2013年09月14日

韓国 嶺南(ヨンナム)大学から

안녕하새요.
韓国、嶺南大学に留学中の教育福祉科学部4年板井美樹です。
韓国に留学へ行く人は数多いですが、嶺南大学へ行く学生は久しぶりだということなので少しでも興味を持ってもらえたら幸いです。
まず、嶺南大学は、釜山よりです。東テグにあります。 以前世界陸上がありましたね^^

●渡航前について
・嶺南(ヨンナム)大学は、比較的他の大学よりも入学証明書がはやく届き準備がしやすかったです。大学からもメールが来て安心できます。ただ、日本と異なり返信がこないことが多々あるので、メールの最後には、返信がくるような文末にしておくことが良いと思います。私は心配性なので、いつもしていました。
・ピックアップサービス(テグ駅、テグ空港、テグバス停の3箇所に限る)があり、これも必要か必要でないかメールできます。

・授業は、交換留学生が絶対うけないといけない授業が一つあり、あとは自由です。(普通のヨンナム大学生と同じ授業を受けることが可能ということ)留学生用の授業もいくつかあります。長くなるので詳しくは、ヨンナム大学に興味があるか方に別で教えますね^^
履修登録は、一応日本でどんな授業を受けるか決めてインターネット上で登録をします。しかし、これは現地についても変更が普通にできるので、大丈夫です。人気が高く人数制限があるのは日本で選択したほうがいいかなと思います。でも、まあ大丈夫です。^^

●渡航後  生活面など・・・
・部屋
交換留学生は、必然的に寮に入ります。部屋は、
一つのルームに2人部屋が3つあって計6人でルームシェア  
部屋にシャワー2つ、トイレ1つ、洗面台が有ります。<585000w + 寮管理費 10000w>
一つのルームに4人部屋が一つあって4人で住む  
部屋にシャワー、トイレはありません。<542000w + 寮管理費 10000w>

寮にキッチンはついていないので、料理はできません。その代わり学校の食堂で3食食べます。このミールプラン(621300w 土日も有る)は、付けても付けなくても自由です。付けない人は、外食になりますが笑
各階に、シャワーとトイレ、ラウンジルームもあります。筋トレルームもあります。笑
*値段は半年間での値段です。
ちなみに私は、2人部屋で、6人のルームメイトはすべて欧米人です^^英語ができないので、苦戦していますが、皆良い人ばかりで楽しいです。ミールプランは、始めはとっていましたが、外食が多かったため、キャンセルしました。
寮は、電気・水道代金は家賃含まれているので、使い放題です。
あと、リネンセットも申し込みがあるので、28000wくらいで半年間レンタルです。(敷布団・布団・枕)
ベランダ・2段ベッド、勉強机もあるので、まあ不便ではないです。

・交通面
ヨンナム大学の周りには、お店がけっこうあり、買い物ができます^^学校から発のバスや地下鉄もあるので、交通面ではかなり良いと思います^^
ただ、寮(学校の裏側)と基本留学生が授業を受ける建物(正門側)は正反対の所にあるので、歩くと20分くらいはかかります。でも、運動になるので私は別にいいかなと笑
寮のすぐ近くにもコンビニ・小さなスーパーなどがあり良いです。

・バディ
一人ずつバディ(チューター)がつき、生活面から色々な手伝いをしてくれます。
私は、女の子でペラペラではないですが日本語学科なので意思疎通は多少できます^^ 逆にその方がお互い勉強になるのでためになり良いです。^^

・他の授業(語学堂)
普通の交換留学生の授業とともに、語学堂での勉強も少しすることができます。週3、各2時間ずつ。一学期で250000wです。一学期といっても3カ月くらいしかないですが笑
それでも安いと思うので受講しています。レベルは自分で選ぶことが可能です。

最後に・・・
教育は留学すると必然的に留年になるので、留学を躊躇する方もいると思います。
私は教育実習など大きな行事?は済ませてから4年で留学をしました。
同じ学年の仲間と一緒に頑張りたいというのがあったので。
同期とともに卒業はできませんが、自分のやりたかったことなので悔いはありません。
教育の方や4年生に留学を…と悩んでいる方は何か相談があればいつでも質問して下さい^^
もちろん、それに関わらず誰でもよいです(^^*)

ヨンナムについてもっと知りたい人は facebook にも写真をたくさん載せていく予定なのでどうぞ参考にしてください。^^ 
posted by 大分大学 at 13:23| 大分 ☁| Comment(0) | 2012韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

こりあこりあこりあB

あにょはせよ!

韓国の培材大学に留学していた経済学部の井手瞳水です。
今回が最終レポートということで、僕の留学生活を振り返ってみたいと思います。

  昨年の8月暮れに福岡から約3時間で韓国のプサンに到着しました。初めての海外でしたが、日本から外国に来た感じがしなかったのを鮮明に覚えています。ただ、ハングルが記号にしか見えませんでした。
 学校が始まってからは、韓国語初級のクラスになり、初歩の初歩から韓国語を勉強しました。クラスメイトは中国人8人とドイツ人3人で、最初の一か月は、韓国語が全然わからないため、ドイツ人とは英語とジェスチャー、中国人とは漢字とジェスチャーでコミュニケーションをとっていました。しかし、日を重ねるうちに、日本語と韓国語が似ていることもあってか、すこしずつ語学力が伸びているのが実感できました。
 また、僕が留学していた頃は、日本と韓国が竹島問題の渦中の真っただ中だったので、友人や両親から身の安全だけは気を付けるようにと強く言われていました。実際、僕も最初はビクビクしていたのですが、現実とメディアの報道はやはり違うのだなと感じさせられました。僕は、日本人に嫌がらせをしたり、反日感情を持ったりしている韓国人に会うことはありませんでしたし、むしろ日本のアニメや漫画、アイドルが好きだという人が多くて驚きました。やはり、実際に外国で生活を送ることによって、分かることや感じることなど、様々なことがあるのだと気づくことができました。


えっと、あまり堅い文章を書くのは苦手なので、写真を載せながら12月の生活を紹介したいと思います!




1355057533114.jpg
12月の初めには大雪が降って、みんなで大はしゃぎしました!
グラウンドで雪合戦して、雪だるま作って、ソリで遊んで!笑





20120916_163827.jpg
校舎からの風景です〜





mmexport1355815171437.jpg
期末試験が終わって、先生とクラスのみんなでパーティーしました〜
みんなと会うのも最後だったので、寂しかったです。。
このあと中国人の友達5人で登山にも行きました笑






20121201_002957.jpg
韓国のカラオケの内装はこんな感じです笑
ちなみに日本、中国の歌などもあります。






1355805963515.jpg
寮で一番仲が良かった二人です。
真ん中の子は日本語が少しできるので、よく助けてもらいました笑
4か月間も一緒にいたのですから、退寮するときは、やっぱり悲しくて泣きそうになりましたね笑
最後は長期休みのときにまた会おう!と笑顔で別れることができました。






20121226_004843.jpg
クリスマスまでは韓国で過ごしたのですが、
まさかクリスマスに韓国でドイツ料理が食べられるとは思いませんでした笑
恐らく一生で最初で最後の経験ではないかと思います笑
いい思い出になりました!!!




このほかにも帰国するまでに、釜山観光してカルビクッパを食べたり、ソウルにあるエバーランドという遊園地に行ったりしました!!!とてもいい思い出になりました。




そして、実はまた韓国に留学しに来ています。
もう少し勉強したいというのと外国人ともっと交流したいという思いがあったため、交換留学ではなく一般留学という形にはなりますが、3月半ばまで留学する予定です。
そして、今回は寮に住むのではなく韓国人の先輩の家にケニア人の子と3人でルームシェアしています。
語学力の伸び悩みなどで悩むときも時々ありますが、毎日が充実していて、楽しい日々を送っています!


もし、培材大学もしくは韓国に留学をする方は気軽に質問してくださいね〜
posted by 大分大学 at 19:56| 大分 ☁| Comment(1) | 2012韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月24日

高麗大学より vol.3



안녕!!

こんにちは。経済学部2年の竹本朱里です。
現在韓国の高麗大学に留学しています^^

今回は前学期の終わりごろについて書こうと思います。

期末テストのことから!
期末テストは中間テストに比べて、若干多かったような
気がします。

*English listening and conversation
今回も中間テストと同じく、2人の先生が別々にテストを行い、
計2つのテストがありました。火・木曜の先生は、今まで使ってきた
テキストのまとめの筆記テストでした。暗記です!!!
水・金曜の先生は、中間と全く同じ形式のテストでした。
こちらの先生のテストのほうが手強いです。

*Korean speaking
このテストはspeech, interview, role-play の三段階に
分かれていましたが、日頃から真面目に授業を受けていれば、
どれも非常に簡単なものでした。
日本人は韓国語を特に理解しやすいので良いですね^^

*Beginners Korean
これも中間と同じ、筆記試験でした。決められた範囲を勉強しておけば大丈夫でした☆


私は前学期は語学!!と決めていたので3つの語学の授業しか
とりませんでしたが、来学期は専門の経済の授業も取らなければ
ならないので、もっと厳しい学期になるだろうと考えています。。
来学期が恐ろしいです。泣 でも諦めずに頑張ります。


期末テストが終わってからは、お別れラッシュでした>_<
KUBAのFarewell partyではKUBAのリーダーたちの挨拶や、
今学期の留学生との活動をまとめたvideoを上映などと、なかなか
感動的でした。このfarewell party はこの学期の最初にあった
オリエンテーションと同じ場所で行われたのですが、オリエンテーションの
ときはほぼ満席だった会場が、farewell partyではすかすかでした。
おそらくテストが終わってすぐ母国へ帰った留学生や、
オリエンテーション以来KUBAの活動に参加しなくなった学生が
いるからでしょう。少し寂しくなりました。

farewell partyが終わった後は各グループでの飲み会♪
この日がグループとして集まれる最後の日なんだーとか思うと
もう悲しくて悲しくて。。ずっと泣いてました> < 最悪 
でも同時に私は本当にこのグループやここで出来た友達が
大好きだということに気付けました。二次会、三次会まで
ありましたが、最後のカラオケまで楽しんで終わりました。
この日は本当に悲しくて、でも幸せなずっと忘れられない日に
なりました^^♪

よし、今学期の思い出が詰まってる写真載せます★

2012-12-14 19.07.22.jpg
Farewell partyで
私のグループのリーダーが挨拶をしているとこ☆
すっごいイケメンなんですよ!!笑


382084_239178719546457_516692319_n.jpg
同じグループのみんな☆


10390_10151579242657501_1306886451_n.jpg
farewell partyのあとの飲み会にて♪
私のグループはほんとにみんな仲が良くて
最高でした!!!<3


20121127221918.jpg
バディーの子とプリクラをとりました!
ほんとはこの2人に加えてカナダ人の女の子と日本人の
女の子がいるのですが、用事で来れませんでした。。残念
顔を見ただけで、誰が韓国人・中国人・日本人か分かりますか?w


579100_337879402976371_1725126613_n.jpg
最後に今学期、私のことをいつも気にかけてくれた
韓国人バディのMinji<3 ありがとう!!



さて、新年を迎えましたが、韓国では特に大きな動きはなかったです。
韓国はどうやら旧暦のお正月を祝うので、2月1日が本当のお正月なんですね!

最近は学校もなく、たくさんの友達も母国へ帰ってしまっているため、
とても自由な時間があります。生活が不規則になりがちですが、気を引き締めて
3月から始まる新学期に備えたいと思います。韓国語の勉強しなきゃです!
でも、この長期休みを利用して、旅行にでも行けばよかったなあ。。
とかなり後悔してます。。> <
来学期は新しくできた友達と、少なくともプサンとチェジュ島には行きたいです♪

もうすぐ2月になるので、みんながどんなふうにお正月を祝うのか、
よーく観察したいと思います^^☆

何か質問があれば気軽に連絡してくださいね**

では새해 복 많이 받으세요!!
(新年にたくさんの幸せを受け取ってください→あけましておめでとうございます!)
今年もよろしくお願いします。

おわり♪

posted by 大分大学 at 16:09| 大分 ☀| Comment(0) | 2012韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

釜山通信☆2


こんにちは。
釜山大学に留学中の経済学部経済学科4年の尾上諒子です。
釜山大学に来てから早くも3カ月が過ぎてしまい、
私の留学生活も残す所後20日程度となってしまいました。
本当にあっという間の3カ月でした。
今考えるとこの3カ月は今までの大学生活の中で、最も勉強した3カ月だったような気がします。
こちらでの授業の勉強、韓国語の勉強に加えて、
卒業論文や、内定先から指定された資格試験の勉強など…
4年生での留学は単位も必要なく、遊びメインで楽しく過ごせると考えていたのですが…
甘かったですねwww

さてさて今回は二度目の報告ということで
@釜山大学での生活
A韓国の眼科事情?w
B通信機器について
この3つについて書かせていただきたいと思います☆

まず一つ目、こちらでの生活について…
こちらに来てすぐの10週間は、
毎朝9時から12時50分まである語学堂と呼ばれる韓国語の授業(有料)を受けていました。
語学堂の授業はお金さえ払えばだれでも受けることが出来るので、
年齢や国籍を問わず様々な人が韓国語を学んでいました。
レベルも1~6まであり、自分の能力に合ったクラスで勉強することが出来ます。
私は韓国語が全くできなかったのでレベル1のクラスで勉強していました。
午前中は語学堂、昼からは大学の授業、夜は課題…語学堂のあった10週間は本当に大変でしたが、
お蔭で韓国語が大分身についたように感じます。
また、釜山大学に留学している日本人学生は韓国語が出来る状態で来ている人ばかりなので、
わからないことがあればすぐに日本語で聞くことも出来ました。
焦りを感じる時もありましたが、いい意味で常に刺激を受けることができ、
勉強するのにとてもいい環境だったと感じています。
大学の周辺では日本語が通じるお店はほとんどなく、
習った言葉をすぐに使ってみることが出来るのも釜山のいい所だと思います。
本気で韓国語を学びたい人には釜山大学はとてもよい大学だと思います!


次に、韓国での眼科デビューについて…
釜山に限らず、韓国は日本に比べてとても空気が乾燥しています。
私はコンタクトを使用している上に、ドライアイで眼球が傷つきやすい体質だったので、
こちらにきて何度も目の痛みに悩まされました。
言葉、診察料、保険などの問題から、最初のうちは我慢していたのですが、
どうしても我慢できなくなり、韓国人の友人について来てもらい眼科にもお世話になりました。
料金は保険がなくても眼科の診察料、目薬代(2本で)は日本円でそれぞれ約1000円程度と、
それほど高くありません。
日本では見たことのない機械があり、ある意味いい経験が出来たなと感じています。
ちなみに眼科で診察を受けるためには外国人登録書が必要です。
それ以外では必要に応じて日本で加入した保険の診断書の記入用紙?が必要なようです。
ただ、私が行った眼科は診断書を書いてもらうためには
診察料とは別に1000円程度支払う必要があったので、私は持って行きませんでした。
コンタクト使用者にとって目のトラブル?は大きな問題かなと…
少しでも参考になればと思い少し詳しく書かせていただきました。wwwww

最後にこちらでの通信機器についてですが、
約4カ月の留学ということで、私は韓国で携帯電話は契約しませんでした。
その代わりにEggと呼ばれる、wifiのルータを購入、契約していました。
これは機械代が約3500円、月々の使用料が約550円で、
どこにいても常にwifiを使うことできるようになります。
Eggとwi-fi機能のある機器をもっていれば普段の生活で困ることはほとんどありません。
韓国へ半年留学を考えている人にはEggはとてもおススメです(^O^)!!

上手く伝えられているのか不安ですが、今回の報告はここまでとさせていただきます。

最後になりますが。。。
留学の機会を与えてくださり
支えてくれた多くの方々に感謝しています。

釜山大学に留学することが出来たこと
本当に幸せに思います!
残り少ない留学生活も悔いの残らないように
精いっぱい楽しみたいと思います!

posted by 大分大学 at 00:27| 大分 ☀| Comment(2) | 2012韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月30日

高麗大学より vol.2



안녕^^
韓国の高麗大学に留学している
竹本朱里です。2回目の報告になります!

今回は
1.韓国での生活
2.約1か月半前にあったmid-term exam
について書きます^^

まず、今学期の私の時間割です。

SC20121109-160346.png
週4回ある授業が2つと
週2回の授業を1つの計3つ履修しています。
これは留学生の中では少ないほうです。
当初の予定では4〜5つ履修する予定でしたが、定員からもれてしまい
結局3つしかとらないことにしました。

写真を見てもらえばわかるようにすごく自由な時間が多いです。
1番早い授業で昼の12時から。遅い授業で18:15までです。
この大量の授業の空き時間を利用して、学校やカフェで勉強したり、
家へ帰って寝たり(笑) しています。

そのような感じで月〜金曜日まで過ごし、週末はまったり過ごしたり
KUBAのgroup activityに参加したりします。あと1か月ちょっとで
今学期が終わって、たくさんの留学生が帰ってしまうということもあり、
毎週のように同じgroupのメンバーで集まって、いろんなところへ
遊びに行きます^^これがまたすごく楽しいんです☆

少しだけ紹介しますね♪

まずはこれ!!
グループのみんなで学校の敷地内にある
アイススケート場へ行きましたー☆
仲良しです^^

327368_449397305112394_385332311_o.jpg

お次はこちら。
またグループのみんなとの写真です。
この日は学校の近くから電車に乗って1時間くらいのところにある
春川(チュンチョン)というところに、ハイキングをしに行きました。
韓国の季節は日本と同じなので、この時期の山はきれいな紅葉で
いっぱいでしたー♪

249350_223309697800026_564783135_n.jpg

他にも、漢江(ハンガン)という大きな川沿いへ、サイクリングをしに
行ったり、人生初のギャンブル、競馬にも挑戦したり、みんなで美術館にも
行きました!!

そして昨日(11/29)は、私の留学生のグループのみんなで、1日だけ
飲み屋さんを経営しました!これは、グループ旅行の際にリーダーが
車の事故を起こしてしまい、お金をたくさん払ったため、現在お金に
すごく困っているリーダーをグループみんなで助けよう!!!
という目的でした。私は日本にいるとき居酒屋でバイトをしていたので
多分大丈夫だなー。とか思っていましたが、英語で注文をとったり、
対応したりするのは想像以上に難しかったです。。だけど、グループの
みんなは、私が英語が苦手であることを理解してくれていて、フォロー
してくれ、本当に本当に楽しかったです> <☆
夜の6時から朝の4時まで働きました!笑

20121130015019.jpg

あとは11/7にInternational Student Festivalというものがありました。
各国から来ている留学生が、自分の国のブースで自分の国の料理や文化を
アピールするというものです^^私も日本の他の大学から来ている学生
たちと、豚汁・おにぎりを作ったり、習字、わなげ、おみくじをしたりと
日本の良さをたくさんアピールしました☆いろんな国の留学生が、日本の
ブースで楽しそうに遊んだり、話したりしているのを見て、本当に異文化
交流は楽しいなぁと感じることができました。伝統衣装のファッションショー
などもあったのですが、やはり日本の着物は圧巻でした。きらきらしてました(笑)
(写真は日本のブース☆☆☆)
12684_337871669643811_1948336546_n.jpg



次に、中間試験!!!

まず、English listening & conversationの試験^^
授業は、週4回あり、先生も2人いるので、テストも2つありました。1つは、
毎回読んできた長文の内容から出題される問題に、英語で答えるというものでした。
これは長文が10個くらいあったため、つらかったです。もう1つのテストは、
“what makes me unique?”という質問に対する答えを5分くらいのpresentation
で発表するというものでした。presentationを英語でする。。しかも1人で。。。
初めての経験でしたが、何とか乗り切りました。終わったあと、先生が個人個人に
アドバイスをしてくれて、今後の課題なども見つけることができました。

Korean speakingの試験☆
この試験は本当に簡単でした。事前に決められたパートナーとロールプレイを
するというものだったのですが、シチュエーションも先生が事前に与えてくれていたので
たくさん準備ができ、うまくできたと思います。(ちなみにお題はショッピングセンターに
行ったときの店員と客。。でした!)

Beginners Koreanの試験!
この授業は毎週4回、結構スピーディーに進んでいくので、範囲が広かったです。
私が思うに、韓国語は話したり聞いたりするのももちろん難しいですが、文字が
難しいです。。同じように聞こえる単語でも、字が違うなんてことがたくさんあるので
何回も何回も書いて練習しなきゃです。テストでは4つの選択肢から正しいものを選ぶ
ものや、テスト前日の日記を書くというものでした。

中間テストの間、学校に夜まで残って勉強することがちょくちょくあったのですが
やはり韓国人の勉強熱心な姿に圧倒されました。24時間あいている自習室がほぼ満席、
学校周辺のカフェは勉強する学生でどこもいっぱいでした。私も少しでも
高麗大学の学生たちに近づけるように。。?がんばります。勉強します!!!


はい、では今回はこの辺で。
みんな書いてたけど、そろそろ留学選考の時期なんですね^^
私も去年は必死にパソコンや先輩方から情報を集めて、
よし大丈夫だ!!!!!と思って面接に向かったら、面接で
ずたずたになり落ち込みました。泣
だけど、1番大切なのは「絶対にこの大学に行きたい」っていう強い
気持ちだと私は思うので、精一杯頑張ってください。

もし高麗大学を志望している方がいたら、気軽に何でも聞いてください^^
答えれることなら何でも、お答えします*



では最後は先週末にチリ人の友達とネコカフェに行った時の写真で♪
もう、ほんとに癒されました。。ネコ好きにはたまらなかったです> <

20121125170732.jpg

終わり^^

posted by 大分大学 at 16:04| 大分 ☁| Comment(2) | 2012韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あんにょん♪

お久しぶりです。経済学部 地域システム学科 三年松下茉那です。
韓国に来てはや三カ月が経ちました。
最近のソウルは本当に寒くて、昨日は水たまりの水が凍っていました。

今回は週末に行った釜山旅行と、中国、韓国の大学生の政治に対する姿勢についてと韓国のセンター試験についてです。

まず、釜山旅行からです。
11月中旬に一泊二日で釜山へ行ってきました。
朝11時のKTX(ソニックのような特急)に乗ろうとソウル駅に行きました。
しかし、11時、12時ともにすべて満席でした。
ソウル駅で二時間、時間をつぶし、ようやく13時のに乗りました。
ソウルから釜山まではだいたい二時間半です。
釜山に着くと、釜山大学の学生で大分大学に留学に来ていた友達が
迎えに来てくれました。
そして、釜山名物の豚肉ときゅうりのわさびと酢の和え物(?)
を食べました。日頃食べているキムチ、とうがらしの辛さではなく、
鼻にツーンとくる辛さでしたが、
あっさりしていてとてもおいしかったです。

その後、釜山の有名なビーチに行ったり
イスンシンの銅像がある、釜山タワーに行ったりしました。
イスンシンは、韓国の英雄です。
豊臣秀吉が韓国を襲撃した際に、海軍を巧みに指揮し
撃退した人です。イスンシンの銅像はソウルにもあります。日本人にとっては見るたび
に複雑な気持ちになりますが、彼がいなかったら韓国はなかった、と言われています。


DSC04424.jpg

DSC04454.JPG

DSC04432.JPG




たくさんの海の幸を売っている有名なヂャカルチ市場です。DSC04478.JPG

その他には、有名なお寺に行って紅葉を見たり、釜山の名物料理を食べたりしました。
今回は出発が遅れてしまったので時間が短かったですが、とても楽しくリフレッシュになりました。
二時間半程で行くことが出来るので、またぜひ訪れたいと思いました。

次に、中国、韓国の学生の政治に対する姿勢です。
日本人の大学生は、どれくらい日本の政治を知っているのでしょうか?
私もですが、ほとんどの学生があまり分かっていないと思います。
しかし、中国の学生の場合、共産党について自分の意見をしっかり持っており
非常に客観的に中国の政治を見ています。
韓国の学生の場合は、来年行われる大統領選挙について二人の候補者のことを
よく知っていますし、それぞれ自分の意見を持ち、支持しています。

最近、中国からの留学生と韓国人の友達とそれぞれお互いの国の政治について
話し合ったのですが、私はあまり話せませんでした。
自分の国の政治のことに、私は何の興味もありませんでしたし
分かろうとなんて思ったことは一度もありませんでした。
ですが、他の国の大学生がそれぞれ母国の政治に対してしっかりと
自分の意見を持っているのに対して、日本の政治を何も知らない自分がとても
恥ずかしかったです。もっと自分の国である日本に興味を持ち
もっと日本の政治や様々な事柄に対して意見を持とうと考えました。

きっと日本にいたままでは気づかなかったでしょう。

最後に韓国のセンター試験についてです。
試験期間は日本のように二日間ではなく一日で全教科をするそうです。
この日だけは国を挙げて受験生を応援します。
受験日当日は、朝から受験生を応援しに来る後輩や、両親、街の人などで学校の周りは混雑しているそうです。そのためたくさんの警察官が試験会場の周辺の交通整備や人の整備を行っており、応援のメッセージを書いた垂れ幕やプラカードはもちろん、民族衣装に身を包み応援する人などもいるそうです。私はこれを見に行くために朝早く起きて近くの高校に行きました。私が行った高校は小さかったのかそこまで人がおらず
残念でしたが、本当に受験生がパトカーで来ました。テレビでしか見たことがなかったので、そんなに頻繁にpとカーでは来ないだろうと思っていたのでとても驚きました。
そして、受験会場は大学ではなく高校です。自分の通っている高校以外で受験をすることが義務付けられているそうです。二次試験は日本同様、出願した大学で行われます。
一時間目が国語らしいのですが、この国語でこけたとおもった生徒がもう他の教科もだめだと諦めて
その高校の屋上から飛び降り自殺をするそうです。毎年このような自殺者がおり近年韓国では問題になっています。一つの科目で失敗したらもうだめだ、と思い自殺という選択をしてしまうほど、受験生の一年間は辛く苦しいものなのだと思います。この受験が終わると、上手くいって嬉しい受験生、上手くいかず落ち込んでいる受験生もこの日だけは忘れて、朝まで遊び明かすようです。
国を挙げての応援は嬉しいと思いますが、国までもがそこまでこのセンター試験に力を入れ期待しているからこそ、自殺を図る受験生が後を絶たないのではないかと考えました。
この日を境に、高校二年生たちが受験生になり辛い一年間が始まるようです。

あと二週間で期末試験があります。悔いを残さないようにしっかりと頑張りたいと思います。

12月3日が留学の提出書類締切日だそうですが、なにかあればいつでも聞いてください。
次回は、韓国のホームレス事情について書きたいと思っています。








posted by 大分大学 at 02:52| 大分 ☁| Comment(0) | 2012韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

こりあこりあこりあA

あにょはせよ!

韓国の培材大学に留学させていただいている、経済学部2年の井手瞳水です。
早いもので、僕の留学が始まってからもう3か月が経ちました!
慣れというのは恐ろしいもので、あー月曜日が始まった〜と思ったら、いつのまにか週末になっていて、時が過ぎ去る早さをひしひしと感じています。笑 
なんと、前回の僕のブログで先生以外にコメントをしてくれた方がいました!
その方から、大学や寮の写真を載せてほしい!と、要望があったので、まずは学校の風景と寮の紹介をしたいと思います!!

20120830_000010.jpg
初めて入寮した時の写真です!
まだ物が何もなくてきれいですね笑
今は生活感が溢れすぎている状態です笑
収納スペースが少し少ないのと、冷蔵庫がないのが難点ですかね、、
今の季節は自然の冷蔵庫を活用してます!笑(窓の外)


20121129_131009.jpg
これは私が住んでいる男子寮です!
隣に女子寮もあります!



20121030_120954.jpg
この道は寮から校舎に行くときに通る道です。
先月までは紅葉がとてもきれいでした〜



 そうそう、10月末には中間試験がありました。
私は初級(1級)のクラスに所属しているため、試験内容はとても簡単なものでした!
自信もあり、クラスではトップの成績だろうと余裕を構えていたのですが、中国人の女の子に僅差ではありましたが、負けてしまいました。笑 
このことがとても悔しかったので、「次は絶対勝つ!!」という気持ちで、来月末にある期末試験に向けて猛勉強中です!笑 
といっても毎日、韓国映画を見たり、遊んだりしていますよ、、、^^笑 

試験が終わってからは、韓国語教育院にいる留学生全員でソウルにある“ロッテワールド”という、有名な遊園地に行ってきました!!
短い時間ではありましたが、ジェットコースターやお化け屋敷など様々なアトラクションにのりましたよ〜


1354191552-picsay.jpg
ディズニーランドのシンデレラ城みたいなものでしょうか笑



1354191741-picsay.jpg
室内にスケートリンクもありました!



 週末はどう過ごしているかというと、寮で勉強する他に、日本人の先輩や日本語学科の先輩たちと近くの山へ散歩をしに行ったり、街に出て買い物をしたり、クラスの中国人やドイツ人の友達と一緒にお酒を飲んだりして、楽しんでいますー


1354191863-picsay.jpg
焼肉!!


1354191792-picsay.jpg
キムチも作りに行きました笑
手に持ってるのはキムチです笑


最近、韓国人の先輩の家によくお泊りさせていただいているのですが、一緒にチキンを食べたり、ゲームをしたり、韓国語を教えてもらったりと充実した生活を送っています^^

 日本も寒さが厳しくなっているでしょうが、韓国もとても寒いです。来月の期末試験に向けて、体調に気を付けながら頑張りたいと思います!!

韓国へ留学をしようと思っているみなさん!韓国楽しいですよ〜笑
何かありましたら質問などしてくださいね〜
posted by 大分大学 at 21:37| 大分 ☁| Comment(1) | 2012韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月29日

あんにょん 

先月から、韓国の高麗大学校に留学している
経済学部地域システム学科三年の松下茉那です。

韓国に来てはや一カ月と10日が経とうとしています。
たくさんの希望で胸躍らせながら韓国に来た私でしたが、
英語力の無さやコミュニケーション力の低さを痛感したあっという間の一カ月10日間でした。

着いた初日は、大分大学に留学していた韓国人の友達が空港まで迎えに来てくれました。
私がこちらに来るころ、ちょうど日韓関係にかげりが見え始めたところだったので
とても不安でした。さらに友達に、「大きな声で日本語を話さないほうがよい。」といわれたことで、
より一層不安になりました。
しかし、今のところ怖い思いをした経験はありませんし、みなさんとても親切です。
日本からも多くの友達が遊びに来てくれましたが、来る前は不安がっていた友達たちも
「本当に楽しかった!」といって、満面の笑みで帰っていきました。



今回私は、KUBAの紹介をしたいと思います。
簡単に言えば、大分大学のGC執行部です。
KUBAの正式名称は[koria univ. buddy assistant]
です。とてもしっかりした組織です。活動はほぼ学生の手で行われ
所属学生の数も大変多いです。
KUBAの学生たちはそれぞれ三人から四人の留学生を担当しています。
大分大学のチューター制度では、一人もしくは二人の学生が
一人の留学生を担当しています。
それでも大変なことがたくさんあるのに
一人の学生が、三人、四人の留学生を担当するのは本当に大変なことだと思います。
そしてKUBAの中で10個のグループに分けられ、それぞれのグループで
アクティビティが行われます。
このグループでのアクティビティのおかげて、たくさんの留学生と知り合うことが出来ます。
また自分のグループだけでなく、ほかのグループにも参加してよいので
どんどん輪が広がります。
一週間に必ず一回はアクティビティがあります。
もちろん規模の問題もありますが、大分大学でもGC主催のイベントをもっと増やせば
もっと留学生が楽しめるのではないかと思いました。

私のチューターは本当にアクティブな女の子で、
韓国に行ってすぐあった私の誕生日の日には、一緒にご飯を食べ
サプライズでケーキやプレゼントを用意してくれ、また彼女の友達も来てくれ
多くの方に祝っていただき、一生の思い出になりました。

私は、今までチューターの立場だったので、
留学生の立場に立って、初めて見えたことがありました。
大分大学に戻ったらぜひチューターをして、この経験を生かしていきたいと思っています。


そして日常生活では、なによりも自分の英語力の無さに落胆してとても悔しかったです。
英語圏の友達と話していて、聞き取れないことがよくあります。
そして一回聞き返します。
すると、「its ok」と言われます。
うーん、私は全然okじゃないんですが、でも聞き返されてもう一回言う気が起きないのも
理解できます。
この状況に本当によく出くわします。
とてもとても悔しいです。
しかし、ほぼ毎日英語で会話することは自分の勉強にもなりますし、刺激的です。
常に英語力の低さを思い知らされるので、英語を学ぶ姿勢に火をつけてくれました。

また、日本に行きたい!日本のことが好き!という外国の方が本当にたくさんいらっしゃいます。
そのことがきっかけで、話が広がることもあります。
私はもっと日本についていろんな国の人に紹介できるようになりたいと思うようになりました。

まとまらなくなってきましたが、とにかく海外で勉強するせっかくの機会を無駄にしないよう
精いっぱい留学を楽しみ、充実したものにしたいと考えています。
毎日がパラダイスではなく、悩むこともありますが、その一つ一つが
意味のあるものだととらえ、一日一日を無駄にしないよう頑張りたいと思います。

大分大学の公式のフェイスブックでは、私の留学日記をしています。
更新予定は一週間に一度です。
もしよければ、こちらも覗いてください(^O^) 
http://www.facebook.com/OITA.Univ?ref=ts#!/OITA.Univ 

それでは明日はドイツ人の友達と、キムチ博物館に行ってきます!
あんにょん♪
posted by 大分大学 at 00:01| 大分 ☁| Comment(1) | 2012韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

KOREA大変だ。〜完結編〜

こんにちは、韓国へ留学した高橋秀聡です。



ついに最後の報告です。



「 これは大変だ 」 と 「 KOREA 」をかけて約一年間という長い間報告してきました。



韓国という国は昨今の韓国ブームにより日本人にとってより知名度が上がった国です。



そのためにほとんどの人が韓国について聞くと



「知ってる―!」

「キムチおいしいよねー!」

「K-POPだいすきー!」



なんて答えると思います。


似て非なる国なんて言葉もよく耳にすると思いますが

私にとって韓国は似て非なるというよりもまったく非なる国でした。


このように、私にとって、私が見た韓国がどんなものだったか。

私にとって留学がどのような影響を与えたかを書きたいと思います。



まず後輩の皆様へ

 ひとつ前の報告でも書きましたが、留学というものは

外国というものはフタを開けてみないとわからないことが多いです。

ああすればこうなるという勝手に作られた思考回路が日本では

知らず知らずのうちに働いているものです。

イメージとは大体違うものです。それを楽しむことも辛く感じるのも皆さん次第だと思います。


留学の前後では行動力、観察力や考察力・・少し考えただけでも多くの影響があります。

別人といっても過言ではないのではないでしょうか。

「留学に行けば語学力も上がり、国際的感覚も身に付く。」


そんな風に思っている学生も多いのではないでしょうか?

そんな風に思っている学生は留学に行けばの前に‘ただ’がついている人です。

ただいけば、ただ住めば、ただただ・・・


みなさんタダより高いものはありません。意味違いますが・・

自分が動いたからこそ多くの発見もあります。自分の五感すべてを、関心のアンテナをいつもMAXにし

生活してもらいたいです。


留学して何を得るか。


帰国して、また5年後、10年後に


「いやぁー外国はさーきついぜーなにがってさぁ・・・」


なんて居酒屋で酒の肴に話すために一年間努力するためにいくのではなく

自分の成長のために行ってほしいですね。

そのうえでいい話をできるほど多くのことを感じ取ってもらいたいです。


聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥


今いる留学した先輩方に(わたしをふくめ)話を聞きに行くことをオススメします。

まぁなんとかなると思ってると

向こうでの生活の中でわからないことが出ても恥ずかしいからと聞かないで終わってしまうことでしょう。




そして、私の感想ですが


正直に言うと本当につらい一年でした。


終わりに近づいて虫歯になったことや

体を壊したことや、お金が底をついたこと・・・

そんな細かいこともありましたが


それよりもストレートに文化の違い、国民性の違いなどに打ちのめされた気がします。

虫歯になれば歯医者に行けば解決できます。(向こうではできませんでしたが・・・)

病気になれば薬を飲めば解決できます。

お金の問題も深刻でしたが、お金の問題よりも

解決できないような問題に多くぶち当たりました。



肝胆相照らすという言葉がありますが、簡単にはいきませんでした。

心を割って話せるような人に

出会う機会が少なかったです。

それでも一年間自分から動くことは忘れませんでしたが

思い描いていた留学生活とは全く別物でしたね。


だからこそ語れることも伝えられることも多く経験を人よりも

積んだつもりですし強くなれたと思います。


不便なことこそ留学の醍醐味という覚悟もしていきましたが

それこそフタを開けてみないとどんなものが自分を

待ち受けているかわかりません。

もう予測できるわけはないので、正面から受け止めてください。


一年間をすごく抽象的な表現で表しますと


高橋秀聡 が


高橋秀聡





になったとでもいいますか

自分というものを、自分の考えを昔はふらふらしてましたが

今ははっきりと自分の意見を言える気がします。

自身も成長しました。


無用の用という私が好きな言葉があるのですが

これについて話して報告を終わりたいと思います。


簡単に言いますと無駄なものなんて一つもないというような意味なのですが

辛いことが多くても決してそれは無駄ではないし

留学中も、帰国後も、後輩の皆さんはこれを読んでる今でさえ

無駄ではないのです。


留学に行って街に遊びに出ても

すれ違う人々の会話に耳を傾けたり

ハンバーガー一つ買うにしても

この国でハンバーガーはどれほど食べられているのだろうなんて

考えることで見えてくるお国柄なんてのもあるかもしれません。


無駄な時間なんてありませんが

自分で無駄な時間にすることはいくらでも可能です。

どうか後悔しないように常に楽しみ努力し、日々の研鑽を重ね

自分の人生の1ページどころか

上下巻のエッセイをだすぐらいに濃い内容の留学を送ってください。


とまた後輩に向けてのメッセージになりましたが(^-^;)


一年間、いえその前から多くの助言をしてくださった先生方や先輩

遠く離れた間でも連絡をくれた留学の同期の皆様

多くの方の支えによって無事に留学生活を終えることができました。


ありがとうございました。


このブログ報告の機会を下さった坂井先生

このように整理して書くことがあったおかげで私自身もだいぶ整理がつきました

この場を借りてですが感謝の意を申し上げたいと思います。


本当にみなさんがスペシャルサンクスだと思います。


これからこの留学の経験を糧にさらに邁進していきたいと思います。


みなさんありがとうございました。


平成24年 
経済学部 高橋 秀聡
posted by 大分大学 at 18:39| 大分 ☁| Comment(1) | 2012韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

KOREA大変だ。〜後輩よ大志を抱け編〜

こんにちは、韓国 培材大学へ留学している高橋秀聡です。
実は先日にほんに帰国しました。なので留学していたになりますね。

まずはブログ報告が滞り、一か月以上も遅れてしまい申し訳ありません。

終わりよければすべてよし。の逆コースをたどってしまいましたが・・
遅れた分しっかり報告し終わりたいと思います。
さて今回でこの『KOREA大変だ』ブログも最終報告となってしまいますが
「読んでるよー」や「見たよー」「見たぜー」のお声をいただき
人に見せるということをもっと意識してまとめればよかったかな・・・なんて
後悔しましたが、後悔先に立たずですね。
何事も計画的に準備して進めなければいけませんね。と改めて自覚しました。

がしかし、いくら準備を周到に進めても予想外な出来事というものは起こり得ます。
特に、「留学」という事に関しては日本でどれだけ下調べを行ったとしても
フタを開けてみないと・・・といった場合が多々あります。

留学の期間が終わり、一年間を振り返ってみてもどの留学生も
思い通りにいったという学生はいないはずです。

暗中模索、無我夢中・・そんな言葉が当てはまるのではないでしょうか?

そこで留学の先輩として後輩に何ができるかと考えたらやはり情報を教えることが
ベストかなと思い今日は、最終報告ということで
留学の全体的な流れ(きっかけ、準備)と個人的な感想を報告したいと思います。
全体的なことと個人的なこととしえ分けます。
遅れたくせに2部構成ですがご許しください。
毎度の報告でも書いておりますが、どんなに長文を書いてもこの報告は(私の報告に限らず)留学生活の要約にすぎません。そこで後輩のみなさんぜひ先輩を捕まえて留学あれやこれやを聞き出すことをオススメします。

「行く前になにしたらいいん?」
「持って行った方がいいもんっちなんなん?」
「毎月どのぐらいかかったん?」

など大分弁丸出しで聞いてもいいので無料の留学相談の機会を使ってください。

さて留学しようと決意した大分大学の後輩のみなさん、その中には行くことが決定している学生もいれば、まだ漠然と留学したいという考えの人もいると思います。
今日は、そんな後輩にむけて書こうと思います。

@ きっかけ
 「 留学 」ということに興味を持ったきっかけは何ですか?
「きっかけがなんだよ関係あんのかよ!」と言う人、きっかけと目的・目標さえあれば
留学生活も乗り切っていけると信じていましたし、実際乗り切りました。
具体的に言いますと、外国で暮らすということでというより日本で暮らしていても自分の気持ちの波と言いますか心電図の波のように調子が良かったりはたまた落ち込んだりしてしまいます。
それが外国に言ったらそんな波がもう荒波のように揺れ動くこと間違いなしです。
そんなとき調子がいい時っていうのは高い目標に向かって
「先生と詰まらずにしゃべりたい!」
「もっとうまく話せるようになって友達を増やしたい!」
「お酒をもっと楽しく飲みたいぜ!」

と意気揚々に上り調子に励むことができますが、いつどこでなにがあるかわかりません。
意気揚々が意気消沈に変わり精神的に落ち込んでしまうこと多々あります。

そんなときは留学しようと思ったきっかけ、または英語なら英語に初めて会った瞬間、英語を学んでいて楽しかった瞬間を思い出すことを勧めます。
簡単にいえば初心に帰るってことですが初心といってもいつだ?ってなると元も子もないので行く前にでもこんなきっかけと目標を何かに書いて準備して行くと
気持ちの浮き沈みがあったときに、少し支えになってくれるかもしれません。

A 行く前にすべきこと
 あれしておけばよかったー!!!なんて言う前に時間の許す限りゴーゴゴーです。
何のことだと思いますが、冒頭にも後悔先に立たずと言いましたがもちろんパスポートの準備だったりビザだったりは具体的にすべきことですがなにかプラスアルファで各々がやっておいた方がいいんじゃないか、またはこれやってたからよかったっていう先輩の意見を聞いた方がいいです。備えあればなんとかではありませんが日本を飛び立つ前に情報収集や準備を行うべきです。
難しいことではなくて、アメリカにいくからアメリカのガイドブック買った!って例えたらそんなことです。

今の時代なにより恵まれてるものを発見したんですが、みなさんインターネットって知ってますか?海外の情報だろうが指先だけで見れてしまうものなんです。

とまあおふざけはなしにして私が留学前にした事は

1.様々な大学の留学報告書を読む
2.同期の留学する友人たちとこまめに連絡を取り合う
3.大分に来ている留学生に話を聞く

という3つのようなことを行っていました。あれだけインターネットをすすめておいてこれを言うのはあれですがどんなにインターネットが発達していても結局自分の足を動かす動かさないで得るものっていうのは全く違うと思います。
大分大学からしか留学しているわけではなくて東京大学だって留学生はいるわけですから
その人たちの報告書を見るとたくさんのなるほどがあるとおもいます。

B行ってからすべきこと
 準備も重要ですがいざ!留学して一日中インターネットしてたっていう留学生活を送ってしまうともったいないの一言です。

旅行やパーティーももちろん大切だし勉強なんてのは当たり前なので、もうすこし具体的な事を紹介しようと思います。

1.情報整理
2.老若男女を会話をする
3.たまには日本語を使う

また3つほどにしましたが、
「情報整理と言ってもなんのだよ!」ってなりますが小さな事でいえばガムの値段、大きなことでいえばいついつにテストがあって学園祭があってこんな行事があった。のちに大分大学から留学する
後輩の為にもなりますし、なにより整理すると自分の頭の中でも整理されるし、心の整理にもつながるのではないでしょうか?実はそんな意味を込めてブログを書いていましたが
今までの内容をブログがなかったらまったく覚えてない可能性だってあったとおもいます。
次に、老若男女と話すということですが、日本人だって年齢性別によって考えも視点も全く別なんですからそれと同じです。いつも同じ世代の人と話すのではなく吸収できることに積極的になったほうがいいと思います。日本だって今スギちゃんって言えば
若者はスギちゃんという芸人、年輩の方は杉良太郎を思い浮かべるなんてそんなことだってあるんですからぜひぜひ話しかけましょう。
3番は行く前は日本語使わなくてもいいぜーなんて思ってましたがそれこそ全然ワイルドじゃないですねえー。たまにはどんなことでもいいから日本語に触れるってことが逆に「あれこの日本語こっちでなんていうんだろう?」なんてことにもつながりかねないですからね。あとやっぱりストレス解消にもなりますし、個人的に感じたことは私は多分人よりは日本語を使わなかったので日本に帰ってきて話すことどころかリスニングも最初の何時間か苦労しました。うそみたいな本当の話です。


@ きっかけ
A 行く前にすべきこと
B 行ってからすべきこと
の他にもありましたがまた長くなりそうなので3つほどで留めておきます。
続き、留学を終えての個人的な感想は明日報告します。
posted by 大分大学 at 15:20| 大分 ☁| Comment(0) | 2012韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

韓国の高麗大学から五回目の報告

現在、韓国の高麗大学へ派遣留学をさせて頂いている具志堅聡です。
11ヶ月の留学期間も早いもので、残すところ約1ヶ月となりました。
この期間は、期末テストを三週間前に控え、沢山のプレゼンと論文の課題が課され、単位取得のための大きな山場です。毎日の生活が大学に行って図書館で勉強、家に帰って寝るだけという生活が続いていますが、学期終了後の待っている休みのためにも頑張っています。

今回の報告では、生活面では5月の末に行われた文化祭について、そして学業面では4月末にあった中間テストと期末前の論文やレポートとプレゼン等の課題の内容について報告します。


5月下旬の約一週間、高麗大学のキャンパス内で文化祭が催されました。イベントの内容としては、学生による沢山の屋台やフリーマケット、学生のダンスやバンドなどのステージ上でのパフォーマンス、小さな子どもたちが遊べるようなとても大きな滑り台やブランコも設置され、地域住民も沢山訪れる学祭になっている印象を受けました。夜になると、韓国のプロの若手ダンサーや歌手がステージに立ち、いつの間にか出店が簡易居酒屋に姿を変えていました。最終日には、少女時代のメンバーやシスターという有名な歌手が来ていました。私は、全くk-popに興味がないので観に行っていませんが友達が行ったのでその写真を貼ります。
来期から、高麗大学に留学する人の中にk-pop好きがいたら良いモチベーションになると思います。男性グループも何組か来たみたいですが、撮影者が男という理由もあり女性グループしかありませんがご了承を。


韓国の男性に人気シスター↓
シスター.jpg

日本でも有名な少女時代↓
少女時代.jpg

昼間はこんな感じでライブ前にみんなで歌って踊ってテンションを高めています(私は楽しそうだったのでここまで参加)↓
ステージ.jpg

売店の様子↓
出店.jpg

続いて学業面の報告をしたいと思います。
私の中間テストは、二科目でしたが本当に広いテスト範囲でした。大分大学では一年間をミクロ経済学とマクロ経済学を履修するため要しますが、高麗大学では半年間で両方の分野が終わります。なので中間テストの範囲は広く、一つの科目はミクロ経済の分野を英語の試験で受け、もう一つは韓国経済をミクロ経済の視点から分析する試験でした。期末テストでは、更に範囲が増えで、教科も増えるでかなりの準備が強いられることが予想されます。そして現在の時期は期末テストを前にした、単位評価の為の課題が沢山出題されています。来学期の学生のためにも各授業の概要を書くので、履修登録の際の参考してください。

Market and Economy
中間テストはミクロの全分野のかなり深いところまで出題されました。
課題は4人グループで与えられたテーマをレポート用紙五枚でまとめ提出、教授の添削後、クラス全体にグループプレゼン。
中間テスト、期末テストの前に小テストもありました。

Korean business in the global context
中間試験はありませんでした。一コマの授業が三時間あり、毎回授業終了前の一時間に学生による45分間グループプレゼンが課せられています。課題は、グループでレポート用紙15枚にビジネスモデルを書き提出、その後クラス全体に各グループプレゼンをします。なので計2回プレゼンをすることになります。

World economy and Korea economy
中間テストは、韓国経済をミクロ経済の視点から分析する試験でした。この授業は課題が課されていないので楽ですが、その分試験が難しいです。

Introduction to business writing
この授業は中間、期末が共にありません。しかし、毎週英語でビジネスに関する書類を書く課題があります。最終の課題では、各グループテーマを決めて、100人からアンケートを採集し、分析してレポート用紙15枚にまとめる論文が課題があります。

どれも単位取得は容易なものではありませんが、一つでも多くの単位が修得出来るように頑張ります。残りの1ヶ月間勉強はもちろんですが、試験終了後は沢山旅行をして最後の一日まで留学生活を充実させたいです。
posted by 大分大学 at 13:00| 大分 | Comment(0) | 2012韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月30日

KOREA大変だ。〜数字から見る最近の韓国事情編〜

こんにちは。韓国 培材大学へ留学している高橋秀聡です。

いやー韓国の天気はですね、春をすっ飛ばして急に夏がきて曇り空なんてないぐらいに・・・

と話したいのですが

今日はいつもの前置きを飛ばして、本題に入りたいと思います。

今回の目的は、いつもとは少し違う視点から韓国事情を見つめ

韓国の社会では今一体どのような問題がクローズアップされているのか、

それによって浮き彫りになった韓国社会の実態を明らかにしたいと思います。

社会問題は、外国人が見ると疑問も人一倍多くわき韓国人にはない視点も見つけられるのではないか

とふんで調査をしてまいりました。


要するに、韓国の時事問題を見てみよう!です。^^


社会の時間の感覚で報告していきたいと思います。


@ 54.3
A 112
B 15,566

今回はこの3つの数字を題材にしていきます。
みなさんすべての数字の単位が何かわかりますでしょうか?



@ 54.3

単位は 「%」 です。韓国ではつい最近、4月11日に国政選挙が行われました。
この日、水曜日、平日にもかかわらず学校が休みになるのです。

それには驚きました。

この数字というよりも、今回の選挙の韓国国民の関心は
野党が議席を半数以上獲得するかということでした。
どこかで聞いたようなまったく同じフレーズですが。
現在の大統領への審判を行うというテーマでテレビもかなりあおってました。
60〜70%を超えると野党の勝利、それ以下では与党勝利という予測でした。
今回韓国の政治についての仕組みではなく、実際に国民が感じていることを
体感したような気がします。

大統領不信の激しさが一種のブームのような気配まであります。
事実、韓国では絶対に政治批判は許されない、民主主義であって民主主義でない
という体制です。その中でインターネット、携帯でダウンロード可能な無料のチャンネルの中に
政治批判チャンネル(実際の名前は違いますが)というのがありまして
そのダウンロード数はダントツの1位です。


与党 老年層 VS 野党 若年層

韓国の対立を簡単にあらわすとこのような関係なのですが
いかんせん若者の投票率が低い!
今回若者が投票するきっかけになったのは
現在の大統領を選挙で決定した際に若年層はほとんど選挙に行かなかったそうです。
投票率も驚くほど低いです。
これもまぁ
どこかで聞いたようなまったく同じフレーズですが。

それで現在の大統領へ不満を抱いている若年層は、あの時選挙に行っていたら・・・
という気持ちを抱いたそうです。
そして、ある有名人が
「投票率が70%に行けば私はスカートをはき、ダンスを踊る」
という公約を掲げました。
この有名人名前がアンチョルスという方ですがなんで毎日この有名人の一言に
テレビや学生のみんなが興奮しているのか疑問でしたが

選挙後のニュースでこのアンチョルスという有名人こそ
次の韓国の大統領候補だったのです。

それには本当に驚きました。

話が長くなるのでこの辺でまとめると、結果野党の惨敗でした。
若者たちは選挙に行くことよりも、その日にあわせてキャンプの計画を立てたりしていました。

という実情です。



A 112

次にこの112、日本で言う110です。
単位は 「番」 。

警察へのコールナンバーです。

えっ?なんでこれが?

と思いますがつい1週間前までは新聞の一面はこの記事ばかりでした。

警察庁の庁長が辞任する事態にまで発展した事件です。

詳しい記事があればよかったのですが日本語訳の記事でよいものを探しきれなかったので
かいつまんで私が話します。

韓国の水原という都市で女性のバラバラ殺人事件が発生しました。
容疑者も逮捕されました。朝鮮族のいわゆる中国出身の韓国に住んでいる人でした。
今回の問題点は女性が「助けてほしい」と
警察へ通報した・・・にもかかわらず警察が無視した、正確に言えば夫婦喧嘩と思ったということです。
問題が公に明かされると事件は悪循環の一途でした。

警察のコールセンターのその担当者は配属されたばかりの電話対応は新人並み。
韓国では警察に通報がきても相手の場所や番号はわからないらしいのです。
さそのことでアメリカと日本の警察の対応と韓国のそれを比べる記事がかなりありました。

もし最初の通報で助けにいけていたら助かったかもしれない。

ということで国民の警察への不信が募り、まさに連日連夜この話題でした。
北朝鮮のミサイルよりも、実際この事件がはるかに放送時間が多い。

という実情です。



B 15,566

かけあしで進みます。これでも内容を10分の1程度に省略してます。笑
この数字の単位は 「人(にん)」 です。
この数字は韓国の2010年国内自殺者数です。
韓国の統計庁の発表で明らかになりました。

自殺者数よりも重要な測定方法に10万人あたりどの程度自殺者が発生しているか
がありますが、韓国は世界で第2位です。
OECD加盟国の中では1位、毎日に換算すると

42.6人が一日当たり自殺によってなくなっていることになります。

昨年は死亡原因の31.2%が自殺だったそうです。

今回私がなぜ自殺に注目したかというと
ある日新聞を買ったらその中におもしろい写真を見つけたことがきっかけでした。

まずはこの記事をご覧ください。
http://blog.naver.com/andre777?Redirect=Log&logNo=140157490549

あっ韓国語です。笑
すいません。

この中で警察官が何か吹き出しのようなものを掲げているのが見えますか?

これは「パンシャトル運行中止」

と書いています。

パンシャトルとは、最近できた新しい造語で
休み時間に校外に飛び出し,学校の前でパンを買って
また急いで学校に戻ってくるシャトルのような役割・・・・

つまりパシリです。

最近いじめ問題が深刻化しており小学校から大学まで
どの世代にも事件が発生しておりその被害者が自殺するケースが最近非常に増えました。
ある女の子はあるビルの屋上から飛び降り自殺をしてしまったのですが

エレベーターにのって降りたり乗ったりの繰り返しが監視カメラに映っていました。
結局屋上から飛び降りてしまいましたが
その乗り降りの繰り返しが、生きるか死ぬかの迷いであったこと
その女の子のニュースを見たときに大変な衝撃を受けました。

自殺の数が多いということは、その前の段階のいじめはもっと多くの数が存在しているということになります。




今回@からBまでの数字から韓国社会の問題となっていることにたいして報告しましたが
全体的に私が感じた韓国社会の最大の問題点は

「不信」

ということです。

何に対しても不信を抱いているような暗い、
どことなく曇った社会が今現在韓国社会に広がっているような感覚です。

政治への不信
警察への不信

そしてどこに怒りを向けていいかわからないような
国民のやるせなさ。

今回は少し暗い内容になってしまいましたが、これこそほかではないような
韓国の情報だと思い思い切って報告させていただきました。

いつも前置きが長くなって・・といいましたが結局長文になり申し訳ありません。

後ろ置きなんてことばはないですが、ここで前置きの天気のはなしをして終わりたいと思います。

いやー韓国の天気はですね、春をすっ飛ばして急に夏がきて曇り空なんてないぐらいに
晴れ渡っております。

もう半そでの生活も暑いです。

こちらでは超ミニスカートのことを

하의실종
ハイシルチョン
漢字で書くと
「下衣失踪」です。

スカート行方不明という意味です。笑
このスカート行方不明が韓国ではものすごく流行っています。

韓国がこれから韓国の天気のように晴れ渡った社会で、問題失踪になって問題も消えてなくなるような
そんな社会になってほしいと思います。


夏も来るのも早かったですがもうすぐ留学生活もクライマックスです。
思い出失踪にならないように最後までがんばりたいと思います!






posted by 大分大学 at 23:52| 大分 ☔| Comment(3) | 2012韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

韓国の高麗大学から四回目の報告

現在、韓国の高麗大学に派遣留学をさせて頂いている具志堅聡です。
八月に始まった私の留学生活も残すところ約三か月となりました。
先日大分大学の派遣留学の選考が終了したこともあり、私のfacebookに来期から高麗大学に決まった方々から連絡を頂きました。
派遣留学が決まった人は、現在留学中の学生と連絡を取り情報交換をしたほうが良いと思います。
みなさん優しいひとなので、丁寧にアドバイスをしてくれますよ。
この機会を利用しないわけにはいかないですね。
気軽に連絡してくださいね。

それでは報告に戻ります。
今回は、冬休みの旅行と今月から始まった新学期について報告します。

私は二月の中旬から二週間程、マレーシアとタイに旅行に行ってきました。マレーシアでは、首都クアラルンプールを中心に観光しました。クアラルンプールの街並みは非常に綺麗で、特に食べ物が美味しかった記憶があります。今回の旅行のメインはタイであったので、あまりマレーシアの中を旅行することが出来ませんでしたが、また機会があればチャレンジしたい国のひとつになりました。
これがクアラルンプールのシンボル、ペトロナスツインタワーです。

11.jpg

そしてマレーシアからバスで、タイの南部クラビのコーピーピー島へ行き、ビーチに4日間ほど滞在した後、バンコクへ向かうという行程でした。
これがビーチの写真です。本当に最高でした。昼はみんなでビーチでワイワイして、疲れたら砂浜に横になって読書、夜はおいしいご飯とお酒を飲み朝まで騒ぐ。思い返すだけでまた行きたくなります。

22.jpg

タイのバンコクでは、市内の寺院を回ったり、アユタヤへ観光に行ってきました。タイは、本当に沢山の観光名所がある国でした。もっと日にちがあれば、タイ北部のチェンマイの大自然も見たかったです。
この写真はアユタヤでの一枚です。

421287_184360831666439_100002775714932_203012_366621247_n.jpg

この旅行では、本当にトラブルによく巻き込まれたと思います。ホテルのオーナーにスタンガンを向けられたり、タクシーで怪しいお店に連れて行かれたり、僕以外の二人が殴り合いのケンカに巻き込まれ血だらけになったり、私はその日出会ったアメリカ人と部屋をシェアしたりしました。楽しい思い出はもちろんのこと、本当に貴重な経験もすることが出来ました。日本人のツアーの旅行では絶対に経験出来ないですね。留学をしたら是非外国人と旅行をすることをお勧めしま。語学の上達はもちろんですが、自分の足りない部分に沢山気づかされます。自分の意見をしっかり発言すること、そして文化の違う異国の国の人と長期間過ごすの多くの忍耐力が必要とされ、短い期間ですがに大事な部分が成長が出来たのではないかという気がします。


それでは新学期についての報告を始めます。今学期は、全て経済関係の授業を履修しています。
授業は、以下の4つです。
Market and Economy
Business writing
World Economy and Korea Economy
Korean Business and Management in the global context
勿論授業は全て英語で行われ、課題も多く内容も非常に難しいです。しかし、私は経済学部からの留学生なので後期は専門の授業を履修しようと決めていました。授業の内容は、韓国経済や世界経済についてのなど、一番興味のある分野なので非常に勉強になってます。まだ授業が始まったばかりなので、まだ余り報告が出来ませんが、次回の報告時には中間テストが終了しているので、中間テストと課題について報告します。

最初にも述べましたが、残された時間はあと三ヶ月となりました。貴重な毎日をただ浪費しないようにもう一度気を引き締めて頑張っていきたいと思います。

以上で今回の報告は終了とさせて頂きます。
次回の報告では中間テストと文化祭についての報告をします。
posted by 大分大学 at 21:43| 大分 ☁| Comment(1) | 2012韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月31日

韓国の高麗大学から三回目の報告

新年明けましておめでとうございます。
現在、韓国の高麗大学に派遣留学をさせて頂いている具志堅聡です。
早いもので日本を離れて約半年が過ぎ、私の留学生活も残すところ半期となりました。
今回の報告では、前回の報告をしてからの二ヶ月間と後期の抱負について書きたいと思います。


前回の報告からの二ヶ月間は、非常に濃密なものでした。
十二月の中旬に、一緒に留学していた中原さんや他の留学生がそれぞれの国へ帰国する別れがありました。
留学生の多くは期末試験が終わると直ぐに帰国をします。
その短い期間に沢山の送別会がありました。
374795_2309811111789_1444696457_31769544_154794632_n.jpg

383239_2309852272818_1444696457_31769622_1097499551_n.jpg

393681_2309865553150_1444696457_31769650_1343730718_n.jpg


出来るだけ沢山の人と思い出を残そうと、様々なイベントに参加しました。
短い間に沢山の多額のお金が飛んだため、親から追加援助のお願いをして(笑)、一生の思い出を作ることが出来ました。
この別れを通して感じた事は、帰国する人よりも半年長く留学ができることは本当に幸せだということです。
帰国する留学生の全員から、一年間留学が出来る君は何という幸せ者なのだろうか、とても羨ましい。私の分も楽しんでというお言葉を頂きました。
なので残り半期間は、私も最後により良い別れができるよう、悔いのないように精一杯努力をしていこうと思います。

その後、海外で初めて過ごすクリスマスと年越しのイベントがありました。
どれも一生の思い出になりました。



続いては、後期の抱負について書きたいと思います。
高麗大学の後期は二月の終わりから始まります。
その始まる前の約二週間、後期を頑張るたもの助走と寒い韓国からの脱走の意味合いを込めて(笑)、マレーシアなど東南アジアににイギリス人とフランス人の二人の友達と旅行に行ってきます。
二週間も英語漬けになれる願ってもない機会なのでしっかりものにして、しっかり日焼けをして韓国に戻りたいと思います。
後期は、全て経済関係の授業を履修する予定なので、とてもハードな後期になると思います。
上記で述べたように、帰国するときより良い別れができるよう悔いのないように精一杯努力をしていこうと思います。


大分大学経済学部二年
具志堅聡
posted by 大分大学 at 13:41| 大分 ☀| Comment(1) | 2012韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする