2012年06月09日

最終報告

こんにちは。サンフランシスコ州立大学に留学していました高山唯です。

2回ほどブログを書いたのですが、トラブルで全て記事が消えてしまい
今また書き直している所です。涙が出そうです。(笑)

この10か月いろんなことがあり、本当にいろんな経験をしました。
この10か月で得たことはのちの自分に必ずプラスに影響するだろうと信じています。

皆さんに一つアドバイスがあるとすれば、英語を積極的に話すということです。
そしていろんなイベントに積極的に参加するということです。
留学というものは、全て自分から動かなければ始まりません。
周りがどうこうしてくれる問題ではないからです。
その中で辛いこともたくさんあると思います。私もたくさんありました。
しかしそこで得た経験はきっと将来の皆さんにとって+になると思います。
実際私は留学して本当に良かったと今思えています。むしろやり残したことがあり
後悔していることもあるくらいです>< チャンスがあるならもう一度留学したいとも思います。
(単位的な問題でそれは不可能だと思いますが;;)

アメリカは本当にいろんな人達がいます。国籍も人種も様々です。
言い換えれば、アメリカに留学する=いろんな国籍の人と話すチャンスがあるということです。
そのチャンスを無駄にすることなく、来学期から留学する皆さんも
10か月という長いようで短い時間をぜひ充実した10か月にしてほしいと思います^^

最後に、留学という機会を与えて下さり、そしてサポートしてくれた
国際交流課の方々、そして金銭面、精神面ともに支えてくれた家族や友達に感謝し
このブログを終わりにしたいと思います。本当にありがとうございました。

P1020958.JPG

ヨセミテ国立公園での1枚。本当にここはおすすめです☆
アメリカに行く皆さん、ぜひ旅行に行ってみてください^^ 高山 唯
posted by 大分大学 at 03:25| 大分 🌁| Comment(0) | 2011アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

#5 サンフランシスコより

こんばんは。サンフランシスコ州立大学に留学させていただいております、片多です。
こちらから最後の留学成果報告をさせていただきたいと思います。

振りかってみると、大分大学で2学年前期のテストを何とか終え、
バタバタとサンフランシスコへ旅だってから、もう10ヶ月も経つようです。
しかし、空港で家族と別れた日を1ヶ月前のように身近に感じます。

みなさんにこちらでの生活をお伝えできる最後の機会ということで、
いままでの生活すべての総まとめといった感じで振り返ってみたいと思います。

まず、学習面に関してです。
今学期を前学期を比較してみると、やはり今回の方が自分のやり方を見出し、
マイペースでやっていけたかな。と感じています。
というのも、以前の報告でも少し述べましたが、前学期はとにかく悲惨でした。
もちろん自分の要領の悪さからくるものが大半ではありますが、
毎日課題の山に負われ、夢にまで、それらに関連した事項がでてくるといったようでした。
そのときは確かにすごく辛くてきつくて、いますぐにも逃げ出したい。
と思う気持ちでいっぱいでしたが、今学期になって振り返って見ると、
“あの時なんであんなに苦しんでいたんだろう?”
と自分自身も当時の私を不思議に思うようになりました。
慣れというのは怖いですね。こんな短期間でも人間って変われるんですよ!!
それに加えて、もうひとつ理由があるとしたら
自分の物事に対する向き・不向きが以前よりわかるようになったということです。
今回も前回と同様5つ授業をとっていたのですが、難易度意外に違っていることいえば、
レポートなどのペーパーワークか、地道に勉強を積み重ね、暗記する試験方式かといったことです。
今回は試験方式が多かったので、積み重ねが重要でしたが、
時間をかけて書き綴るペーパーワークより、こちらの方が断然自分に向いていると気づきました。
さらに、勉強する環境を変えるだけで全然はかどり度は違います。
サンフランシスコ州立大学では最近新しい図書館がオープンしたのですが、
そこのスペースがとてもきれいで広くて私のお気に入り場所です。
家ではぐーたら、図書館では勉強といったように自分でしっかりと区別をつけていたのも
効果的だったのかもしれません。

留学を希望されてる、もしくはもう決定されている皆さん、自分の一番よいやり方を見つけ、
そして取り組むというのはすごくいいことだと思うので、もしも困ったときには少し見直してみてください。


次に生活面についてです。
今回は、食べ物特集!!帰国もせまってきたということで、
金銭面を気にしつつも、いろんな場所にいってきました。

少しですが、食べた感想とともに載せたいと思います。


まずはじめにパスタ!
クリームとチキンのパスタです。これを食べると必ずお腹を壊すのですがおいしいので食べてしまいます。

P1020352.JPG

ご飯用クレープ
クレープと言えば、デザートといった感じですが、こちらはご飯用のクレープです
種類は結構たくさんあって、自分で選べるので楽しいかもしれません。
ちなみにこれはSan Franciscoという題名のサーモン味のクレープです。

P1020481.JPG

アメリカのハンバーガー
これはNYに旅行したときに行ったお店なのですが、
日本人がイメージするハンバーガー=fastフードと言った感じでは全くなく、すごく高級感がありました!!

P1000712.JPG

ちなみにカルフォルニアかサンフランシスコ?にしかないsuper duperというハンバーガー屋さんが
あるのですが、それもとてもおいしかったです!残念ながら写真はないのですが、
行く機会があれば、ぜひとも!!


最後に!これがサンフランシスコ有名のしょっぱいパン(サワドーブレッド)を使用した
海の幸たっぷりのクラムチャウダーです。
写真からもわかるようにボリュームたっぷりです。
パンは少し独特な味がするので好き嫌いが別れるかもしれません。

P1020411.JPG

というように、食生活のほうでも、ラストスパートをかけ、順調に駒を進めています!
それと、実は私好き嫌いがすごく多かったのですが、
留学を始めてからそれが少しずつ直ってきたように思います。
食べなきゃ損!!っていう思考が生まれたからかもしれません。

それとつい最近知ったのですが、サンフランシスコの水道水は山から流れているものを使用しているので、
アメリカの中でもきれいなお水で、そのまま飲んでも害はないそうです。
(場所によって違いがあるかもしれませんので、一応お確かめを)


最後に、この4年間の大学生活の間に、留学の機会を下さった職員のみなさま、担当の先生方、
そして金銭的にも精神的にも支えてくれた両親に心から感謝しています。
この経験が今後の私に強い影響をもたらすことは間違いありません。
日本に帰国してからは、頭の中を十分に整理して、
今年秋ごろから始まる就職活動につなげていけたらと思います。
本当にありがとうございました。 

サンフランシスコの街中を載せてお別れしたいと思います:) 片多

P1020293.JPG

   


posted by 大分大学 at 18:38| 大分 ☁| Comment(0) | 2011アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノースカロライナ大学シャーロット校最終報告

こんにちは。ノースカロライナのシャーロットに留学させていただいた小池です。

9か月ちょっとの留学生活が終わり、今は新しい生活の準備に追われる日々です。

私の留学生活は最後まで小さな事件がいっぱいでした。
5月の上旬には期末テストも終わり、私が留学生活でずっと暮らしていた寮を出る時の話です。
ノースカロライナ大学シャーロット校の寮は、学校の期末テストの期間が終わった次の日には、寮を出ないといけませんでした。
期末テストの勉強で忙しいのに引越しの準備などできているはずがなく、テストが終わってからは夜中も寝ずに、引越しの準備をしました。
寮を出なければいけない日の数日前から、寮の前にはいつも数台の車が止まっており、引越しのために家具を運んだり、洋服を運んだりしている人が多かったです。
しかし、その当日はもう戦争のようでした。(ちょっと言いすぎかもしれませんが。笑)
私は、その日も寝ずに引越しの準備と片づけをしていて、朝から日本に送る荷物をpost officeに持って行ったりしていました。
色々と時間がかかってしまい、post officeにいるときに寮に戻らなければいけなくなり、おばさんに荷物を預けて、寮へダッシュ!
寮に戻ったのは、追い出される5分前で大荷物を抱えて荷物を運んでいたら、いきなり寮に入れなくなったりして、何が何だか分からず一人であたふたしました。
同じ寮の人に聞いてみると、使っていたカードキーが時間を過ぎて使えなくなったとか…
引越しをしていた人がほぼ同じ状況で、寮の中にいる人に開けてもらうなど、みんなで協力しながら引っ越しを終えました。

この9か月ちょっとの間色々なことがありましたが、この留学のために色々な面で支えてくれた両親や先生方、友人に感謝したいです。
そして、このブログが留学を考えている皆さんの留学の参考になったらうれしいです。

ありがとうございました。
posted by 大分大学 at 07:39| 大分 | Comment(0) | 2011アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

サンフランシスコより

こんにちは、サンフランシスコ州立大に留学させていただいている松村です。
留学も残すところ2ヶ月となってしまい、自分の英語が留学以前よりも成長しているの
か不安になりながら毎日を送っています。
サンフランシスコではこれまでは雨が全くといっていいほど降っていなかったのです
が、三月下旬から毎日のように雨が続き、初めてまともに傘を使いました。その雨も
4月に入りだいぶおちつきキャンパス内では満開の桜の木を見ることができるようにな
りました。

今回のブログ報告では旅行について書いている人が多いので、私は生活面について書い
ていこうと思います。
まずは勉強面から。アメリカの大学はアジアの大学と学期が少しずれており、現在は中
間試験も終わりグループプロジェクトやペーパーの課題が多く出されて、ほとんどの
学生が勉強に励んでいます。私自身も4枚のペーパーと3枚のペーパーを頂き、少し焦
っているところです。そんな時にずっと工事中だった新しい図書館がオープンし、しか
も24時間オープンしているということで、これから期末期間となるので図書館のお世
話になることでしょう。
新しい図書館は6階だてで、多くの勉強スペース、pcとMac、カフェなども近日中にオ
ープンするということで勉強する環境はかなり整いそうです。
DSC00489.JPG
また、履修のアドバイスとしては最初の学期は英語を2クラスほどとり、自分の興味の
ある学科のイントロコースをとるといいとおもいます。私は最初の学期英語のクラスを
3つとったのですが、英語のクラスは宿題が多く出されるのでとても大変でした。それ
に比べ、各学科のイントロクラス(主に100〜200)はそれほど難しい内容でもないで
すし、予習を少ししておけば授業についていけます。オススメのクラスはホスピタリテ
ィのクラスで、主にホテルやレストランなどのマネージメントを勉強します。アメリカ
で旅行などを行うと思うので、実際にホテル産業に触れながら勉強ができるため理解が
しやすく課題もオンラインを使ったもので楽しく学習できます。その他にもレクレーシ
ョンクラスをとって友達を作ったりするのも良いでしょう。
次に勉強面いがいのことをかいていきます。
留学をして特に気をつけてもらいたいのが、病気や怪我です。
体が強い方の私ですら、サンフランシスコにきて最初の一ヶ月は風邪が全く治らず苦し
みました。原因としては夏だと思ってコートを持ってこなかったことです。サンフラン
シスコの8月は霧のせいで一年の中でも割と寒い時期なのでそのことを頭にいれておく
ことをお勧めします。また、だいたいの人がハウスシェアや一人暮らしをすることにな
ると思うのですが、異国の地で一人で風邪でのこむことほど不安なことはありません。
風邪薬なども日本のものと少し違うので日本から少し多めに風邪薬などを持ってくると
いいと思います。私も、市販の風邪薬を2瓶ほど使い果たしました。また、コートなど
をあらかじめ2着以上持ってくると良いでしょう。

話は変わりますが、つい先日留学生のグループでサクラメントにスカイダイビングをし
に行ってきました。私はジェットコースターは苦手高所恐怖症と、スカイダイビングに

は全く向いていませんが、せっかくアメリカにきて機会があったので挑戦して見まし
た。値段は一回のジャンプで$100写真とビデオこみで$170でした。友達曰くオース
トラリアでは倍以上の値段がするそうなので、お得なのではないかなぁと思います。ス
カイダイビングの感想は、、『最高に楽しいです』怖いという感情以上に楽しかったで
す。皆さんも留学をしたら一度はスカイダイビングのチャンスがあると思うのでぜひ挑
戦して見てください。
GOPR0063.JPG
では今回の報告はここまでとします。
posted by 大分大学 at 03:47| 大分 ☀| Comment(0) | 2011アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月12日

サンフランシスコよりトラブルです。

こんにちは。サンフランシスコに留学中の木許です。
報告が遅くなってしまい、ごめんなさい。

さて、留学生活も残すところ2か月となりました。早いものですね。
今回は何について書こうかなあと思ったのですが、みんな旅行について書いているので、わたしは普段の生活について書こうと思います。

最近のわたしは何かとトラブル?続きです。
今回はそのトラブル達について語らせてもらいます。

@ パソコン故障
1か月前くらいでしょうか。いきなりパソコンの電源が落ちて、それ以来つかなくなってしましました。日本でパソコンが壊れたとしても、買ったお店にすぐもっていけますし、例え少しの間パソコンがなかったとしても全然やっていけますよね。ですが、アメリカで留学する上で、パソコンは本当に本当に本当に重要な役割を背負っています。まず、パソコンがないと宿題ができません。アメリカの大学で手書きで提出する宿題なんてほとんどありません。すべてタイプしたものを印刷して提出します。お蔭様で字が下手になりました。そして、オンラインクラスの授業は何も受けることができません。友達との連絡もパソコンがないと非常に不便です。
壊れた次の日に、学校のパソコントラブルに対処してくれるoffice(といっても、engineer majorの学生がバイトで滞在して受け付けているところ)に持っていきました。その日は治らずに、“また明日電話するからその時にまた来て”と言われて帰されました。ですが次の日になっても電話がないので、連絡は来てませんがもう一度行きました。(アメリカではこのくらいしないと取り合ってもらえない傾向があります)すると、また別の人がいて、彼がまた治そうとしてくれたのですが、結局治らず、彼が“リカバリーは無理そうだから明日僕の家にあるウィンドーズのROMをもってくるから、それをこのパソコンに入れてあげる”といってくれました。そして次の日に結局リカバリー(初期化)ではなく、ウィンドーズそのものを、入れ替えて頂きました。お蔭様で、ウィンドーズはすべて英語版になってしまいましたが、彼がいなかったら今のわたしの生活は成り立っていません。

★ここで学んだこと★
こういう風に、何かに精通した人がいるからこそ、私の生活は成り立っているということ。私ひとりでは、パソコンを修復することは不可能でした。この経験で、私も何か普通の人より、ひとつでも精通しているものを作り、その分野で困っている人を助けたいと思いました。人間ひとりですべてに精通することは不可能です。それゆえに、コンピュータエンジニア、お医者さん、教授、介護士、スーパーの経営者、いろいろな職業の方がいて、自分の専門分野で人々を助けていく。自分の専門分野でないことは、人に助けてもらう。・・・社会って素晴らしいですね。私も自分の専門分野を作り、これから人々を助けていかなければなりません。

A トイレが詰まる
はい。これまた大事件です。人生でいちばん恥ずかしい体験をしました。自分の家のトイレが詰まってしまい、水があふれ出て、それはそれは大変なことになりました。恥ずかしすぎるので、これについては多くを語りませんが、トイレにこもって2時間は、すっぽんでトイレと格闘しました。やっぱり私もladyなので、いきなり男性にトイレ事情を話すことはできずに、トイレの中から一緒に留学中の片多さんに電話して、直し方を聞いていると、きっとわたしが今にも泣きだしそうな声だったのでしょう。片多さんがわざわざ我が家にかけつけてくれました。優しい友達を持ちました。本当に彼女には感謝です。結局、残念ながら自分で詰まりを治すことはできずに、一緒に住んでいるアメリカ人(22歳男性スペイン系アメリカ人)に打ち明け、彼に直してもらいました。2時間かかっても直らなかったものを彼は1分で直しました。そして次詰まったときのために、すっぽんを実際に使ったレクチャーまでしてくれました・・・。最後にDon’t put too much toilet paper in the toilet. と言われた私は穴があったら入りたかったです。

★ここで学んだこと★
自分の常識にとらわれた行動は控える。自分の当たり前を常識だと思わない。というのも、私はtoo muchのトイレットペーパーを流したつもりは毛頭ありませんでした。が、しかし私が思うtoo muchとアメリカのトイレが感じるtoo muchに差があったので、こういう結果になってしまったのです。何事においても、当たり前なんてものはないのだ。ということを再認識させてくれた事件でした。


。。。長くなりましたので、まだ事件はありますが、今回はこの2つで終わらせていただきます。日本にいるときよりも、人のちょっとした優しさが本当に身に染みる、海外生活です。
では、あと1か月ちょっと頑張ります!!!!

木許佳織
posted by 大分大学 at 09:19| 大分 ☀| Comment(0) | 2011アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

アメリカ サンフランシスコより

さあ、遂に4月がやってきました。
日本の皆さんは学年を1つあげての新学期ですね。私は日本の春が大好きです。去年は初々しい1年生を見ながら桜の中サークルの勧誘をしたことを覚えています。が、アメリカで大学生をやっている私はすでに1月から学校は始まっているので何も変わることはありません(笑)サンフランシスコは1年を通して季節もあまり変わらないので4月が来たと感じるのはカレンダー上だけかもしれませんね。

今回はSpring Breakに行ってきた東海岸旅行と、その次の週に行ったヨセミテ旅行について書きたいと思います!

東海岸旅行ではワシントンDCとニューヨークに行ってきました。
P1020465.JPG
国会議事堂
P1020497.JPG
ワシントン記念塔
P1020512.JPG
リンカーンメモリアル

ワシントンを一言で表そうものならば「厳か、スマート」とでもいうのでしょうか。きらびやかではないけれど、すごく町自体が柔らかい感じがして美しいんですよね。人もアジア人はめったに見かけることなく、電車の中でちらっと見られることも多々ありました。(サンフランシスコではありえません(笑))この湖沿いに咲いた桜の美しさは一生忘れることが出来ません。
P1020533.JPG

さて、お次はニューヨーク!世界の最先端の街ということもあり、人の多さもきらびやかさも抜群でした。私達は5日間ニューヨークに滞在したのですが、毎日朝から夜まで行動していたので、途中2人とも花粉症風邪に苦しめることもありましたが本当に楽しい旅になりました。

この度の中で困ったことと言えば、ワシントンからニューヨークへ移動するために長距離バスに乗ったのですがその乗り場がわからない!そんな時私達がうろうろしていたら、現地のアメリカ人のご夫婦が声をかけてきてくれて乗り場まで連れて行ってくれました。道を教えてくれるならまだしもわざわざ乗り場まで連れて行ってくれるなんて、本当にアメリカ人の優しさをここに来て幾度となく感じています。スーツケースを持って階段を下りていれば、すかさずアメリカ人男性は手を貸してくれます。日本人だってきっとそんな人はたくさんいるでしょう。しかし、こちらの人はためらいがないんですよね。助けるのが当たり前という風に困っていると「do you need help?」と声をかけてくれるんです。私も日本に帰って困ってる人を見かけたら、日本人外国人関係なく手を差し伸べることの出来る人間になりたいです。
P1020606.JPG
自由の女神(State of Liberty)
皆さん知っている人もいると思いますが、自由の女神ってエリス島という島の上にあるんですよ!私は勝手なイメージで普通にニューヨーク市内にどーんとあるのかと思ってました(笑)島までは船で移動!船からのニューヨークの景色も素敵でした。
P1020615.JPG
世界の三大美術館と呼ばれるメトロポリタン美術館にも行ってきました。
中の様子。
P1020711.JPG

P1020712.JPG
世界史を勉強していた人ならだれでも知ってるコリント式!

世界史大好きな私にとっては、本当に夢の美術館でした。「これ教科書で見たことある!」といった絵画や彫刻が多数。まともに全てを見れば1日は余裕でかかるんじゃないでしょうか。ニューヨーク在住なら年間パス買って暇な日に1日ここに居座れるくらい素敵な美術館でした。
お次は、ワールドトレードセンター。皆さんご存知、2001年のアメリカ同時多発テロ事件が起こったまさにその場所。本当に街中にあって驚きました。ここに飛行機が突っ込んだなんて考えられません。もうあれから10年以上たつんですね。小学校の時、学校のテレビで飛行機がビルに突っ込んでる映像を見た時のあの衝撃は忘れることが出来ません。その現場に、今自分が実際に立っていることが信じられませんでした。こんなにももう工事は進み、今では立派なビルが建っていました。
P1020642.JPG
夜にトップオブザロックから見た夜景も最高でした。もちろん今まで見てきた中で1番美しい夜景となりました。写真ではわからないのがとても残念です。
P1020871.JPG

他にもたくさんいろんな場所に行ったのですが、全てを書いていると終わらないので(笑)
1度この記事を終わりにして、次の記事にヨセミテ国立公園の旅行について書きたいと思います。
P1020819.JPG

中学の英語の教科書に載っていたオブジェの場所で、遂に写真を撮ることが出来ました。感動(笑)





posted by 大分大学 at 09:48| 大分 ☀| Comment(1) | 2011アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

#4 サンフランシスコより

こんばんは。サンフランシスコから片多です。
報告が遅くなってしまい申し訳ありません。
実は、パソコンがウイルスに感染してしまい、しばらくの間とてもとても不便な生活を過ごしました。
日本ではパソコンが使えない程度・・・と思われるかもしれませんが、
海外での留学生活において、パソコンがないというのはすべてのライフラインを絶たれるのと同じぐらい本当に困ります。
留学や海外に行こうと考えられてるみなさん、行かれる前にウイルス除去ソフトの導入や対策などを
十分にしていかれることを強く提案いたします。

さて、残りもあと数ヶ月となったところですが、最近のサンフランシスコは昼はやや、暖かくなった・・・??
ような気もしますが、夜はやはりジャケットやストールなど上に一枚羽織るものが必要です。
この時期の日本といって思い出すのは、花粉症。
私は留学する前に、どこからか入ってきた情報で「アメリカには花粉症がないらしい」
というのを、そのまま鵜呑みにしてしまい、とりわけ対策という対策はしてませんでした。
けれども、2月末から「?この鼻水の出具合とくしゃみは・・・・」と思い出し、
こちらに長く滞在している日本人やアメリカ人に聞いてみるとどうやら普通にあるそうで、
出国前に薬など準備をしてなかった私にとっては、鼻水と戦う毎日でした。

ですが、そんな私の強い見方になってくれたのが、学校にあるHealth Centerという施設で
これは、大分大学でいう保健管理センターのようなものですかね〜
3つの専門所?からできており、番号札を取って診察してもらう。という、なかなか充実した施設でした。
診察料金なのですが、学生は無料なのか、それとも後から支払うのかというのはちょっと不明です。
とりあえず、診察もしてもらえて、薬も処方してもらえる、何より学校に位置しているというのが魅力の保健センターでした。
おかげで、私の鼻も予想以上に赤くならなくてすみました。
あと、知っている人も多いかもしれませんが、花粉症者の必須アイテム“マスク”をこちらですると、
なんらかの感染者のように扱われるため、外での使用は控えたほうがいいように思います。

それと、前回少し話しに出しました図書館ですが、いまはもうほぼ完成というところまでできあがり、
24時間の利用が可能になり、多くの学生が夜遅くまで宿題や勉強に励んでいるようです。

次に楽しい話題!

こちらにも一応“春休み”というものが3月の末に一週間ほどありまして、
その間に高山さんと、ニューヨークとワシントンD.C.に行ってきました♪
やはり、西海岸と東海岸!気候も違えば、住んでる人もまた違い、とても楽しかったです。
西海岸の方が暖かいイメージでしたが、実際行ってみると向こうは春を通り越して、夏の陽気を感じるほど暑かったです。
それに、サンフランシスコには比較的アジア人の方が多いですが、旅行先ではめったに目にしなかったです。
むしろどこにいくにも少し私たちの存在がめずらしいように見られらような気がします。
同じアメリカなのに、場所によってこんなに違うんだーとすごく印象に残りました。
旅行内容は観光やミュージカル、食事や買い物まで短い日程のわりにはかなり楽しめたと思います。
高山さんも旅内容についてたくさん書いてくれると思うので、春休みの話はこれくらいにして、
写真だけすこし貼り付けて終わりにしたいと思います。

ブルックリン橋
P1000919.JPG

ホワイトハウス
P1000746.JPG

国会議事堂
P1000738.JPG

夜のタイムズスクエア
P1020249.JPG



ほかにも、普段の週末を使って、San Francisco Zooという動物園やJapanese tea gardenという、日本の庭園を再現したような場所にも行ってみました。

動物園のほうは、「こんなに動物との距離近いの???」と思うほどすごく近くに動物を感じました。
それにきりんならきりんといった動物別には分けられていなくて、シマウマやガチョウが一緒にいたり・・・
と日本の動物園とは少し違った構成になっていました。(肉食系はもちろん一緒ではないです)
あと、私が疑問に思ったのが、ライオンやトラではなくゴリラがすごく注目を集めていたことです。
ちなみに私のアメリカ人の友達もゴリラが好きだそうで、園内でもすごく人気だったように思います。
できれば、園内の様子を載せたいのですが、写真がどこへやらに消え去ってしまったようで申し訳ありません・・・。

つぎに庭園ですが、まさに。といった感じです。
ここで私が印象に残ったのは、友達が鯉のことを“鯉fish”と呼んでいたことで、
どうやらアメリカではそう呼ぶみたいです。
私の感覚からしたら、魚は魚なのに、なんで鯉・・・・?というちょっとなぞの感覚で
すごくおもしろいなーと思ったのを思います。

これが園内の様子です↓

P1020306.JPG

P1020308.JPG

というように、最近の私はウイルスという思いもよらないハプニングに見舞われたものの、
楽しく、充実した日々を送っています☆★

残りも数えるほどになってきたので、やりたいことを存分に楽しめるようがんばりたいと思います!!
posted by 大分大学 at 13:44| 大分 ☀| Comment(1) | 2011アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

ノースカロライナより

こんにちは。
ノースカロライナより4回目の報告です。
こちらではここ1週間ほど最高気温が25度以上という夏のような毎日が続いており、半袖で過ごす毎日です。
さらに、こちらの大学には桜の木があり、もう満開どころか青い葉っぱが顔を出しています。
日本の3月とは比べ物にならないほど暑いのに、もうすでに部屋の中はクーラーがガンガンなので肌寒く感じるので、着る物などに苦労します><

さて、2月の初めにはシャーロットから車で5時間程度のジョージア州アトランタに行ってきました。
コカコーラミュージアムやCNNの本社に行きました。
どちらとも会社の歴史やどういう工程を経てコーラや番組ができるのかなどを紹介していて、面白かったです。

DSC02532.JPG

DSC02514.JPG

DSC02528.JPG

コカコーラ社が製造している各国の飲み物が試飲できるブースがあったのですが、やっぱり日本人には日本のものが合うようです。笑
あとはシャーロットにはない居酒屋!に行きました!
久しぶりの本格的な日本食にテンションが上がらないわけがなく、ついつい食べ過ぎてしまいました!

さて、こちらでは3月の上旬頃からmid termという中間試験などのようなものが行われています。
私の受けている授業はすべての授業で中間試験が3、4回あり、1つ試験が終わったら、また次のテスト勉強といった感じです。
また、Pop Quizという抜き打ちテストのようなものがあるクラスもあり、前回の授業内容のみではなく、予習してきた範囲が問題として出るので、なかなか思うような点数が取れません。
なので、平日は授業が終わると学校の図書館に行き、勉強しています。

さらに3月の上旬には1週間の春休みがありました。
私は友達に誘われてノースカロライナの州都である、ローリーというところに行く予定でしたが、喉と耳の痛みと発熱で急遽キャンセルせざるをえませんでした。
薬を飲んでもなかなか治らなかったので、学校の病院のようなとこであるhealth centerに行ったんですが、「喉が腫れてるわね〜、でも耳は何も異常ないわよ」って言う程度で何の病気なの?と聞いても「バクテリアじゃないわ」と何が原因かわからないままでした。
さすがアメリカ。テキト―だな〜って感じでした!
なので春休みはずっときつくて、ほぼ何も食べることができずに寝込んでいたという、なんともつまらない春休みでした><

日本ではもうすぐ新学期ですね。
私のアメリカでの留学生活も残り1か月ちょっととなりました。
精一杯楽しんで帰りたいと思います!
みなさんも新学期楽しんでください!
posted by 大分大学 at 06:21| 大分 ☔| Comment(2) | 2011アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

サンフランシスコ#3

こんにちは、サンフランシスコ州立大学に留学させていただいている松村です。
報告が遅れてしまい申し訳ございませんでした。

今回は、アメリカでの休暇について報告していきます。

アメリカの大学は基本的に2学期制で学年の始まりが日本と違い夏です。
学期はFall semesterとSpring semesterがあり
秋学期が基本的に9月-12月のクリスマス前、春学期が1月の後半から5月の後半までです。
長期休暇はsummer break, winter break, thanks giving break(11月後半に一週間), spring break(3月の後半に一週間)があります。
多くの学生がこの長期休暇を利用し旅行に出かけます。(LA, Las Vegas, San Diego, Chicagoなど)
私もThanks giving breakにはシアトルに、Winter breakにはニューヨークに行ってきました。

シアトルはサンフランシスコから飛行機で2時間と気軽に行けるのでthanks giving break直前にネットで飛行機とホテルを予約しました。コストは4日間で飛行機+ホテル($330)レストランなどの食事や観光を入れて$500強でした。早く予約すればするほどフライトとホテルは安くなるので、アメリカに留学したらどこどこに行きたい!!と、留学前から予定を立てておけばもっと安上りの旅行ができると思います。

これはシアトルで最も有名な観光地パイクプレイス(市場)です。魚介類を中心に様々な店がここに集まっていました。
DSC00885.JPG

また、パイクプレイスの中にはスターバックスの一号店があり、ここでしか買えないマグカップなどもあり観光客でにぎわっていました。(私もマグカップをお土産に買って帰りました)
DSC00900.JPG

港町なので生のオイスターにも挑戦。内心ノロウイルスにびくびくでした。。
DSC00894.JPG

シアトルは街自体もそんなに大きくないので、3日あれば大概の観光地を見て回ることができます。ただし、アメリカでは雨の街と言われるほど雨の日が多いので、雨季を外していくことをおすすめします(自分が言った3日間すべて雨でした。)。

つぎに、winter breakにいったニューヨークの紹介します。
ニューヨークはサンフランシスコとは反対側の東海岸にありアメリカでも最も大きな都市です。
サンフランシスコでさえ大分から見ればかなり都会だと思っていたのですが、NYにいってそのスケールの違いに驚かされました。
気温もサンフランシスコとは大きく違い毎日氷点下までさがり、3日目以降は雪というなかなか体験できないNY旅行ができました。
またニューヨークにはモダンアートミュージアムや、世界三大美術館の一つメトロポリタン美術館などがあり、すべてを見て回ろうとすると一週間でも足りません。
ぜひ、winter breakやsummer breakを利用して長期間滞在してみてください。
NYにはいくつもホステルがあり、ホテルに比べ安く滞在できるのでおすすめです。

DSC00099.JPG
みなさんご存知タイムズスクエアー。観光客に押し売りをしたりする人がたくさんいました(笑)
タイムズスクエアーは夜になっても、ライトアップされており昼間のように明るいので治安もよかったです。

DSC00155.JPG
これは日本の雑誌などにも取り上げられているNY一おいしいといわれているパンケーキ。
今までてべてきたパンケーキの中で一番おいしかったです。
値段は。。。半端ないです笑) 朝食二人で$40とか生まれて初めて味わいました。

DSC00227.JPG
恒例の自由の女神像リバティーアイランドという島に船でいきました。
お決まりのトリック写真面白いの思いつかなくてすみません。
ニューヨークにはcity passといって、近代美術館、メトロポリタン美術館、リバティーアイランドフェリー券、エンパイアーステイとビルディング、トップ・オブ・ザ・ロック、あと一つ美術館の入場券がセットになっているパスがあり、これを買うとかなりお得です。ただし、時間がない場合は全部回るのは厳しいかもしれません。

DSC00285.JPG
エンパイアーステイとビルディングからの夜景。
感動です。行く価値は絶対あります。

DSC00439.JPG
雪のセントラルパーク。
子供たちがたくさんそり遊びしてました。
ニューヨークは都会というイメージでしたが、セントラルパークのように大きな公園もありとてもいい街でした。

次回は、Spring Semesterの授業や学校生活を中心に報告します。

PS. 大分大学では次に留学生とが決まったのでしょうか。もし、サンフランシスコやアメリカの情報が知りたかったら、ぜひFacebookで僕を見つけてメッセージ送ってください!! できる限りのサポートしますよ!

それではまた!
posted by 大分大学 at 18:08| 大分 ☔| Comment(1) | 2011アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

アメリカサンフランシスコより♪

こんにちは。
報告が遅くなってしまい、ごめんなさい。
サンフランシスコ州立大学に留学中の木許です。

留学生活も残り半分となりました。

先日、友達の家で洗い物をしていたときの話です。
友達の家の洗剤は、わたしがアメリカにきてすぐ家が見つからずに
ホステルに滞在していたときに、ホステルにあった洗剤と同じだったようです。
わたしはその洗剤の匂いがした瞬間、
初めてアメリカに来たときの記憶がすごく鮮明に蘇りました。。。
あれからもう半年。。。本当に早いです。

振り返ってみると、いろいろありました。

来てすぐは2週間ほど家が決まらず、ホステルの予約も3日しかしていなかったので、
それからは「明日泊まる場所もない」状態。。。それでも、アメリカ人の友人が泊めてくれたり、一緒に家を探してくれたり。。。もう本当に感謝してもしきれません。

学校が始まってからは、時には日本ではしたことのないような種類の英語の宿題に戸惑い、ひとりではどうしようもできず、こちらの生活が長い日本人に「本当に英語できないなあ笑」とからかわれながらも丁寧に教えてもらいました。。。

思うにアメリカは、優しさであふれています!!!!
アメリカ人って本当に優しいなあと思うことがたくさんあります。

知らない人でもドアを開けて待っていてくれます。
わたしが「thank you 」 と笑顔で言うと、
向こうはその2倍くらいの笑顔を返してくれます。
日本人って、わたしが思うに知らない人に笑顔を向けるっていっても微笑むくらいの人が多いですよね?
アメリカ人は知らない人にでさえも、本当に屈託のない満面の笑みを向けてくれます。
知らない人からのびっくりするくらいの笑顔に慣れていないわたしは、
毎回恋に落ちそうになります。

また、ちょっと駅などでキョロキョロしていると
誰かが「do you need help?」 といって
頼んでもいないのに向こうから聞いてくれます。

一人じゃ抱えきれないスーツケースをバスに乗せる時にも知らない人が
率先して手伝ってくれます。

もう、何なんでしょうか、この親切な国は。。。
見習うことが本当に多いです。


さて話は戻り、
学校はSpring semester が始まり、fall semesterで帰ってしまった留学生や、大学を卒業して日本に帰ってしまった人との別れがありました。
特にわたしは12月に正規にこちらの大学を卒業した日本人の方々に
前学期はお世話になっていたこともあり、とっても寂しかったです。

でもうじうじなんて、してられません!!!
最近、日本にいては、きっと気づかなかっただろうなあという
自分の足りないところや、ダメなところにたくさん気づきます。

それゆえ、
今学期は前学期以上に、勉強においても、勉強以外においても、
頑張らなければいけないことがたくさんあります。

残り半分を乗り切って、笑顔で日本に帰りたいです。
半年頑張るぞーーーーー!!!!!!

posted by 大分大学 at 08:12| 大分 ☀| Comment(1) | 2011アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

アメリカ サンフランシスコより


サンフランシスコ州立大学に留学中の高山です。

長い冬休みが終わり先週から新学期が始まりました。
最初に冬休みに行ったロサンゼルスとサンディエゴの旅行について書きたいと思います。

まずは、クリスマス前に3泊4日で
カナダに留学中の高校の時の友達とLAに行ってきました。

DSC00996.JPG

101.JPG

DSC00879.JPG

154.JPG

たくさん載せたい写真はありますがここらへんで(笑)
上からディズニー、USH、ハリウッド、ビバリーヒルズとなってます。
初めての友達2人アメリカ国内旅行でしたがとっても楽しかったです!
しかしLAは本当に広いのでLAに旅行に行く際は車持ちの友達を誘うか
国際免許をとってレンタカーを借りたりするとより旅が充実すると思います。
といってもLAは比較的交通機関も充実してるのでそこまで不便さはないです。
(ただ、夜はサンフランシスコと違って少し危ない感じがしました)

次にクリスマスから年末にかけて1週間サンディエゴに行ってきました!
と、いうのも私が以前大分大学でチューターをしていた時の担当の留学生が
サンディエゴにいたので何から何まで彼にお世話になる形となりました。

396950_10150475170378778_504423777_8898842_1074586657_n.jpg

先生方覚えてますか?SDSFから1年間留学に来てた日本語ペラペラのエリックです!
1週間という長い期間毎日いろいろな所に連れて行ってくれたエリックには本当に感謝です><
また、その中でもエリックの友達とも仲良くなることが出来て
若干サンディエゴを離れるのが悲しかったです…でも日本に帰る前にもう1度行こうかと(笑)
それくらい私はサンディエゴの気候と人達が大好きになりました。

403919_10150475171543778_504423777_8898852_1712920362_n.jpg

毎日こんな食事してたら太るの当たり前ですよね…(笑)
アメリカに留学する後輩たちもぜひぶくぶく太ってください^^

389926_10150483295568778_504423777_8943202_1305207277_n.jpg

エリックのお誕生日を皆でお祝いしました^^
食べ放題でまたまた太りました^^

407525_10150475165713778_504423777_8898797_691506144_n.jpg

380470_10150475164188778_504423777_8898768_74322240_n.jpg

この写真はサンディエゴで撮った写真の中で1番のお気に入りです。
サンディエゴの温暖な気候がこの写真からわかると思います。

086.JPG

カルフォルニアで1番大きいというSan Diego Zooでパンダに会いました;;
動物大好きな私にとってはたまらないひと時でした。

と、いう感じで私の充実した冬休みは終わり
次に新学期の話をしたいと思います。

今期、私は経済系の授業を3つ、英語を1つ、レクレーションを1つ
合計5つの授業を取っています。

前期は英語の授業を主に取っていましたが
今期は経済系の授業を中心に。
と、簡単に言いますが実際難しいですね。

まず単語が難しい。経済に関する単語なんて今まで触れてこなかったですから。
あとはnativeの学生と一緒に受けてる授業なので先生が話すのが早い!
小池さんも書いてましたが、中にはくせのある話し方をする先生もいて話を聞き取るのに必死です。
(それでも授業の理解度は半分くらいなので予習が大切になってきます)

後期はとにかく勉強!
英語のリスニング力、および会話力ももっともっと伸ばしていきたいです。

長くなりましたが、これで私の留学報告を終わりにしたいと思います。
そろそろ留学選考の結果が出る時期ですよね^^
私も去年3月にアメリカに留学することが決まってからは
留学していた様々な先輩方に本当にお世話になりました。
アメリカ留学で何かわからないことがある人がいましたら何でも相談してくださいね^^


サンフランシスコ州立大学 高山 唯





posted by 大分大学 at 06:11| 大分 ☁| Comment(1) | 2011アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

ノースカロライナより3回目

みなさん、明けましておめでとうございます。小池です。
ノースカロライナ、シャーロットから3回目の報告です。

こちらは新学期が始まり早3週間が過ぎました。
今学期からは英語の授業ではなく自分の専門科目である、経済系の科目の授業を取るようになり、教科書を必死に読みあさる毎日です。

授業は経済系の科目で週2コマずつの授業を3つ、日本語で週3コマの授業を1つ受講しています。
授業はどれも1コマ1時間15分ですが専門用語などたくさん出てくるので、授業中ずっと集中し続けるのはかなり体力が必要です。
専門用語などを理解するために、授業前に授業で扱う範囲の教科書を読んでいくことは必須で毎日20〜30ページ教科書を読んでいます。
しかし、経済系の授業はまだ慣れないことが多く、先生が言うことも理解できないまま次に進んでしまうということも多々あります。
でも進歩もありますよ!
喋り方にくせがある先生の話している内容がだいぶ分かるようになってきました!
少しずつでも授業内容をその時に理解できるように頑張っていきたいです。

日本語のクラスではTA (Teaching Assistant) というのをやっています。
内容としては授業中に先生のお手伝いで単語を読んだり、生徒さんの質問に答えたり、課題の採点をしたりします。
なかなか日本語を英語で教えるのは難しいですが、先生の説明を聞いて、「なるほどなー。」なんて思いながら次自分がどう説明したらいいか勉強になります。
また、日本に興味があるアメリカ人などと知り合えるという利点があります!笑
私のクラスには大分に留学したいと言っている生徒さんがいて、すごく楽しみです。


さてさて、冬休みですがたくさんのお別れがありました。
まず初めに、クラスメートとの別れ。
半年間毎日のように会っていたメンバーとこれからなかなか会えないと思うと寂しかったです。
それから各国からアメリカに留学しに来ていたたくさんの友達が帰国してしまいました。
たった半年間でしたが、アメリカに留学している者同士ということで助けあったり、一緒に旅行したり、勉強したり、遊んだりとたくさん思い出があり、もしかしたらもう二度と会えないかもと思うと、別れがとても辛かったです。

でも!悪いことだけじゃないです!
別れあれば出会いあり?というんでしょうか。
今学期からの新しい留学生がやってきて、新しい友達も増えつつあります。
いろんな国の人、いろんな文化を持った人とこんなに出会えるチャンスはめったにないので、人見知りという自分の性格を克服するためにも自分から友達の輪を広げていきたいです。


留学生活も折り返し地点を通過し、残り半分を切りました!
この残り半分をどう過ごすか、自分次第で大きく変わると思うので、めいっぱい勉強して、めいっぱい遊びたいと思います!


最後にここUNCCの男子バスケの試合を見に行った時と地元のルネッサンスフェスティバルというお祭りに行った時のラクダさんの写真です。
バスケは演出やチアガールにも力が入っていて、応援も盛り上がり、とても面白かったです。

104.JPG

115.JPG
posted by 大分大学 at 07:45| 大分 ☀| Comment(2) | 2011アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月27日

#3

こんにちは。サンフランシスコから片多です(*^_^*)

2012年がスタートしてもう1か月が経とうとしています。
・・・・いや本当に時が経つのは早いですね。
8月からこちらに留学して、中間地点を過ぎ、残り半分。といったところまできました。
今週の月曜から新学期が始まったのですが、12月の末から月曜日まで
冬休みということで、学校生活とは違う貴重な経験ができました。
といっても、私は他の留学生のように“旅行や観光に行く”といった大きなイベントごとは
あまりなくて、比較的ゆっくりと休みを満喫しました。
きっと冬休みの旅行については、多方面からみんながたくさん話してくれると思うので、
私は身の回りの変化について書きたいと思います。

まず、学習面から、
前期最後のテストもなんとか乗り越えて、新しい授業が今週から始まりました。
今回は前回とは違って、こちらの学生に予めおもしろい授業を聞くことができたり、
授業を取る要領を学んだりして、割とすんなりと授業を決定し、とることができました。
何より自分が何に興味を持っているのか、自分がいま勉強するべきレベルはどれぐらいなのかを
自分自身でなんとなくですが、わかるようになってきた気がします。

私は留学生ということもあり、priority timeといって正規の学生よりも
早く登録できる期間をもらっており、取りたい授業を確実に取れる状況にあるのですが、
そううまくいかない学生も多くいます。
というのも、こちらの授業スタイルは日本の形態とは少し違い、
その授業の定員数が決まっており、それを超えてしまうと例えどんなに受講したくても
その授業がとれなくなってしまうことがあるからです。

なので、新学期には、“取りたい授業が定員のせいでとれなかった”という学生が
授業に来て、直接先生に交渉をするという場面をよく見ます。

私が今回受講を決めたのは、経済関係の科目が4つと英語が1つの計5科目です。
まだ、1、2回しか授業に行ってないのでこれからどうなるかわかりませんが、
やはり専門科目は宿題の量も、勉強量も多くなりそうです。
でもこちらで勉強できる最後の機会なので、自分でしっかり計画を立ててがんばろうと思います!

そういえば、今年5月ぐらいに完成する予定だった図書館がいつのまにか完成していました!!!
といっても、まだ一階部分しか、開放されてないのですが、とてもきれいな建物なので
勉強しにいくのが楽しみになりそうです♪
この図書館ができる前に私が使っていた建物は、ビニールハウスというかプレハブというか・・・・
まあ仮設住宅のような建物で、収容人数はかなりあるし、パソコンも100台ほど設備されていて
勉強するには十分の場所でした。
ただ、私が住んでいる場所からは、とても離れていて新しく学校内に建設された図書館の方が
目と鼻の先なのですごく便利に感じます。
今日の朝取った写真があるのでぜひ見てみてください。


P1000562.JPG

霧がすごくてすみません。

P1000563.JPG


次に生活面についてです。
この前体重の話をしましたが、太ってました。4キロも!!
うちの家には体重計がないのですが、友達の家にあった体重計に乗ってみたら、びっくりしました。
でも、こっちで楽しんでる証拠なのかな?と思って前向きに考えることにしました。

私の体重の話はさておき、

実は私のBuddy(日本のチューターさんみたいな制度です)が日本のある大学に交換留学が決まって、
前期が終わったと同時に、地元に帰ってしまいました。
彼女には、学校の課題の添削をしてもらったり、家がなかなか決まらなかった時泊めてもらったりなど
私がとても辛いときに、本当にたくさん助けてもらいました。
また、彼女とは話がとても合ったので、一緒に買い物をしたり、ご飯を食べに行ったりと
楽しい時間も共に過ごすことができました。

いま会えなくなったのはすごく寂しいのですが、日本に留学している期間が
私が帰国してからもしばらく続くみたいだので、今度は日本で会うことを楽しみにしています。

また、一緒に暮らしていたハウスメイトの1人が引っ越して、
すごく家がさみしくなりました。もちろんその変わりに新しい人が入居してきたのですが、
私は人見知りなので、ちょっとまだあたふたしています。

彼女もとても優しくて、家でゲームをしたり、観光所に案内してくれたりと
とても仲良くしてくれました。
実は、彼女が引っ越す日、私は家を留守にしていて、直接お別れができなかったので
すごく残念でした。でも明日久しぶりにご飯を一緒に作る約束をしているのでとても楽しみです。

最後に、私の2012年の目標を書きたいと思います!!!!

1、人見知りしない
2、積極的になる
3、自分を知る

です。

残り半分の貴重な留学生活を精いっぱい有意義に過ごしたいと思います。
posted by 大分大学 at 06:41| 大分 ☀| Comment(1) | 2011アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

留学報告#2

報告ブログ更新遅れてすみません。

今回の報告ブログではアメリカのイベントや
サンフランシスコ州立大のコミュニティーでのイベントを紹介していこうと思います。

まず、大学の授業が始まる一週間前からinternational students向けのオリエンテーションが始まります。
ここではサンフランシスコでの生活の仕方、住居の情報、IEECというグループの紹介などがあります。
また、オリエンテーションウィークにはIEEC主催の歓迎パーティーや
博物館やゴールデンゲートパークへの観光イベントなど、たくさんのイベントが催されるので
これらのイベントを通してたくさんの友達を作ることができます。
(実際フェイスブックの友達がこの間で100人以上増えました)

DSC00359-1.JPG301200_222650391119815_100001245680060_720043_1144389_n.jpg

また、学生同士でも食事に行ったり観光に行ったりするので
積極的に参加していくとさらに友達がたくさんできると思います。

299689_10150776373020611_530440610_20832172_2413165_n.jpgDSC00521.JPG

アメリカでは行事にとても力を入れていて、
特にハロウィンのイベントでは町中に仮装した人たちがおりお祭り騒ぎでした。
DSC00723.JPG

また、サンフランシスコという土地柄なので
いろんな国の人たちと友達になれるのでそれも魅力的です。

最近のイベントではつい先週末にTahoeというカルフォルニアでも有数のスキーリゾートに
留学生70人程度で行ってきました。
このイベントもIEECが主催したもので、車だしやロッジの手配、食事の当番なども
すべて、IEECのオフィサーがしてくれとても楽しい旅行になりました。

この旅行では昼間はスノーボーディング夜はロッジについているジャグジーに入り
その後みんなで連日パーティをしていました。

DSC00999.JPGDSC01008.JPG

これから、ファイナルを迎え忙しくなりますが
このような楽しいイベントがたくさんあるので、勉強だけにとらわれず様々なイベントに参加していろんな人と交流を広めていくことによって有意義な留学生活にしていきたいです。

では今回の報告は以上です。
posted by 大分大学 at 11:16| 大分 | Comment(1) | 2011アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月06日

サンフランシスコより2回目の報告。

こんにちは。サンフランシスコ州立大学に留学させていただいています、
経済学部2年の木許佳織と申します。
2回目の報告をさせて頂きます。

あと1週間でfall semesterが終わろうとしています。
そんな今、8月からこちらに来て、初めて精神的にちょっと元気がないです。
みなさんのようにわたしもサンクスギビングのことについて書こうと思ったのですが、
このブログを留学希望の方が見てくださっているならと思って、
まずは今の心境を書きたいと思います。


 わたしは今、「この4か月で何を学んだのか」という問いに何ひとつ答えられない自分が本当に悔しいです。


大学の代表として選んでいただいてやっと叶った留学。
何も言わずに私の留学にかかるお金を払ってくれる両親。
日本で応援してくれる友達。

今の自分では、本当に顔向けできません。

自分の中だけで通用する“収穫”なら、少しながらですが、あります。
でも帰国した時に「何を得たの?」と聞かれて胸を張って言える“何か”を私は今、何も持っていません。それが語学力であったり、精神的な強さであったり、勉強した知識であったり、それは人それぞれなんでもいいと思っています。でも今の私は、胸を張って言えるものを何も持っていません。
その“何か”を何としてでも持って帰らなければならないという自分の中でのプレッシャーというのでしょうか。今すごく怖いです。


留学しなくても語学なんて、日本で十分学べます。
というか、語学をもっと勉強してからこっちに来ればよかったと私は本当に後悔しています。せっかくまったく知らない土地に来て、学べるものがたくさんあるのに、語学力が乏しい分、吸収できるものも比例して少なっているなと、すごく実感します。

勉強においても、たいていのものは日本で学べると思います。
むしろ、わざわざ英語で勉強するより、母国語である日本語で学んだ方が、吸収も早く、理解も深いと思います。


それでも海外で学ぶという“価値”は、きっと人それぞれあります。


私はこの4か月、その“価値”を少し軽視しながら過ごしてしまったと本当に後悔しています。
アメリカでの生活に、悪い意味で慣れてしまっていました。

心を入れ替えて本気で頑張らねばなりません。
というか、頑張ります。

このブログを見てくれた後輩の方々は
私を反面教師にして、
留学生活を少しでも後悔しないように
今から準備を頑張ってください(>_<)



そして最後にわたしにもちょっと明るい話を。
サンクスギビングについて少しお話させていただきます。
わたしはサンクスギビング前に両親が3泊4日(5日?)でサンフランシスコに来てくれて、サンフランシスコを一緒に観光しました(^^)/
それから両親は無事日本に帰り、
サンクスギビングは弾丸でヨセミテ国立公園に行き、夜中にSFに帰り着き、
その次の日にはLAへ飛び、そこからラスベガスという
本当に充実したサンクスギビングを送らせていただきました。

私にとって一生忘れない1週間になりました(*^_^*)

写真貼っておきますね!
留学生活楽しいこともたくさんあります!笑


★ハリウッドの蝋人形館にて★
P1000681.JPG

★ラスベガスnight笑★
P1010049.JPG

★なんとロールスロイスに乗せていただきました★
P1010031.JPG
posted by 大分大学 at 17:29| 大分 ☁| Comment(1) | 2011アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

ノースカロライナより2回目


こんにちは。
ノースカロライナ大学に留学している小池です。


こちらに来て3カ月が過ぎ、最近は朝晩の冷え込みに悩まされています。
日中は温かいのですが、朝も早くから授業がありますし、授業が終わってから夜までは図書館で勉強して帰ることが多いので着るものに困ります。
特にここ3日くらいは朝の冷え込みが激しく、ちょっとした橋を毎朝通って学校まで通っていますが、橋が凍っていてツルツルしているので滑らないように必死になりながら通っています。
そして、つい先日まで1週間ほど風邪をひいてしまい、日本から持ってきた風邪薬をすべて使い切ってしまいました。
こちらの寮は常に空調が動いていて、部屋の中が寒いし乾燥しています。
なのでなかなか風邪も治らずにずっと体調が悪い1週間を過ごしていました。


10月中旬にワシントンD.C.へ3泊4日の旅行に行ってきました。
車で7時間。車にこんなに長い時間乗ることは初めてでしたがアメリカサイズに慣れてきた証拠でしょうか、それほど長く感じずに目的地に到着しました。
ワシントンでは毎朝、コーヒーショップに行って情報を集めながらどこに行こうか、何をしようかと作戦を練っていました。
スミソニアン美術館、アメリカ国立公文書記録管理局、リンカーンメモリアル、ジョージタウンなどを主に巡り、時間があったのでペンタゴンで有名なアメリカ国防総省によったり、歩いていたら目の前がFBIだったりで、さすがアメリカの首都だなと感激しました。美術館では展示品があまりにも多すぎて疲れてしまったので「これ、世界史の教科書で見たことある〜!」なんて思いながら名前を見たことのある人を中心に見てきました。

060.JPG
リンカーンメモリアルです。ここであの有名なキング牧師が演説をしたらしいです。笑


066.JPG
これがその証拠です。ふと足元を見るとこのI HAVE A DREAMの文字が。


074.JPG
ホワイトハウス。遠かったです。笑


さてさて、10月最後の一大イベントといえば…そう!ハロウィンですよね!
私はその日にハロウィンの買い出しのため、学校の近くにあるモールに買い物に行ったのですが、モールに入ると仮装をした子供たちがわんさかいました。
さらに、モールの中を歩いていると子供と一緒にお父さんお母さんまで仮装をしていたり、仲のよさそうな老夫婦が仮装していたりと見ているだけで十分楽しめました!


11月の中旬にはThanks giving という感謝祭があり、こちらではそのThanks givingを家族で祝うのが一般的らしく、私はアメリカ人の友達のおうちにお邪魔をし、その家族たちとThanks giving をお祝いしました。
食べ物をつまみながら、お料理をお手伝いしたり、テレビのアメフトを見たりのんびり過ごしました。

DSC01899.JPG
こちらはThanks giving の伝統的な料理の七面鳥です。鳥丸々一匹とかなりダイナミックでしたが柔らかくておいしかったです!


最後に授業についてですが、今セメスターも残すところあと1週間となり、Final testのための勉強に追われています。最近は行ける日に図書館に行き、みんなで勉強をしたりしています。この大学の図書館はほぼ24時間開館しているので、この時期になるとテストに追われた生徒たちが夜遅くまで図書館にこもり勉強しています。この雰囲気のおかげで私の勉強もはかどっている気がします。
テストが終わったら冬休みなので残りの期間一生懸命勉強して、冬休みは思いっきり遊びたいと思います!
posted by 大分大学 at 12:25| 大分 ☁| Comment(1) | 2011アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

#2 #2

こんばんは。San Franciscoから片多です(^◇^)
ブログを初めて更新した日から、2回目を書く日がこんなに早くくるとは思ってもいませんでした。

11月を迎え、こちらはますます寒くなり、もうコートが手放せません。
ということで、8月から早々と3ヵ月が経過したわけですが、
ようやくこちらの生活にも慣れてきて、
学校のシステムや課題の要領を掴めるようになってきました。

今日までに、中間テストやプレゼンテーションなどをこちらで経験して、
言語の壁を感じると同時に、人間関係の偉大さを改めて体感しました。
ネイティブの友達が2、3日で終わらせることができる課題でも
私が同じ課題を終えるには1週間くらいかかったり、
時間をどれだけ費やしても、内容が思うように理解できなかったりと、
本当に悔しくて悔しくて、できない自分に苛立って、どうしようもない時期を過ごしたこともありました。
だけどそんな時、大分から一緒にがんばってる3人や、
こちらで新しくできた日本、もしくは異国の友達が励ましてくれて
なんとかあきらめずにここまでがんばってくることができました。
また、skypeを使って日本の友達や家族と連絡を取り合うことで、元気も取り戻せました。

こちらに留学しないと、この悔しさは絶対に経験できなかったし、
あきらめないことの大切さを身に持って感じることもできなかったことだと思うので、
留学という貴重な体験をさせていただいていることを、あらためてここで本当に感謝します。
関係者の先生方、両親・友達も含め、本当にありがとうございます。
私はこっちで、これからも自分の全力でがんばりたいと思います!!!!

そして、アメリカはいまThanksgiving Dayを含む1週間ほどの休みを迎えており、
11月の21日から25日まで友達とLos Angelesに旅行に行ってきました♪
San Franciscoとは違って温かく、まだ日中なら半袖で過ごせる気温でした。
その中でも私の一番の思い出は、Disneylandに行ったことです(*^^)v
ロスのDisneylandは世界で初めて創立されたということで、日本にいるときからすごく気になっていたのですが、
一言でいうとすごく楽しかったです!!
自分の歳も忘れて、思うがままに楽しんできました!
特に夜のイルミネーションは感動ものです。
Christmasシーズンということもあり、大きなツリーを始め、
あらゆるところがChristmas一色に染まっていて、一日も早くChristmas当日を迎えるのが楽しみになりました!!
それと、記念ということで友達と一緒にDisney限定のTeddy bearも作りました!
Disneyでの写真を載せるのでぜひ見てください☆

楽しい休みも終わり、来週からまた学校が再開するのが少し億劫ですが、
今期末のテストという最大の山場を乗り越えて、冬休みを満喫したいと思います。

P1000485.JPG

P1000465.JPG

posted by 大分大学 at 16:08| 大分 ☁| Comment(1) | 2011アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サンフランシスコより

こんにちは。サンフランシスコ州立大学に留学してます高山です。
アメリカに来てもうすぐ4か月がたちますが、前回の記事を書いてからまたいろんな心境の変化がありました。今回は先週の金曜日から明日の日曜日まで続くThanks givingの中で体験した出来事について書かせていただこうと思います。

先週の金曜日から5日間、母と姉が日本から遊びにきてくれました。今までは案内される側でしたが今回は私が案内する側とあってすごく緊張しました。何かあれば私が全て対応しなければならないという思いがあったからです。ホテルに一緒に4日間泊まったのですが、初日に早速トラブルが起きフロントから電話。母たちは全く英語が出来ないので、もちろん私が対応。こちらに来て電話で話す英語が苦手で(声が聞き取りずらいのとジェスチャーが使えないので)自信がなかったのですが、そこには英語で対応が出来ている自分がいました。こちらに来て自分の英語が成長しているのか不安があったので嬉しかったです。というのも私の留学生活というのは毎日生活が英語で溢れているというような日常ではなく、1日の中で英語より日本語を話している時間の方が長いのではないかと思うほど留学生活に不安がありました。こんな生活でいいのだろうか。と思ったことも何度もありましたが、いくつかトラブルがあったこの5日間を母たちが楽しんでくれたようで本当に嬉しかったです。

018.JPG

サンフランシスコの象徴でもあるGolden Gate Bridgeです。
まぶしくて顔が険しくなってます。すみません(笑)

水曜日からは以前大分大学に留学していた友達が私を家族のいる家に招待してくれたので、本場のThanks givingを体験しに行ってきました。周りに日本語を話す人がいない環境に4日間という時間初めて身をおいてみて「あ、これが本当の留学なんじゃないか」とこちらに来て遅ればせながら初めて感じました。いつもどこかで人を頼っていた私でしたが、この体験をもとに英語も自分も自信が持てるまでもっと成長したいと改めて思いました。彼の両親、そして親戚の方々は本当に優しくて、英語が下手な私とちゃんと向き合って会話をしてくれました。周りが全員アメリカ人で最初は緊張しましたが、英語のレベルに関係なく「伝える気持ち」が大事だと強く感じました。本当にサクラメントでの4日間貴重な時間を過ごすことが出来て幸せでした。周りの皆はラスベガスやニューヨークと様々な場所に旅行に行っていましたが、私は大分に似た自然溢れるサクラメントで彼ら達とThanks givingを過ごすことが出来てよかったです。

378501_10150416988099629_530794628_8132232_663359816_n.jpg

「英語が上手くなる」だけが留学のメリットだとは私は思いません。他にもたくさんのことを学びました。でも結局行きつく先は「もっと上手く英語が話せたらなあ」なんですよね(笑)アメリカにいる時間を1秒1秒無駄にしないよう毎日精進していきます!今アメリカに留学したいと頑張っている後輩たちにもぜひとも頑張ってほしいです^^


高山 唯



posted by 大分大学 at 15:19| 大分 ☁| Comment(1) | 2011アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

アメリカ サンフランシスコから

はじめまして。
サンフランシスコ州立大学に留学させていただいています経済学部2年高山唯です。

こちらに来て早くも2か月がたとうとしています。学校生活にも慣れてきて、授業では今はちょうど中間テストの時期に差し掛かり、皆忙しい中でも週末に時間を作るために必死に勉強しています。

アメリカのことについては他3人が詳しく書いてくれているので私は個人的なことを書かせていただきます。昨日は私の20歳の誕生日であり、深夜0時ちょうどに友達がsurprise partyを開いてくれました。アメリカは夜出歩くのはとても危険です。そんな中わざわざ深夜0時に私の家まで来て誕生日を祝ってくれたことが嬉しくて涙が出そうでした。その日の授業に行くと(英語の授業です)ホワイトボードには「Happy Birthday YUI!!」の文字が。facebookで私の誕生日を知っていた友達がクラスメイトに知らせて書いてくれたのです。birthday songも歌ってもらって本当に心が温かくなりました。お昼にはルームメイトからサプライズケーキをもらい、とっても嬉しかったです。夜は私のBuddy(大分大学でいうtutor)と友達とで焼肉を食べに行き、その中でもsurprise cakeとpresent。アメリカで20歳を迎えられたこと、そしてこちらでこんなにも優しい友達がたくさん出会えたこと。本当にここまで留学を支えてくれた両親、大分大学の先生方には感謝しています。

私がここ2か月で思ったことはというと、やはりこちらの人達は心が温かく気さくな人が多いです。来た初日スーツケースが電車の改札口にはさまって困っていたら、すぐに私の後ろにいた男性が重いスーツケースを持ち上げて助けてくれました。スーパーでも「How's it going?」と必ず話しかけられるし、アメリカの人達はどんな場でもcommunicationを楽しんでいるんだなと感じました。こちらに来て日本の良さと悪さを嫌でも感じさせられます。

私の英語力はというと、ペラペラという領域にはほど遠く、まだまだ全然でこちらに来てからどうして自分はこんなに英語がしゃべれないんだろう。と深く悩んだ日々もありましたが、今はとりあえず「伝えよう」という気持ちを強くもって、めちゃくちゃな英語をしゃべっています。

と言っても未だ極度のホームシックに陥ることもなく毎日がとても楽しいです。むしろ1年しかここにいることが出来ないのかと思うと悲しくなるほどです。来年SFSUに留学する後輩達のためにも有意義な情報をこのブログで伝えられたらいいなと考えています。

写真はクラスメイトがホワイトボードに書いてくれたメッセージです。

003.JPG

写真はBuddyと私です。同い年でとても仲が良く彼女のことが大好きです。

012.JPG

Thanks givingには友達とLAに行く予定です。こちらに来て初めての旅行…楽しんできます!

posted by 大分大学 at 14:27| 大分 ☀| Comment(1) | 2011アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

挑戦

こんにちは。
サンフランシスコ州立大学(SFSU)に留学させていただいている経済学部2年松村です。

アメリカに到着しはや二か月がたちます。

私はアメリカでの住む家を決めずアメリカにやってきて、
アメリカで家さがしをするところからスタートしました。
自分はかなりの楽観主義者で「アメリカ行けば何とかなるだろう」という
甘い考えでアメリカに来たため、最初の一か月は死ぬように大変でした。

というのも、サンフランシスコの家さがしは不動産を介してというよりは
自分でルームメートを求めている人をネットで見つけて契約する、というのがポピュラーだったからです。
つまり、
{ルームメイト募集している人を見つける}→{電話orメールで物件見学のアポをとる}→{実際に見学契約の詳細and条件を聞く}→{その場で契約またはのちに連絡する}
を絶対にしなくてはいけません。もちろん英語でですよ。
ここで二年の前期のBusiness English Bで行ったJob Huntingの練習が大いに役立ちました。
アポイントメントを電話やメールでとる。
詳細などを聞く、自分の紹介をする。
本当に、ビジネス英語をとってて良かったと思いました(笑)
ホワイト先生に感謝です!!

しかしながら家さがしはとても大変。
物件には何人も見学に来る人がいるためなかなか契約できるとこが見つからず
結局自分は自分の部屋を手に入れるのに一か月近くかかりました。

手に入れるまでの間は、ホステルや友達の家に泊めてもらっていました。
家がなく放浪しているところをいろんな友達がサポートしてくれました。
感謝してもしきれません(T_T)
とくに、10日ちかくも泊めてくれたこっちで出会ったテルさん。
本当にありがとうございました。
サンフランでの出会いはとても素晴らしいです。

日本と違いいろんな人種の人がいるので
いろんな文化を肌で感じることができます。
また、自分の住んでいるSunsetのTaravalという地区は物価もそれほど高くないですし栄えているので、タイ料理、メキシコ料理、韓国料理、中華料理、アメリカン、ラーメン屋、寿司レストラン、カフェと様々なお店やスーパーマーケットもあり、生活で困ることはありません。

また、食事も結構おいしく最近はタイ料理の海鮮あんかけ麺にはまっています(笑)
ディナーでも$10かからないので、疲れているときはお世話になってます!

生活面のことでさらにいうと
サンフランにはジャパンタウンがあり、少し高いですが日本のものはほとんど買えそろえることができます。
なので、生活品はそんなに心配する必要はありません。

なんだか、まとまりのないブログになってしまいましたが。
今回の報告はこれぐらいにしたいと思います。

最後に、今回の留学をサポートしてくださっている
国際交流課の職員の方々、大分大学の教員の方々、両親祖父母、
私に貴重な体験をできる機会を与えていただき本当にありがとうございます。

この留学で一回りも二回りも大きくなって帰れるように頑張ります。
posted by 大分大学 at 09:14| 大分 ☁| Comment(1) | 2011アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

アメリカ、ノースカロライナから

こんにちは。
アメリカのノースカロライナ大学シャーロット校に留学している経済学部2年の小池美紗登です。こちらに来てもう1か月が過ぎてしまいました。こちらに来てすぐは何も分からず、ただ不安でいっぱいでしたが、こちらの先生方や友達に助けてもらいながら、アメリカでの生活にも慣れてきて今は毎日を楽しんでいます。

授業は8時40分からlunchを挟んで3時30分までListening/Speaking、 Reading/Writing、 Grammarの授業を受講しています。クラスメートは17人くらいで、その半数がサウジアラビア人、その他は中国人、韓国人、日本人、ベネゼエラ人、ブラジル人です。授業の形式は教科書の内容に沿って行い、生徒たちは意見を発言したり、質問をしたりしています。日本人以外の他のクラスメートたちは積極的に発言するので、日本人は口数が少ないように感じますが、私を含めたクラスメートの日本人は授業中に発言できるように頑張っています。

生活については、私はキャンパス内のLaurel Hallという寮に住んでいます。いつも授業がある教室から歩いて10分かからない程度です。寮の中は寮によって異なりますが、4人でルームシェアをしていて、私以外はみんなアメリカ人です。個室のベットの高さが腰の高さくらいということと、シャワーが共有ということが時々困りますが、家でも英語で会話する機会があるので満足しています。
大学の周りは交通の便があまり良くないので、車がないと本当に不便です。なので、買い物に行く時は車を持っている友達に頼んでいつも連れて行ってもらっています。
週末にはいつもどこかでパーティーが行われています。こちらに来て1か月ちょっとですが、Birthday Partyにはもう4回ほど行って、Partyに行くたびにいろんな友達が増えています。

先日は大学内でInternational Festivalというのがあり、私は日本のブースのお手伝いをしました。日本ブースでは、焼き鳥、焼きおにぎり、習字で名前を書くというのをやって大盛況でした。International Festivalでは他にも様々な国のブースが出展されていて、サウジアラビアのへナタトゥーというのに挑戦したりと楽しかったです。

次回は10月の中旬にワシントンに行く予定なのでそのことなども含めて報告したいと思います。
posted by 大分大学 at 05:30| 大分 ☔| Comment(1) | 2011アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初ブログ^^★

こんにちは(*^_^*)
アメリカのサンフランシスコ州立大学に留学させてもらっている、大分大学2年の木許佳織です。
日本にいる時に見ていた、このブログを自分が書くことになるなんて、すごく嬉しいです。

アメリカに来てもうすぐ2か月がたちます。本当に早いです。
旅行に行っただけでホームシックになる私が、異国の地で家族と離れて2か月過ごして、不思議とホームシックになっていません。
自分でもビックリです。

日本に住んでいる人はほとんどが同じ人種の日本人だと思いますが、
サンフランシスコには、びっくりするくらい移民してきたいろんな人種のアメリカ人がいます。
なので、日本人である私も、一見したところでは外国人なのか、それともアメリカ人なのか、周りの人は判断できないと思います。

SFSUには、私のように交換留学ではなく、正規に入学して4年間通う、日本人もたくさんいます。
今回大分大学からSFSUに留学させてもらっている人は、私を含め4人もいるので、授業や気候や、土地についての話は他の人に任せて、私はその日本人たちについて書きたいと思います。
私はまだ英語で深く誰かと話すことなんて、まったくできません。
だからアメリカ人の学生がどうなのかは分かりませんが、
こっちで私が出会った日本人の学生は、
世界や日本の情勢や問題について、すごく敏感で、すごく知識がある人が多いです。
自分が同じ“大学生”と名乗ることがとても恥ずかしくなりました。
自分がいかに無知で、英語がどうとか言う以前にわたしには、それ以上に足りないものがたくさんあることに改めて気づかされました。
私にとっては、この2か月で、このような日本人に出会えて、刺激を受けたことが最も自分にとって価値のあることのように思えます。

この留学を通して、
自分の中の当たり前や、狭い世界でだけの常識を崩していけたらなと思うし、
日本にいては気づかない日本の良いところや悪いところも感じていきたいと思うし、
アメリカに住んでみてわかる、アメリカやアメリカ人のいいところは、
日本に持って帰って伝えていきたいと思っています。

まだ留学生活は始まったばかりですが、
留学させて頂いた、大分大学の先生達、両親、留学について親身に教えて頂いた先輩、一緒にきている3人に本当に感謝でいっぱいです。
悔いのない留学生活を送りたいと思っています。

このような機会を与えて頂いた私は本当に幸せものです(^O^)
ありがとうございます!!!
頑張ります!!!
posted by 大分大学 at 04:18| 大分 ☔| Comment(1) | 2011アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月30日

#1

はじめまして(^^♪IBP2年の片多めぐみです。
今年の8月から約1年間、San Francisco State Universyに留学することになりました!
こっちに来てからもう1ヵ月が経ったと考えると本当に早かった気がします。
San Franciscoにきて思ったことは、まずとても寒い('_')
私はあまり気候のことを考えずに日本と同じ感覚で服を持ってきてしまってたので、
来た当初はほぼ半袖しか持ってなくてとても困りました。
いまは少し温かくなって、日中なら半袖でも過ごせるかな?という感じです。
食事はやっぱりAmerican sizeです\(◎o◎)/!
物価自体は日本と同じぐらいですが、やはり量が多い!!
日本でいうと2食分ぐらいの量が1食としてでききたりします。
初めはそう思っていたけど、最近では私も1食として食べれるようになってきて、
体重計に乗るのがとても怖いです;;;;

学校はすごく広いです。学校の中心には芝生があってそこで休憩時間や昼休みなどに
昼寝をしていたり、友達としゃべっていたりする学生が多くいます。
学習スタイルは日本とは全然違います。
授業中に質問や意見があればその場でみんな手を挙げて積極的に発言します。
将来私もあんな風になりたいなあと思いながら、いまは聞きとるのに必死です(>_<)
今期は5つ授業を取っていて、その中の1つの授業がすごく難しいです。
課題の量がもう尋常じゃなくて最近は毎日授業が終わった後に、
そのまま学校で勉強して帰る生活をしています。
あと少しがんばれば、その時期もなんとか乗り切れそうなのでがんばります!!
そういえば残念なことにこっちでもいま校内の図書館が工事中で勉強するには
校内の他の建物を使ったり、近くにある図書館で勉強したりと若干不便です。
でもすごくきれいな建物が建っているので完成が楽しみです!

あと休みの日には、友達がいろんなところに連れて行ってくれるのですごく楽しいです!!
ゴールデンゲートブリッジの近くには2、3回ほど行ったのですが、
実際にまだ渡ったことが無いので、近々行ってみたいと思っています(*^_^*)
それとJapan townっていう場所があってそこにはなんとDAISOがあります!すごく便利です!
しかもそこにあるKorean BBQのお店が美味しすぎてびっくりしました。
こっちにいる間にできるだけたくさんの場所に行ってみたいと思ってます。

次回の報告までには、もう少し成長できるようにがんばります:)
posted by 大分大学 at 16:09| 大分 ☁| Comment(1) | 2011アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする