2013年12月14日

台湾 東海大学part2


大家好(*´∀`*)
台湾の東海大学に留学中の、ぬーです。

 台湾生活にもだいぶ慣れ、知り合いの台湾の子もどんどん増えていきました。留学のいいとろこって、毎日日本にいたときと同じように暮らしていても、多くの刺激を受けられることだと最近すごく感じます。

今回は、最近大学でやっていることを紹介します

 今、東海大学でTA(Teaching Assistant)という仕事を任されています。これは、日本語学科の1、2年生を対象に日本語で会話の練習相手になるものです。週1回の約3時間、私は1年生の担当を任されたのですが、私と同じく言語を習い始めて3ヶ月という状態で会話をするので、なかなか意思疎通ができず苦戦しています..( ̄▽ ̄;)

 でも、みんな真剣に話を聞いて理解しようとしているし、私自身の中国語の勉強にもなるので、やりがいはあります。そして一番の大きな利点は、人脈が広がることです。日本語学科1年生全員と知り合いになれ、FBやLineを交換して友達になったり、一緒にご飯を食べに行ったり、すれ違ったら「ぬきさん、こんにちは」と声をかけてくれたり...。本当にTAやってて良かったって思います!!
(でもTA終わりの疲労感は半端ない..)

 またTAを通して、日本語学科の学生は本当に日本のことが好きなんだなと感じました。私の知らない歌手を拙い日本語で話してくれたり、日本のどこどこに行った、日本料理は本当に美味しい!などなど..
聞いてるこっちが嬉しくなりました!

 特にアニメや漫画に関しての、彼らの反応は大きく、日本のアニメの偉大さがよくわかりました(笑)


 最近、東海大学で「紅白歌合戦」がありました。TAで知り合った1年生の子に、見に来て見に来てと言われていたので、足を運んでみました。中国語で歌う人もいれば、発音の良すぎる英語で歌う人、中には日本語で歌う人もいて、思わず拍手が! パチパチ
 
 留学に来てからずっとお世話になっている、バディ(大分大学でいう留学生のボランティア)の人も出場してました。日本語にも歌にもピアノ演奏にも定評のある彼は、本当にうまくて、撮影した動画をほかの子に見せまくってたら、怒られました(冗談でw)でも、本当に本当に自慢のバディです!!!

 大学から一人で台湾に行くのは、やはり不安を感じましたが、彼のようなバディが東海大学にはたくさんいるので、実際に東海大学に行って不安を感じたことはありません!

 きっと、どの大学にも彼らのような留学生をサポートしてくれる人たちがいると思うので、留学を考えているみなさんも、心配しないで大丈夫だと思います!!

 
では、今回はこれで
再見( ̄▽ ̄)ノシ
posted by 大分大学 at 11:05| 大分 ☀| Comment(1) | 2013台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月13日

台湾 東海大学


你们好!
こんにちは、台湾の東海大学に留学中の、経済2年ぬーです。

 台湾の留学生活が既に1ヶ月半ほど過ぎました。出発したのは8月の最後あたりだけど、中国語の授業が始まったのは9月の下旬なので、まだ全く聞けず話せずです。私がお世話になってる東海大学は私立の大学で、校内は広くて綺麗!!(笑)

 今回は台湾に行くまでの準備と今住んでいる寮について書きます。

まず準備について
 準備は早ければ早いと良いといいと言いますが、留学先の国や大学によって必要なものが違うので、まずは何が必要なのかを調べることが大事だど思います。

 東海大学は留学申請の書類を、提出期限が4月いっぱいだったけど、2月の中旬あたりには送ってくれました。たぶん他大学より早く準備が出来ると思います。そこからパスポート申請(未成年だと戸籍謄本が必要)や健康診断、留学志望書(英語か中国語)などを揃えていけばいいと思います。私の場合は期限をオーバーし過ぎて、色々な人に迷惑かけたので、気をつけてください!
 
 向こうの大学からOKがもらえたら、入学許可書が届きます。それが届いたら自分がどれだけ向こうに滞在するか分かるので、ビザや保険の準備に入りました。保険は知り合いに保険会社の人がいたので、その人に全て任せて自分はノータッチです...参考にならずすんません(笑)
 
 ビザには苦労させられました。分からないことだらけで、大分大学から東海大学へ長期留学する人はいなかたので、他大学の人のブログを見ながらやっていきました。が、自分の知りたい情報が事細かに書いてあるわけではないので、ビザを取り扱うところに10回ほど電話しました。滞在期間・留学目的・留学先の学校・未成年か否かで揃える書類が変わるので、めんどくさいです(汗)
 でもめんどくさがってたら、福岡に3回もビザを申請しに行く羽目になり交通費の出費に泣いたので、丁寧に頑張らないとダメみたいです...。
 
 準備に関しては、本当に早め進行が大事だと思います。特にパスポート・健康診断・ビザ・推薦書(←これは大分大学の先生に書いてもらうもの)は申請してから受理するまでに1週間以上はかかります!!!

次に寮について
 私たちは4人部屋の共同生活をしていて、台湾人・韓国人・中国人と一緒に住んでます。日本人同士が同じ部屋になることはないらしいのです。ただ、台湾人の人は国籍が台湾だけど、ずっと日本に住んでたので関西弁でペラペラ日本語を話しています。他の二人とは(なかなか伝わらないけど)英語で話してます。これがいつか中国語で話せるようになるといいです。

 この寮には冷蔵庫や電子レンジ、キッチンはなく、机とベッドしかないです。最初見たときは衝撃でした。更に洗濯は毎日手洗い(洗濯機はあるが有料...)、トイレやお風呂は共同です。食事はほぼ外食だったり食堂だったりです。外食は学校から10分〜15分歩いたところに、「夜市」と呼ばれる出店が多く並んでいます。平均1食が60元〜70元(日本円だと200円〜250円)で食べられます。メニューが漢字のみなので、予想しながら注文するのが毎回ドキドキだけど、それが一番楽しかったりします(笑)

 最後に台湾は暑いですが、日本とそんなに変わらないと思います。ただ、暑さの期間が長いだけだと。
 詳しいことは、興味がある人が聞いてください(笑)
 とりあえず、楽しくやってます(・∀・)

 
posted by 大分大学 at 15:15| 大分 | Comment(2) | 2013台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする