2012年10月01日

中国 対外経済貿易大学より

大家好!中国の対外経済貿易大学に留学中の経済学部の安藤晴美です。
あっという間に一ヶ月過ぎました(時間の早さを感じる、、、、)。
大学で特に困ることなく、毎日楽しい日々を過ごしています。

今回は寮、宿泊先と学校の様子について紹介したいと思います。

まず寮、宿泊先について
留学生の寮は全部で三種類あり、簡単に言うと
0号棟、5号棟、6号棟に分かれています。
0号棟には、韓国人が多く住んでおり、一階にはコーヒーショップがあります。
多くの人が毎日そこで勉強したり、話をしたりしています。
そして、第一食堂がすぐ横にあるため、便利です。
不便なところは、2人1部屋だが、部屋はかなり狭い。
机も一人分しかなく、2人で住むには窮屈なところです。
5号棟は6号棟の近くにあり、近くには、スーパーがあり、
買い物にはとても便利です。
不便なとこは、洗濯やシーツを替える場所が6号棟でしか出来ないところです。
6号棟の一階には国際学院という場所があり、それは留学生たちが何か問題にあったときに、
解決してくれるとこです。(例、シーツ替え、洗濯カードの購入など)
国際学院は6号棟にしかありません。
6号棟は二人部屋で、部屋の中には、お風呂、トイレがついています。
階ごとに共同トイレとキッチンもついており、地下一階で洗濯ができ、
ジムや娯楽施設もついており、かなり便利です。
(ちなみに私は6号棟に住んでいる)

学校の様子について
対外経済貿易大学の広さは大分大学の約二倍あり、
かなり広いです。環境も良くて、とても過ごしやすい場所です。
そして、学校内には食堂・スーパー・小さな電化製品を売っている場所がありかなり便利です。
スーパーの営業時間は朝の6時から夜の11時まであいています。
食堂は二つがあり、第一食堂と第二食堂の二つに分かれています。
第一食堂は三階まであり、二階は一階より少し高いけれども、
(高くても10元ちょいくらい)食べ物は一階より美味しいです!
三階は、主に鍋を食べるところです。第二食堂は寮の近くにあり、
広さは第一食堂の3分の1です。(人が少ない、食べ物の種類も少ない)

学校内に約20以上のサークルがあり、芸術部、運動部などに分かれています。
私はバトミントン部に興味があり、来月から入ろうと思っています。
(9月29から10月7まで中国の中秋節と建国記念日だから、
 サークルの募集はその後からはじまる)
それ以外に、私はダンスクラブにも入っています。ヨガ、ジャズ、民族風、
ラテン、ワルツなどいろいろがあります。(ちなみに、私はジャズクラブに入っている)
一つのクラブに、280元(4000円くらい)かかります。それは、学校外の先生が来てもらい、
教えてもらっています。
学校の中は夜になっても、とてもにぎやかです。グラントで大学生がバスケをしたり、
テニスをしたり、サッカーをしたりしています。
このように学校の中は私にとって、とても住み心地がよく、充実した生活を送っています。
以上中国からの報告でした。
posted by 大分大学 at 16:47| 大分 ☁| Comment(1) | 2012中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月29日

中国北京から**

北京の対外経済貿易大学に留学中の経済学部2年上村友香です。
こちらにきて1か月が経ちました!北京は雨が降るたびにますます寒くなり、冬が近づいてきているなあと感じられます。普段は青空が見えることは少ないですが、雨が降った次の日の空はとても綺麗な青空で、夜は月も星も綺麗に見えるので、北京に来て雨が少し好きになりました!


まず、留学前に一番心配していた入寮についてですが、たまたま出会えた日本人学生の方々のご協力もあり、即日入寮することができました!!!とても心配していたことだったので、住む場所が決まってとても安心でした!日本人学生の方々には手続きや買い物など何から何まで手伝っていただいて、本当に感謝です!私の住んでいる寮は格安寮ですので、シャワー・トイレはフロア共同、キッチンなしと不便な点は多々あります。でも、食事はほぼ毎日外食や食堂なので問題ないです。笑 現在は他のタイプの寮の予約待ちをしているところですので、しばらくしたら移動できると思います。


そして、肝心の授業ですが、すでに4週間が終わりました。毎日朝8時から1時間30分の中国語の授業が2コマあります。授業は口語、総合、リスニングの3つで、私は初級班で基礎から勉強しています。クラスにはドイツ、オーストラリア、ロシア、韓国、ベトナムなどさまざまな国の人たちが集まっているので、クラスでの会話や授業の主な説明は英語で行われています。クラスメイトはみんな英語がとても上手なので話を聞くだけで精一杯なときが多いですが、どうにかコミュニケーションを取ろうと頑張っています。早く中国語でコミュニケーションが取れるようになりたいです!

授業が終わると午後は自由な時間なので、自習室やカフェで勉強をしたり、ジムに行ったり、週3回中国語の塾にも通い、マンツーマンで発音や文法などを2時間みっちり教えてもらっています!勉強量はかなり多くて大変ですが、大学の授業とはまた違った楽しさがあり、中国人の先生とお話をすることも楽しみのひとつです♪

また、北京の街に出かけると本当に色々な姿があるなあと感じます!高層ビルが立ち並んで高級百貨店が並ぶ綺麗な通りもあれば、夜になると露店が通りを埋めつくし馬が滑車を牽いている、とっても汚くて二度と来たくないなあと思うような場所もあります。笑 大学の周辺でも、東西南北どの門から出かけるかにより、見えてくる町並みも全く異なるのでそれも面白いです!


最近は日中関係の悪化がこちらでも話題でした。ですが、特にそれを感じられる場面には出くわしていません。大学でも日本人ですか?と声をかけられることもあり、少しずつですが中国人の知り合いも増えてきました♪早く彼らと中国語で会話したい!と思う日々です。楽しいことがたくさんある反面、やはりへこむことも多いですが、何事も前向きにとらえ、自分のものにできるようにしていきたいです!!!

今日から中国は国慶節で1週間の休暇に入ります。私は、明日から内モンゴルへ旅行に行ってきます^^ それでは!
posted by 大分大学 at 13:41| 大分 ☁| Comment(1) | 2012中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月30日

留学生活報告

みなさんこんにちは。
しんせん大学に留学中の4年、神田大騎です。
今回のブログが留学生活最後のブログとなりました。
今の心境は、「まさかこんなに早くこの最後のブログを書く日が
来るとは」という驚きと、「帰りたくない」という残念な心境です。

今回のブログでは、
前回のブログ以降、5月頭から現在6月末までの近況報告
1年の留学を終えての感想
以上2点について報告します。

まずは近況報告から。
5月は試験と旅行の月でした。
5月1週目に日本で言うGWのような1週間休みがありました。
この休みは本来3日休み、学校、3日休みだったのですが、
急に1週間休みに変更されました。
休み前はラッキーと思いましたが、いざ休みに入るとすることがなく、
毎日だらだらと何をするわけでもなく、非常に無駄な休みとなりました。
実は翌週に中間試験をひかえていたのですが、その休み中はあまり試験
勉強しなかったです。今思うと全然ラッキーじゃなかったですね。

5月2週目は期中試験がありました。試験は全て中国語です。
聴解、読解、会話の3つになります。前述したとおり、休み中の過ごし方が
悪かったため、結果はあまり満足いくものではありませんでした。

試験後2週目から3週目にかけて1人で1週間の台湾旅行に行きました。
最初の3日は台北へ観光に行きました。
初日は台北に夕方到着しました。そのまま空港から市内へバスで移動し、
ホテル到着後は、楽しみにしていた夜市に行きました。
実は以前台湾に来たことがあったので、歩くたびに思い出され感動しました。
初日は台湾に来た喜び、そして夜市に来れたうれしさで1人舞い上がっていました。
2日目は、朝早くからガイドブックを片手に夜遅くまで観光していました。
有名どころを回りながら、有名なご飯を食べる。夜は違う夜市に。
この時行った夜市は台北1の夜市で最高でした。
台北3日目最終日。この日の天候は雨で、残念でした。
この日も片手にガイドブック、傘をさして観光しました。
この日は総督府、蒋介石を祀っている建物、台北101に行きました。
蒋介石を祀っている建物へ行った時、警備している兵隊による演技を
偶然見ることができました。これは毎1時間に1回ある演技だそうです。
この日も満足に観光できたのですが、雨によって旅行中に風邪をひいてしまい
楽しみにしていた夜市観光が最終日だけできませんでした。

4日目以降は台中で過ごしました。
台中には以前の旅行中に知り合った友達、お世話になった先生に会いに行きました。
台中では3日過ごしたのですが、この期間ずっと雨で、また3日目に引いた風邪が
治らないという最悪な状態でした。
それでも、友達は付き合ってくれ、ご飯も食べることができました。会話も自然と
留学の話になり、話しやすく楽しかったです。
以前先生にお世話になった時、簡単な中国語も分からず会話のほとんどが英語だった
のですが、今回は全て中国語で話しました。楽しみを感じるとともに、先生が褒めて
くれたことにより自分の能力が進歩したことに気づかされ、自信を持つことができました。

今回の旅行は天気だけでなく体調も悪く、すごく運のない旅行でした。
しかし、この旅行を通して世界に友達がいることの素晴らしさ、そして言語の素晴らしさ
を知ることもできました。
今回の1人での旅行は自分にとって自分自身を試せたいい機会でした。

6月は思い出作りの月となりました。
6月になると多くの友達が帰国の準備に取り掛かり、中には帰る学生もいました。
自分のクラスにもそのような人がいました。そこで自分のクラスでは、6月ごろから
先生も含めたみんなでご飯を食べる機会が多くなりました。クラスの人数は多くは
ありませんが、みんないい生徒で一緒にいてすごく楽しいです。たまに、一緒に出かけたりもしました。ほかのクラスはそういうこともないみたいなので、すごくいいクラスメートに
出会えて良かったです。
また日本人の友達が、今回帰国する人のために送別会まで開いてくれました。
サプライズも準備してくれていて、記憶だけでなく形に残る思い出までできました。
しんせん大学に来て本当に良かった、と心の底から思えました。

実は今日もパーティがあります。
いろんな国の友達が何十人も来ます。すごく楽しみです。

最後にこの留学生活を振り返って今回の報告を終わらせていただきます。
この留学生活を一言で表現すると
「最高の1年」
がふさわしいと思います。
海外で1年過ごすことは、すごく大変なことです。
言葉も文化も違うからです。
自分もそう思います。
しかし、自分の留学生活は違いました。
多くの友達ができ、多くのことを学ぶことができ、
毎日充実した日々を送れ、それにより
大変なことも大変と感じなかったからです。
この1年はすごく短く、人生の中のわずか1年ですが、
すごく価値のある、自分を知る重要な1年となりました。
そしてその1年を中国、その中国の中でもここしんせんで
過ごせたことは自分にとってすごくよかったです。
そのため今、「帰りたくない」「もう1年ここで勉強したい」
と心の底から思います。

今留学をすることに迷いがある人がいれば、「是非留学して下さい」
と伝えたいです。
そして「中国へ、中国のしんせん大学へ留学して下さい」と言いたいです。
posted by 大分大学 at 18:45| 大分 🌁| Comment(0) | 2012中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月31日

In Beijing

こんにちは。
対外経済貿易大学の小野です。
もうすぐ夏です。最近毎日暑くなってきています。
早いものでもうすぐ1年になります。本当に早いです。
あと少しで日本に帰ってしまいます。
いつの間にかと言う感じがしますが、最近毎日がとても速く感じます。
ただ、授業だけはとても長く感じられますが・・。
今のうちにやっておきたいことがたくさんあるのに時間がないと多少あせりながら
毎日を過ごして、日本に戻るのが嬉しいようで残念なような複雑な気持ちになっています。
そんな中、北京にいる学生たちも日本と同じように就職活動が行われていて、自分も様々な説明会などに
参加してきました。
どの企業も中国語や英語が出来る人材を必要としていて留学してきた人たちにとっても
非常にいいものでした。仕事などで自分が今まで行ってきた経験や自身が努力してきたことが
活かされることが一番自分のためになるので、とても勉強になりました。
また、6月には北京で日中40周年を記念して夏祭りが行われます。
自分もその夏祭りにスタッフとして参加します。
この夏祭りは日本でよく行われているような夏祭りそのものでとても充実
したものになると思うのでとても楽しみにしています。
また、最近は運動のために毎日のように他の外国人や中国人たちとバスケをしています。
彼らは皆上手くて正直勝てません。ですが、毎日しているので少しですが上達してきて
よくなってきました。運動していると、周りの人たちともたくさん交流できて
自分にとってとても楽しい時間です。
後残りわずかの時間しかありませんが、自分が今出来ることを
しっかりこなしておきたいと思っています。

P.S  最近チキン南蛮が食べたい今日この頃
posted by 大分大学 at 15:26| 大分 ☁| Comment(0) | 2012中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月31日

留学生活報告

みなさんお久しぶりです。
しんせん大学に留学中の神田大騎です。
今回も前回の報告以降、この2カ月の出来事について報告
したいと思います。
冬休みに北京に旅行に行ったので、まず報告します。
時期は2月の中旬で4泊5日の旅行です。
気温はとても寒く、しんせんとは比べ物になりませんでした。
北京では、故宮、王府近、万里の長城、天安門、頤和園、天壇公園、オリンピック公園、
北京大学、対外経済貿易大学、国会議事堂、動物園に行きました。
どの場所も歴史の教科書でしか見たことがない、聞いただけだったので
その場所を、自分の目で見、肌で感じれとてもうれしかったです。
一番印象深かった場所は、万里の長城です。
理由はこの日が北京滞在中で1番風があり寒く、登るのがとても大変だった
というのもありますが、「世界遺産に登録されている、教科書でしかみたこと
がないあの万里の長城に今いる」という感動が味わえたからです。登頂時の
気持ちは、何かをやり遂げた後のような、すごい達成感でいっぱいでした。
いまさらではありますがやっと中国に来たなという気持ちもありました。

北京では食事でも楽しめました。しんせんでは味わえない料理も沢山ありました。
一番のお気に入りは、北京ダックでした。値段は少し高いですが、すごくおいしいです。
またシェフが目の前で料理してくれるので見る楽しみもあります。
その他、王府近少吃街というところで食べ歩きもしました。ここでは珍しい
料理がいっぱいあり、値段交渉もできます。例えば、サソリ、ヒトデ、蜘蛛や
ムカデなどです。私は見た目だけで気持ち悪くなり、食べることができませんでした。
ここで食べた料理の中で一番おいしかったのは、餃子のようなものでした。
餃子より大きく、味が濃いのが特徴です。その他は小笼包、臭豆腐なども
食べました。これらもおいしいことはおいしいのですが、味付けが辛かった
印象が強いです。

北京ではもう1つ楽しみがありました。それは友達に会うことです。
北京では、以前大分大学に留学していた中国の友達に会いました。
その中には依然私が担当した留学生もおり、再会した時すごく感動しました。
そして、留学がどれほど楽しく、素晴らしいことかよく分かりました。
彼らとは、一緒にご飯を食べに行ったり、町を観光したりしました。
一緒にいれる時間は短かったのですが、有意義な時間が過ごせ楽しかった
です。またいつかどこかで会えるのを楽しみにしています。
また、3人の日本人学生とも会うことができました。
1人は台湾に留学していたときに知り合った大阪の先輩です。
忙しい中時間をつくってくれ会え、すごくうれしかったです。
火鍋を食べながら世間話でもり上がりました。
この先輩も北京に留学中で、共通の話題が多く、多くの助言を
もらえ、会えてよかったです。
残りの2人は、今北京の対外経済貿易大学に留学中の私の後輩です。
2人も忙しい中、予定を合わせてくれ会うことができました。
一緒にご飯を食べながら多くの話ができ、すごく楽しかったです。
2人はすごく頑張っていて、私も勉強を頑張らなければという気持ち
にさせられました。

この旅行で、旅行自体の楽しさは勿論のこと、それ以外にも多くの
経験、楽しみを味わうことができ、充実した旅行でした。
これを通して留学がすごくいいことだと改めて感じました。
だから、今このブログを書きながら残りの留学期間を考えると
すごく悲しいです。

最後に旅行後から今日までの、この一カ月の報告をしておわりにしたいと
思います。
新学期は2月の29日から始まりました。
今学期も前学期と同じように中国語の授業しかとっていません。
クラスは前学期より難しいクラスです。
そのため、勉強が毎日すごく大変になりました。
正直大変ではありますが、毎日楽しく勉強出来ているので
今後もこの調子で頑張って、そして帰国前までに
今以上に成長しておきたいです。

留学期間も残りわずかとなりました。
あせらず、毎日充実した生活を過ごしながら、
中国語をしっかり勉強していきたいとおもいます。
posted by 大分大学 at 19:31| 大分 ☀| Comment(1) | 2012中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月30日

留学生活報告

まずはこのブログを見てくれているみなさんへ一言
あいさつをさせてください。
遅ればせながら、
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
これは1月1日の分です。

新年快乐
春节快乐
龙年快乐
これらは中国の旧正月1月23日分です。
旧正月については後半でまた書きます。

とりあえず、今回も前回のブログから
今日までの2か月間の報告をさせていただきます。

まずは授業についてです。
去年、2011年は12月30日まで授業がありました。
授業はいつもとなんらかわりはありませんでした。
ただ、しんせんも大分ほどではありませんが、
徐々に気温が下がり、12月後半はほとんどの
クラスメイトが授業に来なくなりました。
おそらくクリスマスとも関係があったんだと思います。
そのことに関して最初は笑って冗談を言ったりしていた
先生も後半の方はいつものことという感じにすらりと
ながしていました。
(先生なんとなくごめんなさい。)

次は合唱コンクールについてです。
12月21日にしんせん大学で、クラス対抗の発表会が
行われました。本当はクラス全員で参加したかった
のですが、上で述べたとおりクラスの大半が後半に
かけてこなくなったため、クラスの半分で参加する
ことになりました。
私たちのクラスは、中国語で中国の歌を歌いました。
1週間前から練習を開始し、本番ギリギリまで練習
しました。本番では、あまり声が出ていなく
見ていた友達から歌っていた?などとからかわれました。
しかし、私たちの先生はすごく褒めてくれました。
結果は3位でした。これだけみると、すごいとなりますが
実は参加してくれたクラス全部に1位から3位まで
つける、みなさんもよくご存じのあのシステムが採用され
ていました。
それにも関らず先生はすごく褒めてくれました。
そして、そのあと先生がクラス全員に豪華な食事まで
ごちそうしてくれました。
(先生なんとなくごめんなさい。)
結果はどうあれ、言語、文化、そのほかいろいろなもの
が異なる留学生と一緒に協力して何かを成し遂げられて
とてもよかったです。
また、こんなに素敵な先生とも出会えてとても幸せです。

今年のクリスマスは今まですごしたことのない
クリスマスを過ごせとても幸せでした。
まずは、海外で初めてクリスマスを過ごしたこと。
そして、留学生と一緒にクリスマスを過ごせたこと。
23日の夜から、大学外に住む友達の家に集まって
クリスマスパーティをしました。
いろんな国の人大体20人くらい集まって
かなり騒いでいました。
音楽は近所迷惑を無視した音量で、踊ったり
食べたり、飲んだりと、とても楽しく、私も
テンションが高くなっちゃいました。料理は、
みんなが各国の料理を持ち寄り立食の形で食事を
しました。
途中隣の住民から、注意、苦情を受けましたが
さすが留学生、そこは中国語でさらっと
「什么意思?(どういう意味?)」
「听不懂,听不懂(わかんない、わかんない)」
「today is xmas day www」
などと隣人を追い返し、さらにボルテージをあげ
音量を上げ、飛んだり跳ねたりとすごかったです。
私が一番驚いたのは、日をまたいだ24日の0時です。
プレゼント交換の途中だったのですが、みんなで一斉に
メリークリスマスとクリスマスを祝い、ハグをしました。
人生で初めてハグをして、とても緊張しました。
こんなクリスマスは初めてだったので、とても新鮮で
すごく楽しかったです。

次は今回のブログで一番書きたかったことを書きます。
12月31日、1月1日の年越しについてです。
もちろん今回が人生初となる海外での年越しでした。
友達と一緒に香港にカウントダウンをみに行きました。
香港は普段も人が多いのですが、この日はいつも以上に
人がたくさんいて、警備の人も多く配置されていました。
町は新年ムード全開でした。というのは、歩いているだけで
声をかけられたり、写真を撮ろうとカメラを向けると、
写真に写りこんできたりと。
さらに町も建物も装飾がすごかったです。
町中が輝いていました。
花火が綺麗に見られるであろう場所はすでに人であふれかえっており、
場所を確保するのも大変でした。
周りの人たちはカウントダウン前にお酒を飲んだりしてすごく
盛り上がっていました。カウントダウン数分前には、全員の
ボルテージが上がり、いよいよカウントダウンが始まると
全員で一斉にカウントダウンをし、新年を迎えるとともに
一斉に花火がうちあがり、町が大歓声に包まれました。
人生初海外でのカウントダウンがこんなに素晴らしく、
楽しいとは想像以上でした。一生の記念になりました。

最後は年明け後の生活について報告します。
年明け後は3日まで休みで、そのご6日まで期末試験がありました。
だから、新年を満喫できず、あまり浮かれることもできませんでした。
試験は想像より少し難しかったです。
実は、テスト最終日の前夜にまともに食事、睡眠をとることができない
高熱が出てしまいました。一人だし、夜だしというわけで誰の助けも
得ることができないまま大変な1夜を過ごしました。
自分の対処が良かったおかげで、最終日は少し具合は悪かったものの
しっかり試験に集中し受けることができました。
正直あんな思いは2度としたくないですね。
そして1週間後に修了式があったので、記念に参加しました。
式では終了証書、記念シャツ、パンフレットをもらいました。
修了式に参加しながら、時間の速さに気付かされました。
気付くとあっという間に半年が過ぎており、今折り返し地点を
折り返しました。この半年を振り返ると、毎日がすごく充実していた
気がします。まだやっていないこと、やり残していることいっぱいあります。
帰国時に後悔しないように、残り半年でこれらをやって、前期以上に
充実した日々を送って行きたいです。
posted by 大分大学 at 12:02| 大分 ☀| Comment(1) | 2012中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

留学生活報告

みなさんすいません。
先程、自分のブログに名前を入れるのを忘れていたので
ここで書かせてください。
しんせん大学に留学中の3年神田大騎です。
先程の文とは、冒頭のあいさつが新年のあいさつで始まる文
のことをさしています。
さらに、冒頭で中国の旧正月について述べるといいながら
実際に書くのを忘れていました。
だから、改めて書かせていただきます。

中国の旧正月は1月23日でした。
1週間前くらいからだったと思いますが、
町中が新年に向けて準備を始めました。
町を歩けばわかるように、
町のいたるところのお店が休みに入ったり、
赤い提灯が下げられたり。
一番不便なことは、大学付近でいつも食事を
しているお店が全部閉まってしまったという
ことです。
いつもの近いところよりも少し離れたところまで
いき、食事をとらなければならず少しいやでした。
さらに最近は雨が続き、また寒くなったことも重なって
さらに行くのがいやになりました。
旧正月3日前くらいは、カップラーメンで生活してた
気がします。このときは大分つらかったです。
旧正月の夜は、出かけず部屋でそばをすすりながら
いわゆる年越しそばです、ネットで中国の年越しを
みてすごしました。私は1月1日ほどの特別な気持ち
は感じなかったです。というよりは、逆に変な気持でした。
というのは、旧正月前にあった中国の友達には、
また来年会あおうねー とか
よいお年を とか
そして旧正月後には
明けましておめでとう とか。
言われたからです。
最初は戸惑いましたが、よく考えると
なるほど、そういえば旧正月だ
とだんだん割り切れてきました。
旧正月で一番大変だったことは、爆竹と花火です。
中国に関心がある人もこのことは知らないと思います。
実は中国では旧正月前後3日ほど、旧正月含め1週間ほど
爆竹、花火の音があちらこちらから聞こえてきます。
暴動が起きているのでは、と思わされるくらい
規模、音が大きくてとてもびっくりしました。
だから睡眠とかは大分大変でした。
しかし、2度も正月を迎えられてよかったです。
今後もこんな機会にはなかなか巡り会えないと思います。

と以上が書き忘れ分になります。
posted by 大分大学 at 10:26| 大分 ☀| Comment(0) | 2012中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする