2014年01月16日

シンガポールより(*^_^*)

こんにちは♪

シンガポールより二度目の報告をさせて頂きます。経済学部4年のきもとです。

12月14日から1月12日までは学校がお休みでした。

なので、今回はお休み中にしたことを書こうと思います。
休みが始まってすぐ、1週間ほどインドネシアのバリ島に日本人4人で行きました。
バリ島は想像していたリゾートと違い、思ったよりも危ない場所でした。まず、そこらじゅうに野良犬がいます。歩道には唐突に大きな穴が開いていることがあります。私の友達は夜歩いていて、穴に気づかずに落ちて、足に大きな擦り傷をしてしまいました。小さな子供が物乞いをしてきます。また、タクシーの運転手やレストランなどは、常にぼったくろうとしてきます。そのような感じで、楽しいことばかりではありませんでした。ですが、ビーチでのディナーや、ショッピング、お寺めぐりなどなんだかんだで、1週間満喫できました。他の人の旅行の話を聞く限りでもやはり、東南アジアでシンガポールだけが特別に治安がいいのだなと感じました。
バリのお寺にて↓
1509133_556224217801729_667832364_n.jpg

シンガポールに帰ってからは、こちらでできた友達と遊んだり、観光したりして過ごしました。年越しは、シンガポールにあるセントーサ島というところのビーチで行われるアジア最大のカウントダウンビーチパーティーに行きました(*^_^*)夜に行き、朝までビーチでダンスパーティーでした!(^^)!
1505072_565929770164507_1781463617_n.jpg

また、違う日にはセントーサにある巨大屋外プールで遊びました。そこはプールだけでなく、シュノーケリング(人工の海ですが)もできました♪人生初のシュノーケリングだったので、たくさんの魚と一緒に泳いで感動しました♪♪

また、毎週水曜日はよくクラブへと繰り出します♪
シンガポールはお酒が日本よりはるかに高いのですが、
ほとんどのクラブは水曜日はレディースデイで
クラブになんとタダで入れて(男性は30ドルくらい払わないといけません笑)
お酒もタダで2杯から5杯くらい(クラブにより違う)飲めちゃうのですハート(トランプ)
夜の11時くらいに繰り出し、朝の4時5時くらいに帰宅します笑
そして次の日学校がある日は、朝の10時からの授業に気合で行きます!笑

↓これはだいぶ前に留学生みんなでいった時の写真です♪
1450970_775492232476605_1153912234_n.jpg

クラブで友達になった人も多く、大学以外の友達もたくさんできました(*^_^*)


このような感じでお休みの間も暇に過ごすことなく、約1ケ月遊んでまわり、とっても充実しておりました!(^^)!


残りの学校も頑張ります(^^)/


posted by 大分大学 at 21:48| 大分 ☁| Comment(0) | 2013シンガポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月10日

マレーシアについて

あけましておめでとうございます!シンガポールから報告させて頂きます。

12月はマレーシアの、友達の実家に行ってきました。
その友達というのは、以前大分大学に留学に来ていたエリーです。
彼女はマレーシアのイポーがふるさとですが、シンガポールの南洋ポリテクニックで勉強しています。
シンガポールには彼女のように、中国やマレーシア、インドネシアやインドなどから勉強しに来たりする方が多いようです。
一方で、工事現場ではバングラディッシュやミャンマーなどから来た出稼ぎ労働者が多いです。

正直、シンガポールはこんなにいろんな人種があつまる国なのに、どうして争いが起こらないんだろうととても不思議です。
例えば、インドネシアでは、キリスト教とイスラム教の間で差別があったり対立したりするそうです。一方で、シンガポールには仏教もキリスト教も、イスラム教も、ヒンドゥー教も、無宗教も、いろんな人が集まるのに、どうして平和なんだろうとずっと考えていました。
シンガポール人の友達に、どうしてか聞いてみると、法律がきびしいからだよ、と教えてくれました。それでも、やっぱり不思議です。法律くらいでそんなに変わるものでしょうか。この疑問については帰国するまでにもっと調べておきたいです。


さて、マレーシアに行った話に戻りますが、正直怖かったです。
まず野犬が多くてショックでした。噛まれないように気を付けないといけないです。
また、マレーシアは、マレー系と中国系、インド系などいくつかの人種が集まっているようで、特に中国系はお金持ちが多いので狙われやすいそうです。
友達のエリーも、ショッピングモールのトイレの前でネックレスをちぎって捕られたそうです。そういうのを聞くと一層怖くなりました。

写真は、エリーの家の近くにあるお寺です。大きな大仏さまが寝ていました!
1526673_584802148258789_1330348305_n.jpg


また、自然公園のようなところにも連れて行ってもらいました。昔ながらの高床式のおうちのモデルがありました。
1511258_584801824925488_700573516_n.jpg

シンガポールから彼女の実家のイポーまで、バスで約8~10時間かかるのですが、途中高速道路を通っていると、警察が検問をしていて、とても渋滞していました。
エリーの話では、マレーシアの警察はとても悪く、検問では自分たちのポケットマネーのために違反していない車でさえ止めて、お金を脅してとるそうです。
また、これも彼女に聞いた話なのですが、マレーシアの政治家たちは選挙前に自分たちの票がほしいがために、よその国(バングラデッシュなど)からの労働者にマレーシアでの居住権を与え、違法に票を獲得しているそうです。
そして、居住権を与えられたそのような人たちが、レイプやスリなど、問題を起こすケースが多いみたいです。
エリーはそんなマレーシアが嫌いなようで、日本がいい、日本がいい!と言っていました。

国によっていろんな問題があるんだな、としみじみ思いました。
観光に行けばもちろん楽しいし、おいしいものもたくさんある国ですが、いろんな側面から見ることも大切なのかな、と少し考えさせられる旅となりました。

いろんなことを教えてくれたエリーと彼女の家族にとても感謝しています。(^^)734514_584802688258735_448069825_n.jpg


posted by 大分大学 at 17:01| 大分 ☁| Comment(0) | 2013シンガポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

Nanyang PolytechnicA

こんにちは。
シンガポールは南洋ポリテクニックに留学中の安藤です。
早くも2013年が終わりますね。
シンガポールの2013年最後の日は残念ながら小雨がぱらついております。

最近の悩みはズバリ、『円安シンガポールドル高』です。
来た時には10000円=125〜7S$だったのが最近では120程度です。
差額で映画一本観れるじゃん…((+_+))

IMG_1467[1].PNG

さて、今回のブログでは、旅行のことを書きたいと思います。

シンガポールに来て11週目。
12月16日からブレーク期間に入り、とうとう、シンガポール国外へと一週間ほど旅行に出かけてきました。

色々あって、今回はマレーシア西側を北側から南に下るルートをとりました(ややこしい(;´Д`))


因みに、一人旅です。


日程は以下の通りです。

12/16 Pulau Penang(ペナン島)
12/17〜 Pulau Langkawi(ランカウイ島)
12/20 Alor Setar, Kuala Lumpur(アロースター、クアラルンプール)
12/22 Melaka(マラッカ)

16日の深夜バスで一気にSGからペナン島へ行き、ランカウイへフェリーで渡り、今度はフェリーでマレー半島のアロースターという町へ行き、そのまま当日のうちにクアラルンプールへ(深夜着)。一日KL観光した後、マラッカへ。一泊のち、SGへ帰ってきました。

ランカウイではパヤール島というところへ人生初スキューバダイビングとシュノーケリングをしてきました。
ダイビングにはまる人の気持ち、わかりました(*'ω'*)

そういえば、陸路での国境越えも今回が初めてでしたね。
終わって気づきました(笑)


もちろん、一日一日にエピソードや、考えたことがあります。
全部、ではありませんがノートに書き留めてあります。
すべらない話もできました(笑)。多分。
ただここには載せないので、聞きたい方、いつか、いつの日か語ります。


今回も一人旅のつらいところと、楽なところが両方出た旅になりました(^O^)/

少し写真を載せます。

無題.jpg
ペナン島のジョージタウン(世界遺産)です。
街中アートで有名です。


ランカウイ.jpg
ランカウイ島の夕日です。
画像は加工されてますが、毎日綺麗でした。


KL.jpg
KLの有名なタワーです。


マラッカ.jpg
マラッカです。
夕日は残念ながら、雲の隙間から覗き見る格好になりました。


少し現実的な話をすると、最初に3万円をマレーシアリンギットに変え、途中US$50を、最後にS$50を換金しました。最後の最後にバス代がぎりぎり足りなかったんです(´・ω・`)

ですので、結局4万円ほど換金しで少しリンギットが残った、という感じでしょうか。

マレーシアは物価が安くご飯もおいしいので、近々ジョホールバルにも行ってみたいです。

と、いうことでシンガポール留学生活11週目はマレーシア旅行なのでしたーーー\(^o^)/
posted by yusei at 19:08| 大分 ☁| Comment(0) | 2013シンガポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月30日

シンガポールよりA


 こんにちは。シンガポールのNanyang Polytechnicに留学中の2年野口希望です。この国に来て約3か月がたちました。
 何書こうか迷いましたが、今回はシンガポールに来て大変だったこと(大変なこと)について書こうと思います。


 ●インターネット環境について●
 私が当初この国に来て、もっとも悩まされたのがこれでした。海外で日本のスマホを使うなら、Wi-Fiが必須です。しかし、私が住んでいるアパートには現在Wi-Fiがつながっていません。そのため、最初のころはLINEが使えなくて相当焦りました。また、学校のほうから、シンガポール現地の電話番号を持つように言われたので(わりと強制的)私はシンガポールでNOKIAの安い携帯を買いました($200くらい)。その携帯はWi-Fiも飛ばせるので、LINEやFacebookを使うときはNOKIAの携帯をWi-Fiルーターのようにして日本のスマホを使い、普通に電話をするときはNOKIAの携帯(つまり現地の電話番号)を使っています。ケータイ2個持ちです。それが嫌なら、日本でSIMロック解除することをおすすめします。
 …と、いろいろ書きましたが、このことは文章で説明するのがなかなか難しいので、もし何か聞きたいことがあったら私に尋ねてください。日本に帰ってからも少なくとも2年間は分大生なので(笑)。ぜひ気軽に質問してください♪

 ●授業について●
 前回少し触れましたが、次に授業のことについて書こうと思います。履修登録は日本にいるうちにします。ここで注意したいのは、同じ科目名でも2年生用と3年生用とがある、ということです。やはり学年が上がるにつれて、内容は専門的で難しくなります。自分の英語能力を踏まえて選んでください。
 私は、@ Effective Oral Communication
    A Effective Writting Skills
    B Human Resourse Management & Practice
    C International Freight Management
をとりました。
  @は会社のミーティングなどでのスピーチの仕方・スピーチ原稿の書き方について、Aはビジネス界での手紙やe-mailの効率的な作成の仕方、について学びます。将来に役に立つと思うし、また1年生の授業なので理解もしやすく、選んでよかったと思います。BとCは3年生の授業で、とても難しいです。確かに私の学びたかったことではあるのですが、自分にはレベルが高かったです。この前Cの試験で「国際貨物輸送取引における現代の問題点と解決策を述べよ」みたいな問題が出て、見事に撃沈しました…。次はもっと図書館にこもって頑張ります…。どうでもいいですけど、学校の図書館に小さなカフェがあるんですが、そこのビーフパイとオレオチーズケーキ(Oreoとチーズケーキのコラボ)がとてもおいしいです(笑)。

 
 最後に、最近ある本を読んでいます。"Life without Limits"という、生まれつき不完全四肢で生まれたNick Vujicicが書いた本です。どんなにつらい状況でも前向きに生きている彼を見て、私もがんばんなきゃ!と思うのと同時に私は本当に恵まれているんだなぁと思いました。正直、こっちの国に来て、日本では感じないようなしんどいことも多いです。でも、留学できるって幸せなことなんですよね。いろんな人に支えながら今のこの暮らしができているということを自覚しながら、残り2か月精いっぱい頑張ろうと思います。

 それでは、今回の報告を終わります。今年の日本はとても寒いと聞きました。風邪には注意してください…。ちなみに私はクーラーつけっぱなしで寝て風邪ひきました(笑)
posted by 大分大学 at 12:56| 大分 ☀| Comment(0) | 2013シンガポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月26日

サンダル焼けが消えません

こんにちは、シンガポールの南洋ポリテクニックに留学中の経済学部4年福永です。

今回私も2度目の留学となります。2年生の時に北京の対外経済貿易大学で中国語を勉強させて頂きました。シンガポールでは、他の3人も書いているように、英語・中国語・タミル語・マレー語が公用語です。特に、フードコートやレストラン、ショッピングセンターなどで働く人は中国系の人が多いので、お店に行くとたいてい中国語で話しかけられます。そういう時いつも、北京で留学して本当に良かったと思います。

さて、こちらの生活もだいぶ慣れてきたので、今回は
1住居のこと
2物価のこと
3授業のこと
について、主に書かせて頂こうと思っております。


1住居のこと 
今住んでいるのは、学内にあるアパートで、費用は月に300ドル(約2万4千円)です。アパートの概要は以下のようになっていて、私は同じ大学からの木許さんと一緒の部屋に住んでいます。

シングル・マスタールーム  550ドル・約4万4千円 (一人部屋・バストイレ付)
シングル・レギュラールーム 500ドル・約4万円  (一人部屋・バストイレ共有)
ダブル・マスタールーム   300ドル・約2万4千円(2人部屋・バストイレ付)
ダブル・レギュラールーム  250ドル・約2万円  (2人部屋・バストイレ共有)

実は、この値段にはとても驚いています。シンガポールでは住居費がとても高いのが普通だからです。賃貸でも月に10万以上するそうです。ちなみに、現地に駐在している日本人の方は月に60万円するコンドミニアムに住んでいるそうです。(プール・トレーニングジム付)いいなぁ、駐在…。 駐在員妻目指して頑張ろう。

本題に戻ります。私の住んでいるところは、3LDKのおうちの一室です。共有のリビングとキッチンもあって、とっても快適です。このおうちに、同じ大学からの木許さん、野口さん、多摩大学からの女の子と4人で暮らしています。
こっちではよく雷が鳴るので、一人で暮らすよりもみんながいてくれてよかったです。日本食が恋しくなったらみんなで鍋パーティーなどもします。楽しいです!


2物価のこと
シンガポールは、意外と物価が高いです。特に、レストランに行くと食欲がなくなるくらい驚きました。以前、火鍋を食べに行き、そんなにしないだろうと思って飲んだり食べたりしていたら、会計のときに一人8000円くらいでした(笑)
フードコートに行くと安いですが(300円くらいでおなかいっぱいになります)、レストランは高い!なんなんだこの国は。

それから、スーパーに行って驚いたのが乳製品とお肉の値段。牛乳、1リットル240円です。日本より高い!ヨーグルトやチーズも結構高かったなぁ…
お肉は、鶏肉は安いですけど牛肉が高い!もぉ〜〜〜   …なんちゃって。失礼。

お酒とたばこもびっくりです。こっちに来たらきっと皆さん健康になれます。
タバコはひと箱12ドル(千円くらい)するそうです。


3授業のこと
私はこっちでより実践的な国際ビジネスの勉強をするつもりで来ました。
はっきり言って、1~2年生向けの授業はとても騒がしく、授業に集中できません。考えてみたら現地の学生は17歳、18歳ですもんね。ひどいときは消しゴムのかすを投げ合ったりする学生もいます。先生が授業中何度も静かにするよう促しても、うるさいままです。正直がっかりしました。
初めは6つの授業を取る予定だったのですが、1~2年生向けのクラスをドロップして、最終的に3つ、3年生向けの授業を選択しました。
それらのクラスは、専門的な用語も使うので、正直大変です。周りの学生が助けてくれるのでなんとかがんばれますが、課題も少なくはないので、充実していると思います。

残り4か月をきってしまいましたが、学生生活最後の時間を悔いなく過ごせるよう頑張ります!


P1000166.JPG

P1000154.JPG
※写真は、現地で有名なチキンライスのかわいそうなチキンちゃんの写真と、以前大分大学に交換留学で来ていたエリーちゃんとインド人街で撮った写真です。
posted by 大分大学 at 16:08| 大分 ☁| Comment(0) | 2013シンガポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

シンガポールより第一回目の報告です(^^)/

初めまして(*^_^*)
シンガポールの南洋ポリテクニックに留学中の経済学部経営システム学科4年の木許です。

私は2年生の後期から1年間、アメリカのサンフランシスコ州立大学に留学させて頂き、今回は2度目の交換留学となります。現在4年生なので卒業までの半年間をこちらで過ごし、3月に帰国して、そのまま卒業という形になります。

大学生活のうちに、2度も交換留学させてくれる大学はそんなに多くないと思います。
大分大学の先生方と両親には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

さて、第一回目のブログはこちらでの授業と生活について書きたいと思います。

まず授業について。
留学生はビジネスマネジメント学部という学部に所属して、50?くらいの授業から最大6つの授業を選んでとることができます。わたしは4つの授業をとっています。
私はこちらでファイナンスの勉強がしたかったので、4つの授業はすべてファイナンスコースから選びました。

●Business Finance
●Alternative Investments & Hedge Funds
●Capital Markets & Financial Instruments
●Investment Analysis & Portfolio Management

ファイナンス&アカウンティのコースは専門的な内容なので、留学生にはあまりおすすめしないということを言われましたが、せっかくなのでとってみました。
上2つが2年生の授業で、下2つが3年生の授業です。
内容は難しいですがクラスメイトや先生が丁寧に教えてくれるので、今のところは楽しく授業を受けています。
ちなみにシンガポールのポリテクニックはたいていの人は17歳に入学して19歳に卒業するそうなので、クラスメイトはみんな年下です。

ポリテクニックは大学と違って実践的な勉強をすると聞いていたのですが、
実際に私がとっている授業では、金融電卓を使って計算する練習や
先生が「債券と株は今買うとするならどっちがいいか!?」などと質問をしてきてその質問にみんなで答えるというような授業です。


次は生活について。

まず言語は英語ですがシングリッシュといって、訛りが本当に強いです。そして、英語の中に中国語が混ざってよくわからない時もたまにあります。
なので、シンガポールの公用語は英語ですが「英語を勉強したい!!!」と意気込んで、留学先にシンガポールを選ぶのはあまりおすすめできないなと、こちらにきて感じました。
気候ですが、シンガポールは本当に暑いです。そして雨期のせいか毎日雨が降ります。日本の梅雨のような雨が降り続ける感じではなく、お昼過ぎにザーッと1時間ほどふって、またやむという感じです。

そしてこれがいちばんびっくりしたことなのですが、シンガポールにはいたるところにヤモリがいて、寮の中にもヤモリが現れます!!ですが、彼は足がとても速いので、家の中で見つけてもすぐにまた隠れてしまいます。怖いですが、何か私に害を加えるわけではないと自分に言い聞かせて共生するしかありません。最近はだいぶ慣れてきました。

食事は、大学の中の食堂で安く食べられます。また割高ですが日本食スーパーなどもあるので、困ることはありません。日用品も、日本のものがたくさんあります。

最後に声を大にして言いたいのですが、
シンガポール人は本当に本当に本当に優しいです!!!!!!!
留学するたびに、その国の人の優しさに触れて、いつも私も見習わないと!という気持ちになります!


では、残り4か月精一杯頑張りたいと思います!

写真は、先日シンガポール人の友達のお父さんががマリーナベイサンズに泊まらせてくれて、
屋上のプールに入ったときの写真です♪景色がとってもきれいで本当に感動しました!1420205_531160436974774_1884994564_n.jpg
posted by 大分大学 at 13:01| 大分 ☁| Comment(0) | 2013シンガポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月17日

シンガポールより@

 
 こんにちは。シンガポールの南洋ポリテクニック(Nanyang Polytechnic)に留学中の2年野口希望です。日本はだいぶ寒くなっていると思いますが、シンガポールはほぼ赤道の真下にあるので、私は相変わらず半袖×短パン×ビーチサンダルな毎日です!
 「シンガポールって? マーライオンしか分からない〜」という人がほとんどだと思うので、今回はシンガポールという国と、私が通っている学校について書こうと思います。


 ・国土が小さい
 マレーシアのすぐ下にあるのですが、本当に小さな国です(面積は東京23区とほぼ同じ)。1〜2週間もあれば余裕で全地域行けます! そのため、現地の人はよく海外へ行きます。ちなみにこの前、車持ちのシンガポールの友人に連れられて夜中の11時にマレーシアまで“買い物”に行ってきました(笑)

 ・多民族、多言語
 シンガポールは、中国系、マレー系、インド系などから構成される多民族国家です。大多数は中国系ですが、街の中、学校の中…さまざまな人種を見かけます。また、それぞれの民族に特徴があり、たとえばマレー系の人は宗教上の観点から人に肌を見せないような衣装を着ているなど、面白い発見がたくさんあります。公用語は、英語、中国語、マレー語、タミル語(インド語)です。
 シンガポール人は幼いころにバイリンガル教育を受けるので、国民全員が2か国語を話せます。学校や公の場では英語を話し、同じ民族同士や家の中では自分の母国語を話すといった感じです。そのため、たとえば中国系のお店やレストランへ行くと、日本人は中国人に間違えられるので、たいてい中国語で話しかけられます。戸惑ってしまうのですが、英語と中国語の両方を学びたかった私にとっては、シンガポールはいい環境になっているのかな、と思います。
 ただ、ここで注意したいのが、確かに公用語は英語なのですが、シンガポールで話されている英語はシングリッシュ(Singlish)と言われるように、とてもなまっているということです。TOEICのリスニングでたまになまった英語が流れると思いますが、それ以上にすごいです…! 韓国人で、3年間アメリカに住んでいて英語が堪能な友人がいるのですが、そんな友人でさえSinglishを聞き取るのは大変だそうです。でも最近は少しは慣れてきました(^o^)

 ・教育制度が違う
 日本やほかの国は大体、小学、中学…といった教育システムですが、シンガポールは少し違います。そのため、私が通っているNanyang Polytechnicも、正確には大学ではありません。"Polytechnic"という3年間の1つの段階であり、生徒はPolytechnicを卒業した後Universityへ進学するか就職するかを選びます。大分大学は、シンガポールではNanyang Polytechnicとしか提携を結んでいないので、シンガポールに留学したいと思ったとき、必然的にNanyang Polytechnicに行くことが決まるのですが、この学校は経済やマネジメントについて実践的に学ぶことができるので、経済やマネジメントを詳しく勉強したいという人にはいい環境になると思います。

 Nanyang Polytechnicの授業はほとんど、講義1時間+グループワーク2時間、からなります。留学生はどの学年の授業も履修することができます。留学生専用の授業は無く、すべて現地の人と一緒に受けます。中間試験やプレゼンテーションはよくあるし、シングリッシュでなかなか聞き取れないし(笑)で毎回大変ですが、なんとか頑張っています。

 
 今回はシンガポールと学校について少し書きました。シンガポールに少しでも興味をもってくれたらうれしいです。
 それではまた、再見(see you again)!
posted by 大分大学 at 23:37| 大分 ☁| Comment(0) | 2013シンガポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月15日

Nanyang Polytechnic@

 初めまして。 
 10月からシンガポール(以下、SG)のNanyang Polytechnic(NYP)に留学させていただいています、経済学部4年地域システム学科所属の安藤です。
 これから約1年間、ブログで現地の生活や学習状況などを伝えていけたらいいなと思っています。よろしくお願いします。
 いきなり個人的なことですが、4年生から1年間留学するのは今回僕だけだと思っていたのですが、皆さんのブログを見ると他にもいらっしゃるようですね。ぜひ日本に帰ったら仲良くなりたいものです(^O^)


 さて、学校名を見て、「あれ?大学留学じゃないの?」と思った方もいらっしゃるでしょう。SGは国土も小さく、何かを生産して輸出することもそんなにできません。では、何に力を入れるか。それは「人材」と「研究」です。特殊な教育システムを作り、人材育成・教育に熱心です。小学校卒業時にすでにテストが行われ、コースが決まっていくのです。僕なら耐え切れません(笑)。で、その後現れるのが大学やポリテクニックです。ポリテクニックではビジネスや情報、アート、医療等々さまざまな分野があり、学生が日夜学んでいます。大学との違いは、「実践的」だというところでしょうか?僕も来星前には「日本でいう専門学校みたい」と聞いていました。
 しかししかし、「大学じゃないのか…」思ってNYPを留学の対象から外してはもったいないですよ!(^^)!。周りはみなSGの教育システムを受けてきた人達ですし、「実践的」なことを学ぶにはもってこいです。僕も効果的なビジネスレターの書き方や、International Businessなど、難しいですが、『学んでいる』という実感を持って留学できています。(教育システムについてはうろ覚えなので、自分で確かめていただけたらと思います)


 では、本題?に入ります。
【VISAについて】
NYPは学校が始まるのが他国と比べて遅く、正式なメールが来るのをまだかまだかと不安になったのを思い出しました。日記を見直すと、8月28日でした。メールを受け取ると、VISAの準備です。学生VISAはこちらに来てから取得することになります。NYPの方が丁寧に何を用意し、事前にどう登録しておいたらよいのかメールで知らせてくれるので、その通りにネットで登録や予約を入れておけば大丈夫です。1年間の人は健康診断が必要ですが、それはこちらで受けることになるので心配しないでください。現地の学生(バディ)が連れて行ってくれます。採血されます(^_-)-☆

【授業について】
現在、Effective Oral Communication, Effective Writing Skills, International Business, F&B concept & Set up の4Moduleを受講しています。授業については、2012年の藤原さんのブログに詳しく書かれていたと思います。書かれてますね。それを参考にしてください。留学生用の授業というものは無く、すべて現地の学生と一緒に学ぶので大変ですが、それも中々できない経験だと思います。

【生活について】
SGでの生活は暑さとスコールを除けば快適です。暑さとスコールを除けば。大切なことなので2回言いました。しかし教室内やショッピングセンターは冷房がガンガン効いていて、寒すぎるぐらいなので羽織るものは必須になります。
生活に必要なものや食べ物などには困りません。日本で見慣れたものもたくさん売っているので、極端な話、手ぶらで来てすべてこちらで買うことも可能でしょう!賢い分大生はそんなことしないと思いますが…。
アパートは学校内にあり、スーパーやMRTも歩いて10分ぐらいです。部屋については、中々文章で説明しづらいものがあるので、他の方に任せます。



旅行や楽しそうな写真、もっと詳しいことなんかはきっと上の部屋に住んでいる女の子たちが説明してくれるはずです(^^)/頼んでおきます!(^^)!

また、個人的にブログも始めてみたのでよろしければ参考にしてみてください。
hitoaruhiganaru.blogspot.com
こちらはすごく個人的なことしか書いてないのですが、記録付けのために1週間に1度くらいで更新できています(^O^)/

それでは第1回目の更新を終わります。
このブログで少しでも留学やシンガポールに興味を持っていただけたら幸いです。
posted by yusei at 22:35| 大分 ☀| Comment(2) | 2013シンガポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする