2016年06月21日

大都会サンフランシスコC

Got Heeeem!!! どうも$uma$uです。

現在、アメリカから日本に帰国途中でいろいろな国々を渡って帰っているところです。

イギリス、オランダ、ドイツ、ポーランド、ウクライナ、ベトナム、韓国の7か国で、現在はウクライナにいます。

Screenshot_2016-06-20-14-24-47.png




最後の記事ですが、留学中と旅行中に体験したことを写真とともにシェアしたいと思います。


●アメリカ


僕はアメリカで野球観戦を9試合観戦してきました。なかでも興奮したのは!!!!!!!!!!!!!!!!!!































ど〜ん!イチローさんです!!!


received_1076281529102273.jpeg

日本、アメリカと全国からイチローさんを観るためにスタジアムへたくさんの日本人が待っていました。サインをいただくのも至難の業ですが、なんと!5分間ぐらいイチローさんとお話しができたのです!!友達と恥を捨てて呼び込むために叫んで頑張ったおかげです!!!

さらに!!!!!







ど〜〜〜ん!!!マー君を目の前で観ることもできました!!鳥肌です。

Screenshot_2016-06-20-23-22-54.png


メジャーリーグは日本のプロ野球と異なり、フェンスがなく、ファンサービスが旺盛なのですぐ目の前で選手と話をしたり、ボールをもらったりできます(このマー君が握っているボールは友達がマー君からこの後直接もらっていました)

このピッチャーのボールは僕が貰いました!

20160522_125534.jpg



・旅行中

僕の今回の旅行の最大の目的地の一つはポーランドのアウシュビッツ強制収容所です。

原物が90%を占めており、とても生々しかったです。そして、ガイドさんの最後の言葉「決してこのようなことを起こしてはならない」、当たり前の言葉ですが、すべてを観終わった後で、言葉がずっしりと重く感じました。


ビルケナウ収容所の線路
20160615_131306.jpg



高電圧鉄線などで4重になっており、脱出は不可能と感じました。手前のところに近づくだけで射殺だそうです。
20160615_121131.jpg



後ろを向いて手を頭の後ろに置き、ユダヤ人が射殺された壁



20160615_115110.jpg





この写真は僕が一番グッときた写真です。On The Way To Death 死への途中。労働ができる成人男性以外(女性、こども、病人)はすぐガス室へ誘導され殺されます。さらに恐ろしいのが、ガス室はシャワー室だとみんな信じており、ガス室から排出されるガスの煙が温かいお湯の湯気だとより一層みんなを信用させたそうです。ガイドさんが言われていたように「新しい生活への希望が死なのです」



20160615_110703.jpg



ここで一回で最大2000人が殺されたそうです。20分で全員が死ぬそうです。

20160615_122737.jpg


労働者がこの大人がギリギリ3人ほどのスペースに最大15人が寝ていたそうです。一番下はコンクリートをの上を直で寝ます。冬のポーランドは毎日氷点下だったそうです。

20160615_135618.jpg







次にウクライナにあるチェルノブイリ原子力発電所に行ってきました。

一般的な町では0.15μSv/hですが、目の前では約3μSv/hで、警報音がずっと鳴っていました。しかし、ここでたくさんの作業員が毎日働いているのが事実です。最高で9μSv/hを計測しました。毎時間11μSv/hのとこに365日ずっといると癌の発症率が0.5%上がるかもしれないそうなので大したことではないですね。福島でも11μSv/hを超えるのは2地点だけです。実際に訪れて勉強してみると、大したことないとは言えませんが、みんな福島の事故を針小棒大に扱ってるように感じます。


20160620_131500.jpg


近くでの撮影が禁止だったので小さいですが、真ん中が原子炉、左側の銀色の建物が原子炉を包む新たな巨大な建設物です。いまだに建設途中で建設費用はおよそ9000億円だそうです。

20160620_125252.jpg





小学校の教室にある大量のガスマスク。

20160620_143938.jpg





巨大な受信機


20160620_115335.jpg



幼稚園

20160620_123847.jpg




テーマパークの観覧車


20160620_141619.jpg






最後に

野球観て旅行して、留学って遊んでばっかり!!!???と思われるかもしれないですが、それは違います。アメリカではみんなオンオフがしっかりしており平日は勉強、休日はとことん遊ぶ生活です。アメリカでは日々勉強でした。遊ぶことはとても大切です。異なる文化での生活は精神的に苦です。英語が聞けない、話せない、課題が多い、たくさんの悩みができます。実際、留学中に円形脱毛になりました。そんな時に気分転換や友達と遊ぶことはとても大切です。アメリカにきて感じましたが日本社会に根付いている、娯楽=悪の考えはそろそろ脱却しなければと思っています。最適な休養は仕事、勉強の効率を上げます。


留学は2種類あると思います。一つは英語力の向上のために日本人がいない大学へ行く。もう一つは社会の情報を得るために敢えて日本人が多いところへ行く。僕は後者でした。サンフランシスコはアメリカで一番日本人が多いです。しかし、ITの最先端のシリコンバレーにあるため、ここへ住んでる、留学している日本人は持っている情報が最先端です。ここで都会と田舎の情報格差をもろに実感しました。彼らたちから大分では知ることができなかったことをたくさん教えてもらいました。どちらを選ぶかは自分の希望と照らし合わせて決めるのが一番です。


留学は本当に人生の分岐点だと感じています。留学で英語が使えることができるようになり、いろいろな国の人たちの情報交換ができます。たくさんの人と議論、情報交換をする中で思考力が格段に上がりました。そして、留学先で夢を持つことができました。日本ではその夢へのプロセスをしっかりと練って目標達成に向かいたいです。


留学に少しでも興味を持っているみなさん、ここで留学するかしないかは人生へ大きな影響を与えます。みんな最初から真剣に留学なんて考えていません。小さな興味からただ決断したのです。僕だって最初はただメジャーリーグが好きだからアメリカ人と語りたい!ただそれだけでした。するかしないかのとき、しないと何も始まらないんです、アメリカの友達がよく言ってました。しなかったら一生後悔するんです。よく大人が言ってるように「あのときもっと勉強してたら、、、」よく聞きませんか??たとえ、実行して失敗しても経験が詰めるんです。イチローだって4000本のヒットを打ったときに「4000本のヒットを打つのに8000回失敗、悔しい思いをしてる」(打率が3割なので3打数の内2打数は失敗)と言いました。人間失敗から学ぶんです。迷ったらとりあえず実行しましょう。


そして、留学の機会を与えてくださった先生方、両親、久保様、ありがとうございました。



続きを読む
posted by $uma$u at 07:33| 大分 ☁| Comment(1) | 2015アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

サンフランシスコ

こんにちは!サンフランシスコ州立大学に交換留学しているkoheiです。

留学の選考に合格した方はおめでとうございます!そろそろ準備を初めている方も多いと思いますので、今回は大きく3つのことについて話したいと思います。


まず授業について

自分はFall semesterでは

ENG210(スピーチのクラス)

ENG212(文法)

ENG204(リーディングやライティング)

IR104(国際関係学)

Spring semesterでは

ENG208(文法)

HTM390(後で説明します)

HTM110

HIST130(アメリカの歴史)

の授業を履修しました。多くの人がすでに履修を完了させていると思いますが、ここでも軽く説明します。右の数字は大きくなる程上級生向けのクラスになっています。


そして自分の専門としてアメリカで勉強したHTMhospitality and Tourism Management)について少し説明します。Hospitalityはホテル、レストラン、航空会社などの観光に関連した産業のことを指し、主にこれらのビジネスについて勉強します。とても面白いのでとってみる事をおすすめします!


二つ目はお金について

多くの人がキャッシュパスポートでお金を持ってくると思います。それが一番手っ取り早く、日本で準備ができるし確実な方法です。しかし自分はアメリカで口座を作り、そこに仕送りをしてもらっています。サンフランシスコに来ている人で口座を作ったのは自分だけみたいなので少し説明します。幸運なことに大学にUS Bankという銀行の支店があり、そこで作りました。口座を作るのはとても簡単でした。必要なものはパスポートで後はいくつかの項目に記入するだけです。特にメリットはありませんが、もしアメリカで口座が必要になったときは大学内にある銀行を使うといいと思います!


最後にビザについて

ビザの申請方法は他の方が書いていると思うので、自分はそれに少し付け加えて説明したいと思います。交換留学生はJ-1ビザという種類のビザが必要です。このビザにはDS-2019という書類がついていて、この書類が必要になる時はアメリカに入国するときで、これは一度アメリカを出国し、アメリカに再入国する場合に必須です。例えば冬休みに日本に一時帰国する際もこれを持っていないといけません。飛行機をチェックインする際にも提示が求められるのでそれがないと飛行機に乗れなくなるかもしれません。一時帰国だけでなく、例えばカナダやメキシコなどに行く際も必要です。持っていなければアメリカへの再入国はできません。また再入国する際、DS-2019に学校のサインが必要で、出国前に必ずサインをしてもらう必要があります。サインが無ければJ-1ビザによるアメリカでの滞在が終了したと判断されます。余裕を持って1〜2週間前にサインをしてもらうことをおすすめします。また出国の回数に制限はありません。つまり時間とお金があればいくらでも日本に帰れるということです!笑


これに関係して、

アメリカでの国内旅行の際はID(身分証明書)、つまりパスポートが必要です。忘れたら飛行機に乗れません。気をつけましょう!


最後に一言、留学は結構大変です。笑 課題は多いしついていけないかもしれません。最初はメンタルがやられると思います。日本とは違うところがたくさんあります。慣れるまではつらいかもしれませんが、友達や先生を頼って頑張ってください。留学を終えて日本に帰るころには別人のようにタフになっているでしょう。笑 本当に辛いときは旅行をするといいと思います。様々なアメリカを体感してください。すごく面白いと思います。僕も週末旅行を三回しましたが、良い気分転換になり、それが最後の課題にすごくためになりました。これから留学に行くみなさん、頑張ってください! I wish your study abroadwill be a success, Good luck!!

posted by Kohei at 14:22| 大分 | Comment(0) | 2015アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

UNC Charlotte

こんにちは!
UNCCに留学しているyoichiroです
今回はUNCCとシャーロットの街について書きたいと思います。
まずUNCCがどんなところかというととても広いです。こちらに来たばっかりの頃は何回か大学内で迷子になりかけたぐらいです。
あとやっぱり規模がかなり大きいです
特に図書館は10階建てで大分大学の図書館と比べるとかなり大きいです。
また図書館は平日は24時間空いており、深夜になっても多くの学生が残って勉強しています。
これが図書館の外観で
image-d4c24.jpeg
中はこんな感じになっています
image-bed8d.jpeg
3階以上は夕方以降閉まってしまいますがそれでもかなり広いです
特に10階はとても景色がよく授業の合間などによく利用しています
image-76b35.jpeg


次にシャーロットについて少し書きたいと思います。
シャーロットの中心街はUNCCから車で30分ほどの距離で正直何もないです。
しかし高層ビルなどもあり、結構栄えているので一度訪れてみてください。
image-f6b8c.jpegimage-da89b.jpeg
それでは終わりたいと思います。
留学希望者の方は派遣先の決まり、準備などで忙しいと思いますが頑張って下さい。
posted by Yoichiro at 06:55| 大分 ☁| Comment(0) | 2015アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

UNC Charlotte 授業

こんにちは、ノースキャロライナ大学に留学中の工藤です。

今日は前学期に受講した授業についてシェアしたいと思います。

基本的には、どの学部の授業でも受講することが出来ます。WEB上で登録をしていきますが、登録できない場合には、その学部のオフィスに行って交渉すると受けられる場合が多いです。


@LACS3051JAPN3201

このクラスでは、日本語のTAをさせていただきました。日本語を勉強している、アメリカ人の友達がたくさんできます。前学期に取るのがおススメです。授業は日本語なので簡単ですが、宿題の採点など、授業外で時間を取られることが多いので、専攻の授業など難しい授業を取る方にとっては大変かと思います。


AEDUC1000Dr. Good

この授業は、教育専攻の1年生の必修クラスなので、大学のことや教育について基本的な内容を学ぶことが出来ます。Amy Good教授は、とても親切で面白い先生です。課題などの質問にも丁寧に答えてくれます。おススメです。

また、この授業では約10時間の小学校でのボランティアに参加しなければなりません。先生の手伝いや、授業の観察なので、それほど厳しくはありません。


BPSYC1101

この心理学の授業は、大講義です。宿題は月に3回ほどWEBで行います。テストは3回ほど行われます(マークシート式テスト)。

テストは、授業のスライドから出題されます。内容は面白いですが、専門用語が多く、私はそれらを調べるのに時間がかかりました。


CSOCY2112Popular culture

この授業は、アメリカのポップカルチャーについての授業です。授業中に示されるスライドは、WEBにアップされるので、ノートを取らなくても大丈夫です。

グループワークが3回ほどあります。私のグループは不真面目な人が多く、大変だったので、グループ選びは慎重に行うことをお勧めします。テストはマークシート式です。



授業を選ぶ際には ”Rate My Professor” が便利です。同じ授業名で、先生が違う授業があります。そのような場合には、このサイトを使って、自分に合った先生を選ぶといいと思います。


次のブログでは、今学期の授業について書きたいと思います。

読んでいただきありがとうございました。

posted by kuma at 03:04| 大分 ☁| Comment(0) | 2015アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月31日

UNC Charlotte(ノースカロライナ大学シャーロット校)

こんにちは!アメリカのノースカロライナ大学シャーロット校に留学中のminoです。

投稿が遅くなりすみません…


そろそろ派遣留学先が決まり準備を始めるころではないかと思いますので、今回は私が留学の準備で特に苦労した3つのことについて書こうと思います。



J-1ビザの取得

ビザを取得するためには、以下のことが必要です。

DS-160(ビザ申請書)の入力、オンライン提出

ビザ取得のためのオンラインの申請書です。入力しなければならないことがかなりあって、とても時間がかかります…。すべて英語での入力です。

・その他必要書類の準備

パスポート、証明写真、面接予約確認書、DS-2019(留学先の大学から発行されるものです)SEVIS費用確認書、在学証明書・成績証明書(大分大学のもの)、銀行口座の残高証明書などを準備する必要があります。なお、書類はすべて英語表記でないといけません。

・ビザ面接

面接を受ける日時・場所を決めて予約し、必要書類を持って面接を受けに行きます。面接が受けられるのは、東京、大阪、那覇、札幌、福岡の米国大使館・領事館です。

※大分から一番近いのは福岡の領事館ですが、福岡で面接を受ける場合、面接日の一週間前までに書類を領事館に郵送しなければなりません。


実際に準備を進めていくと複雑に感じたりわからないことが出てきたりすると思いますが、米国大使館のサイトの説明のほか、流れをわかりやすく説明してくれている動画もありますので、そちらも見てみてください!

実は私がビザ面接を予約していた時に、パスポートとビザ関連の管理システムで障害が発生して、予約していた日時に面接が受けられないという事態が発生しました…。その後システムが復旧して無事に面接は受けられましたが、復旧するまではビザが間に合わないのではないかとかなり焦りました。。。こんなことはめったにないと思いますが、本当に何があるかわからないので、できるだけ早めに取り掛かってください。



予防接種

渡米の前にノースカロライナ州が指定している予防接種を受けておく必要があります。ほとんどのものはすでにみなさん受けているかと思いますが、中には日本で義務化されていないものもあったので、いち早くチェックして何が必要か確認してください(おそらくおたふくかぜや肝炎Bの予防接種を受けないといけない人が多いと思います)。また、予防接種をきちんと受けたことを証明する証明書が必要です。フォームは指定のものがあり、英語表記でないといけません。私は予防接種を受けた病院で書いてもらいましたが、大学の保健管理センターでも書いてもらえます。保健管理センターの先生は慣れてらっしゃるかと思うので、そちらの方がスムーズかもしれませんね。

予防接種は一度受けると次に受けるまでに一定期間開けなければなりません。私は渡航直前までいろいろバタバタしてとても大変でした

本当に早めに計画を立てて受けてくださいね!



住む場所

住む場所については、まず、オンキャンパス(大学内)の寮かオフキャンパス(大学外)のアパートか、という選択肢がありますが、私はオンキャンパスに住んでいるので、寮について書きます。

UNCCには現在19個の寮があります。できた年やデザイン、ターゲット(新入生向け、上級生向け、留学生向けなど)が違うので、それぞれの寮が異なった雰囲気を持っています。一人部屋を設けている寮もありますが、ほとんどが2〜4人部屋で、個別の部屋もありますがリビングやバスルームは共有する、といった感じです。また、キッチンが各部屋にあるタイプとないタイプがあるので、頻繁に自炊しようと考えている人はそこもちゃんとチェックしておくといいと思います。


私が思う寮の良い点と良くない点について書くと、

いい点◇

・オフキャンパスに比べて授業がある建物まで近い

・外灯が多く夜歩くときでも比較的明るい(もちろん夜一人で歩くのはだめですが)

SafeRideがある(夜に利用できるキャンパスシャトルのようなものです)

・家賃の支払いが簡単にできる(カードで支払いができます)

・困ったことがあればすぐRA(resident adviser)に相談できる

◇良くない点◇

・家賃が高い(寮によりますが、1セメスターで約$3000〜$4800ほどです)

・最後のテストが終わったらすぐに退寮しなければならない(今年の場合、テスト期間最終日は5/12ですが、5/13の正午までに退寮しなければなりません

などが挙げられます。

今わたしは基本的に寮での生活に満足していますが、やはり家賃が高いことは気になったりします


実は最初、わたしはオフキャンパスのアパートに住みたいと考えていました。家賃が寮に比べてだいぶ安く、アパートを借りる期間を自分で決められることが大きな理由です。頑張って手続きを進めていたのですが、途中でうまくいかず、結局寮に住むことにしました。

私の経験から、オフキャンパスに住みたい人は、現地にいる人に手伝ってもらわないとスムーズに手続きが進められないのではないかと思います。また、アパートは手続きをするなら早くしないとすぐに埋まってしまいます。first come, first servedです!




だいぶ長くなってしまいましたが、留学の準備に関連して私がみなさんに伝えたかった事を書きました。

とにかく、早めに取りかかることがとても大事です。やらなければいけないことがたくさんあって大変だと思いますが、頑張ってください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!



posted by mino at 14:22| 大分 ☁| Comment(0) | 2015アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

サンフランシスコ

こんにちは、サンフランシスコ州立大学に留学中の山本です。

今回は、サンフランシスコの街の様子について紹介します。


サンフランシスコには、観光スポットがたくさんあるので、アメリカに来たばかりの頃は毎週写真を撮りに出かけていました。


ほとんどのところにバスで行くことができます。サンフランシスコはそんなに広いわけではないので、歩いて行けるところもたくさんありますが、坂が多く大変です。

img515.JPG



では、私が行った場所をいくつか紹介します。


☆ゴールデンゲートブリッジ

フルハウスのオープニングに出てくる橋です。
歩いて往復するのに1時間ほどかかりました。


img549.JPG
修正0404.JPG
img558.JPG



☆アラモスクエア、ペインテッドレイディーズ

ここもフルハウスに出てきます。(笑)

天気のいい日にここで昼寝をするのが気持ちがいいです。


img487.JPG

img559.JPG




☆コイットタワー

階段をひたすら登ったら着きます。


img533.JPG




 ☆ロンバードストリート

 くねくねした坂道です。

花の咲いている時期に行くと綺麗だそうです。


img516.JPG




☆フェリービルディング

レストランや色々なお店があります。

週末はファーマーズマーケットが開かれます。


img553.JPG

img561.JPG

img563.JPG

img562.JPG

img560.JPG

img554.JPG




☆シビックセンター

この辺りは治安がとても悪いです。

簡単な荷物検査を受けて中に入ることもできます。


img512.JPG




☆サットロバスズ

昔はお風呂(プール?)として使われていたそうです。(と友達が行っていました笑)


img67.JPG
img86.JPG
img85.JPG


☆ツインピークス

町全体を見渡せます。

昼間に行ってもきれいですが、夜景がとてもきれいです。


img566.JPG

img565.JPG

img548.JPG



☆モラガストリートのモザイク階段

ここからも町を見渡せます。


img545.JPG

img544.JPG


img547.JPG

img546.JPG



☆オーシャンビーチ

夜にはキャンプファイヤーをしている人がたくさんいます。


img551.JPG

img552.JPG

img550.JPG



まだまだ紹介する所はたくさんありますが、今回はこのくらいで失礼します。


posted by ともまや at 15:36| 大分 ☀| Comment(1) | 2015アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

UNCC(ノースカロライナ大学シャーロット校)

こんにちは。UNCCに留学中のNormです。
自分はこっちに来る前にどこに住めばいいのか結構悩んでUNCCのサイトで調べたんですが分かりにくかったので住む場所について書きたいと思います。


まず大きく言って大学内の寮に住むか、大学外のアパートに住むかに分かれます。
僕は寮に住んでいるので寮について詳しく書きたいと思います。
寮といっても1つだけではなくたくさんあるので、その中でも僕が知っている寮を2つ紹介します。


@Greek Village

僕はこのGreek Villageに住んでいます。Greek Villageは30人くらいの学生が住んでいる寮が10件くらいあるエリアのことです。
三階建ての建物で、一階には共有のリビングがあり、そこにはキッチン、洗濯機、乾燥機、ソファ、テレビなどがあります。キッチンには電子レンジや大きな冷蔵庫などがあるので自炊したい人はそれらを利用するといいですね。洗濯機と乾燥機はそれぞれ2個ずつあります。30人で利用しているので誰かが使っていると待たないといけません。寮に出入りするのには個別のカードキーが必要なのでセキュリティ面はいい感じです。部屋は広めの個室で、ルームメイトが1人おり、バスルームだけそのルームメイトと共有です。バスルームにはトイレ、シャワー、洗面台がありお互いの部屋はそのバスルームで繋がっています。もちろんお互いに扉があるのでプライバシーは大丈夫です(笑)最初からあるものはベッドと机とたんすとクローゼットです。シーツや掛け布団はありません。最初に留学生を買い物に連れて行ってくれるやつがあったのでそこで買いました。(日本から持ってきてもいいですがベッドがでかいので注意)


DSC_0107.JPG

DSC_0109.JPG

DSC_0095.JPG

僕はここにずっと住んでいますがかなり快適に過ごせています。いい点を挙げるとすれば、ルームメイトが1人なのでかなり仲良くなれたこと、1件1件に住んでる人数もそこまで多くないのでリビングで会ったときに話をしたり顔見知りができたりすることです。皆でフットボールをテレビで観たりピザを食べたりもあります。仲のいい友達ができると車で買い物に連れて行ってくれるのでいいですよ(笑)悪い点を挙げるとすれば、寮の中では授業がある建物まで行くのに遠い方のエリアにあることと、家賃が高いことですね。

余談ですが、最初来た日冷房の設定温度が寒すぎて真夏に凍え死ぬかと思いました・・・


AMartin Hall

ここはかなりでかい1つの建物です。部屋は基本4人で共有です。大きな一部屋の中に4つの個別の部屋がある感じです。Greekとは違い、4人で小さいリビング、キッチン、2つのバスルーム、2つずつの洗濯機・乾燥機を共有します。Greekよりも共有する人数が少ないのでより自分の好きなときに料理したり、洗濯したりできますね。個別の部屋同士は繋がっていません。Martinの中にはビリヤード台や卓球台、テレビも複数台あるので娯楽面も充実しています。授業のある建物への距離もGreekよりも近いです。良くない点を挙げるとすれば、個別の部屋が狭いこと、ルームメイトが多いので少しのトラブル(自分のもの食べられたり、うるさかったり)はあるそうです。



上の2つを紹介しましたが、ほかにもWitherspoon Hallという多くの留学生が住む大きな寮もあります。いろんな国から来た留学生と触れ合いたい人はそこもいいかもしれません。



それではUNCCに来た人が快適に暮らせることを願っています。












posted by Norm at 15:23| 大分 ☁| Comment(0) | 2015アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

サンフランシスコ州立大学〈授業〉

こんにちは。サンフランシスコ州立大学に留学中の山本です。2度目の投稿が遅くなってしまいすみません。今回は、秋学期に履修した授業を紹介します。



 秋学期は、ENG201, ENG208, ENG210, PSY200の4つの授業を受けました。履修している授業の数が日本よりも少ないように感じるかもしれませんが、こちらの授業は同じ授業が月・水・金または火・木にあり、授業の種類は少なくても、授業を受ける回数は日本と同じくらいあります。私の受けている授業の説明しかできませんが、来年留学しようと思っている人の参考になると思うので、授業の内容について、紹介したいと思います。


ENG201はアカデミックイングリッシュという授業で、新聞などの記事を読んで、理解して要約したり、それについての自分の意見を書いたりする授業です。15人くらいの少人数のクラスでグループワークが多い授業です。この授業は一コマ2時間15分ある授業で少し長いのですが、グループワークが主なので、退屈せずに楽しい授業です。


2-2.png2-1.png

グループワークの様子


ENG208は、文法の授業です。文法は中学校や高校で既に習ったものなので、実は内容はとても簡単です。しかし、この授業はエッセイの宿題が出るので英語でのエッセイの書き方などを学ぶことが出来、留学1学期目にはとても助けになる授業だと思います。


ENG210はスピーチのクラスです。自分でスピーチの話題を考え、4人程のグループ内で練習して、クラス全体の前でスピーチをするという流れです。クラス全体といっても20人程なのでそんなに緊張するものでもありません。しかし、20人に自分の言いたいことを短い時間の中で英語で伝えなければならないので、スピーチの練習をすることで、英語を話す勉強になると思います。


PSY200は心理学の入門編のような授業です。この授業は他の3つとはちがい、受講生が200人程の大講義室で行われるレクチャー形式の授業です。大人数の授業は、自分が理解出来ているいないに関わらずに進んでいくので、他の授業に比べるとついていくのが大変です。しかし、他の少人数の授業とはまた違った雰囲気の授業を受けてみるのもいいかと思います。


2-3.png


授業で使用した教科書




私が秋学期に履修した授業はこの4つです。春学期に受けている授業については、また紹介します。

posted by ともまや at 12:54| 大分 ☁| Comment(0) | 2015アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

SFSU (サンフランシスコ州立大学) 授業について

Got heeem $uma$uです。


現在は1週間の春休みです。


4月ぐらいにSFSUの授業登録をオンラインで行わなければならないと思いますので説明します。


J-1studentは最低12単位の登録必要です。1つの授業は3~5単位です。12単位がベストだと思います。

最初のSemesterはEnglsih3つとなにか1つという感じです。

Englishの授業は基本的にReading 204 / Grammer 208 / Oral 210の3つです。それぞれの授業で時間帯ごとに5つほどあるのでうまく組み合わせて取ります。そして次のSemesterにReadingの発展 209 / Grammerの発展 212を取ります。

僕の場合、月水金の授業で火木は休みでした。

ENG204 10:10~11:00
ENG208 11:10~12:00
ENG210 15:10~16:00

*注意*
Communication 101というのを取ってたんですが後々にENG210と同時に取ってはいけないということが判明して、Dropせざるを得なくなりました。最低12単位を登録しておかないとアメリカに滞在できないということで、全てのDeadlineが過ぎていましたがサポーターとの人となんとかシネマの授業を取ることができました。しかし、その授業は映画についてとことん勉強している生徒たち向けの授業で、出席と提出物をすべてしましたが単位を取ることができませんでした。アメリカでは結果がすべてなので、留学生担当の人にあなたは全然勉強していない、次のsemesterは絶対に12単位取りなさいと怒られました。しっかりと選んで授業を取りましょう。


次のSemesterつまり現在取っている授業はEnglsih2つとイスラム社会と国際関係学、合計12単位です。


月 ENG209 10:10~11:25
    ENG212 14:10~15:00

火 IR104 14:00~15:25

水 ENG209 10:10~11:25
    ENG212 14:10~15:00
    RRS101 16:00~18:55

木 IR104 14:00~15:25

金 ENG212 14:10~15:00


IR104は国際関係学の授業で40人ぐらいで授業を受けます。予習で20pぐらい本を読んで参加します。

RRS101はイスラム、アラブのコミュニティについて学びます。この授業は週一回3時間ですがとても面白く25人ぐらいの生徒主体でディスカッションとプレゼンテーションの授業です。予習で40pぐらいの記事を読んで参加します。生徒の発言で授業が成り立ってます。みんなそれぞれの国籍が異なり、アメリカ、メキシコ、インド、イラク、パレスチナ自治区、ヨルダン、ドイツ、セネガル、日本と国際色豊かです。最近ではイスラム恐怖症(イスラム系の人を怖がってしまうこと)についてのディスカッションでは実際に空港でこんなことされた言われたなどと当の中東出身の人たちが実体験を語ってくれるので、とてもいい授業だと感じています。


SFSUの授業はオンラインで登録でき、先着順で決まります。最初の2週間はお試しでいろんな授業を受けていいので、難しければ違う授業に変えることもできますので、しっかり熟考して自分に合ったスケジュールを組みましょう。

posted by $uma$u at 14:40| 大分 ☀| Comment(0) | 2015アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

大都会サンフランシスコB

Got Heeeeem!!どうも$uma$uです。今回はこんな僕ですがシリアスにいきます。


もう留学先が決定した頃だと思いますのでアメリカへ到着するまでどのぐらいのことをしなければならないのかを書きます。


アメリカへ留学するまではたくさんのことをしなければいけません。準備期間、費用、労力たくさんかかります。留学先が決定し3月からは書類やらビザなどと忙しくなるでしょう。アメリカは準備が一番大変かもしれません。切実に早めに取り掛かることをおすすめします。


大まかな全体的な流れはこんな感じでした。(SFSU: San Francisco State University


3SFSUからのメールでネット上でのいろいろな情報登録

5月パスポートを取る。J-1ビザを取るために書類準備開始(ものすごい時間と量です)

   生協で航空券予約

6SFSUから国際交流課へ書類が届いてからJ-1ビザ申し込み&ビザ面接予約

6月末 大阪で面接

7月保険、予防接種

7月家探しをFacebookで試みるが失敗。

8月10日渡米

8月アメリカで家探し

8月末 Semester開始



詳細は下記です。


・パスポートを取るために必要なもの

一般旅券発給申請書(親の直筆署名が必要)

戸籍謄本(家族全員の戸籍が書かれたもの)

証明写真

身分確認できるもの(運転免許証、健康保険証、学生証)


J-1ビザ(アメリカに長期間滞在することができる許可。認定後はパスポートに貼られます)を取るために必要なもの。

パスポート

DS-160確認フォーム(オンラインで登録する個人情報等)ものすごい時間がかかります。

証明写真

証明写真デジタル版(DS-160登録時に必要です)

面接予約確認書 オンラインで入手できます。(大阪、東京のアメリカ領事館で面接を受ける必要があります)福岡もありますが郵送など手間がかかり、おそらく留学まで間に合わないと思います。

DS-2019SFSUから交流課に送られてくる、在学証明書)

SEVIS支払い確認書(9.11のテロ以来入国学生を保護するための費用をオンラインで払います)

残高証明書(合計300万円以上、アメリカで生活できるかどうかを証明するため) English

在学証明書 大分大学 English

 成績証明書(過去3年間)大分大学と高校時代のも English

 住民票 English


・予防接種

はしか、おたふく、風疹の予防接種を渡米前に受け、Englishで証明を書いてもらう必要があります。大分大学の保健管理センターでしました。


・保険

SFSU指定の保険に加入する必要があります。値段は1年間約17万円です。

上記の保険でカバーされないところ(物損など)もあるので個人で別の保険に入るのも必要です。

ちなみに僕は加入しませんでした。


・航空券

生協で購入することをおすすめします。簡単&安い&情報多し&衛藤さん優しい

2, 3か月前から予約しないともっと高くなります。

810日出国で最安値往復17万円、片道9万円でした。

SFSUのオリエンテーションが826日あたりなので。

僕は片道にしました。なぜならヨーロッパに寄って帰る予定だからです。



パスポート 11,000

J-1ビザ   20,000

SEVIS    24,000

保険      170,000

航空券    170,000

予防接種   10,000

残高証明 3,000,000円以上を証明

その他もろもろ  両親に感謝です。


最後に重要な家探しについて書きます。

相場は月$800〜$1100です。月$700ぐらいもありますが、至難です。

・FacebookのSFSU Apartment Groupに入り、ルームメートを募集している人にコンタクトする。or ルームメートを探して家を一緒に探す。詐欺もあるので注意。
・Craigslistというサイトで家を探す。オーナーとコンタクトを取り、実際に訪れて契約する。

・SFSUの寮を希望する(日本から)?あんまり確かではないです。しかし寮は月$1300ぐらいです。

一番苦労するのが家探しです。英語ができない状態で英語で契約するのは最初の試練です。僕は大分大学へ留学していたアメリカ人の友達にサポートしてもらいました。人脈命

わからいないことがあればコメントしてください。
posted by $uma$u at 16:07| 大分 ☀| Comment(0) | 2015アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

A大都会サンフランシスコ

Got Heeeeeem!! っどうも$uma$uですシュシュシュシュッ

今回はアメリカ、サンフランシスコに来て3か月で気づいたことやサンフランシスコでの生活を紹介したいと思います。そして、みんな綺麗な画像しかアップしないので  「これぞアメリカ画像」をたくさん用意しました!


・勉強
日本の大学では今までになかったほど勉強します…….みんなほんとすごいです。パーティーばっかりで遊んでいるようにしか見えない人でも平日はめちゃ勉強しています。平日は勉強、休日はパーティーみたいな感じでオンオフがしっかりしています。
3か月でEssay16回Presentation4回ありました、このほかに授業の課題も毎回あって、時には笑っちゃうぐらい多い週もありました。僕はとても少ない方で他の人はもっとあります。来セメは多い予感。


・物価+家賃
 また報告します。やばいです、どんどん上昇しています。最近サンフランシスコは アメリカで一番地価が高い都市になったらしいです。あのニューヨークのマンハッタンに住むよりも高くて、世界TOP3に入るらしいです。家賃月10万円以下でプライベートルームありを見つけるのはもう難しんじゃないかと。大学の寮でさえも月14万円、とにかくえぐい。


写真!!!
アメリカの写真をたくさん紹介しましょう!


20151031_175817.jpg

Twitter本社!!なかなか治安が悪いとこにあります。

20151125_122508.jpg

これめっちゃほしいです。結構乗っているのを見かけます。

20151120_163345.jpg

Fogというやつで家の標高が高いんで激しいです。雨じゃないです

20151203_233225.jpg

大学にも自販機あります。10分の1の確率で商品でてきません。友達お釣り$12返ってきませんでした。

20151022_001411.jpg

最寄り駅のゴミ捨て

20151031_233314.jpg

超有名DJ Nicky Romero!! セカオワのドラゲナイってやつ作った人です。

20151101_020740.jpg

Nicky RomeroのRaveの帰りのバス。僕のお面は女に人に盗られました。

20151203_234048.jpg

電車の中

20151201_153420.jpg

最寄り駅の汚さ!

20151201_153826.jpg

雑ですが、回収はします。

20151216_172116.jpg

Golden Gate Bridgeめっちゃでかいです。

20151225_093046.jpg

大学の人工芝フィールド。フリーです

20151216_153339.jpg

公衆トイレ

20151222_160329.jpg

なんとなく撮った

20160101_073734.jpg

車の持ち主、

20151214_101459.jpg

道路汚い

20151230_130740.jpg

近所の人工芝フィールド。ここでの野球はたまらないです、

20160101_074639.jpg

初日の出

20160101_074634.jpg

1月1日のベストショット。

20160101_074841.jpg

自分のセンスに惚れた瞬間



ラスト7か月。長く感じるときもあり、短く感じるときもあります。4月からMLB(メジャーリーグ)が開幕するので4月が本当に待ち遠しいです。2月には巨大音楽フェス! 3月にはもしかしたら生ジャスティン・ビーバー!勉強も多いですが、楽しいことも多いです!
posted by $uma$u at 16:06| 大分 ☀| Comment(0) | 2015アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

@San Francisco 家探し

こんにちは。サンフランシスコ州立大学(SFSU)に留学中の山本です。

今回は、サンフランシスコでの家探しについて紹介したいと思います。私はオフキャンパスでシェアハウスをして住んでいますので、シェアハウスに興味のある方はぜひ読んで下さい。

私は日本では家を決めずに、こちらに1週間早く来て、その間に家探しをしました。初めの1週間はAir B&Bというアプリで泊まるところを予約していたのですが、知り合いの人が泊めてくれることになり、そこに泊めてもらうことにしました。こちらに来て家を決める予定の人は1週間分の宿泊場所は確保しておいた方が安心だと思います。


------------------------------------------家探し-----------------------------------------

Craigslist http://sfbay.craigslist.org/ (インターネットの家探しのサイト)

Facebook https://www.facebook.com/groups/223625011079774/ SFSUの学生用の家探しのページ)

家探しにはこの2つが役立つと思います。


○自分の条件に合う家を探し、出来るだけ多くメッセージを送る。

・メッセージは送ったらすべて返ってくるわけではないので、1件送って返信を待つのではなく、一度に何件も送った方が良いです。

・メッセージの内容は、「私は日本からの留学生で1年間住む家を探しています。○月○日に家を見に行ってもいいですか?」という簡単な内容で大丈夫だと思います。

・メッセージを送るのは日本にいる時から出来るので、私はこちらに着いてからしましたが、来る前から家を見に行く日を決めておく方がスムーズだと感じました。

○家を見に行く。

・メッセージのやり取りで日付を決め、実際に家を見に行きます。家はメッセージのやり取りだけで決めようと思えば決められるので、アメリカに行く前から家を決めたいという人はそれでも良いと思いますが、私が見て回った家の中には状態があまり良くないものもあったので、実際に見て決めることをお勧めします。日本を出る前に家が決まっていないと心配だとは思いますが、私はこちらに来て2日で家が決まったので、そんなに焦る必要はないと思います。

・サンフランシスコはほとんどの場所にmuniというバスと路面電車が通っているので、家を見に行くときの交通手段は心配しなくても大丈夫です。

・家を見に行くと、大家さんやルームメイトにも会えるので、家だけでなく、自分がどんな人と一緒に住むことになるのかを知れるので良いと思います。


○契約をする。

・家を見て回ったら、あとはどの家に住むか決めるだけです。住みたい家が見つかったら、もう一度メッセージを送り契約のお願いをします。この時期は家探しをしている人がたくさんいるので、必ず住みたい家に契約できるとは限りません。同じ日に家を見に来た人が自分よりも先に契約をしてしまうこともあります。そのため、家をいくつか見て回っておけば、一つ目がだめになった場合にも、他の選択肢があって安心です。

------------------------------------------------------------------------------------


私の家探しはこのような感じでした。私は、始めはルームシェアをするつもりだったのですが、家を何件か見て回った結果、プライベートルームのある家で2人のアメリカ人とシェアハウスをすることに決めました。私の家では、3人がそれぞれプライベートルームを持っていて、キッチンとリビング、バスルームは共有しています。課題などをするときは自分の部屋で過ごすことができ、ご飯を食べるときなどはリビングで食べてルームメイトと話したり出来るので、プライベートルームとシェアスペースの両方があるところに決めて良かったと感じています。

サンフランシスコは家賃が高いので学生は基本的にシェアハウス/ルームをしていると思います。一人で住みたいという人もいるかもしれませんが、私はルームメイトのいるシェアハウスをお勧めします。私はアメリカに来たのが初めてで、来たばかりの頃はバスの乗り方や買い物の仕方など何も分からなかったのですが、ルームメイトに色々と教えてもらい、こちらの生活に慣れることが出来ました。また、ルームメイトがいると英語での会話の機会が増えるので、日常会話をより多く身につけたい人にはシェアハウスは非常に良い機会だと思います。



 今回は家探しについて書いたので、特に写真もなく退屈だったと思いますが、読んで頂きありがとうございます。次回は写真を交えながら、街の様子や学校の様子について紹介したいと思います。

posted by ともまや at 17:34| 大分 ☁| Comment(0) | 2015アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月30日

UNCCharlotte

私は8月から、アメリカのノースカロライナ大学(UNCC)に留学しています。
来たばかりの時は、何もわからず、とても不安でしたが、沢山の方に助けていただき、なんとか生活しています。
私はアメリカ人と、4人シェアのアパートに住んでいます。ルームメイトはみんな優しくて、何かと助けてもらっています。

image.jpg

この写真は、シャーロットのダウンタウンに連れて行ってもらった時の写真です。
シャーロットには、Bank of Americaがあります!
小さな美術館のような所にも行きました。

image.jpg
この写真は、フェアに行った時のものです。大分の遊園地くらいの広さと乗り物がありますが、遊園地ではないようです。
初めて フライドオレオ(オレオクッキーを揚げたもの)を食べましたが、おいしかったです!
ただ、アメリカには揚げ物が多いので、食べ過ぎには気をつけたいです(°_°)
image.jpg

そして、先週の土曜日に、初めてのフットボールの試合に行ってきました(*^o^*)
UNCCの学生は無料です!残念ながら、途中から雨が降りましたが、とっても楽しかったです︎


授業については、予習と課題に追われ、とても大変ですが、充実しています。

最後まで読んでいただきありがとうございました(*^o^*)


posted by kuma at 10:37| 大分 | Comment(0) | 2015アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月15日

@大都会サンフランシスコ

Got heeeem!!どうも皆さん$uma$uです。
2015年8月10日からアメリカ、サンフランシスコに2回生の後期から留学しています。
大学の名前はSan Francisco State of University 通称SFSUです。


今回はアメリカ留学の特色を知ってもらうために、アメリカ留学とサンフランシスコの良い点と悪い点を説明したいと思います!

*アメリカ留学の良い点
考え方は人それぞれですが、僕は人種のサラダボウルと言われるぐらい様々な背景を持った人たちと討論し、意見を出し合い、様々な考え方を自分に取り入れたいというのがアメリカへ留学した一番の理由です。外へ出れば様々な言語が飛び交い、様々な外見や言語を持つ人と出会い、世界をまとめたような国=アメリカのような感じがします。また、アメリカで生活して初めて気づいた文化の違いや日本の良さをたくさん発見できます!本で知るのとは全く違います!


*アメリカ留学の悪い点
治安が……
なんといっても治安が悪いです。場所によっては本当に歩きたくないです。町ではホームレスが物を求めて話しかけてき、黒人がマリファナを売ってきて、スリ集団もいます。実際に昼間に強盗の瞬間を見てしまいました。もちろん大学内は安全です!しかし、注意を払っていないと大変なことになるので毎日警戒しながら生きています!ちなみに僕は治安が少し悪いところに住んでいるので数十秒に一回は後ろを振り向いています(笑)

汚い…….
日本と比べて激しくいろいろなところが汚いです。町、トイレ、全部です!!
20150830_120830.jpg





サンフランシスコってどこ?
Screenshots_2015-09-14-23-58-41.png
サンフランシスコはアメリカの西海岸、日本側にある都市で、とても都会です!

あのゴールデンゲートブリッジはサンフランシスコです!
s_1248400164_2_1.jpg

近辺にはロサンゼルス、ラスベガス、シリコンバレーで有名なサンノゼなどの都市が存在します。またGoogle、Facebook、Apple、TwitterなどのIT企業の本社が近くに点在しています。
430.jpg
20150814_152131.jpg


*サンフランシスコの良い点
交通が便利!
90分$2.25か1か月$70で路面電車、地下鉄、バス全部使えてどこでも行き放題です!

気候がすばらしい!!
1年中、毎日夏と秋のどちらかのような感じで、雨がほとんど降りません!

観光場所が多い!
観光客がとても多く、有名な場所が多いです!
20150822_152709.jpg

都会で何でもある!
買い物には全く困りません!

メジャーリーグの球場が近い!
僕のアメリカ留学の大きな理由の一つかもしれません(笑)
メジャーリーグで2番目に人気な球団サンフランシスコジャイアンツの本拠地AT&Tパークと、
電車で往復$4の隣町オークランドアスレチックスの本拠地O.co coliseumがあります!!
サンフランシスコでは老若男女問わず、ジャイアンツのグッズの服や帽子をみんな日常で使っています(笑) *読売ジャイアンツは死ぬほど嫌いです*
20150906_115807.jpg20150906_124856.jpg


*サンフランシスコの悪い点

物価が高い
外食すると1回で$20、日本円で2400円ぐらいはかかります。すべてのものがバカ高いです。しかし、自炊すればほとんど日本と変わらないと思います!

家賃がものすごく高い
大学の寮は約月$1,300/160,000円、
家を探すとシェアルーム(個人部屋なし)(キッチン、バス共有)で約月$600/75,000円、
個人の部屋有り(キッチン、バス共有)で約月$900/110,000円です(笑)東京よりはるかに高いです。
しかし、アメリカの家は贅沢なぐらいとても大きいです。
ちなみに僕の家は個人部屋ありで約月$830/100,000円です。
7人でキッチンとバス2つを共有しています!これ以上安い家が見つけられませんでした。
20150821_015207.jpg20150821_015315.jpg20150821_015246.jpg


家探しが大変
Facebookや家探しのサイトcraigslistで家を探します。メールを20件送信しても返信は数件で、早い者勝ちなので見学に行った日に他の人が契約すれば契約できません。とても契約するのは難しいです。毎日お金を払ってホステルに住みながらしなければなりません。
僕はサンフランシスコにいるアメリカ人の友達に10日間ほど居候させてもらいながら決めたのでホステルは使っていません。参考にしないでください(笑)



これでアメリカ、サンフランシスコへの留学がどのようなものか分かって頂けたでしょうか?アメリカへ来て1か月が経ちましたが、まだ日本が恋しくなったりはしていません!毎日、新しい人、新しい発見、様々な試練でとても刺激的な日々を過ごしています!
posted by $uma$u at 16:28| 大分 ☁| Comment(1) | 2015アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする