2013年06月11日

パダボーン大学 最終報告


パダボーン大学に留学している経済学部経済学科の林勇士です。6月になり、私の留学生活にも終わりが近づいてきました。ドイツでの一年間は本当に貴重な経験の連続だったと思います。パダボーンでの日々の生活、大学での講義やイベント、ドイツ国内からヨーロッパ各地まで行った旅行など、この留学生活すべての時間が、今後の人生における大きな自信につながることだと思います。
 私の場合は、ドイツ人の友人がパダボーン大学に多くいたので本当に助かりました。こちらに来る前からドイツでの生活について聞いたり、こちらに来てからも何かあればすぐ助けてくれ、また色々なイベントにも連れて行ってくれたりと、感謝の気持ちでいっぱいです。彼らとは、今後の人生において、まだまだ何度も会うだろうなと感じています。
 ドイツでの生活を通じ一番驚いたことは、日本に関心がある人が多くいたことです。大学でのイベントに参加すると、「日本人ですか?私日本語勉強しています。」と声をかけられることが多くありました。また、講義の合間に、日本の文化について質問攻めにされることもありました。彼らのように、日本への関心の高い人々は、日本人よりも日本に詳しい場合もあり、恥ずかしく思う反面、日本という国のすばらしさに気付かせてくれた彼らには感謝しています。
 このようにいいこともあれば悪いこともあるもので、最初は英語で経済の講義を受けるのにかなり苦労しました。講義だけでは、全く理解できず、予習と復習をしてもなお完璧には理解できませんでした。また、ドイツに来てから毎日話していた英語ですが、最初の半年では全く成長が感じられず落ち込んだ時期もありました。ドイツ語はなおさら成長の実感がなく、何でドイツ語なんか勉強しているのかと思った時期もありました。このように、留学していれば、自分の期待したもの、想像したものと異なることも多くあります。私の場合、成果が出るまで半年以上かかりました。しかし、努力を続ければ、時間はかかりましたが、成果ははっきりと出ました。この経験から、何事も毎日少しでも続けることが成果につながるということを学びました。
 私のドイツでの一年間は、楽しいことも、困難だったことも全てが学びにつながり、本当に充実したものだったと感じます。多くのことを学び、経験してきた今では、自分に大きな自信と可能性を感じています。ドイツでの残りの期間ももう少しあるので、自信と可能性をさらに大きくできるように行動し続け、帰国後の生活に活かしていきたいと思っています。今までありがとうございました。       

パダボーン大学  林 勇士
posted by 大分大学 at 05:42| 大分 ☁| Comment(0) | 2012ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

Wie giet's?

こんばんは。

お久しぶりです。 今日から六月ですね。 こちらはまだ時々寒かったり、いきなり晴れたりしてドイツの気ままな天候に苦しんでおります。 日本の方は少し前から梅雨入りしたみたいですね。 ここドイツも3週間前は春が来たかと思ったように、晴れた日々が続いていたのですが、2週間くらい前からまた寒くなったり、雨だったりでした。

さて、私の留学生活も残すところあと2か月くらいになってきました。最初のころを思い出すと、本当にいろいろな事があり、思い返すと時間が経つのが非常に早く感じています。

さてさて、今月(5月の事です)を振り返ると、なんと25日にDussel Dorf で行われた Japna tag (日本デイ)にみんなで行ってまいりました。 簡単に説明いたしますと、ドイツで日本文化を広げよう的なお祭りでして、習字を教えていたり、日本人学校の紹介やコスプレの人たちやコスプレの人たち、夜には日本の打ち上げ花火、そしてコスプレの人たちを見ることができました。(大切な事だから、3回言いましry)写真をどーぞ;)
IMG_1671.JPGIMG_1736.JPGIMG_1728.JPGIMG_1716.JPGIMG_1734.JPGIMG_1738.JPGIMG_1739.JPGIMG_1743.JPG

などなど。 個人的には日本の花火が見れてとても懐かしい気持ちになりました。

さて、今回が最後のブログになると思いますので、少し早いですが、今回の留学の総括を手短に書きたいと思います。昨年の九月からドイツに来て、最初は右も左もわからない状態でしたが、やはり人間慣れというものがあるもので、今ではドイツ語を除いてすくなともパダボーンという町にはなれました。初期のころの私は英語を上達させつつもドイツを基本会話程度はマスターしようと考えていましたが、ドイツ語の難易度の高さにどうも私はついていけませんでした。おかげで英語はかなり上達しましたが。しかし、講義の英語となると分からないことが多々あります。今ではかなり減ってきましたが、当初のころの経済の授業は、今までの授業で一番大変だったと思います。 しかし周囲の友達と協力したり、自分で調べる機会が増え、今では経済の講義を受講して本当に良かった思います。また、当初心配していた、プライベートな時間も バディがとてもオープンな性格で最初のころはほぼ毎週末かれと遊んだり、彼の友達と外出していました。彼には本当に感謝しています。 また、ここは他の留学生も非常に多く、友達を作る事には苦労は全然しませんでした。みんな留学するだけあってか、すごく友好的です。
 以上のように、プライベートも学習面も非常に有意義な時間をドイツで過ごせていると私は思います。本当にドイツに留学することが出来てよかったです。
 今年の新しくドイツに来る日本人の生徒も必ず有意義な時間が過ごせると思います。

少し長くなりましたが。以上です。
では、んまた機会があるときに;))
posted by 大分大学 at 04:49| 大分 ☔| Comment(2) | 2012ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月01日

Alles Klar!(Everything is okay!)


どうもこんにちは。
ドイツのパダボーン大学に留学中の教育学部3年の高田です。

ドイツに来て9ヶ月が経ちました。本当に時間が経つのは本当にはや・・・
って、このくだりはもう辞めましょう(笑)
実は、毎回毎回このブログの冒頭を書くのが苦悩でした。
気の利いた一言でも言えればいいのですが、どうやら自分には
その一言が思いつかないようです。
とにかく、毎回頑張って書いていました。それも今回で終わりです。
そう、今回が最後のブログの更新になりそうです。(多分)
DSC06769.JPG
※デュッセルドルフの飲み屋通り

このドイツで過ごした日々はもちろん毎日毎日が新発見に満ちあふれた
煌めいたものではありませんでしたが、それでもこの生活の中で
沢山の人と出会い・知り合い、その人達を通して得られたあらゆる機会・体験に
身を投じた日々は本当にかけがえのないものだったと心から思えます。
でも、この機会は決して自分ひとりで掴んだものではありません。
みなさんもお分かりだとは思いますが、
自分の周りの人の支えがあってこそのものです。
今ではその事をすごく感謝しています。
やはり感謝する事は大切なものです。
DSC06620.JPG
※ロンドンの夕焼け(モノクロ)


ドイツと言う国は本当にいい国です。
どういいかと言うと、、、表現できないほどです!
最後のブログという事ですが、書きたいことの一部しか書けません!!
それくらいたくさんいいところがあります。

自分の中では、

クリスマスマーケットのあの心躍るような楽しさ、 
DSC03522.JPG

テスト前に必死にもがいた日々、
DSC06741.JPG
※ー「あ、朝だったのか、、、いつ寝よう?」ー

圧巻の大迫力!見上げて首が痛くなるほどのスケール、
DSC01878.JPG

色々ありました。
本当にどれもどれもいい思い出です!

せっかくなので写真でもUPしたいと思います。

DSC03878.JPG
※ベルリンの博物館島のペルガモン博物館から

DSC05697.JPG
※チェコの階段、このだんだんした感じがヨーロッパですね。

DSC01687.JPG
※ハーメルンの笛吹のハーメルン

DSC06127.JPG
※ホームズ博物館です。テンション上がりました。

DSC06609.JPG
※ストーンヘンジ

最後は、お気に入りの街、ミュンスターから。
この街は夏に行くこともおすすめします(笑)
DSC03062.JPG



それから
これから留学する、留学を考えている人は、
ドイツという国を好きになってください。
そして、得られるものは何でも欲しがって
自分の好きな事をして下さい!
それが充実したた思える留学生活を送る方法だと思います。

そして、
今まで一年間ほどお付き合い頂きありがとうございました!
えと、これは余談ですが、
7月から8月にかけてバックパッカーしてこようと思います。
そしてもし、気力があればその事を書くためにまたブログを書くかもしれません。
その時はまた見てください。ね?

ではまた会いましょう!!

高田寛之
posted by 大分大学 at 07:41| 大分 ☁| Comment(1) | 2012ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月16日

ついに、ようやく、やっと、、、春が来た!!!


お久しぶりです。
ドイツのパダボーン大学に留学している教育学部3年の高田です。

そういえば、ドイツに来てから半年が過ぎました。
ずっと長い長いと思っていた留学生活も折り返し地点を過ぎ、
ようやくゴールらしきものが見えてきた気がします。

そして、季節も変わり寒く長い冬(正直寒すぎて辛かった)も終わりました。
冬の間は、極力室内移動に徹していた自分ですが、
最近のポカポカ陽気に誘われ部屋から出てみれば、
冬の間はどこかに行っていた動物たちを目にする事ができ、また
いたるところでバーベーキューをしている人を見かけます。
春がついにやってきました。
特にバーベキューについてですが、
できれば何気なーくその輪の中に入ってお肉とビールにありつきたいな
と思っています。
というか、案外見つかっても許してくれそうな気がしないでもないですが、、、笑。

さて、改めまして今回もブログを書いていきたいと思います。
よろしければ最後までお付き合いください。
私は、この寒く長い冬を使って東欧中心にヨーロッパをまわって来ました。

訪れたどの都市も素晴らしい遺産で溢れていました。
その内の何個かを紹介したいと思います。

まずハンガリーの教会から。
うまく撮れたので載せました。笑
あの窓から神様が来ると言っていたので
この光景を見れたので少しはご利益があればなと思います。
DSC05257.JPG



これは、ハンガリーのドナウ川の写真です。
夜景の写真を撮るのを忘れたのが心残りです。
ブダペストに行ったら、夜景の写真を撮るようにしましょう。
DSC05307.JPG


ルマンです。
田舎と聞いてたのですが、すごくきれいな街でした。
しかもこの歴史的風情のある町に人が住んでいます。
日常にこんな景色がある事に感動しました。
DSC05483.JPG

モンサンミッシェルです。
大きさと湖に浮かぶその姿になぜ世界中から沢山の観光客が
来るのかが納得できました。

DSC05510.JPG


これは、プラハの旧市街地の写真です。
これだけきれいだと、世界遺産になりますね。
DSC05716.JPG


ウィーンの国立図書館です。
ハリーポッターの図書館みたいでした。
DSC05804.JPG



最後に、遺産巡りではないですが。
この前、前学期大分にいた留学生とスカイプで話しました。
前学期の留学生が国へ帰り半年が経ち、それぞれの生活が始まりましたが、
久しぶりに話せば昔話で盛り上がる事ができました。
この時、場所は離れていてもこの様に語り合える友達がいる事に
改めて喜びを感じました。
文化は違うけどお互いの考えを尊重しながら、
自分の国も相手の国の事も知り、その違いをどんどん吸収していきたいです。
そして、大分大学での友達も、今のこのドイツでできた友達も
これからも大事にしていきたいと思います。



少し長くなりましたが、
それではこの辺で失礼します。


高田 寛之

posted by 大分大学 at 08:23| 大分 | Comment(1) | 2012ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月01日

パダボーンから




こんにちは、ドイツから、森下です。
今回は個人的な、真面目な話をしようかと思います。笑


ドイツに来て今日で7ヶ月が過ぎました。
今数えてみて、自分でもびっくりしました、もうこんなに経ってたなんて驚きです!
あと4ヶ月ちょいしかドイツにいられないことを思うと、本当に、暗い気持ちになります。そのくらいドイツが大好きです。

この留学の目的は、自分としては、日常会話さえも全くできなかった英語の上達、ドイツ語の習得(ドイツ語は0からのスタートでした)、それからヨーロッパ経済について学ぶことでした。
この半年間の成果としては、"自分なりに"英語がとても上達したように感じます。スキルと言うよりも、話したい、という意識が高くなり、なんの戸惑いもなく英語で喋ることができるようになりました。
ドイツに来た当初は、自分の英語力がどの程度のものかなんて自分自身が一番良く知っていたので、友達と一緒にいる時もあまり自分から喋ることはありませんでした。こっちの友達に、2,3ヶ月経った頃に急に何かの壁が壊れて、英語がスラスラと出てくるようになるよと言われたことを覚えています。あれ?隈本先生だったかな?(笑)今では、まさにそのように、なにも考えずに友達と会話を楽しむことができています。
しかし、前期で取っていたヨーロッパ経済の授業ではほとんどの英語が理解できず、とても苦しみました。今後の英語については、もう一歩、踏み込んで勉強して行きたいと思っています。



そして、この留学のもう一つの目的だった、他の国をたくさん見て回ること。
ドイツに来て8ヵ国を回りましたが、自分なりに色々と考えさせられることもありました。
特に感じたのは、日本と他の国の違いももちろんそうですが、ドイツ人の優しさです。もちろん、他の国でも優しい方々とは出会いがありましたが、特に、激動のイタリアから帰った後のドイツ人の優しさにはとても心打たれました。
留学や旅行をした時には日本とその他の国を比較してこの国は日本とこうも違う、などと考えることはもうたくさんありすぎて、私は自然と日本と比較することをやめていました。比較ではなく、その国の文化をもっと吸収したいと思うようになり、今考えてみれば、そう思えるようになったことで他の国を見て回ることの醍醐味が分かった気がします。
ですが、まだまだ行きたい国はたくさんあります。夏のヨーロッパほど素晴らしいものはないといいます。同じヨーロッパではあっても、全く違った面を持つヨーロッパの国々をできるかぎり回って、色々なことを吸収していきたいと思います。



さて、今日から4月、あと1周間で後期のセメスターが始まりますが、私は、ドイツ語の授業を全面的に取ることになりました。前期はあまりドイツ語習得に励めなかったので、ドイツがとても好きになった今、できるだけドイツ語を習得して帰ろうと思ったからです。
パダボーンでのドイツ語の授業は、朝のコースと夕方のコースの2つに分かれます。
夕方のコースは16時から2時間を週4日で行いますが、朝のコースは8時半から13時までの4時間ちょいを週5でと、とても苦しいコースだと聞いています。ですが、前期であまりドイツ語を習得できなかった私にはこれくらいが必要だと思い、朝のコースを取ることに決めました。また、私は朝型なので、朝を有意義に使えるためこれで良かったと思います。
それから経済の授業を集中講義で取ったりと、後期も忙しい日々になりそうですが、あと4ヶ月、有意義に、ここでやりたいことはやり尽くすつもりで突っ走って行きたいと思います。






最後に、ブレーメンの町並みと、
チェコの世界遺産の街、チェスキー・クルムロフの写真です。
10885_415985451818275_849738711_n.jpg
555046_432004106883076_223722298_n.jpg





それから、今年ドイツに留学する人でもっといろんな情報とか知りたい人がいたら、facebookやってるんで気軽に声かけてください!ドイツのパダボーン組のページもあるので、こっちの学生とも知り合えますよ^^
私のFacebookのURL載せとくんで、気軽にコンタクトとってくださいね!女子大歓迎です!今こっちに来ている日本人女子が私だけなので…( i−i )
http://www.facebook.com/yuko.morishita.33
次期留学生の役に立てたら光栄です!笑


それではまた! :3




posted by 大分大学 at 17:34| 大分 | Comment(1) | 2012ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

パダボーン


パダボーンの林です。ドイツでの留学生活も残り半年となったので、今回は今までの半年の反省とこれからの半年の抱負について書きたいと思います。


今回の留学が私にとって初の長期海外滞在でしたが、こちらでの生活に慣れることは意外と簡単で、食べ物や人間関係も全く問題なくすんなり打ち解けることが出来ました。ドイツでも食べようと思えば日本食も食べられますし、ここは日本ではないのだと最初に割り切ることができれば、それほどショックを受けることもありません。生活面ではほんとに何も問題もありませんでしたが、勉強面においては少し悩む部分もありました。

まずは英語での問題です。英語で行われる経済の講義を取ったのですが、講義中に理解できることは本当に少なく、予習と復習が本当に大変でした。同じ講義を受けたフランス人やスペイン人など英語の上手な友達は講義中に完璧に理解できるので、課題もテストもそれほど難しくなかったらしいです。英会話は日常会話においては全く問題はないのですが、少し専門的になると付いていけなくなるので、少し英語に慣れてきた頃の自分にとってはショックが大きかったです。半年経った今、伝えたいことは伝えられますが、言い回しや発音の上達があまり感じられず、残り半年でどれほど上達させることが出来るのか今から努力が必要だと感じています。

次にドイツ語ですが、こちらは英語と違い“0”からのスタートだったで、やればやるほど成長していくので本当に楽しく勉強できています。最近やっと形になってきて、ドイツ語での会話もできるようになってきたので、さらに楽しくなってきて所です。
このように今までの半年では、ありきたりではありますが英語の重要さ心から痛感した半年でした。


そしてこれからの半年ですが、今までの反省を活かし、語学にさらに集中したいと考えています。一年もドイツで留学しておいて、英語もドイツ語も中途半端では自信を持って帰れないといい意味で焦りもあります。

また今までは旅行や講義などであっという間に過ぎてしまったので、あまりドイツの文化に触れることが出来なかったように感じます。なので、残りの半年は積極的に行動し、ドイツで生活していないと聞けないような話や出来ないような体験をできるだけ多くしたいと考えています。


すでに次期の留学生が決定してようですが、自分が留学先で何したいのかしっかりとしたプランを持くべきだと思います。私も自分なりに考えてきたつもりでしたが考えが甘かったようで全く思い通りに行っていません。この半年が無駄だったとは思っていませんが、期待以上に有意義ではなかったようにも感じています。

日本にいる前からしっかりと計画して、留学先についてすぐに行動すれば、半年でも十分有意義に過ごせると思います。留学は長ければいいのではなく、どれだけ真剣に考え行動できるかが大事だと感じます。

私も残りも半年は、自分の留学生活に自信を持って帰国できるようにとにかく積極的に行動しようと決心しました。

来月からは講義も始まるので、今から準備して来期に臨みたいと思います。



posted by 大分大学 at 20:27| 大分 | Comment(1) | 2012ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

Deutsch

こんにちは。 お久しぶりです^^

みなさんお元気ですか? 
元気でーす\(゜゜)/
はーい、いいお返事ですねー。僕の方もなんとかやってますよー。


なんてばかなやり取りはここらへんで。(注、ノリです。)

春休みもそろそろ終盤にさしかかり、暦上はこちらも春ということなのですが、、こちらはパダボーン昼はともかく夜はまだ極寒です(個人差あり)。  FBやtwitter でよくみる’桜’だのー、’花見’だのーそんな平和な日常はここドイツパダボーンにはまだ訪れておりません。(そもそもドイツに桜はあるのか?)ここ数日は毎晩、雪という名の弾丸と、寒さという恐怖を恐れて屋内にいてばかりですね(笑) 比較的安全から昼間から夕方に友達の家に行って、有意義な事をして、夜は安全の為に泊まらせていただくなということもしばしば(笑)。はい、とりあえず春休みを楽しんでおります。

さてさて、この春休みの間にEUのいくつかの国を観光してまいりました。ハンガリー、フランス(2度目ですがいちお)、チェコ、オーストリアの4か国です。少しばかりですが写真をどうぞ:D
IMG_1237.JPG
IMG_1467.JPG
IMG_1438.JPG

特にハンガリーとフランスでは現地の友人がガイドしてくれたので非常に助かりました。マリオ、オーロラ、ジュリーと家族のみなさんに本当にお世話になりました。ありがとう!(君たちに届け!)

もう二週間くらいしたら、授業の登録とその授業も始まるので、少しずつそのための準備もしていきたいと思います。

大分大学ではもう留学の選考などが終了し、来るメンバーがすでに決まっていると伺っております。もし何かお尋ねしたいことなどがございましたら、お気軽にご連絡ください^^コメントなどで^^

ではでは、みなさんも健康にお気を付けて、春を楽しんでください
posted by 大分大学 at 23:08| 大分 ☀| Comment(1) | 2012ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

パダボーン大学


 パダボーン大学に留学している林 勇士です。

今回は私がパダボーン大学で今期取っていた講義について説明したいと思います。

私は英語、ドイツ語に経済の講義を一つの合計3つ取っていました。講義の登録は日本からメールでの一回目とこちらでの二回目することが出来ます。一回目の登録で人気のある講義は定員いっぱいになり、その講義を取ることが出来なくなります。私はそれを知らずにこちらに来て初めて登録したので、取りたい講義が取れず、結局英語、ドイツ語、経済の3つの講義を取りました。

英語はスピーキング中心の講義で、テストはスピーキング、ライティング、リスニング、リーディングの全てありました。

ドイツ語に関しては本格的なドイツ語機能の入った電子辞書があった方がいいと思います。こちらに来てからドイツ語を始める人には、講義中に出てくるほとんどの単語が知らない単語なので、素早く意味を調べることが出来なければ講義について行くことが困難です。発音を勉強する際にも大いに役立つので、出来るだけ準備して行った方がいいと思います。

テストに関しては英語、ドイツ語の言語はなんとかなりましたが、大変だったのは経済(ヨーロッパの政治経済について)の講義でした。EUの政治統合の歴史の部分を覚えることも大変だったのですが、それよりも英語で経済理論を理解し、問題を解くことが最も大変でした。日本語で学ぶのも大変なのにもかかわらず、ましてや英語でとなると、教授やバディに何度質問してもなかなか理解できず本当に苦労しました。なので、留学先で経済の講義を取ろうと考えている人は日本から日本語の経済の参考書を持っていくことをお勧めします。

来季はドイツ語中心に講義を取るか、経済の講義中心を取るかを早く考え、つぎこそは登録を遅れずに済ませたいと思います。
posted by 大分大学 at 17:06| 大分 ☀| Comment(0) | 2012ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月02日


お久しぶりです、そして遅くはなりましたが改めまして
あけましておめでとうございます!!

1月のテストが終わり、ようやく冬セメスターが終わりました。
これから2・3月と少し長い休みがあるので、日本に留学していた
留学生のところや今まで教科書や地図帳でしか拝めなかった
有名な場所へ旅行してこようと思います。
アウシュビッツ、モンサンミッシェル、ベルサイユ宮殿などなど
ずっと行ってみたかった場所に行けます。
旅行計画を立てるのがすごく楽しいです!!

さて今回は、ドイツ組の林さん、森下さん、松本君が
ドイツの様子を書かれてると思うので自分は留学準備ついて
少し話そうかと思います。面接が終わったばかりで
少し気が早いかもしれませんが参考になれば幸いです。
簡単に@保険AキャッシュカードB航空会社
について話そうと思います。

@保険
保険については、色々と考えて悩んで決めてください。
ただ、大分大学から入ると良い保険の目安についての用紙をもらうと思うので、
その目安にあった保険を選んで下さい。

そして、色々と悩んでいるうちに保障内容の項目や
隅の方にあるsmall letterによる嫌な注意書きなども
しっかりと読んで決めてください。

パダボーン大学の提供する保険の話をすると、
保障内容は他の保険会社と比べて英語で書いてあるので確かに
不明瞭な点が多いですが、保障すべきところ(病気、ケガ、個人賠償責任)の
保障内容はしっかりとしている思います。(必ず確認をして下さい)
また1ヶ月80€ほどであるので他の保険会社より安いです。

自分は、学校からもらった目安とホームページ内に記載してある体験談などに
目を通して、もしもの事を考えて少し保障内容が高いものを選びました。
でも、自分はまだこの保険を使ってはいません。
高い保障内容の保険でも1回も使わないという場合もあります。


保険はいつ使うか分かりません。
でも、もしもの事と考えると少しでも保障内容は高めがいいと思います。
使わなかったらそれはそれでラッキーなので、少し高いお守り
がわりって感じですかね。とにかくこれは自分の問題でも
家族の問題でもあると思うので、相談しながらゆっくりと
考えて選んでみてください。

Aキャッシュカード
海外でのカードについて話します。
日本からの送金の為に必要な口座の開設です。
有名どころでは、CITIBANKなどがあります。
詳細についてはCITIBANKのホームページから確認してください。


また、MoneyTGlobalというカードもあります。
これの便利なところは、入れたお金の範囲ならクレジットカードにも
なるというところと、お金をおろせることができます。
海外でしか使えませんが今自分が使っていてかなり使いやすいな思います。

ここでは紹介しきれていませんがまだ他にたくさんの会社があります。
また、少し危険ではありますが直接現金を持ってきて
現地の銀行口座を作って利用する、など方法は様々です。
自分にあったやり方といいますかこれも保険同様、考えて選んでみてください。

B航空会社
日本からの旅券は、自分にあったのをさがすといいと思います。
安さかもしくは、、、
僕は安さをとりました。
チケットを取るなら直行便よりも経由便を取りましょう。
値段が倍違います。汗

そしてヨーロッパの旅行計画として
いくつかのヨーロッパの航空会社についても書きます。

1)WizzAir
あまり路線はありませんが予定を前もって決めている
旅行プランで早めにチケットを取ればかなりの激安でチケットを入手できます。
登場前にネットでチェックインをして下さい。
主な航路ルートは、ポーランド、イギリス、ハンガリーなど。
ハンガリーの友達に会いにいくとかであればこれが便利かもです。


2)RYANAIR
かなりの激安です。バスの運賃並みの値段でセールされてる
チケットもあったりします。しかも航路は充実しています。
が、乗る前の手続きがかなりしんどいです。
EU圏内でない自分たち日本人は乗る前にVISAチェックというものを行わなければ
旅券を買い直さなければいけなくなります。事前にオンラインチェックイン
しておかないとカウンターで40€、そして手荷物も厳しく制限を超えると
超過料金がかかってしまうかもしれないらしいです。
とにかくかなり大変そうです。


3)easy Jet
とても使いやすい航空会社で、予約も手続き簡単です。



格安航空会社は、まず何といってもその名の通り安いのが売りです。
ただ、格安航空会社には格安の理由が確かにあると思います。
例えば空港。これらの航空会社は、利用する空港が大抵パリでもロンドンでも市街から
○○Km離れていて、バス電車を使えば1,000、2,000円普通にかかり気づいたら
大手の航空会社の値段と変わらなかったりする事があったりします。
また、色々な制限。手荷物であったりとか、予約段階での手続きミスの罰則などです。
うっかりしていたなどで気づいたらチケットが倍の値段になっていたなど、、、
恥ずかしい話ですが、僕自身予約のミスでeasy Jetで少し高い授業料を
払ってしまいました。涙 Ryanairじゃなくてeasyjetで、、、
このブログを見た人は自分みたいにならないようにして下さい。  

長々と書きましたが少しでも役に立てばなと思います。
ドイツ人の友達の家で行った寿司パーティの写真を載せておきます。

http://oitauniversity.up.seesaa.net/image/IMG_7685-tile-horz28129_convert_20130202020917-thumbnail2.jpg?1360672892938

ところで、ヨーロッパ各地で本当にたくさんの寿司屋を見つけます。
そしてその寿司屋のほとんどが大人気です。
寿司の力は偉大だなぁというか自分の国の一食文化が
海外の人々に愛されているのをみると日本人として
嬉しく思います。
また寿司以外にも、自分の知る日本のいいものを海外に知ってもらいたいです。


では長くなりましたがこの辺で失礼します。

高田 寛之


P.S. テストの事は聞かないでください。(切実)


posted by 大分大学 at 02:59| 大分 ☔| Comment(3) | 2012ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

ドイツから。


こんにちは、ドイツパダボーン大学に留学中の森下です。
遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。やはり冬本番、今年のパダボーンの冬は暖かいと友達に言われましたが、ここ数日は気温がマイナス10度近くまで下がりとても寒いです。


さて、ついに年が明けましたが、どれだけドイツでの年明けをパーっと華々しく楽しむことができたかと言いますと、全く。全くもって。
年明け3日前から風邪を引き外に出れず、風邪を引く前々日までフランスに行っていたため冷蔵庫の中身は空っぽ、食料の買い出しに行こうにも行けず、風邪がよくなり始めた大晦日にはスーパーが開いてなく、元旦ももちろん閉店。2日までの3日間をオレンジジュースで乗り切るという、とてもつらい年末年始になりました(笑) せっかくの他国での年明けを、空腹を紛らわすために寝て過ごしたなんて、我ながら、ほんとにどうかと思います。

また、家にいる時間が長くなればなるほどFacebook等SNSを見る回数が増え、かつ日本にいる友達がもうすぐ成人式だ、もうすぐ地元に帰れる、と大量に近況を更新するため、もっともっと惨めな気持ちになるわけです。
私だって、一生に一度の成人式に出たかった!!!!と、ひもじさと寂しさとうらやましさとが混ざり合って、ドイツに来て初めて、ホームシックになりました(笑)

留学する前は、説明会などで、ほとんどの人がホームシックにかかると言われていましたが、私には関係のないことだと思っていました。それもこれも成人式とひもじさのせいだと思いますww
現に、成人式が終わったあと、何をせずともホームシックを克服することができました。というか、気付かないうちに。今では、日本に帰りたくありません(笑)



とまあ暗い内容で始めてしまいましたが、ドイツの大晦日を全く味わわなかったかというと、そうでもありません。
年があけて10分ほどたった後、とてもうるさい音に飛び起きました(というか、なぜそれまで寝ていられたのかが不思議)。なんだなんだと外を見てみると、年明けの花火。
私の部屋が寮の4階なのですが、パダボーンは高い山があまりないので、街や遠くの方まで見渡すことができます。私が見たことのある日本の年明けの花火は、一カ所からポンポンとあがっているのですが、ここではまるで違いました。見渡す限りの空が花火で覆われていて、とてもすてきでした。(写真は撮っていません。他のドイツ留学組に期待してくださいw)

聞くところによるとドイツでは、日常で花火を使うことは法律で禁じられているらしく、年末年始の数日間だけ花火をすることができるそうで、その反動でたくさんの市民が花火を買い集めてめでたい年末年始を祝いドンチャンするらしいです。私が見たたくさんの花火が一市民が打ち上げたものかどうかは分かりませんが。何しろ私たちが日常で使う花火に比べて大きかったように感じたので(笑)
寮の前でも花火を打ち上げている学生らしき人たちが見えました。風邪を引いていなければ私も参加できたのになと思いながら、私は泣く泣くベッドに戻りました。笑

とりあえず、今回学んだことは、健康第一ということですね。病気になると時間を無駄にしてしまいます。せっかくのドイツでの貴重な経験も逃す始末。これを読んでいる人で留学しようと考えてる人がいるなら、私が言うのもなんですが、健康には本当に気をつけてください!!本当に!!



とまあ私の年末年始は散々なものになりましたが、他の留学生のそりゃまあ華々しいであろう年末の留学記を楽しみにしてます!!笑
新年明けて気持ちも新たに、ドイツでの残りの約半年をもっともっと有意義にするべく、がんばって行こうと思います。それではまたの更新で^^


IMG_7620.JPG
IMG_7762.JPG
おまけで、これはドイツ人の友達とちらし寿司、寿司を作って食べた時の写真です!
空腹を乗り越えた後の日本食は、涙が出るほど美味しかったのを覚えています。笑


posted by 大分大学 at 03:16| 大分 | Comment(1) | 2012ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

夕方5時にはまっくらです。ドイツです。

お久しぶりです、パダボーン大学に留学中の森下です。
こっちにきて3ヶ月が経ちました。パダボーンでは12月に入ってやっと雪が降り始め、とても寒いです。私は沖縄生まれなので、積もってる雪なんて本当に始めてで(去年の大分は全く降らなかったので期待はずれ。w)外に出るたんびにテンションがあがります!とはいっても死ぬほど寒いですが。
PC093017.JPG


今日は、他の留学生がたくさん旅行について書いているので、私は勉強のことでも書こうかなと思いま..し…たが、やっぱり旅行について!!書きます!!!!笑

一番思い出に残ってるのはやはりイタリア旅行です!!11月半ばに、同じく大分大学からアメリカ サンフランシスコに留学している赤峰さんの学校がThanksgiving Dayで1週間休みになるということで、一緒にイタリアへ行くことになりました。飛行機の関係で私が先にイタリア入りし、2日後にローマで再会、というスケジュールだったのですが、(なぜか)何のトラブルもなく、無事に再会することができました!再会するまでの二日間は私は一人でミラノーフィレンツェを周り、赤峰さんは約23時間(?)ほぼ丸一日飛行機の中でした、ごめんなさいwww
PB161473.JPG

再会したときは二人とも同じような性格なので、なんの感動もなく、すぐ夕食を食べに行くことに。ちょっと背伸びして入ったレストランで店員さんのジョークのレベルの高さに刺激を受け(笑)、またパスタのおいしさにとても感動しました!!
PB161628.JPG

その後ローマーナポリーイスキアと二人で回ったのですが、一番気に入ったのはイスキアという島でした!ナポリから船で向かうのですが、オフシーズンということで観光客も少なく、とてもいいホテルに何と30€で泊まることができました!!その島では、海に流れ出てる温泉に入ったり(後ろからは温泉、前からは冷たい波というなんとまあすばらしく寒い温泉でした。)、古城で地中海みかん(別名 ベルメールさんのみかん)を大量にもらったり、のんびり猫とたわむれたり、ゆったりした街の雰囲気にとても癒されました。のんびりと猫とたわむれたおかげで帰りの船に乗り遅れそうになったのですが…笑
PB191944.JPGPB192035.JPGPB192009.JPGPB202067.JPG

なんとかぎりぎりで船に間に合い、やっとこさ空港にたどり着いたものの、荷物検査でイスキアで買ったお土産のお酒が引っかかり、泣く泣くお酒をトイレに捨て、空のビンを握りしめながらゲートに向かった頃には時既に遅し。そう、飛行機をmissしました。まさか最後の最後でこんな結末が待ってるとは。本当に、大泣きでした。恥ずかしながら。ww その後、ローマからドイツ ミュンヘンまでの寝台電車のチケットを買い、出発ぎりぎりで乗車。なんとかミュンヘンに着き、どうせここまで来たんだったらと、ディズニーのシンデレラ城のモデルになったノイシュバンシュタイン城を見に行くことに。予想していた通りの迫力でとても満足できました!
PB212209.JPG

その後、ミュンヘンでなんの感動もなく赤峰さんと別れ、またもや寝台列車でパダボーンへ。ハプニングは多々起きましたが、とっても楽しい旅になりました!そしてたった2日ですが、初の海外一人旅を経験して、本当にいろいろと勉強になりました!

ちなみに、せっかくのイタリアで本場のピザを食べ忘れ、プチショックを受けてたのですが、イタリアから帰ってきた次の日にイタリア人の友達がピザを作ってくれました!!美味しかった!!
PB232237.JPGPB242243.JPG


長々と書きましたが、勉強については二言。
案の定レポートに追われています。無事クリスマスが迎えられるか本当に心配です。
ではこれで報告を終わりたいと思います。笑

あ!ドイツのクリスマスマーケット、最高です!!
posted by 大分大学 at 21:23| 大分 ☁| Comment(0) | 2012ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

paderborn

ドイツ、パダボーン大学へ留学中の林 勇士です

まずは講義について紹介します。
現在、週4コマのドイツ語、週2コマの英語、週2コマの経済の講義を受講しています。
最初の手続きに失敗したため経済の講義を1つしか受講できない結果になりました。
しかし、その分ドイツ語に十分な時間を使えるので今となっては良かったのかとも思います。こちらに来て約3カ月ドイツ語を勉強してきて最近やっと道を聞いたり、レストランで注文したり簡単なことは伝えられるようになってきました。
ドイツ語は勉強すればするほど日々成長を感じますが、残念ながら英語の方はあまり成長した実感がありません。そろそろ英語にも力を入れていかないとと危機感を感じています。

次に最近行った旅行について紹介します。
今月に入りドイツはクリスマスシーズンに入り、どこに行ってもクリスマス一色という感じです。そこで早速最古のクリスマスマーケットと言われるドレスデンに行ってきました。

P1010418.JPG

最古と言われるだけあって規模も大きくイルミネーションもほんとにきれいでした。
ドレスデンは大きな街なのでメインの会場が一つに、小さな会場が少しといった感じでした。しかし、パダボーンはそんなに大きな街ではないのでショッピング街に出店が点々とあるので、街全体がクリスマスマーケットという感じでこれはこれでたのしいです。

ドイツの冬は大分の冬とは比べられないほどの寒さらしいので、これから冬本番を迎えるのが少し怖いですが、引き続きドイツでの生活を楽しみたいと思います。
posted by 大分大学 at 08:03| 大分 ☀| Comment(1) | 2012ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

ドイツ 11月


よ^^ みなさーん、松本のぶログのお時間ですよ〜。

えと、改めまして、こんにちは?おはようございますかな、日本では。。 今回もまた、ブログを書きますよ。(*注、自主的。)11月はいろいろとドイツ国内へ旅行をしたりとなにかしら充実した日々を送っております。具体的にいうと、ベルリンとベルリンとベルリンと、ドルトムンドですかね;) 今回はそのことについて書くぜ!haha
さて、ベルリンにはユーロビズ(説明しよう。キリ !ユーロビスというのは、こちらの大学の留学生のために旅行やパーティなどを企画してくれる、素晴らしい組織なのである)の企画で2泊3日してきました;)
IMG_0402.JPG
IMG_0587.JPG
連邦議会やこの大きな門や昔の地下の核シェルターなどいろんなところにいきましたね;)ww。。 また、人生初のホステルで、8人部屋(うち一人女性)。シャンプーがないとか、ベッドが若干くさいなどのサプライズがまた、、苦。合宿やキャンプなどを思い出しましたねw。写真もっと見たい方はFBでわたくしを探してくださいな。。楽しい二泊三日でした;)

そして、先々週くらいには、日本人3人でDortmundにいって、サッカーの試合をみてきました。これもまた人生初で興奮でしたw
DSCF9006.JPGIMG_0665.JPGIMG_0675.JPG
外には警察の騎馬隊がいたり、軍服っぽい警察がして、ちょいどきどきでしたwこんな方々w
IMG_0666.JPG
IMG_0656.JPG
香川がドルトムンドにいたせいか、高田さんに対して KAGAWA、KGAWAと呼ぶ外人もいてうけたww

とまぁ、 こんな感じでドイツを楽しんでおりますw これからはクリスマスマーケットなどが始まるので、楽しみです。では、この辺で;)
posted by 大分大学 at 06:38| 大分 ☔| Comment(1) | 2012ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月20日

ベルリンとドルトムント!!


こんにちは、お久しぶりです。
ドイツのパダボーン大学に留学している
教育学部3年の高田です。
今回もブログを書かしていただきます。

ドイツへ来てからもうすぐ3ヶ月になります。
生活に慣れてきたのもあってか、時間の経過を早く感じます。
一週間が始まったと思ったらもう終わってる、そんな感じです。
これからも日々を大切にして、一日一日をしっかりと過ごしていきたいです。

また最近では、急な気温の変化により日本人留学生が風邪で全滅しました。
こちらの風邪は、長続きする気がします。ちょっと症状が収まったからといって
遊ぶと悪化します。私は、まだ治りません(笑)
体を大事にするため、今週は大人しくしてようと思います。

話変わって、今回は旅行の話をしようと思います。
11/9〜11と学校の旅行でベルリンに行ってきました。
ベルリンは、本当に素晴らしい街でした!
地球の歩き方はじめ各ガイドブックにも書いていた様に、
ベルリンとは、まさに「政治、歴史、芸術」を兼ね備えた街でした!
その中の写真をいくつかアップします。

DSC02219_convert_20121112062116.jpg
政治の中心、連邦議会議事堂
セキュリティーチェックを経て入ることができます。
ドイツの政治の中心です。

DSC02285_convert_20121112062217.jpg
連邦議事堂の中の屋上のモニュメント。
寒かったですが、
現代的なモニュメントの美しさに
感動しました。

DSC02307_convert_20121112062540.jpg
ベルリンの歴史の象徴。ベルリンの壁。
これはその中でも有名な一枚「兄弟のキス」
教科書、ガイドブックでしか見たことがなかったので、
とても感動しました。
他にも見ましたがどれもみな芸術的でした!

DSC02628_convert_20121112062326.jpg
ベルリンに行ったら絶対行かなきゃいけない、通らなきゃ行けないところ。
ブランデンブルク門!!!
昼に観光バスでちらっと見ましたが行くなら
行くなら絶対夜です!!!
ライトアップされたこの門は何時間でも見ていれるくらい綺麗でした!!!
しかし、かなりの寒さに30分ほどで退却しました(笑)

DSC02666_convert_20121112062442.jpg
そして、これはベルリンではありませんが
サンスーシ宮殿と言われる
ベルサイユ宮殿を真似た宮殿です。
庭がとてもひろく景色が最高でした。
因みに訪れたのは秋、しかも紅葉が散ってしまった秋なので
ちょっとさみしい感じがします。行くなら夏がおすすめです!!!
しかしその際は、2〜3時間待つかもしれません。

字が切れていますが、「I ハート(トランプ) Berlin」をバックに
留学生と記念撮影。DSC02497_convert_20121112062404.jpg


続いて、ドルトムント。
ドルトムントと言えば、サッカー選手の香川選手がいた事で
日本でも名前が通った街だと思います。
その日は、特にすることもない日だったので、
分大ドイツ組でドルトムントに行くことにしました。
その日は、試合があり駅にはたくさんの黄色のサポーター
Tシャツを着た人達で溢れかえっていました。
そして、駅近くにサポーターの集団がいて
歩き出したので、スタジアムに行くだろうと思い、
それについていく事にしました。

DSC02777_convert_20121120193525.jpg
↑↑これ全員サポーターです。
熱気のあるサポーターを見ていたら、
サッカーに対する文化の違いを感じました。

そしてチケットも予約せずに、運が良かったら当日券を買えるかなとか
根本的に考えが甘く、最悪見れなくてもスタジアムだけ見ようと思っていたら,,,
その日はなんと運良く、
買うことが出来ました!!

後ろの方の席ですが、グラウンドはよく見えるし立ち見ではないので座って見れるしと,,,
本当に運が良かったです!!!


DSC02789_convert_20121120193640.jpg
スタジアムに入ると感動!
人が一杯!!!
こんなにも人が集まるところは初めてだったので、
サッカー以前にこの風景に感動しました!

結果、
試合は3−1でドルトムントが勝つことが出来ました!
とてもい経験になりました!
そして、無計画ではあった旅ですが充実した休日となりました!!
そしてそしてもし次サッカーを見る機会があれば、
日本人選手の所属するチームに行きたいと思います。

最後に、分大ドイツ組の写真で。
DSC02803_convert_20121120193728.jpg

一応、これとは別に留学ブログをやっています。
あまり忙しくてなかなかアップできてはいませんが、ここに書いていないこともあるので
良かったらみにきてください。
URL:http://profile.ameba.jp/hiro-in-germany/

それではまた。
posted by 大分大学 at 22:21| 大分 | Comment(1) | 2012ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

パダボーン 2012

ドイツ、パダボーン大学に留学中の経済学部4年の林勇士です。

ドイツに着いて早くも約1カ月が経ち、こちらでの生活にも慣れてきました。
現在パダボーン大学には、去年大分大学に留学していたドイツ人学生もまだ在学しています。彼らとは日本にいるときから仲良くしていたので、ドイツに着いてからもそんなに不安に感じることなく、すぐにドイツでの生活に慣れることができました。

また、パダボーン大学には、非公式ではありますが、日本人のチューターと日本への留学経験者を中心としたグループがあります。このグループの中には、日本語が上手な学生も多くいるので、最初の色々な手続きなど重要な場面で、日本語が話せるドイツ人がいて本当に助かりました。何でも自分でやらないといけないと思ってはいても、どうしても彼らに頼ってしまうのが現状です。

ドイツは私にとって大変住みやすく、ドイツに来て本当に良かったと思うのですが、ただ一つ問題なのは公共交通機関の遅れです。30分や1時間の遅れは頻繁に起こります。これからドイツ国内様々なところを旅行したいと思っていますが、この問題があるので思い通りには行かないだろうという不安があります。

まだ本格的の講義が始まっていないので、パダボーンでの生活や大学でのことについては詳しく説明することができなかったのですが、次回の更新では、パダボーンでの生活をより詳しく紹介できればと思います。

posted by 大分大学 at 03:44| 大分 ☁| Comment(1) | 2012ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

パダボーンから^^

こんにちは。こんばんは。おはようございます。(お好きなものを^^)
IMG_0140.JPG

はじめまして^^今回ドイツのパダボーン大学に留学させていただいている経済学部2年の松本 翔です。

こちらに到着して約1カ月がたって、大分こちらの生活にも慣れてきました。パダボーンについてですが、中世の街並みを感じさせてくるれるかつ、買い物にも不自由しない暮らしやすい街です。大分に来ていた留学生からは、すごく田舎とか聞いていたんですが、僕が田舎者のせいかそんなに不便してません笑。

 
最初に自分が住んでいる寮の事についてお話します^^。ここにはPeter-Hillweg とVogelius-wegという2つの寮があって、僕は2つ目のvogeliusに住んでいます。渡独前の情報では、どちらともルームシェアと聞いていたのですが、僕はうれしくも悲しくも一人暮らしですw。しょっぱなからサプライズでしたw。他のサプライズとして、部屋が汚いとか、前に住人がごみをのこしていってたり、ベッドが半壊しているという多くの驚きの連続でした。特に使いかけのパスタがそのまま放置されてることには、むしろ笑う事しかできなかったw。しかし、こっちの国際交流課の方や教授やバディがはやく対応してくれてすぐ解決しました^^そして、家賃も比較的安いし、部屋自体は広く、ヒーターもあるのでとても住みやすいです。また、僕の部屋は違いましたけど、何人かは、前の住人が家具とか食器とかを残してくれていて、それをただで使えている人もいます。

次に、授業についてですが、今はまだセミスターが始まる前なので授業はないはずなんですが、留学生は、クラッシュコースというドイツ語の基礎のクラスがあっています。説明はドイツ語と英語で行われるのですが、英語も十分に難しいという‘乙‘な状況も少なからずあります。(笑)また、ヨーロッパ系の外国人は発音が上手に聞こえてくるので、クラスでも少し焦りを感じたりもします。 でもそういう時は、友達に聞いたり、バディやドイツ人の方に聞いたりするととても親切に教えてくれるのでなんとかやっていけてますw それと、正規の授業ですが、今はもうすぐ始まるセミスターに備えて、履修登録をしています。こちらの履修登録はすべてオンラインで行います。一見便利そうですが、、学校のサイトがうまく働かないことがあるので、一概にはいえません。日本の紙のシラバスが懐かしいです。また当然ですが、説明がすべて英語なので理解が大変です。こちらの大学では、講義を二回ほど受けた後でも、授業によっては変更することが可能なので、ゆっくり考えていきたいと思います。

とりあえず、今日はこの辺で^^
posted by 大分大学 at 17:44| 大分 ☁| Comment(1) | 2012ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月30日

パダボーンから

Guten Tag!!
こんにちは。
これからドイツのパダボーン大学に1年間留学させていただく、
教育福祉科学部3年の田寛之です。



9月9日からドイツにきてから今日で約2週間たちましたが、本当に時がすぎるのが早く感じます。
私は、一緒に留学する林さん、松本君、森下さんより一週間ほど遅い出だしになりましたが、今ではドイツ人の友達もでき始まったばかりではありますが留学生活を楽しんでいます。




パダボーン大学では留学生のための夏季休暇中にドイツ語コースが設置されています。セメスターが始まる10月までの約4週間、朝8時30分から昼12時まで英語でドイツ語の授業を受けることができます。途中30分の休憩があり、大学内のカフェテでリフレッシュできるので後半の授業も集中して授業を受けることができます。



お昼のメンザも楽しみの一つです。
メンザとは、学食のようなもので豊富なメニューが揃っています。
私は、その中でもよくスープとパンを選びます。これはとても安く(180円ほど)、スープは容器内だったらどれだけついでもいいのでたくさん食べることができます。



最後に、、、
9月が終わり、10月に入りこれから授業が本格的に始まり、大変になってくるとは思いますが、
日々の体調管理に留意しつつ、留学前に定めた所期の目的を果たしたいと思います。
そして、来期のドイツ留学を考えてる方にこのブログが少しでも役に立てばと思います。

田 寛之
posted by 大分大学 at 20:32| 大分 ☀| Comment(1) | 2012ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おなかすいた…日曜はほとんどのお店が閉まってます、inGermany

こんにちは、ドイツに留学している大分大学経済学部2年の森下優子です。
ドイツに来て3週間と少しが過ぎましたが、やっと慣れてきたかなって感じです。海外のひとりフライトは初だったのですが、何事もなく大学のあるドイツ北部の小さな街Paderborn(以下PB)にたどり着くことができました。何事もなくというか、出会った人々がとてもいい人ばかりだったおかげだと思いますが(笑)
街に着いて、バディが迎えに来てくれ、いろいろと手続きの手伝いをしてくれました。彼女はとても親切で、とにかく仕事がはやい。彼女には本当にお世話になってます!その日の夕方には、こっちに来ている日本人とそのバディとその友だちとで寮の庭で飲み会をしました。こっちに来ている日本人は、東北大から2人、大分大からは私を含めて4人です。ここで、ドイツのビール事情。ビールは16歳から、ウイスキーは19?20?歳から飲めます。ごめんなさい、ビール事情とか言っておきながら、あやふやです(笑)ドイツにはたくさんの種類のビールがあり、とにかく安いです。なので、みんなケースごと買っていきます。それから、ほとんどがビン。これがなんかいいんですよね。
P9090592.JPG

さて、ビールのことは置いといて。それからはデュッセルドルフやケルンに行ったり、PBの大聖堂を観て回ったり、警察に連行されたり、ソーセージを食べたり、ビールを飲んだり、ケバブを食べたり、Barに行ったり。(途中大変なことが起きてますが、詳しく知りたい方は言ってください笑)とにかく、こっちのソーセージとケバブは最高です!特にケバブ!!ラムのケバブが最高にうまい。こりゃ肥るわけです。そして、ドイツにきて一番に感動したのが、何と言ってもこの風景。
P9100648.JPGP9180697.JPGP9230735.JPGP9230742.JPG

最高です。散歩と写真(低レベルなものです)を撮ることが趣味な私には、ドイツの町並みは本当にたまりません。また、PBにはいたるところにゴミ箱があり、街が本当にきれいです。治安もいいし、田舎はいいなと実感させられます。


ここまで書いてると、なんか遊びほうけてるような感じがしたので、そろそろ勉学についても書こうと思います(笑)
PBに着いた2日後には、ドイツ語のクラスが始まりました。大学の冬セメは10月からなので、これはプレセメ、留学生用のドイツ語の補修講義のようなものです。月曜から金曜の朝8:30から12:00までの授業で、私のクラスはどういうことか、ドイツ語をドイツ語で習っています(笑) なのでそれこそ初めはチンプンカンプンでしたが、質問すると英語で説明してくれたり、同じクラスの日本人や他の留学生と助け合ったりで、なんだかんだ授業が分かるようになってきました。最近は街の標識が読めるようになったり、ドイツ人に道を聞かれて聞き取ることができたり、勉強の成果が少し現れてきてるかなというかんじです。まぁまだまだ初歩的な段階ですが、一からドイツ語を学ぶことに対しての心配?びびり?はなくなった気がします。たまにバディとドイツ語を交えて会話して教えてもらったりと、なかなか楽しいです。

バディや友達との会話は英語ですが、やはりみんな、訛りや個性があるので聞き取りづらかったり、分からない単語が出てきたりします。自分の勉強不足がほとんどですが。けどそういうときはゆっくり喋ってくれたり簡単な言い方に直してくれたりしてくれるので、コミュニケーションはとれてます。こっちの人は、多少通じなくても笑顔で気さくに話してくれるので、本当に毎日が楽しいです。
私は元々英語が苦手で、中高と、あまり勉強はしてきませんでしたが、音楽や映画、ドラマ、文化、生活スタイル、町並み、海外のたくさんのことに興味がありました。高3のときに大分大の経済学部の留学制度のことを知り、挑戦してみようと思い、今ドイツにいます。選考を受けて、通ったと知った時は、嬉しい反面、不安の方が大きかった気がします。自分の語学のレベルは痛いほどよく分かっていたし、本当にこれから留学するのかと思うと現実じゃない感じがしました。この留学生ブログを読んでる人にもそういう人がたくさんいると思います。留学してみたいけど、ふみこめない。私もそうなんですが、英語ができる人に引け目を感じてしまうんですよね。けど思い切ってやってみる、いい意味で流れに乗ってみるのって大事だと思います。あくまでも私の意見ですが。いやーしかしサムイ言葉ばっか言ってすいません。つまり言いたいことは、このブログが読んでる人の留学したい!ってゆう気持ちを少しでも後押しできたらなってことです。
すべてにおいて低レベルな私ですが、留学先での面白い出来事や勉強になったこと、いろいろなことをここに書いていこうと思っているんで、どうぞゆる〜くかわす程度に読んでもらえると嬉しいです(笑) 自己満で写真もたくさんupしたいと思います。それでは、明日のテストの勉強をしてきます・・・たぶん(笑)
P9080570.JPGP9280830.JPG
posted by 大分大学 at 13:42| 大分 ☔| Comment(1) | 2012ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする