2013年02月02日

あけましておめでとうございます:)


こんにちは、おはようございます、こんばんは。お好きなものをどうぞ。:DD
 
えと、あけましておめでとうございます。 今年もみなさんにとって、よき年である事を願っておりますよ。いや、ほんとうですよw うん。

昨年のこの時期に自分が留学に向けて一生懸命準備していた時期が懐かしいです。 それから一年がたち、こうして本当に自分が留学に行けたことには本当に大分大学の留学生選考関係者の方がたには非常に感謝してします。

さてさて、そして今月は今学期の期末テストも終わり、とうとう春休みに突入しました(^u^)」」

いやー、テストは大変でした。僕は受講しているクラスが少ないので、3つだけだったんですけど、ほかの友達とかは8個あったりしててもー、あれがこれでこれがあれでしたね! え?  
とりあえず、ラッキーでしたw  テストの1つの友達もいましたがw

テストが終わってからのパーティとかはほんとに楽しいです:))いつも以上に盛り上がってる気がしますねw こっちではビールとかは 40円(一ビン!ビンですよビン!w)くらいからあるので、水より安いですw もはやビールが水です! 嘘です。
だから、家とかに友人がきても友人の家にいっても、とりあえず、ビールを飲みます。のませますw 日本じゃ考えられないですがw 日本に帰ったら大変そうですw


今月の終わりくらいから、徐々に雪が解けてきて、少しずつ暖かくなってきましたが、現地の方(ドイツ人の友達ね) によると、また冷え込むそうです、。。 寒い。  日本の方はどうなんですかね?今の時期は


 今回の春休みは旅行が多いので楽しみです:D みなさんも試験頑張って下さい:))

ではでは また次回:))
posted by 大分大学 at 21:04| 大分 | Comment(1) | 2011ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

*ドイツ留学方報告*

こんにちは! ドイツ・パダボーン大学に留学させていただきました伊佐です。 今回は留学のまとめということで、私の1年間を振り返ってみたいと思います。 

9月にドイツに初めて来たとき、これが私にとっての初めての外国ということもあり、不安と期待でいっぱいの旅でした。 飛行機は同じくパダボーンに留学した太田君、山本君と一緒だったので心強かったです。初めての出入国検査にどきどきしたことをおぼえています。 留学というと、慣れない異国の地で暮らすということで誰もが初めは心細く感じることとは思いますが、パダボーン大学は規模も大きいこともあり、留学生の受け入れ態勢も整っているので安心でした。 
パダボーンに到着してすぐの頃は恥ずかしがってしまい、自分から誰かに話しかけていく、ということがうまくできずに悩んだりもしましたが、しだいに友達も増えて、だんだん慣れてくると、積極的に人と話すようになり、最後の御ほうには屋台のお兄さんやスーパーのお姉さんと友達になったりということもありました。
ときどき落ち込んだ時にはスカイプやフェイスブックなど、インターネットを通して日本にいる友人や仲間に慰めてもらい、なんとか引きこもらずに済みました。 
時には無理に頑張らずに、信頼できる人に相談したりおしゃべりしたり、リラックスすることも大事です! 

肝心の学校生活ですが、そこで行われる授業は私にとってはすごく難しかったです。ドイツ語の授業とや英語で行われる経済の授業を履修したのですが、特に経済の授業がすごく大変でした。 もっと経済について勉強しておけばよかった、英語ももっと頑張っておけばよかったととても後悔しました。 
ですが、大分にいたころと同じようにテスト前には皆で勉強して教えあったり、テストがおわると皆で遊びに行ったりと、友達と一緒に頑張ればいい思い出になりました。
特に最後のセメスターで履修したドイツ語の授業のクラスメイトは皆仲が良く、授業が終わると図書館にいって一緒に宿題をしたり、ごはんにいったりとほぼ毎日顔を合わせていたので、たった3ヶ月の授業期間でしたが、忘れられない仲間になりました。

481231_403192439733300_1876179215_n.jpg

週末や長期休みにはいろいろな所に旅行にいきました。
バスを乗り過ごしたり道に迷ったり、多くのハプニングもありましたが、それより多くのたのしい思い出、笑い話ができました。普段できない深い話をしてみたり、女の子同士ガールズトークで盛り上がったりと、長時間の電車もあまり辛く感じませんでした。
ただ、行きたかったのに予算上、スケジュール上の問題で行けなかった街や国も多かったのが少しだけ悔やまれます。 
9月より留学予定の皆さん、そして留学や旅行を考えている皆さん、旅の計画はお早めに!
そうすれば割引がききますし、事前に調べておけば面白そうな名所を見逃すこともありません! 弾丸旅行も楽しかったですが、やはりある程度の下調べも大事です。。。
384501_2567367897608_1661154368_n.jpg


この1年を通して私が感じたこと、学んだことはたくさんありますが、一番強く感じたことは“いまできることに一生懸命になる”ことでした。 ドイツで過ごせる時間は1年と短く、友達と過ごす時間、勉強する時間、外国の世界を見て回る時間、これらの時間はごくごく限られた貴重なものだと感じました。
だからこそ、その状況においてできることを精一杯やろうと思えました。
日本に帰っても残りの大学生活の間にできることを全一杯やりつくし、ドイツでの日々に負けないくらいの思い出深いものにしたいと思いました。

最後に、ドイツに送り出してくれた家族、支えてくれたたくさんの友人、サポートしていただいた大分大学の先生方、パダボーン大学の先生方、ドイツで一緒に過ごした太田くん、山本くん、そしてドイツで出会った友人に感謝の気持ちでいっぱいです。
多くの人の支えがあって留学の機会をいただき、そして無事に1年を過ごすことができました。 
この感謝の気持ちを次の後輩たちへ還元していきたいと思います。
ほんとうにありがとうございました。

posted by 大分大学 at 07:12| 大分 ☁| Comment(0) | 2011ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

パダボーンより


こんにちは。ドイツ、パダボーンに留学させていただいている大田祥吾です。早いもので残りも1ヶ月とちょっととなりました。
ついこのまえまで、サッカーのEUROで町は非常にもりあがっていました。残念ながらドイツは準決勝でイタリアに負けてしまいました。私も何度か町のパブリックビューイングに行ったのですが、おもしろかったです。

さて今回はお金のことについて書いていきたいと思います。

まずは飛行機ですけど、私のときは非常に高かったです。チケットを買うのが遅すぎたのもありますけど、オランダのKLMで往復20万円でした。来学期、留学されるかたは、すぐにでもチケットを買うのをおすすめします。一番安いときなら、8万円ほどですむらしいですよ。
次に保険ですけど、私は日本でAIUの保険に加入してからドイツにきました。たしか13万円ぐらいだったと思います。最初はもっと安いのにしようと思ったんですけど、ドイツでは歯の保険が絶対に必要らしく高くなってしまいました。ただ、日本で保険にはいらないでドイツにきても、大丈夫です。パダボーンの大学の中に保険センターのようなものがあり、そこで入ることも可能です。しかも日本と比べてとても安いです。正確な値段は覚えてないのですが、5万円とかそのぐらいだったと思います。日本で数日有効な旅行の保険に入り、そのあとパダボーンで保険に入るのが一番いいと個人的には思います。

パダボーンはドイツに一番西の州、NORDRHEIN WESTFALEN にあります。この州には SEMESTER TICKET というものがあります。これはこの州の学生のためのチケットで、日本でいう定期券のようなものです。これは半年間有効で、値段は115€です。ドイツの電車は日本でいう新幹線のようなICE、特急電車のようなIC、快速電車のようなREと、普通電車があります。もしこのチケットをもっていれば、この州の、ICE,IC以外のすべての電車、バス、地下鉄、路面電車が載り放題です。
ちなみに旅行に行くときも、この州の中であれば、好きなところにただでいけますので、安くおさえることができます。
たとえば、私はパリにいくとき、まずはじめにAACHENというドイツの一番西の町まで電車でいき〔これはもちろんただです〕、そのあとバスでパリまでいきました。そのため片道19€でパリまで行くことができました。飛行機も安い会社がけっこうありますので、ヨーロッパを旅行するのもそんなに難しくはないですよ。近くの国なら、大分から東京に行くより確実に安いはずです。私はハンガリーの友達に会いに行ったとき、55€で往復できました。時期にもよりますが、もっと安いものもあります。

次に家賃についてです。どんな種類の家であれ、日本でアパートを借りるよりは安いと思います。私は先学期、学生寮にすんでいて、家賃は月で215€でした。寮はほかにもあるのですが、高いところでも240€以内にはおさまると思います。ちなみにこれらは電気やガスもこみの値段です。で今はWGと呼ばれるアパートのような家に住んでいます。私はドイツ人3人といっしょに住んでいます。キッチンとトイレとシャワーが共同でみんなそれぞれ部屋を持っています。家賃は212€です。
ドイツでは日本と違って、知らない人どうしがいっしょに住むことは普通のことのようです。

次に普段の生活のついてですが、物価は日本より安いといえます。レストランやカフェの値段は日本とそんなに変わりませんが、スーパーは非常に安いです。たとえば、PADERBORNERというパダボーンのビールがあるのですが、これは500ミリのビンで30セントぐらいです。普通ペットボトルやカンやビンの飲み物を買うときは、それプラス容器の値段も取られます。
そして飲み終わったあとにスーパーに持っていくと、容器の分が返金されるという仕組みです。環境にやさしいいい仕組みなのではないかと思います。みなさんドイツではビールは水より安いときいたことがあるかもしれません。それは半分ほんとで半分うそですね。種類によります。ビールより安い水ももちろんありますし、高いものもありますね。
食べ物の値段をあげると、スパゲティ1袋が50セント、すいか1個3€、プリン1個20セント、じゃがいも1キロ、1€、そんな感じですね。
服や靴の値段は日本と同じぐらいですが、スーパーの食べものは安いので、お金があんまりなくなっても、なんとかなると思います。
で結論としては、旅行にそんなに行かなければ、日本とくらべて、安くくらせるということです。
来学期ドイツにいかれるかた、質問があれば遠慮なくお聞きくださいね。



posted by 大分大学 at 21:11| 大分 🌁| Comment(0) | 2011ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

ドイツ留学報告 D

 こんにちは。ドイツ・パダボーン大学に派遣留学中の山本です。
ドイツ留学もあと2か月となり、帰国まであと少しとなりました。アメリカ組はもうすでに帰国している人もいるようで、とても短いと感じた留学期間だったのではないかと思います。
 さて、先週はInternational Economicsの授業の中間テストとドイツ語の授業のテストがあり、寝不足の毎日を過ごしていました。テストの結果はまだ確認できていませんが、次は期末テスト7月上旬にあるので最後まで頑張りたいと思います。
 4月下旬にフランス・オルレアンに留学中の山田君がパダボーン遊びに来てくれました。予定より2時間遅れで、山田君が乗る高速バスがドルトムントにつき、とても心配しましたがなんとか再会できました。一週間の滞在でしたが、一緒にケルンやデュッセルドルフに行ったり、BBQをしたりして楽しみました。
001.JPG011.JPG
ちなみにこの写真には、2010年の冬に大分にいたコンスタンティンもいます。太ってしまっていますけど。(笑)

 最近は、ほぼ毎週末寮の芝生や湖のほとりでドイツ人の友達とBBQをしています。今週の木曜日には、大学の学祭でサマーフェスティバルがあり、それにも参加してきます。
では、今回はこの辺で。

山本 一幾

posted by 大分大学 at 21:17| 大分 ☀| Comment(0) | 2011ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月18日

パダボーンから


みなさんこんにちは。ドイツのパダボーンに留学中の大田祥吾です。
ついにドイツにも春がやってきたようです。日本ほど多くはありませんでしたけど、ついこのまえまで桜がきれいにさいていました。桜を見ていると、日本の花見がなつかしくもなりましたね。でもドイツではあまり花見はさかんではないようです。
その代わりなのかは分かりませんが、外を見るとたくさんの人がバーベキューをしています。私も何度かバーベキューをしましたが、太陽のしたでするバーベキューは最高ですよ。とくにドイツの長くて寒い冬のあとですからとくにそう感じるのかもしれません。びっくりしたのは、こっちは日本と比べて、とても日がながいです。夜9時ぐらいにやっと日がくれます。日がくれるまで、外で日光浴をするのがこちらの文化のようです。公園のベンチで読書をしている人も多いですね。私も1回ぐらいはやってみようかなとも思ってるところです。

ここで1つ文化について。ヨーロッパの人はみんな日焼けをするのが好きです。日本人は、とくに女性だと思いますけど、日焼けしたくない人が多いと思います。日焼け止めをみなさん使うと思いますし、日傘をさしている人も町を歩けばいっぱいみることができます。自分もすぐ真っ黒になってしまいますので、できれば日焼けしたくないかなというかんじですね。でもヨーロッパの人はそうではありません。みんな茶色い肌になりたくて、がんばってやいてます。真っ白だと不健康なかんじにもみえるらしいです。日傘を1回も見たことがありません。最初はびっくりしましたが、こちらではそれが普通のようです。

4月のはじめには春のセメスターが始まりました。午後からのドイツ語のコースも取っているのですが、授業のレベルがとても高くなった気がします。今学期の先生は英語をほとんど話しません。なにか質問をしてもすべてがドイツ語でかえってきますし、私たちが英語を話すと、ドイツ語で話すように言われます。正直、全部を理解するのはけっこうむずかしいです。ただ、残っている留学の期間もすくなくなってきていますから、復習をしっかりしてがんばっていこうと思います。

今回はこれで以上です。
posted by 大分大学 at 22:58| 大分 | Comment(0) | 2011ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

ドイツ・パダボーン大学留学報告

こんにちは!
ドイツ・パダボーン大学に留学中の伊佐晶子です。
ドイツでは寒さが和らぎ、桜の花も咲き本格的に暖かくなってきていて、春の訪れを感じます。
冬に比べるとだいぶ過ごしやすくなり、天気の良い日は外にでて友達とおしゃべりしながら日光浴をしたり、BBQを楽しんだりと、お日様に感謝しながら留学生活を楽しんでいます。

こちらでは4月2日から春学期が始まりました。前学期は経済の授業と並行してドイツ語の午後のクラスを履修していましたが、私は今学期から新しくドイツ語のDSHクラスを履修します。
山本君が春休みの旅行などについてたくさん書いてくれているので、私からはパダボーン大学で履修できるドイツ語の授業について少し紹介したいと思います。

私たちの選択できるドイツ語のクラスはこのDSHクラスと午後のアフタヌーンクラスの2つがあります。
DSHのクラスは朝8時45分から30分の休憩をはさんで昼1時までの約4時間、月曜日から金曜まで週5日、合計で240時間行われます。 DSHとは語学証明のための検定試験で、外国人がドイツの大学に入学を希望する際などに必要とされるものです。このDSH取得を目指すために授業が行われるので、先生も生徒も意欲的に授業に取り組み、授業の進度もとても速いです。このクラスは大学外部の語学学校と提携して開講されるため、185€の別途授業料が必要になります。
アフタヌーンクラスは夕方4時から6時、または6時15分から8時15分までの2時間、授業時間は12週で合計120時間です。日程は先生の都合にやクラスにより多少左右されます。私の場合は通常月曜・火曜は4時から6時まで2時間、水曜は4時から7時まで3時間、授業時間の調整のために木曜に何回か4時から6時までの授業がありました。夕方からの授業なのでほかの授業との調整が効きやすく、午前やお昼の時間帯に行われる他の専門の授業も履修しやすいです。

私が今学期DSHクラスを履修しようと思った理由は、友人ともっとドイツ語で会話できるようになりたいと思ったからです。 パダボーン大学は留学生の数も多いため留学生向けに英語で開講される授業が数多くあります。加えて、大学では学生も先生方も英語が話せますし、街でも多くの人が英語を話すことができます。このように、ここでは留学生として生活するうえで、英語ができればほとんどの用を足すことができます。おかげで英語でコミュニケーションをとることができるようになりました。
しかし私がドイツ語に触れたのは、ドイツ語の授業と街で買い物をするとき、道に迷ったときくらいでした。ドイツ人の友人と話すときも片言のドイツ語と、あとは大体英語で話してくれていたので、これまでの半年を振り返ってみて、私は全然ドイツ語を学べていないことに気づきました。 もともとドイツ語の勉強がきっかけでドイツへの留学を希望したので、ドイツ語を学ぶこと、しゃべれるようになることが私の留学する目的のひとつでした。しかし実際ドイツに来てみて、周囲の人が英語を喋ってくれている状況に甘えてしまっていたことに気づき、日本に帰るまでに残された4か月でもっと努力しようと決めました。
そんなわけで春学期ではドイツ語を主に学ぶわけですが、実際に先週から授業が始まり、早起きすることの難しさと授業の進度が速いことに苦しんでいますが、新しい先生も新しいクラスメイトも皆いい人たちで、授業に行くのが毎日楽しいです^^ ドイツ語でもっとたくさん話せる日を夢見て頑張ります!

そして4月、5月はミュンヘン旅行やサマーフェスティバルなど、楽しそうなイベントが目白押しなので毎週末もきっと楽しいに違いありません^0^! いまから始まったばかりの新学期にわくわくしています♪


posted by 大分大学 at 06:44| 大分 | Comment(0) | 2011ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

ドイツ留学報告 C

こんにちは。ドイツ・パダボーン大学に派遣留学中の山本です。
 いよいよ4月にになりパダボーンもサマーセメスターが始まったばかりです。
さて、今回は、春休みに行ってきたフランス旅行を中心に報告していきたいと思います。
 
 前泊も含め2月14日〜3月2日までのかなり長い間、大田君とフランスへ行ってまいりました!!
[旅行内容]
14日 パダボーンからドイツ最西端のまちアーヘンまで電車で行きホテルで前泊。
15日 アーヘンからパリまで高速バスで約6時間かけて移動。さらに、パリからレンヌへ!去年の9月まで大分にいたグレゴリー、ステレンと再会。
16日〜23日 レンヌ散策。
24日 大分からヨーロッパ1カ月間旅行に来る先輩とナントで合流。
25日 モンサンミッシェル観光 (あいにくの曇り) 
006.JPG
26日 サンマロ観光
27日 レンヌからパリへ (オペラ座)
28日 パリ(ディズニーランド)
29日 パリ (エッフェル塔・ヴェルサイユ宮殿・凱旋門)
087.JPG
3月1日 パリ (ルーブル美術館)夜行バスでドイツへ
2日 AM6:00 パダボーン到着

今回の旅、レンヌにいる間はずっとグレゴリーのアパートに泊めてもらってだらだらと過ごしていましたが、25日以降はとても充実した観光をすることができました。
フランス、とくにパリの感想は、、、、なんとなぁく怖くて汚い。特に地下鉄など。観光地周辺は割りと綺麗でしたが、やはりちょっと小さい道などに入るとなんか嫌な感じがしてはやく大通りに出たいって感じでした。同じヨーロッパの国でも、街や人の雰囲気が違って面白かったです。

3月には、この間まで大分に留学していたパダボーンの学生のドミニクとパトリックと会いことができました。二人とも大分でとても楽しい時間を過ごせたと言っていて、また行きたいとも言っていましたよ。:)
ちょうど、昨日彼らは今年の9月から大分に留学する学生向けにワークショップをしていたので参加してきました。たまにスライドに大分の景色が出るたびにとても懐かしく思いました。
025.JPG

今月末に、フランスに派遣留学中の山田君がパダボーンに遊びに来るので、次回の報告では山田君との写真をアップしますのでお楽しみに。

山本 一幾

posted by 大分大学 at 06:16| 大分 | Comment(2) | 2011ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

ドイツより


ずいぶんと遅いですが、あけましておめでとうございます。
ドイツ、パダボーンに留学しています大田祥吾です。3回目の報告をさせていただきます。

ここ2週間ほどは天気がすごくいいです。雲1つない青空が広がっていて、
いままでの天気の悪さはなんだったのだろうという感じですね。
前よりも寒くなりましたけどね。
やっぱり天気がいいと外に出たくなります。
食べすぎか飲みすぎか運動不足か理由はよくわからないですけど
ドイツに来て太ってしまいました。
てことで、最近はときどき走りに行っています。
いい天気なのできもちがよいですね。

次に勉強のことについて書きます。
授業の数は日本にいたときと比べてだいぶ少なく、今までは正直楽でした。
でも学期末になってきて、今はとても忙しいです。
プレゼンテーションが1つ終わったのですが、レポートがあと2つ残っており、
大変です。しかもそのレポートは10枚から15枚を英語で書かなきゃいけないんです。
まあがんばって終わらせようと思います。

話は変わりますが、2週間ほどまえに留学生の旅行で、ブレーメンに行ってきました。
DSC01162.JPG
あの有名なブレーメンの音楽隊のある町です。
これは動物の足をさわると、運がよくなるらしいです。
ほかにお金をいれると、動物の鳴き声がきこえるマンホールがあったり、
おもしろかったです。
一番びっくりしたのは、つばを吐くとラッキーになる場所があったことです。
たくさんの人がつばを吐いたのでしょう。
とてもきたなかったです。
みんなこれはばかばかしいって言ってましたね。


あと私は今、学生寮に住んでいるのですが、2週間後にひっこしが決まりました。
ドイツ人の友達が留学にいくから、住んでいいよと言ってくれ、
簡単に家を見つけることができました。
そこではほかのドイツ人3人といっしょに住むことになります。
新しい生活が始まるということでとても楽しみです。
ひっこしの次の日にフランスの友達のところに遊びにいくので
実際にすむのはだいぶ先になりますけどね。

2月と3月には初の海外旅行で、フランスとハンガリーに行ってきます。
楽しんできたいと思います。

今回はこのへんで
posted by 大分大学 at 20:30| 大分 ☀| Comment(1) | 2011ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツ旅事情*

こんにちは。
ドイツ、パダボーン大学に留学中の伊佐晶子です。

今回の留学報告ではドイツ国内をいかに安く!楽しく♪旅行するかについて
すこし書いていきたいと思います。^^

@セメスターチケットを買おう!
パダボーン大学に留学する人は、最初に大学もインターナショナルオフィスから
”セメスターチケット”というチケットを紹介されると思います。
1セメスター(約半年)の期間有効で、このチケットを持っていると、パダボーンのあるウェストファーレン州の州内をバスや電車【IC,ICE(超特急、特急)は除きます;ω;】で自由に移動できます。このウェストファーレン州にはドルトムントやデュッセルドルフ、ケルンなどといった有名な都市、大都市が多く属しているので、買い物や観光にすごく便利です^^ 125ユーロと格安なので、学生の多くがこのチケットを持っています。

Aユーロビズのイベントに参加しよう!
パダボーン大学には、大分大学でいうGCのように留学生のお世話をしてくれたりイベントを企画してくれるEUROBIZというサークルがあります。 毎週末のようにドイツ各地へ日帰り旅行や2〜3日間の旅行を格安で企画してくれます。 私が最近参加したブレーメンへの日帰り旅行は、交通費にシティーツアー、美術館への込みでセメスターチケット持参+5ユーロで行けました^^ 他の留学生も大勢参加するのでみんなでわいわい楽しいです♪ 難点といえば、セメスターチケットで行くので特急電車に乗れず移動に時間がかかること、主に団体で行動するため、ゆっくり自分が観たいところを廻れないという点でしょうか; とりあえずドイツのいろいろな街に行ってみたい!というひとには本当におすすめです^^ 人気のツアーはすぐに名簿がいっぱいになってしまって申し込みできなくなるので、行きたいイベントには早めに申し込みましょう^ω^

B友だちとグループチケットで旅行しよう!
個人的に友だちとウェストファーレン州外に旅行するときには、グループチケットが便利です♪ 1枚のチケットで5名まで有効なので、5の倍数の人数で旅行すると交通費がすごく安く済みます^^ こちらもIC,ICEには乗れないので移動時間が長くなってしまいますが、車窓からいろんな景色を楽しみましょう!友だちといれば移動時間もあっというまです! チケットは駅の券売機で購入できます^^

Cインターネットで購入しよう!
飛行機も電車も長距離バスもホステルも、インターネットで購入すると通常より少しだけ安くチケットを購入することができます。

D早く予約する!
予定が決まればできるだけ早くチケットを予約しましょう。 悩んでいるうちにどんどん値段は上がっていきます。たった1日ちがいで大きな値上げがあったりするので、めんどくさがらずに迅速な予約が大事です!!

E学生証も持ち歩く!
どんなときにも、だめもとでも、学生料金はあるか確かめる・聞いてみましょう^^ 特に美術館などは半額以下(たまに無料のところもあります!)で入場できることが多いです。その時には学生証の提示が求められるため、学生証も持ち歩いておけばばっちりです♪ 美術館のほかにも、大聖堂などでも学生料金が設定されていたりするので一度聞いてみましょう^^

F目的地まであいのり!
ウェブサイトで目的地と日にちを検索して、車で自分と同じ目的地まで行く人を探して、いくらかのガソリン代を払って乗せていってもらうやり方です。この方法が一番安くで移動できます^^運転手さんとの交渉次第で自宅まで送り届けてもらったり、出発時間の希望を聞いてもらったりもできます!北欧ではポピュラーな方法だそうです^^ しかしドイツ語のサイトを使わないといけないことと、万が一なにかトラブル等が起こっても自己責任なので、私はまだ怖くてチャレンジしていません;パダボーンからベルリンまで、相手との交渉にもよりますが、往復25ユーロくらいで行けたりするのでお値段はかなり魅力的です・∀・ 
こちらが実際のサイトです^^


だいたいこのような感じです^^
ドイツでは交通費も宿泊費も、日本の相場よりもだいぶ安いので、本当にいろいろなところへ行けると思います♪ 来年次にドイツへいく留学生の方やドイツを訪れる方に少しでもお役に立てればと思います✿

私自身も、まだまだ行ってみたい都市がたくさんあるので、春休みなどを利用してドイツ東部の方へも行ってみたいと思っています♪ また役立ちそうな情報があればまたこちらのブログで紹介させてもらいます^^

参考URL
***Deutsch bahn(ドイツの鉄道会社HP)
http://www.bahn.de/p/view/index.shtml

***カーシェアの検索ページ
http://www.mitfahrgelegenheit.de/
posted by 大分大学 at 07:57| 大分 | Comment(1) | 2011ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

ドイツ留学報告 B

 あけましておめでとうございます。ドイツ・パダボーン大学に派遣留学中の山本一幾です。
1月ももう終わろうとしていますが、今年のドイツは温かいみたいです。ここ二日間は快晴でとてもいい天気。12月のはじめの方に一回雪が積もったくらいで、それからというもの雪を見ていません。ドイツでのホワイトクリスマスを楽しみにしていたのですが、結局九州のクリスマスと同じような感じでした。大分はパラッと雪が降ったみたいですが。(笑)
 クリスマスは、ユングブルト先生(日本人留学生担当の先生)のお宅に招かれ、クリスマスパーティーに参加させていただきました。みんなでクリスマスツリーに飾りをつけしたり、プレゼント交換したりと、することは日本とたいして変わらないのですが、やっぱりなんか違うんですよね。本場って感じで。(笑)クリスマス前には、パダボーン周辺の街に行って、クリスマスマーケットを楽しんできました。グリューワインは恋しくなる味になりそうです。ちょっとカップがべたべたするけど。

034.JPG028.JPG

 大晦日の夜は、近くに住んでいる日本人の社会人の方のお宅に招かれ、鍋をしました。カウントダウンの時になるまでみんなでカードゲームしたりお酒を飲んだりワイワイしていました。ドイツでは一般の人が花火をしていい日が正月だけらしく、2012年になった時からだいたい1時間ちょっとの間、周りの家からロケット花火が打ち上げられてとても新鮮でした。というより、ちょっと怖かったです。(笑)1月1日は、どこもお店が閉まっていたので、いつもの休日通り、部屋でのんびり過ごしていました。

 最近は、学期末と言うことで課題がたくさんでて今までの学生生活とは比べ物にならないほど忙しくて大変です。今週の土曜日にはプレゼンテーション、2月半ばまでに15ページくらいの論文・レポート...... 春休みに向けて頑張ります!

そろそろ今年の派遣留学選考が決まるころだと思いますが、パダボーンに決まった方は気軽に連絡くださいね。

経済学部2年 山本 一幾
posted by 大分大学 at 21:37| 大分 ☀| Comment(1) | 2011ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

ドイツのクリスマス*


あけましておめでとうございます^^

ドイツ パダボーン大学に留学中の伊佐晶子です。
留学報告が遅れてしまい申し訳ありません。
次回から期日をきちんと守って更新します。

日本のニュースをみますと大雪で大変そうですが、ドイツはだいぶ暖かく、今のところ大分と同じような感覚で過ごせるので寒さが苦手な私にはありがたいです^^
いまはクリスマスホリデーも終わり、テスト日程や提出日の締め切りが告知され、大学の図書館はいつにもまして学生で賑わっています。



ヨーロッパのクリスマスは1年のうちでも大きなイベント、ということは留学前に少し知っていたのですが、実際に体験してみるとみんな想像以上にクリスマスを大切にしていて驚きました。

11月ごろから店先にはクリスマスの関連商品がならび、12月には本格的にクリスマーケットが始まります。街の中心に大きなクリスマスツリーが設置され、たくさんの屋台が並び、街角にはクリスマスミュージックを演奏する人もいて、とても賑やかになります。キノコを煮たもの、ソーセージ、甘いナッツのお菓子やクレープなど、屋台の種類もいろいろです^^ほかにも帽子やクリスマスにちなんだ置物を売っていたりと、歩いているだけで楽しい気持ちになってきます。
ドイツでクリスマスマーケットといえばグリューワイン!らしいのですが、グリューワインとは、ワインにスパイスやシロップを入れ、温めたものです。クリスマスマーケットに行けば絶対にどこかで売っています^^たぶん日本でいう甘酒のようなものなのかなと思いました。 また、小さい子も飲めるようにアルコールフリーのものも一緒に売っていたりします。

ここではみんな寒さに負けずにクリスマスマーケットへ出かけると、いろいろな食べ物やちょっとしたお買い物を楽しみ、グリューワインを飲んで冷えた体を温めます。
DSC00556.JPG
写真はミュンスターにいったときのものです。
カップの形やデザインは街ごとに様々で、赤や青、かたちも丸だったりハートになっていたりとそれぞれ違っていて、いろんな街へ出かけてみるのも楽しかったです^^

DSC00553.JPG
写真のようにすごい人ごみでした。><
クリスマスマーケットはこんな感じです。
友だちとはぐれたらもう絶対出会えないので離れないように必死です;


そしてクリスマスイブは私のバディ(大分大学でいうところのチューターさん)のアナが家に招待してくれました^^

一緒に大きなツリーを飾りつけたり、お母さん手作りのクッキーを頂いたりして、とても楽しかったです! 夜には教会に行って神父さんのお話を聞いたり讃美歌を歌ったりしました。(私は歌えないので口パクです^^;)これまで教会の建物に入って見学することはありましたが、このように行事に参加するのは初めてだったので貴重な体験ができました。 そして家に帰るとみんなでご飯をたべて、おしゃべりをして、家族や親しい友だちどうしで交換したプレゼントを開封していきます。なんとアナが私にもプレゼントを用意していてくれて本当に嬉しかったです!こういう風に、イブは家族みんなで水入らずに静かに、クリスマス当日は親戚みんなで集まって賑やかに過ごすのがドイツの一般的な過ごし方だそうです。

ドイツに来て5カ月目にしてやっとこちらでの暮らしに慣れてきましたが、このようにクリスマスや他のイベントを通じて、また友だちと話してみて、日本とは違うところがたくさんあるのだと気づかされます。残りの6カ月も、勉強第一ではありますが、もっと外に出て、人と会い、多くの発見を大切にしてドイツのいいところ、日本のいいところをたくさん知っていきたいと思いました。

posted by 大分大学 at 08:03| 大分 ☀| Comment(1) | 2011ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

ドイツより

こんにちは。ドイツ、パダボーンの大田祥吾です。2回目の報告をさせていただきます。

もうすぐこっちにきて4ヶ月がたとうとしています。時間がすぎるのは早いですね。いつのまにか時間がすぎてしまっているという感覚です。でもこの4ヶ月何をしてきたかと考えると、何もしてない気がします。

こっちで取っている授業は、経済3つとドイツ語だけです。ドイツ語の授業は週に4日あるのですが、日本にいたときとくらべると自由な時間はかなり多いです。ただ私は時間の使いかたがへたですね。毎日11時以降に起きていますし、すっかり夜型の生活になってしまいました。

1ヶ月ほどまえには私にとって大きな事件が起きました。パソコンが壊れたのです。何をするにもパソコンを使っていたので、本当に大変でした。日本から違うパソコンを送ってもらったのですが、いくら待っても届きませんでした。学校の先生に頼んで、いろいろなところに電話していただきました。結局、パソコンを手に入れるまでほぼ1ヶ月かかりました。間違いなく言えるのは、日本の郵便はすばらしいということですね。やっともらったパソコンですが、途中でバッテリーが取られていました。まあ自分の部屋では使えるので大きな問題ではないですけど。

パソコンがなかった時期は正直、ひまでひまで死にそうでしたし、友達と連絡をとるのも難しかったです。

ときどき日本に帰りたいなと思うときがあります。その大きな理由はラーメンが食べたいという、おかしな理由です。日本にいたときにラーメンが大好きだったわけでもないので、不思議ですけど。
ここでの生活が充実しているとはいえないのも理由の1つかもしれません。いつも同じことしかしておらず、本音を言うと、ちょっと飽きてきました。
授業に行き、部屋に帰ってパソコンさわって、週末パーティーに行く、最近はそれだけです。ドイツ語のほうもまだまだ日常会話ができるにはほど遠いです。

せっかく留学させてもらっているのですから、もっと有意義な時間をすごしたいですね。まあいろいろと考えて、クリスマスと正月の休みを満喫したいとおもいます。

ドイツはどの町もきれいなクリスマスマーケットがあるので、いろいろな町に行くのが楽しいです。もし冬ドイツに来る機会があれば、ぜひ行ってみてください。
posted by 大分大学 at 21:42| 大分 ☀| Comment(1) | 2011ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

ドイツ留学報告 A

こんにちは。ドイツ、パダボーンに派遣留学中の山本です。

あっという間に12月に入ろうとしていてWinter Semesterも中盤にさしかかっています。ちょうど先週、ドイツに来て初めての提出課題をひぃひぃ言いながら終わらせところです。未だに英語での経済の授業はすんなりあたまに入ってきませんが、くらいついていこうと思います。

Winter Semesterに入っても週4日2時間のドイツ語のコースも欠かさず通っています。まだまだ発音であったりリスニングであったり勉強するところは山ほどありますが、最近は楽しく勉強できてます。

先月、10月25日にはサッカー観戦に行ってきました。日本人選手も所属しているボルシア・ドルトムントを応援しに、電車で1時間ほどかけて。観戦中は観客はほぼみんなと言っていいほどビールを飲みながら各々のチームの応援。相手チームは、花火とか爆竹を鳴らしたり、、、、、(笑)帰り道では酔っ払ったサポーター通しで喧嘩など。ちょっとデンジャラスでしたが、とても新鮮で楽しかったです。あ、試合の結果は2−0でドルトムントが勝ってくれました。
毎回毎回はスタジアムに足を運ぶことはできないので、最近は試合があるときはパダボーンにあるレストランで食事をとりながらレストランのTVで試合を見ています。
来月12月11日にはもう一度スタジアムに応援に行ってきます!
005.JPG


分大三人組

10月28日〜30日にはドレスデン、11月4日〜6日にはベルリンにeurobizという国際交流課のような団体主催でそれぞれ2泊3日の旅行に行ってきました。どちらの旅行も観光バスで片道6時間ほど。。。。どちらの都市も当然ながらパダボーンに比べると、いや、比べることができないくらい大きな都市でした。ベルリンに至って首都ですもんね。(笑)いろいろヨーロッパらしい綺麗な建造物を見たり、エルベ川を船に乗って下ったりご当地ビールを飲んだり、いい思い出ができました。
今度はミュンヘンに行きたいなぁと考えてるところです。
177.JPG


これは、あのベルリンのブランデンブルク門です



11月に入ってからずっとホームシックにかかっている最中です。(笑)なのでここ最近は自分の部屋にひきこもっています。留学説明会のときに言っていた2,3ヶ月目とはこの事かと思いつつ、脱するその時をじっと待っています。友達とスカイプで話したりして入るんですけど、やっぱりスカイプにも限界はありますよね。とか言ってみたり言ってみなかったり。

なんか、最後変な感じになりましたが、引き続き留学生活楽しみながら頑張ります!



経済学部2年 山本 一幾
posted by 大分大学 at 10:47| 大分 ☁| Comment(2) | 2011ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

Paderborn


こんにちは。
ドイツのパダボーン大学に留学させていただいている、経済学部2年の大田祥吾です。

もうドイツにきてから1ヶ月がたちましたが、本当に時がすぎるのが早く感じます。
最初パダボーンに着いたときにはなぜか住むところがありませんでした。そのときは親切なドイツ人の友達が家に4日ほどとめてくれて助かりました。今は寮に住むことができて生活もやっと落ち着いてきたかんじです。
しかし私が住んでいる寮はオートロックでいつもドアが勝手にしまるため、めんどくさいです。2週間ほどまえにかぎを部屋の中にいれたまま、ドアが閉まってしまいました。最悪だったのはそのときが金曜日だったことです。管理人は月曜日までいないため、服もくつも財布もケータイも何もないまま3日間すごしました。

次に天気について書きます。
まずドイツは日本のように湿気が多くありませんので、すごしやすいです。ただ最近は寒くなってきて、冬が近づいているようです。もう太陽を見ることはできないかもなんて言われるほど曇りの日ばかりです。

週に3回ほどあるパーティに参加するうちに、友達もだんだんできてきました。友達とはいつも英語で話しますので問題はありませんが、買い物などでドイツ語を話す必要があります。先日1人で電車に乗る機会があったのですが、とても苦労しました。電車の中の表示が正しくなかったので、横の人に聞いたのですが、私はほんの少ししかドイツ語が話せないので、うまくコミュニケーションを取ることができませんでした。今は普段、日本語と英語を話していますが、最近ドイツ語の必要性を感じます。

これからは授業が始まり、大変になってくると思いますが、この1年間がすばらしいものになるようにがんばります。
posted by 大分大学 at 19:51| 大分 ☁| Comment(1) | 2011ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

ドイツ留学報告 @

こんにちは。ドイツ・パダボーン大学に留学中の山本一幾です。

9/1に日本から旅立ち、あっという間に一カ月が経ちました。
授業の様子は伊佐さんが報告しているようなので、僕はパダボーンでの日常生活について報告したいと思います。

僕は今、大学の寮のPeter-Hille-Wegに住んでいます。この寮は、大学のすぐ隣に位置していて、スーパーにも徒歩で5分、パダボーンの中心街へも徒歩で15分あれば行くことができて、とても便利な寮です。
こちらでの食事は、昼は大学の食堂で食べますが、夜はだいたい自炊しています!!ドイツは野菜が安くて自炊すればかなり食費を抑えることができます。野菜を毎日たくさん食べることができるせいか、もともと口内炎ができやすい体質の僕は、この一カ月未だに口内炎ゼロです。日本から持ってきたビタミン剤もまったく飲んでません。いいことだ。

外食っといえば、毎週月曜日に近くのショッピングモールの中にあるお店でカリーヴルストを、週末の昼食やパブで飲んだ帰りにはケバブを食べています。ドイツでは、どうやら飲み会の後は締めのラーメンならぬ締めのケバブだとか。(笑)

パーティーは週に2,3回はあります。eurobizのオフィスであったり、パブであったり。最近では、スペインからの留学生達とサッカーしたりBBQしたり、仲良くさせてもらっています。スペイン語も少し教えてもらいました!! 来年帰国する時には、ドイツ語だけでなくスペイン語も少し話せるようになってたらいいなぁなんて思っている今日この頃です。

日常会話は当然英語です。一か月もずっと英語で話したり聞いたりしているので、耳も慣れてきました。ただ、まだまだ上手く話すことはできませんが。ドイツ語も毎日授業でやっているので、ドイツに到着した当初は、看板やメニューに何が書いてあるのかさっぱりわからなかったのですが、今ではほんの少しだけですが分かるようになってきました。

いよいよ来週からwinter semesterが始まります。僕はドイツ語の授業を含めて4コマとる予定です。はじめは、まったく授業についていくことができないかもしれませんが、根気強く頑張ります!

最後に、今回の留学に携わってくださった先生方、国際交流課のみなさん、両親、本当に感謝しています。この一年を有意義なものにするために、日々精進していこうと思います。日本から応援よろしくお願いします。


経済学部 2年 山本 一幾
posted by 大分大学 at 08:16| 大分 ☔| Comment(1) | 2011ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

ドイツ留学報告♪ 

9月1日に日本を旅立って早1ヶ月が過ぎました。
ドイツ・パダボーン大学に留学させていただいています、伊佐晶子です。
遅くなりましたが、第1回目の留学報告をさせていただきます。

留学生活にもすこしづつ慣れてきて、少しですが余裕もできてきまた。
パダボーン大学では留学生のためのドイツ語コースが設置されており、冬セメスターが始まる10月までの約4週間、朝9時〜昼1時までドイツ語の授業を受けることができます。
この4時間の授業のなかには、昼ごろに30分の休憩時間も含まれており、大学内にあるカフェテリアで友だちとおしゃべりをしたりしてリフレッシュできます。さらに、授業自体も先生との会話練習があったり、クラスメイトと協力して問題を解いたりするので、自然と友だちもたくさんできます。
先生もとてもいい人で、授業もとても楽しいので、毎日学校にいくのが楽しみです。^^

休日や夜には、EUROBIZという留学生をまとめる団体の方が多くイベントを開いてくれるので、そちらのイベントに参加したりしています。皆でパーティをしたり、パダボーンの市街を案内したりしてもらっています。 また、今年度は東北大学からも多くの日本人学生が来ているので、いっしょにご飯をたべたり、ケルンやミュンスター、カッセルに観光に行ったりもしました。

コミュニュケーションがすべて英語なのになかなか慣れることができずに、たくさん失敗したりもしていますが、周囲の人に助けられてなんとかやっていくことができています。

出発するときには自分自身も周りの友人も、私がホームシックにならないか、慣れない海外でうまくやっていけるのかどうかなど本当に不安でしたし、たくさん心配させてしまいましたが、実際にきてみると1日1日が本当にあっという間に過ぎていき、時折寂しくはなりますが、いまは生活を送るのに精いっぱいといったかんじです。フェイスブックやスカイプで日本とお互いに連絡がとれるので、近況報告をしあったりしています。

10月からは学校が本格的に始まります。
学校は今以上に忙しくなりそうですが、週末にはたくさん旅行に行くなどして、ドイツや他ヨーロッパ諸国を思いっきり楽しみ、充実したものにしたいと考えています。 

このような留学の機会をくださった大分大学の先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。まだ1カ月しかたっていませんが、この1カ月でたくさんの学びや発見がありました。このさき1年間、たくさん学び、成長して日本に帰ってきたいと思います。



posted by 大分大学 at 03:40| 大分 ☁| Comment(1) | 2011ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする