2016年02月14日

台湾<東海大学>

にはお〜

こんにちは。
半年ってすぐ経ってしまいますね。
私は今月で最後の台湾となります。
なので、今回は東海大学での感想や経験などを書いていきたいと思います。



♦まずは部屋

東海大学には4人部屋の寮があります。実際に交換留学生はほぼ寮に住んでいます。
プライバシーを大事にしている私は寮の代わりに部屋を探すことにしました。
私の部屋は月5500元でした(現在の為替レートだと1万9000円辺りです。)けれども
周りの友達をみてたら3500元(1万2千円くらい)の部屋も探せるらしいです。
普段の部屋には机やテレビ箪笥が基本的に付きます。
しかし、台所がなく洗濯機もありません。ほぼ業者さんに任せる感じとなります。
値段は重さによって違いますが、私は平均70元(240円くらい)かかりました。
学校との距離は歩いて20分程度です。
(個人的にはたくさんの交流するためには寮に住んだほうがいいかなと思います。)

♦物価 & 生活費

台湾の物価は安いことでよく知られています。
簡単に接することができてよく食べる小吃 (しゃおち)は
ほぼ50元以内(170円くらい)で食べることができます。
チャーハンとかも70元あたりです。
よく行ってた学食も70元辺りでご飯を食べることができました。
しかし、少しおしゃれなところでご飯を食べるとしたら200元〜300元となります。
交通費は100q以内であれば無料です。(交通カードを使う場合)
服などはブランド品だとしたら値段が日本とそう変わらないのですが、
夜市で売っている服であれば安いと思います。

台湾は水道代がなく、ガスや電気代を2か月に一度払う感じです。

総合的に私は月に1万3000元くらいの生活費がかかりました。




♦感想
今回の台湾留学で半年って本当に短いなと思いました。それほど楽しくて、
幸せな日々を過ごせたのではないのかなと思います。
(皆さんには1年をお勧めしたいくらいです。笑)
中国語に関しては私は満足しています。
最初台湾に来たとき簡単なことさえも喋れず、聞き取れず苦労しましたが、
今は物の返品ができるくらいになりました 笑。
本当に楽しかったし、
これからも中国語の勉強頑張って今度はワーホリでもう一度来ようと思っています。



それでは終わりにしたいと思います。

ありがとうございました。
posted by えらん at 15:30| 大分 ☁| Comment(1) | 2015中国語語学研修(台湾・中国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

江漢大学 短期留学2015 全体の感想

こんにちは!
私は、江漢大学に3月13日から4月3日までの3週間、留学していました。
感想を、項目ごとに書きました! これから留学に行かれる方などの参考になるとうれしいです!

●中国語について
この短期留学に行く前に、1年間中国語を学んでいました。が、最初、中国語はまったく通じませんでした。
チューターや先生の会話を聞いたり、一言ずつ話していくうちに、なんとなく伝わることが増えてきました。
周りの方は本当に優しく、私の中国語を真剣に聞いてくれて、伝わった時にわかりやすい中国語で返してくれました!
本当に、中国語を「話しやすい環境」だったと思います!
(それでも不安なときや伝わらないときは日本語で説明してチューターの方などに助けてもらっていました!(^^)!)
現在は、聞き返される頻度も減り、思っていることを伝えやすくなってきました!
行く前より飛躍的に中国語が上達したと思います!
授業と同じくらい語学の上達に役立つと思うので、恐れずになんでも話してみると良いのではないかと思います。

●学内について
広いです!! 食堂は全部で5つあり、寮も本当にたくさんあります!
さまざまな学院(日本でいう学部のこと)や学科があり人もかなりたくさんいました。
私は、寮から教室まで大体歩いて30分ぐらいでしたが、チューターが一緒に行動してくれたので迷うこともありませんでした(^^)/
湖もあり景色がとても良いので、歩くだけでも楽しめると思います!( *´艸`)

IMG_0996.JPG
(学内には、このような建物がたくさんありました!)


●週末や授業外の活動について
週末は、チューターや学生が交代でいろいろなところに連れて行ってくれました!
3月だったこともあっていろいろな花が見ごろだったので、学内の花見スポットを回ったり武漢大学まで行って桜を見たりしました!
IMG_1260.JPG
(写真は、武漢大学内を撮影したものです!)
バスで学校から少し離れたところに行って、食べ歩きをしたりショッピングをしたり、
最後の週にはカラオケ(日本語の曲も割とある)に行ったりと、本当に充実していて楽しかったです!

●語学研修について
週に5日、
午前中は8:20〜12:00、午後は14:00〜16:00
といったスケジュールでした!
今回は一人で行ったために一対一の授業でした。
本当に分かりやすく、わからないところはなんでも質問できました。

●生活環境と食事について。
食事はおいしいです。学食の餃子が本当に安くて(1元で4つくらい)おいしくておすすめです。
飲み物も安かったです。(500mlのジュースが5元くらい)
学内には、学生の住む寮の1階にお店がたくさん入っており、
ショッピングができるくらい、カフェや小物屋、洋服屋、果物屋などさまざまなお店がありました!

基本的に日本に比べて物価が少し安めですが、学食や学内のお店に関しては特に安かったです。
ただ、寮に関してはあまりお勧めできません。
私が生活していた寮では、和式トイレの真上にシャワーがある形で、その場所にたまに泥水がたまっていたり、
窓の一部に穴が開いており窓を閉めても虫が出入りしたりなどなどなどなどいろいろとびっくりすることや不安になるようなことがたくさんありました。
来年から寮が新しくなるらしいですが、どんなことが起こるかわからないと思ったほうがいいと思います!
困ることはたくさんありますが、チューターや周りの方になんでも相談できるので大丈夫です!


長くなりまたが、大体このような感じでした!
正直、戸惑うことやキツイと感じることもかなりありましたが、それを踏まえてもとても楽しかったし、チューターのサポートなどもあり毎日楽しく過ごすことができました!
本当に貴重な体験だったと思います!
posted by ひとえ at 23:47| 大分 ☁| Comment(1) | 2015中国語語学研修(台湾・中国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015台湾語学研修:嗚呼素晴らしき台灣

みなさんお久しぶりです。今日は

私は2015台灣語学研修に参加しました。
昨年と違って、今年は大分大学から3名が参加しました。

昨年のブログと一緒に見てもらえると、たくさんの情報が得られますので、今後行きたい人も、そうでない人もチェックしてみてください!

さて…とりあえず、書きます!長くなると思うので、飽きたらてきとーに流してください(笑)
僕は、【学習】【ご飯】【通信】【?!】について書いていこうと思います。

【学習】

taiwan3.jpg
taiwan4.jpg
研修のメインです。1泊2日の台北旅行や文化体験などいろいろありますが、全部ひっくるめての学習という感じでした。
学ぶのは簡体字なんですが、台湾は繁体字を使用しているので、街に出てみると…?読めんやんこれなんてことはよくありました(笑)
日本みたいにクラスに分かれて授業を受けます。
今年は朝の8時30分〜12時までの時間でした。

クラスは、日本で中国語を履修してきた人はクラス分けテストで振り分けられ、未履修の人はその人たちとは別のクラスに振り分けられました。
僕は履修者だったので、なんだかめっちゃ難しいテストを受けました/ _ ;
リスニングや内容一致、文法なんかの問題がでましたね。

で、ABC3つほどのクラスに分かれて授業です。テストの出来で振り分けしてるみたいですが、どのクラスも使う教材はおなじだし、大してレベルに差はないと思います

僕らのクラスの先生はすごい個性的な方で、授業中にみんなで歌を歌ったり、
youtubeをスクリーンに映し出したかと思えば、おばちゃんが踊るダンスをみんなで踊ったり、
とずっと座学ってほどでもなかった印象です。
中国語を使ったミニゲームなんかはめちゃくちゃやりました。

ただ、中国語の発音にはすごく厳しくて、特に僕はヘタだったので、先生によくチェックされてました。
休み時間中にも呼び出されて練習してくれたこともありました。ていうか、いきなり全て中国語のクラスってのもギャップがあってびっくりしたのも事実ですが(笑)

最初はそういう経緯で、僕はすごい授業が辛かったです。周りと比べちゃいますよね。どうしても。
まぁでも、日本人の学生しかいませんから、時間が経てば学生同士で、先生が何言ってるかわかんないときは助け合うことも増えてきて、なんとか乗り切れました

それに、僕はそういう風にナーバスになってることを先生にも英語で伝えたりしたので、先生の方も気にかけてくれたと思っています。自分次第だなーと思いました。

【ご飯】
taiwan8.jpg
もうこれは台湾の醍醐味ですよ。安くておいしい夜市のご飯を堪能しました。
大学の裏に夜市があって、向こうの学生はそこでご飯を食べてます。
お店もほんとたくさんあるので、毎日違うものを食べれます。
寮にはキッチンがないので、自炊は不可能でした。

朝と昼は、寮を出てすぐ隣にある、食堂で食べて、夜は夜市っていう生活でした。

ご飯の時ほど、台湾の物価の安さを体験する機会はないと思います(笑)
日本だったらどうなってんだろーって思うことが多々ありました。

あと、自分はタピオカドリンクめっちゃすきなんで、3週間毎日タピオカ飲もうと思って台湾入りしたんですけど、4日で断念しました(笑)

っていうのも、甘さが半端じゃないんですよ台湾。
普通のお店でご飯を食べるときにでてくるお茶がもう甘い(笑)
台湾人はこれが普通なんだよとかバディが言ってましたが、いや、ふつーじゃねー!!

ほんで、向こうで買えるドリンクって大体甘さと氷の量を設定できるんですが、通常にするとものすごい甘くて、
糖尿一直線だなーと思って、4日で断念しましたホントは飲むのを忘れた
オススメは、半糖、微冰ですーー!

お茶が甘いのはほんとカルチャーショックでした´д` ;

【通信】
大学の建物構内は、一応Wifi完備なので、多分問題ないと思います。
もちろん寮も。
ただ、割と致命傷なんですけど、寮は部屋によっては回線が安定しません
あとめっちゃ遅かったりする(笑)
そういうこともあって、もしもPC持ってく人は、寮のカウンターで有線借りるのがいいと思います。(電池の問題もありますからね)

それと、最近話題のSIMフリー
ぼくは知人からiPhone4sを譲ってもらって、完全に台湾で使用する専用の端末を用意しました。
そしてそれをSIMフリー化して、台湾で使用できるか実験してみました。
結果から言うと、できた!(いろいろと大変だったし、めんどかった)

街中で迷子になってもバディと連絡を取ってなんとかなりましたし、
緊急時のことを考えると、ぼくは現地で携帯を使えるに越したことはないと思います。

向こうでは、空港で30日間1000元(約4000円)で海外の人向けのSIMを売ってますのでそれを使用しました。
無料通話が400元分ついてきて、これが意外と便利でした。
バディにも電話で連絡をとれましたし、お店にどこあるんですかー?みたいな電話もかけた。(笑)

日本への電話も、国際電話だけど、1秒0.2元(約0.8円)だから、400元使いきれなかったです。
祖父祖母に電話して台湾だよーなんて言うと、めっちゃ喜んでくれますから、みなさんもトライしてみてください。
docomoやsoftbankは確かお金払えばSIMロック解除できますから、よーく調べてみてくださいね。

あ、でもiPhone4sって既存のものは大体バッテリーヘタってますから、
モバイルバッテリー(向こうでは移動電源とあって納得)手放せませんでしたね。

回線速度も場所によってマチマチ。
特に、大学周辺は、僕の選んだキャリアの中華電信は電波が弱かったし、寮では2G回線になってほとんど意味をなさない時間帯もありました
まー、その辺は運ですよね。いい勉強でした。

ただ、日本では、僕はしょっちゅう携帯みてる携帯依存症なので、携帯から離れて台湾を楽しむことができました。(ていうか、日本でもそうしろよって話。)

それと、せっかくこっちに来てるのに、LINEみたらリアルタイムで、サークルとかのトークがめっちゃくる…なんてのはなんだか僕は鬱だったんで(笑)(Wifi繋いだらめっちゃ来るけどねw

【?!】
IMG_0691_Fotor_Fotor_Collage.jpg
IMG_0170_Fotor_Collage1.jpg
みなさん、いろいろツッコミたいところあると思うけど我慢してください(笑)
ぼくは個人的に、86のナンバープレートが86になってるのとか、あとは…
007(笑)これ、レジスタードマークついてません?めっちゃうける(笑)
Bondも真っ青ですよ(笑)
あと、横断歩道のない歩行者用信号w
鬼洗いとか、洗えるの?!って感じですよね。
台湾でみる日本語はすごいツッコミどころ満載でおもろいです。
台湾での日本語探しもオススメかも。

【まとめ】
3月1日から3月21日までが研修期間でした。
その間に撮った写真の数なんと1473枚
自分でもビビるくらい写真撮ってました(笑)
でもそのくらい、楽しかったです。
IMG_4773_Fotor_Collage.jpg

特に、バディの存在は大きいです。通訳から食事、勉強での質問など様々なサポートをしてくれます。
バディは日本語課の学生だから、ある程度の日本語はできます。
でも細かいニュアンスを伝える時だったり、ネイティブとして話してしまうとやっぱりきついときもあったりだったので、そういうときは英語を使いました。
そういうところも、普段では経験しないことですから、お互い勉強になります。
また、同い年の台湾の学生はどんな生活を送ってるのか、どんなところで勉強してるのか…などなど
東海大学は、とても自然が豊かで広大なキャンパスをもっています。
(大学内に牧場があって、自前で牛乳を売ってるレベル)
寮から授業がある教室まで、学内を走るバスを使わなきゃいけないほど大きいんです。
特に、上の写真にもありますが、教会がとても有名で、大学に観光客の人が来ます。

自分たちと比較してみたら、それぞれのいいところが見えてきて新鮮でした。
違うところははっきり違うし、日本と同じだ!ってところももちろんありますからね。

そして、台湾で出会う、日本人の大学生たちもいい刺激になります。
同じクラスで勉強するわけなので、3週間たったころにはほんとに仲良くなっています。
日本人だけでご飯とかに行ったりするのも、なんかアドベンチャーぽくて楽しいですよ(言葉通じずに苦労しましたが笑)


この研修は、自分次第でどんなものにもできると思います。
そして、自分次第でほんとうにたくさんのものを学ぶことができる。
いろんなことを考えることができるようになります。

授業ではきつかったけど、放課後はバディと遊びに行っていつの間にか笑ってた、
そしてだんだん日数が増すにつれてなじんでいって、最後は帰国するのが惜しかったです。

でも台湾は近いから、行こうと思えばいつでもいけます!
留学だけじゃなくて、旅行でも十分に楽しめる国です。
みなさんもぜひ行ってみてくださいね。
posted by アキ at 17:54| 大分 🌁| Comment(1) | 2015中国語語学研修(台湾・中国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする