト、そして遊びに励みます。正直私はもったいないと感じました。
せっかくの学生生活最後なのだから、何か大きなものを得たいと考え留学に至りました。

この選択は今振り返っても、正解だったと感じています。

私はこの留学生活で大きなものを得ることができました。それは一生付き合いたいと思える友人たちです。
この歳で、この様なことを言うのは恥ずかしいですが・・
でも実際彼らが居なかったらこの留学生活も全く楽しくなかったと思います。

※ちなみに・・日本から来てくれた友人が帰国後、日本シックになり、日本帰りたい!と叫んでました。そういう時期は誰でも?あるんでしょうか。とりあえず、今はまた楽しい毎日です^^

ということで、留学終了後、1月〜中国を離れ、インドネシアの友人の家に1カ月以上居座ります(笑)プチ留学ですね。あと他のアジア諸国にも旅行に行く予定です。楽しみです!
アジア間(日本除く)の航空券はかなり格安で購入することができます!お金に余裕のない方(私もです)でも、日本に居る時より断然色々な国に飛びまわれるでしょう!それも留学の魅力ですね^^


4、反省点と今後に生かしてほしい点
楽しい留学生活ですが、様々な点で反省しております。最後にネガティブな話しですみません。

1、勉強不足
留学前の事前勉強はやはり必要だと感じました。当たり前の話ですが。やはりある程度話せないと伸びしろも少ないと思います。その点で勉強は必須だと考えます。

2.現地の中国人との交流の少なさ
中国人の友人は居るものの、ほとんどが日本語を勉強している人です。日本語のレベルに関わらず、日本に興味があるという点において、正直一緒に居て楽です。
ですが、日本に興味のない普通の中国人の友人が居るかというと正直皆無です。その点において、多分私はリアルな中国人の内面をまだ見ていないのかもしれません。
また、語学勉強という点でも成長できない最も大きな問題だと思います。
この点で、韓国に留学中の高橋さんは本当にすごいと尊敬します。

どちらも当たり前のことなんですが、これから留学される方の参考になれば幸いです。
私自身も今からでも改善出来る部分は改善したいと思っています!!


以上です。
残り少ない留学生活、悔いの残らないよう楽しみたいと思います!
日本も寒いみたい(北京はとっても寒いです(笑))なので、皆さん風邪などにはお気を付け下さい!

それでは失礼します。
posted by 大分大学 at 00:11| 大分 ☁| Comment(3) | 2011中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月30日

In beijingA

こんにちは。
対外経済貿易大学に留学中の小野です。

早いもので中国に来てもう3ヶ月が経ちました。
少しずつですが中国語で話せるようになり成長したかなと
思っているところです。

さて、学校についてですが、もうすぐ試験があります。
それが終わるともう休みがきます。ですが、年末まで授業があるそうなので
ぜひそれまで受けておこうと思います。また、中国人の友人も何人か
増えてきたので彼らとも交流していくことでもっと上手く話せるように
なりたいと思っています。

話し変わりまして、実は先日クラスメートたちと一緒に
北京にある遊園地へと行ってきました。
やはり、日本とは違うとは思っていましたが、中国は
絶叫系のものばかりでしかも日本よりも速く危険度も日本以上でした。
ですが、値段は日本よりも安くしかも乗り放題なので
そうゆうのが好きな人たちにはおススメですね。
また、誕生日にはサプライズでケーキのプレゼントをしてくれるなど
勉強ばかりではないと改めて実感しました。

まだ半年以上残っているので楽しくそしてしっかり無駄のないように
生活していこうとおもいます。
が、そろそろ弓道がしたいです。
posted by 大分大学 at 15:29| 大分 ☁| Comment(1) | 2011中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

留学生活報告

みなさんこんにちは。
深圳大学に留学中の神田です。
こちらに来て、早くも3カ月目を迎えようとしています。
留学生活は、大変なことも多々ありますが、それ以上に毎日が充実しており、時間の経過が異常に早く感じます。
今回は、前回のブログ以降の出来事から今日までにあった出来事を報告させていただきます。

まず、英語角(English corner),汉语角(Chinese corner),日语角(Japanese corner)です。
これらは、留学生との交流を通して語学学習を行うことを目的に、深圳大学の学生が立ち上げたイベントだそうです。
それぞれ、毎週日曜日と水曜日、毎週火曜日、毎週金曜日の夜7時から留学生寮の前で行われています。終わる時間ははっきりと決まっていなく、11時くらいまで会話をしている学生もいます。
私は、これら3つのイベントに参加するのを毎日楽しみにし、毎回参加するようにしています。
各イベントには、そのイベントに興味がある人ばかりが集まっているため、楽しいだけでなく、学習の助けにもなります。
英語角(English corner)では、極力英語で話すようにしています。「極力」という言葉を使ったのは、毎日中国語を勉強しているため、英語と接する時間が無くなり英語が抜けてきてしまったからです。といっても中国語もそこまで話せるわけではありませんが・・・
だから、中国語を話せるようになるために、汉语角(Chinese corner)に参加して中国語を積極的に話すように頑張っています。まだ満足のいく中国語能力を取得していないので、今後も汉语角で頑張るつもりです。
日语角(Japanese corner)では、日本語を学習、日本語に興味のある学生と日本語で会話しています。時々中国語で話したりもします。彼らは留学経験がないにも関わらず、とても日本語が上手で驚かされました。そんな彼から日本語で中国語を教えてもらえるので、ここでも中国語の学習ができます。

次は互相学习について報告します。これは漢字から推測できる通り、日本語の相互学習のことを言います。毎週1回中国の友達と中国語を一緒に勉強しています。学習内容は、授業中に理解できなかったことの確認、普段の生活で役に立つ中国語、授業の予習と復習です。日本語での会話が主です。ときどき中国語で話したり、話してもらったりもしています。伝わらない時、聞き取れない時は日本語です。今この学習を複数人としているため、多い週で1週間に4回くらいするときもあります。相互というものの毎回私だけが一方的に質問しています。この学習のおかげもあり、前ほど授業で苦戦することもなくなりました。今後もこれを続けて、早く中国語で学習できるようにしたいです。

次は授業についてです。授業は午前中だけです。朝8:00から昼12:00まで、1コマ45分の授業を4コマ受けています。大分大学の授業とは違い、授業の間に10分間の休憩もあります。授業数は、口语(会話)、精读(読解)、听力(聴解)の3つです。毎日2つの授業を2コマずつ受けています。授業は中国語で行われています。まだ、全ての内容を完璧に理解できるわけではありませんが、最初の頃よりは聞き取れるようなりました。先に述べたように、授業の前後で準備、練習をしているおかげということもあると思います。先日は中間テストがありました。初めて受けるテストで大変緊張しました。結果は、听力(聴解)が少し悪い結果となりました。残り2つは、自分のことではありますがよく出来ていました。

次は旅行についてです。广州に2度日帰りで旅行に行ってきました。广州までは新幹線で1時間くらいで行けます。中国に来る前に新幹線の大きな事故があったので、乗るのが怖かったですが、乗ってみたら日本の新幹線と何ら変わりはありませんでした。广州では、广州にある大学に遊びに行ったり、周辺を散策したりとぶらぶらして過ごしました。料理は湖南菜を食べました。湖南菜はとても辛く味も濃いのですが、とてもおいしかったです。しかし、日帰りなのでとても体が疲れます。

最後に週末の過ごし方を書いて私の報告を終わりにします。
週末は、罗湖に買い物に行きます。ここでは、本物そっくりな偽物が安値で買えます。しかし、偽物といっても本物にしか見えないものばかりです。買い物の時、初めはかなり高い値段を言われるのですが、「安くして」とか「要らない。バイバイ」などいっていると相手がおれて、最大で最初に言われた値段の1/10以下の値段で買うこともできます。実際私もかなり安値で買うことができました。

これらがここ最近の留学報告になります。
最近深圳も徐々に寒くなってきたので、体に気をつけて今後も充実した留学生活をおくっていきたいです。
posted by 大分大学 at 14:44| 大分 ☁| Comment(3) | 2011中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

外はマイナスの世界

こんにちは、北京の対外経済貿易大学から福永です。

タイトルの通り、外が寒いです。

でも、紅葉がとてもきれいです。これはうちの大学の寮のそばの紅葉です(^^)

P1020447.JPG


こんなに寒いところだと、頭がはげてる人かわいそうだなぁ…と思ってここ最近中年男性の頭に目がいってしまうのですが、中国人はハゲが少ない!やっぱり日本人と比べてストレスが少ないのかな?
とか考えてしまう今日この頃です。


北京で中国語の授業を受け始めて3か月がたちました!
私の中国語レベルは…というと、正直成長しているのかどうかまだわかりません。ですが、タクシーの運転手さんや買い物先の店員さんなどと話すとき、「3か月しか勉強してない割には、中国語うまいじゃん!」と言われるようにはなりました。本当かわからないけど(=、=)

それでもやっぱり日本人にとって中国語は、読み書きはできても会話がむずかしいです。
同じクラスに中国語がぺらぺらのギリシャ人の女の子(この前の中国語スピーチコンテストでの優勝者)がいるのですが、彼女はぺらぺらですが読み書きがあまりできないため、ぺらぺらでない私のほうが試験の成績がよかった!という事態が発生しました。
…そのとき、ぺらぺらでない私は、「にやり」としました。



突然ですが、11月の初めのほうに日本から父親がやってきました!

そこでつたない中国語を使い、私は懸命に観光案内をやってみました。

まず天安門広場、故宮に行ってみました。私も初めてだったのでわくわく!世界遺産だ〜〜〜!

P1020483.JPG

P1020488.JPG



ぶっちゃけ歩き回って疲れただけであまり面白くなかったです。もう行きたくないです。





次に北海公園!
これも世界遺産だ〜〜〜!

P1020458.JPG

P1020474.JPG

たのしかったです!世界遺産の公園の中で市民が太極拳してたり、けまり?みたいなのをしてあそんでたり、社交ダンスしてたり…中国の田舎の風景を楽しめる場所でした。もう一度行きたい!次に行くときはボートにも乗りたいなぁーー




↓太極拳している中国人を見てテンションが上がった父親

P1020472.JPG



ほかにも王府井や前門なども連れて行きました。
本場の中華料理を前に父親は、3か月ぶりに異国の地で再開したかわいい娘のことなど忘れて、無言でむさぼるように食べていました。

楽しんでもらえてよかった…かな(汗







posted by 大分大学 at 14:18| 大分 ☁| Comment(2) | 2011中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

中国*北京より


はじめまして(*^_^*)
中国北京市の対外経済貿易大学(UIBE)に留学中の経済学部2年 大上累実です!

北京での在学期間は2011.9〜2012.7の予定です。
文章能力の乏しい私ですが、たくさんの方に中国または中国留学に興味を持ってもらえるようなブログを書いていけるといいなと思ってます^^



8/22 福岡空港からチンタオ経由で北京に出発し、念願の留学生活がスタートしました(^-^)


まず北京に着いて衝撃だったこと。


都会!都会!!
毎日にぎやかでお祭りみたい!
汚い!臭い!
車やバイクの交通状態がひどい!
トイレがひどい!トイレットペーパー流せない!
サソリや鶏の足やら普通に食べてる!


他の中国留学メンバーも書いてる通り、その他にもたくさん…毎日が驚きの連続でした(@@)



次は生活について。
寮は4種類の部屋がありますが、私は寮費が月16000円程度のトイレ、シャワー付ワンルーム(2人部屋)に住んでます。ルームメイトはベトナム人です。

食事は毎食外食です。…毎食!(笑)
大学周辺には中華料理はもちろん、和食、洋食、韓国料理、ミャンマー料理、ロシア料理などなど色々あるので飽きません。なんと言っても激安!ちなみに中華料理は日本のものとは全く異なり基本脂っこく、たまにハズレもあるけど(笑)美味しいものがたっくさん!私は大好きです。

ダイエットのために友達と大学近くのジムにも通っていて、ピラティスやヨガも楽しんでます^^



8/29に授業登録、9/5〜授業開始だったので、それまでゆっくり北京を探検できました(*^^)地下鉄は2元、バスは0.4元(1元=約13円)、しかもタクシーもとても安いので交通面は最高です!



授業は中国語3科目(毎朝8時〜11時半)、その他にもHSK講座と日本語で開講されている中国経済の授業も受けています。
クラスメートは約20人で、インドネシア、ドイツ、ベトナム、コロンビア、バハマ、韓国、フィンランド、タイ、モンゴル、ロシア、ブラジル…と、国も言葉も年齢も様々なメンバーです。日本人は私1人なので最初は不安でしたが、皆とてもフレンドリーで日本のクラスとは全く違う雰囲気を味わうことができ、毎日楽しんでます^^


DSC00083[3].JPG

この写真は一部のクラスメートと先生と中華料理を食べに行った時の写真です^^



次は語学面について!
中国に来たばかり頃はぶっちゃけ「ニーハオ」レベルしか喋れませんでした。おかげで授業も初めは全く理解できずクラスの足をひっぱりまくってましたが、ちょっとずつ毎日の授業や生活の中で知識がついてきて中国語に慣れてきつつあります。

しかし私の中国語レベルが低すぎるために英語を使わざるを得ないので、日本人以外とのコミュニケーションは基本英語。私は英語が得意ではないですが、皆ゆっくり喋ってくれ私のめちゃくちゃな英語もちゃんと聞いてくれるので楽しめてます♪
中国語だけでなく英語力も成長させたいです!><




休みを使って2度旅行にも行ってきました!西安と内モンゴル旅行です^^

西安は中国の京都のような古都で歴史を感じることが出来る一方、北京とは違った都会色がありとても綺麗でした!…美味しい中華料理を食べすぎてまさかの4日で3`増(@@)

内モンゴルでは観光はもちろん、大草原での乗馬、夜マイナス5度のなかゲル(モンゴルのテント)に宿泊、砂漠でラクダに乗ったりと雄大な自然を皆で思う存分楽しみました!


DSC00318[1].JPG

モンゴルの可愛いラクダちゃんたちです。




異文化に身を置くことで、良い意味でも悪い意味でも日本との違いを様々な場面で実感しています。
また多くの人たちに出会いました。私がいま留学を楽しめているのは周りの皆のおかげです^^特に大分大学から一緒に来ているメンバーはもうすでに私の中で、かけがえなのない存在となっています!(普段は恥ずかしくてなかなか言えないからココで^^)


今こんな貴重な経験が出来ているのは日本にいる家族や大学の先生方のおかげです。本当に感謝しています!


最近はこっちの生活にも慣れてきたせいか、ちょっぴり日本が恋しいです。
このブログを見て、誰か日本から連絡をくれたら嬉しいです(笑)



最後に…初回報告が遅れて申し訳ありませんでした!
それではまた(*^^)

posted by 大分大学 at 23:33| 大分 ☁| Comment(2) | 2011中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

culture shock @Beijing

こんにちは。対外経済貿易大学に現在留学している経済学部2年の福永晃子です。

もうすでに小野さんや安倍さん、大上さんが北京での生活面・授業面などについて更新されているようなので、今回私は北京にきて感じたカルチャーショックについて書こうと思います。


1.「みんなで仲良く信号無視」
  歩行者は信号なんて見ていません!赤信号でも青信号でも彼らには関係ない!しかも、一方行だけで5車線はあるような大きな道を、車がジャンジャン通っているような道を、彼らはいとも簡単に横切ります。

2.「クラクションは一種のコミュニケーションツール」
  タクシーでもバスでも、運転手さんは5分に一回はクラクションを鳴らしています。相手に非があるのならともかく、自分に非があっても鳴らします。クラクションを鳴らすのは車の運転手だけではありません。自転車やバイク、三輪車(?)とにかくみなさん鳴らします。

3.「それでもみんな運転が上手!」
  1、2で述べた通りの交通環境なのに、身近で事故現場をまだ一度しか見たことがありません。

4.「ごみ箱はなんでも箱だった」
  中国人の赤ちゃんの洋服のお尻のところに、パックリと穴があいています。何のためか想像がつきますか?私は、この間デパートのごみ箱で目撃してしまいました。母親が赤ちゃんを抱えているのですが、抱えられている赤ちゃんはごみ箱に向かっておしっこを放っているのです!もう、ショックでたまらなかったです。

5.「中国人の男性は10分に1回つばをはく」
  これもショックでした。前を歩いている男性が突然「オ″エ″---ッ」と声を上げた瞬間、「ペッ」とつばを吐いたのです。顔をあげて歩くと、このようにつばを吐く男性がたくさんいることに気が付きました。気持ち悪いなあと思って下を向いて歩くと、つばを吐いたあとがたくさんあって、もう鳥肌がたちました。

6.「トイレットペーパーのあるトイレはラッキーだ!」
  日本のトイレはどこにでもトイレットペーパーが備えれられていますが、中国ではホテルやレストランくらいしかないんです。北京に来る前からこのことについては知っていたけれど、やっぱりペーパーのあるトイレをみると嬉しくなります。

7.「5円くらいでバスに乗れる」
  路線バスは、北京ではどこまでのっても5円くらいです。大分のバスの運賃の高さを思い出すと、悲しくなってしまいました。

8.「中国人は想像していたよりもすごくフレンドリーでやさしい」
  正直言って、中国人は目つきが鋭くってなんだか怖いイメージがあるのですが、道を聞くと私が中国語がまだ分からないのにもかかわらず、身振り手振りで一生懸命教えてくれます。買い物に行くと、「どこから来たの?」と、店員さんが気さくに話しかけてくれることもよくあります。良い意味でのカルチャーショックですね。


このくらいでしょうか。

その他、不便なことはインターネットです。このブログを書くのが遅れたのも、実はインターネットの接続が悪かったことが原因の一つです。Gmailが開けないときが多いです。facebook・youtube・twitterはもちろん中国では見られません。見られる方法がないわけでもないのですが(笑)


何はともあれ、今のところは北京での生活がとても楽しいです。交換留学としてでなく、本科生として来たかったなあ…




初回報告がこのような内容でいいのか少し心配ですが、次回は写真も入れて、充実した内容にしたいと思っています(^^)
posted by 大分大学 at 19:46| 大分 ☁| Comment(2) | 2011中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

in しんせん


はじめまして、こんにちは。
中国の深圳大学に留学中の経済学部2年の上原です。


8月29日に日本を出発し
はや1ヶ月以上がたちます。
中国に来てはじめのうちは、周囲の景色や食べ物、人の行動
すべてがシンセンでした。


そんな中国から
今回は深セン大学での授業内容と中国での生活について
報告したいと思います。


深セン大学は
毎週月曜日から金曜日、朝8時30分〜11時50分まで授業があります。
クラスは
入門、初級、中級、高級と分かれていて
私は中国がまったく話せない状態で中国に来たので
入門クラスに振り分けられました。
クラスメートは
韓国人、ロシア人、トルコ人、イタリア人など様々な国籍の人がいます。
彼らは、積極的に発表したり、先生に質問をしていて
クラスはとてもにぎやかで笑いが絶えず、楽しく授業を受けています。

授業以外での中国語の勉強は
深セン大学の日本語学科の学生2人とそれぞれ週1日相互学習をしています。
私の日本語能力がいまいちなのでたまに日本語について教えられないことがありますが
それでも中国人の友達はやさしく対応してくれます。
この相互学習のおかげで初めよりは中国語の発音がよくなった気がします。



中国での生活は
中国は予想していたよりも物価がとても安いです。
食事は1食150円ぐらいで、コーラ500mlが40円と
コーラ好きにはたまりません。

食べ物は脂っこいですがとてもおいしいです。


私は現在
深セン大学の留学生寮の1人部屋に住んでいます。
冷蔵庫とテレビと机とベッドが備え付けてあります。
水回りに少々不満がありますが、みなさんが想像しているよりは快適です。
あと寮の1階には売店があるのでとても便利です。




最後に余談になりますが
深セン大学に留学する際は
日本で留学ビザを取得する必要はありません
観光ビザかFビザを取得して深セン大学に来て
こっちで留学ビザを取得します。
留学ビザを取得するには健康診断が必要ですが
日本で受けると2万円近くかかります
しかしながらこちらでは400元(約6000円)で済みます
さらに深センは他国の健康診断書は受け付けないので
結局日本で受けたとしてもこちらでもまた受けないといけません。
私はそのことを知らず日本でも受けてこちらでも受けたので
2万円損をし、さらに痛い注射を無駄に受けてしまいました。
情報って大切ですね。




という報告で今回は終わります。

日本語がいまいちで乱文になってしまいましたが
中国人の友人と一緒に日本語の勉強をして
次回の報告はもう少し読みやすい文章になるよう心がけます。

再见
posted by 大分大学 at 18:41| 大分 ☁| Comment(1) | 2011中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

対外経済貿易大学の安部の初投稿

はじめまして。
大分大学経済学部4年の安部泰記と申します。
現在、交換留学生として中国の北京にある対外経済貿易大学に留学しております。
私は来年3月に卒業するということで、留学期間は約半年です。
正直たかが半年足らずで何が出来るのか、自信はありませんが、中国語を上達できるよう日々頑張っています。
そんな私の日々の経験や気持ち等をこのブログで綴っていきたいと思います。
留学を考えている方の参考になれば幸いです。

つまらないですね。すみません。

とりあえず、ジンマオ(対外経済貿易大学のこと)には大分大学から他3人が来ているため、内容が被らないようにしていきたいと思います。

はい、じゃあ今日の本題。
北京に来てから今日までの自分の変化を「中国語」と「心」と「体」の面からお伝えします!

「中国語」
@留学前:「やることもないし、勉強せないかんな〜」⇒「あ〜でもバイトも卒論も飲み会もある」⇒結局後回しになり、まったくのノーベン。そのため本当に知識0のまま中国へ。

[アドバイス: 基本の単語、文法は勉強してから来た方が絶対良い!!こっちに来てから本当に後悔しております。]

A中国来てすぐ:ご飯食べるのも、タクシー乗るのも、全部中国語。英語なんて現地の人たちはまっったくしゃべれません。大学の中では先生、学生には通じるものの、寮のスタッフには通じません。つまり、何を言っているか、どう伝えるか、ぐっちゃぐちゃ。
日本人の留学生の方に助けてもらわなかったら、住むところすら確保は難しかったです。

Bクラスの授業が始まって:とりあえず、先生が何言ってるかさっぱり。だって95%は中国語で話すから。とりあえず、日本人の武器である漢字とか雰囲気とかで先生が何を伝えたいのかを考える。ちなみに、クラスメイトのほとんどは皆日常会話程度の中国語を話せます。だから皆と話すときも中国語。でも僕は訳が分からないから英語。でも中には英語がまったくしゃべれない子もいるため、コミュニケーションが難しい。

Cクラスが始まって約1カ月:先生が何を言いたいのか少しは理解できるようになったものの、レベルは全く上がっていない。と、思っていたところ、「少しは上達したか!?」って感じる出来事がいくつかありました。詳しくはまた。

D現在:発音がすこーーーーーーーしだけ良くなったような気するのと、すこーーーーーーしだけ単語と文法が分かるようになった。でもまだまだまだ。ただ買い物とか食事とかは全然一人で行けます。(あまり行きませんが・・)いくつかフレーズさえ覚えれば何とかなります。うん。


「心」
@留学前:「昔から留学したかった!ものの、決まった途端不安ばかり!だって英語も中国語も全く話せんのにどうやって生活するんや〜」

A中国来てすぐ:「中国の人優し〜〜汚い〜臭い〜適当〜」「でもご飯もおいしいし、色々な人とも話せたし、楽しい!!!留学ってこんな楽しいんや〜」

Bクラスが始まって:「クラスメイトとは仲良くするぞ〜!でも、話せん!伝えたいことが通じない。やばい〜やばい〜やばい〜向こうもつまらんそうや。やばい〜」

Cクラスが始まって約1か月:クラスメイトとは結構仲良くなれた!気がする!けどまだまだ。深い話しはやっぱりまだできない。言葉の重要性を改めて実感。でも数人の仲の良い友人たちのお陰で色々な悩みが吹っ飛んでおります。一人でもそんな人が居れば大丈夫だと思います。

D現在:10月2日〜4日まで東京で用事があり一次帰国しましたが、「早く北京帰りたーい」って思ってました。そんだけ楽しいです^^


「体」
@留学前:「お腹すぐ壊すからな〜気をつけよ!病院で薬貰ってから留学するぞー」

A中国来てすぐ:「あれ?料理意外にもおいしい!しかもお腹壊さないぞー!いえーい^^意外にもお腹に優しい味なんかな〜」

B5日後:「腹痛い〜」

Cそれから5日後:「まだ続くな〜PPP助けて〜」結局我慢できず病院へ。優しい日本語を話せる先生に薬をもらい何とか一命を取り留める。

D現在:今でもたまに壊すときはあるけど、ほとんど大丈夫です^^ちなみに、今日風邪を引いてしまい、一日中インベットでした。気を付けます。

長文失礼しました。それではまた。
posted by 大分大学 at 00:28| 大分 ☀| Comment(2) | 2011中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

In Beijing

こんにちは。
大分大学地域システム学科3年の小野誉裕です。
このブログから留学生活を報告していきます。

さて、早いもので8月22日に北京へ来てから一ヶ月がもう過ぎてしまいました。
ですが、その中での生活はとても充実しているものであると思っています。
まず、こちらに来てからなんだか恒例のようになっているらしいですが、寮の手続きをしたにもかかわらず寮に入れないという展開になってしまいました。ですが、多くの人の助けを借りながら寮にも入ることが出来て毎日楽しく過ごしております。

授業についてですが毎週月曜日から金曜日まであります。
朝8時から11時30分まで行われております。
クラスも三つに別れており初級・中級・高級とあり、自分は中国語がまだほとんど出来ないために初級クラスから始めております。また、この初級クラスの中でも
三つのレベルに別れております。
クラスの中ではまだ中国語が話せない人が多いので毎日英語での生活になりますが最近は慣れてきたのか英語で話すことが楽しくなってきました。
また火曜日にある日本語で行われている中国経済の授業もうけております。

学校が終わるとクラスメートとご飯を食べにいきます。
学校の周りには多くのお店があり日本よりも格段に安いのでお得です!
その後はジムに行ったり図書館で宿題や勉強したりと様々です。
また、自分はサッカーが好きなのでサッカークラブに入りました。
そこでは日本人と中国人が主にいて楽しくサッカーをしています。
他にも留学生が行っているサッカーもあるらしいので是非そちらにも参加したいと思います。

この留学で自分のこれからの目標を決めてその準備をこの一年で
それをより確実なものに出来るように一生懸命頑張っていきたいと思います。
ともかく早く中国語を覚えてもっと多くの人と話していきたいです。

P.S
北京でも弓道がしたいです!
posted by 大分大学 at 08:42| 大分 ☁| Comment(2) | 2011中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

留学生活報告

8月29日に中国の深圳につき早くも一か月が過ぎました。
今回はこの一カ月の内容を報告したいと思います。
到着日から授業が開講されるまでの二週間の間は、外国人登録、授業登録、周辺の散策などをして過ごしました。毎日、遅くても夕方前には終わっていたので、とくに夜は大変退屈でした。このときの気候は、大変熱く、湿度も高く大変でした。食事はおいしく食べれました。
三週目に入りようやく授業が始まりました。授業は毎日午前中のみで、午後からは自由です。授業が始まっても午後は退屈なので、授業の復習したり、寝たり、パソコンで映画を見たりと毎日同じことを繰り返してすごしています。
四週目も三週目とほぼ同じです。
最後に、この一カ月中国で過ごして感じたことを書きます。
物価がとにかく安い。食べ物は、味付けが濃く脂っこいが、おいしい。中国人は早口だ。こんな感じです。帰国までに中国語が習得できるようにこれからもがんばります。
posted by 大分大学 at 20:51| 大分 ☁| Comment(1) | 2011中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする