2018年04月09日

フィリピン語学研修を通して

1BA0B127-A5EB-4820-B8C4-8E31D6A24E06.jpeg3C4B36F5-7237-4841-80A9-03960DDAD659.jpeg こんにちは!2017年度のフィリピン語学研修に参加した大学一年生です。今回は私が一ヶ月間の短期留学を通して成長出来たことと、フィリピンでの生活について書こうと思います。
 まず、私がなぜこの研修に参加しようと思ったのかというと、友人から一緒に行かないかと誘われたからです。元々海外に一度は行きたいと思っていたので、この機会にぜひ行ってみたいと思いました。 
 次に一ヶ月を終えて成長したことは、英語に対する姿勢が変わったということです。私は英語を話すことはほとんどなかったため、海外に行っても誰とも話せないのではないかと思っていました。しかし、フィリピンの人たちは僕の言いたいことを予想してくれますし、知っている単語や文法を使えば会話が成り立つということがわかりました。スピーキングはあまり上達しませんでしたが、リスニングはかなり自信がつきました。僕は英語力が一番伸びた生徒として表彰もしていただきました。やはり楽しいことはどんどん挑戦していけるのだという実感も得られました。
 最後にフィリピンでの生活について少しだけ書こうと思います。フィリピンは日本よりも物価が安いため、フルーツがたくさん食べられます。僕は毎日のようにバナナとマンゴーを食べていました。はじめの頃は歩いて移動していましたが、最後の方はトライシクルというバイクタクシーを利用しました。乗るのはちょっと怖いですが、お金を余計に取られることもなく利用できるのでオススメです。色々な場所へ観光に行くのも良いと思いますが、僕は主に大学の周辺だけで楽しみました。フィリピンの人たちは本当にフレンドリーなので、話しかけやすかったです。 
英語に対する苦手意識がかなりなくなるので、ぜひ挑戦してみてほしいと思います。 
3AC5658B-78CE-45C4-B9F8-4D68C2110422.jpeg
posted by taka at 23:30| 大分 ☀| Comment(0) | 2018フィリピン語学研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

ハンガリー留学 1,2月

1月、2月分のハンガリー留学についてかきます。


正月にはデブレツェンの友達の家で過ごしましたが、特におせちのような特別な食べ物は食べませんでした。特にこれといった正月の習慣はないようです。デブレチェンの博物館に行きました。ハンガリーの紀元前やヨーロッパ、日本の歴史的な展示物がありました。紀元前のハンガリーでは、死体をミイラのように巻いて、肉や穀物と一緒に木で組んだ台の上で焼いていたそうです。


思っていたよりもハンガリーの冬はそれほど寒くありませんし、雪もあまり降りません。寮で寝るときは半袖半ズボンで寝ています。しかし、なぜか2月の終わりにマイナス10度くらいになって雪が結構降りました。2月から始まる来学期までは、特に何もないため観光をしていました。1月中旬からはハンガリーの授業が自由参加で受けられますが、受けたのは私と2人の日本人留学生だけです。ハンガリー人大学生は2月までテストがあるため大変そうでした。


今期はこれらの授業に出席しています。

ライティングスキル

ネイティブ・アメリカンの歴史と宗教

イングリッシュB2

ハンガリー語

スポーツサイコロジー

19世紀から20世紀のハンガリーの歴史

ハンガリーの歴史、文学と文化

イングリッシュB1

アカデミックライティング

日本語の授業


高いレベルの英語や歴史はDózsaで、ハンガリー語やイングリッシュB1,2Reviczkyで、心理学はObudaiにある棟で授業が行われます。


授業についていくのが自分にとっては大変で何回も心が折れそうになります。質問の内容を理解出来なかったり、ノートを取れなかったりするときが多々あり、みんなに時々迷惑をかけてしまいますが、先生やクラスメイトの協力のお陰で何とか頑張っています。自分のためにでもありますが、支えてくれる先生や友達の期待に応えたいという思いになりました。これからも色々頑張ります。

posted by まこっちゃん at 03:31| 大分 ☁| Comment(0) | 2017-2018ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月31日

中国語学研修 in江漢大学

2月24日から3月19日まで中国の江漢大学に行ってきました。

中国人留学生のチューターをしたことや、バイト先で中国人のお客さんがよく来ることなどから中国語を学んでみたいと思うようになり、今回の研修に参加することを決めました。
今回の研修で感じたことを3つに分けて紹介していきたいと思います。

《授業》
変更もいくつかありましたが、今回のプログラムはこのようになってました。
IMG_3648.PNG
午前中は語学を学びます。先生やチューターが一人一人読み方をチェックしてくれるのでわからないところも聞きやすく、丁寧に教えてもらうことができました。
午後は日本語学科の学生と交流をしたり、中国の概況を学んだり、観光地に行ったりしました。
IMG_3815.JPG
[灯籠祭り]
IMG_4160.JPG
[黄鶴楼]
IMG_4394-88fa5.JPG
[户部巷:美食街]
IMG_4015.JPG
[湯圆:旧正月から数えて15日目に食べる]
文化体験では伝統的な楽器「葫芦丝」を演奏したり、太極拳を教えてもらったり、書画を書いたりと、様々な体験をすることができました。
IMG_3622.JPG
[葫芦丝]

《生活》
武漢のある湖北省は四川省に近いこともあり、辛い食べ物が多かった気がします。私は辛いものが苦手だったので不安でしたが、少しずつ慣れてきて食べれるようになりました。独特なものもありますが、食堂にも観光地にも美味しい食べ物がたくさんあります!
2月から3月ということで朝夜と昼の気温の差が激しく、雨の日も多かったため服の調整が大変でした。
IMG_4378.JPG
[湯包]
美味しすぎて3回も食べに行きました。蟹や海老の湯包もありとっても美味しいです。
IMG_3597.JPG
[火鍋]
IMG_4386.JPG
[食堂の水餃子]
IMG_4021.JPG
[食堂の炒飯]

《全体を通して》
先生やチューター、日本語学科の学生はもちろんですが、周りにも優しい人は意外といました。中国語初心者の私には現地の人の話すスピードを聞き取ることがほとんど出来ませんでしたが、一緒に行った友達に助けてもらいながら、1ヶ月弱の経験で少しですが聞き取りや理解ができるようになりました。地下鉄やバスなどの交通機関、デパートや繁華街などどんな場所でも学ぶことがたくさんありました。文化の違いに戸惑うこともありますが、慣れてくれば過ごしやすくなると思います。

今回の研修を通して語学力だけでなく、コミュニケーション力や物事に対しての積極性、新しい環境に対応しようとする力も身についたと思います!不安でもやってみようと思える気持ちを持てるようになりました!現地に行くことで学べることがたくさんあると思います。中国に興味がある人はぜひ参加してほしいです!
長くなりましたが最後まで読んでいただきありがとうございます<(_ _)>
posted by てぃーの at 15:13| 大分 | Comment(1) | 2018台湾・中国語学研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

中国語学研修(江漢大学)

2月24日~3月19日まで中国の江漢大学に行ってきましたゆったです。元々中国人のチューターをしていた為中国について興味があり参加することにしました。
[授業・文化体験]
授業は9時~12時前まであり、自己紹介、買い物、旅行、両替など留学中に使えるやり取りが主でした。文化体験は2時~4時まで中国の概要や古笛、書道、太極拳などをしました。授業がない日は午前中にも文化体験をすることがありました。
F166C0E3-8FF5-44BC-ABB5-CD254F52054D.jpeg
[生活]
寮は2人か3人部屋で生活するには十分な広さでしたが暖房が効かない部屋が殆どでした。授業をする教室まで歩いて10分くらいです。
はじめに大学から600元入ったミールカードのようなものを渡されるので食堂で食べるなら食費はかかりませんでした。食費は5つもあるのでメニューに飽きることなく楽しむことができました。
D17BC51C-B7BC-4CF1-88DF-5F036332C0C9.jpeg
[中国の感想]
去年参加した台湾のプログラムとは異なり、街中で全体的に中国人は助けてくれないので自分で伝わるまで頑張らないといけない、という印象を受けました。しかし、その分、発音に気を使ったりするので勉強になりました。中国に行ったことで、どのような暮らしをしてどのようなものを食べるのかなど中国について理解することができたなと思います。とても充実した3週間でした。
92A8212A-9C7B-4F26-A838-13C1EDCE190D.jpeg
(灯籠祭り)
54E1335B-E3A9-4499-B029-B530F8FE40FD.jpeg
(黄鶴楼)
746F0F56-41D0-416D-B20E-CF2162084B9D.jpeg
(地下鉄)
09F1F6F3-C537-48A9-B668-A55B58C37CCD.jpeg
(木蘭天地)
posted by ゆった at 17:48| 大分 | Comment(1) | 2018台湾・中国語学研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東海大学 短期留学2018

大家好! 


34日から3月24日の約3週間、台湾の東海大学に行ってきました。

自分がこの語学研修に参加した理由は、中国語をもっと話せるようになりたかったことと異文化体験をしてみたかったからです。この3週間、本当に濃く、有意義な時間を過ごすことが出来ました。このブログを見てくれている人の中にはこれから台湾の語学研修に行ってみたいなと考えている人もいると思うので、参考にしてもらえれば幸いです。


まず午前中は8:30〜12:00まで中国語の授業があります。研修2日目にプレイスメントテストがあって、その結果でA,B,Cの3つのクラスに分かれます。中国語を全く勉強してなかった人からすれば、0点取りそうでどうしよう(>_<) みたいになりますが、テストはマーク式なので中国語が全く書けなくてもどうにかなります(笑)! 自分はBクラスに入っていたけど先生がこのくらいの言葉なら分かるだろうという前提で話していくので、最初の内は中国語を聞き取るのにとても苦労しました。けど、何日かすると少しずつ先生の言っていることが分かるようになっていき、自分の語学力が上がっているのを実感できてとても嬉しかったです。また、授業の後に補修があるので、そこで先生に授業で分からないところを聞くことが出来るのでなんとか授業についていけました。


授業は実践的な内容が多く、自己紹介や道案内の仕方、台湾料理の読み方、注文の仕方などを学びました。なので、授業が終わった後に夜市でさっそく使う機会があり、とても役に立ちました。3クラス合同で中国語のゲームをしたときにはとても盛り上がり、自分のクラスは2回とも1位だったのでこのクラスの人たちすごいなと思いました()



午後からは文化体験活動がありました。捏麵人作りや竜のひげ飴作り、中国結び体験などを行い、台湾の伝統的な文化を堪能することが出来ました。

IMG_2095.JPG


また、学外ツアーでは、台湾の民族技術団“九天”の方々と交流しました。そこでは主に、太鼓・ダンス・フェイスペイントの3つを行いました。最後にフェイスペイントをしたまま各班に分かれて太鼓とダンスの発表会をしました。男性は民族衣装を着てダンスを踊るのでとても大変でした。

IMG_1914.JPG


休日には一泊二日見学ツアーで千と千尋の神隠しの舞台となった九份を訪れたり、台北101で展望台にのぼって上からの景色を眺めたりVR体験をしたりしました。

IMG_2346.JPG



IMG_2517.PNG

この語学研修に参加して本当に良かったと思っています。それは単に中国語の勉強になったからと言うだけではなく、ほかの大学の生徒達やチューターさんに出会えたことや台湾の文化に触れる機会をもつことが出来たからです。この研修に参加したから日本でもっと本格的に中国語の勉強をしようと思えるようになりました。


皆さんも是非参加してみてください。思い出に残る3週間になると思います!

posted by ヨッシー at 15:59| 大分 | Comment(1) | 2018台湾・中国語学研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

2018台湾語学研修~東海大学~

こんにちは。

3月4日から24日まで台湾の東海大学で行われた語学研修に参加しました。


今回研修に参加しようと思った動機は、約1年半大学の講義で中国語を学んで実際に中国語を話して生活したいと思ったからです。また台湾は海外初心者でも比較的に行きやすい国だと聞き、参加しようと決めました。

実際に台湾に行った3週間のことを振り返って、3つのことを書きたいと思います。


@授業について

まずは東海大学について翌日にパソコンを使ってのテストが行われました。これは2時間くらいあってなかなかしんどいんです…このテストの結果をもとに3つのクラスに分けられます。私はあまりできなかったにもかかわらず1番上のクラスに入ってしまいました。授業は全て中国語で行われます。最初は本当に何を言っているのか聞き取れず、クラスのみんなに助けてもらいなんとか頑張りました。内容は自己紹介や買い物の仕方(値切り方)、道案内の仕方など主にスピーキングです。私のクラスでは体を動かしたり動作をつけたりしながら中国語を学ぶスタイルでした。1日朝8時半から12時までの結構長い授業ですが、楽しくてあっという間に終わるなと感じました。中間テスト・期末テストは授業でやったことの復習でスピーキングテストです。3週間目はある程度、先生の説明を聞き取れるくらいに成長していました。


A観光・文化体験

授業は昼12時に終わるため午後からは、自分たちで観光したり遊んだり文化体験をしたりしました。文化体験では龍鬚糖を作ったり習字をしたり中国結びをしたりしました。また週末には九天で太鼓やダンスをしたり、台北ツアーで台北101や士林夜市に行ったり高美湿地に行ったりしました。台北ツアーは1泊2日でなかなかのハードスケジュールで観光しました。有名な観光地である九份や十份にも行きました。観光地では結構日本語が通じます(笑)中国語を使わなくてもスムーズに買い物もできます。またお店の人が優しくて何かお土産を買うとさらに1つおまけしてくれたり、値段を安くしてくれます。色々な体験をして本当に3週間という短い期間でしたが、台湾を知り尽くしたという満足感と充実感でいっぱいになりました。
BE0032DB-6A8C-4CFA-91B7-13922FFF167E.jpeg
AE5D0E5B-BE18-4851-8A99-F597194DBC40.jpeg
EEE1C39B-9F75-4F28-AAE7-9FAFE96DE4A4.jpeg
703BFC20-CBE7-4A8F-950D-8882EFCC0ED0.jpeg

B台湾の良さ

台湾の良いところは人が優しいところと、食べ物が安くて美味しいところです。大学の近くにある東海夜市で晩御飯を食べることが多かったです。ここではお店の人と仲良くなるとサービスしてくれたり、簡単な日本語で話してくれたり…本当に台湾の人の温もりを感じました。夜市では炒飯や乾麺、小籠包など美味しいものをたくさん食べました。私のお気に入りの食べ物は地瓜球というものです。これはご飯というよりはおやつ感覚で食べるもので、うまく説明できませんがとっても美味しいんです!私は3週間で2日に1回は食べていたくらいハマりました(笑)また、私はお酒があまり飲めませんが周りの友達は台湾ビールが美味しいと言って毎晩のように飲んでいました。言いたいことがまだまだありますが、とにかく台湾は最高でした!!
D3B5749A-4D97-442B-A3A8-A5C84806B4FC.jpeg
B5982389-E41B-406F-9FC2-BDA2FC075275.jpeg
7D9E1FA3-FD01-4F25-9607-67651A7575B7.jpeg


最後に今回の台湾語学研修に参加して初の海外で不安もありましたが、中国語を学び台湾を知るとても良い機会となりました。海外に行きたいと思っている学生の方や中国語を学んでいる学生がいたら、ぜひこの語学研修に参加してみてください!
posted by ほりちゃん at 13:26| 大分 | Comment(1) | 2018台湾・中国語学研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

自分のアクションで得たものが本当の知識


「自分のアクションで得たものが、本当の知識」

 

これは訪問先であったJICAの伊東さんの言葉です。

本や、ネット等で莫大な情報が得ることが可能な現代において、

自分の足で現地に行き、自分の目で見て、自分の耳で聞き、自分の頭に残す、五感で感じたことが、自分の知識となる、ということをおっしゃっていました。

今回のミニトビタテinミャンマーで、学んだこと、経験したことを

自分の知識とするための一つの手段として、「経験の言語化」を

このブログを通してしたいと思います。


大きく3つに分けて書いていきます。

1、担当訪問先について

2、担当係:リーダーについて

3、研修全体の感想


1、担当訪問先について

私がアポをとったのは

Growth.Myanmar Co.,Ltdという会社です。


ここは、ハイヤーサービス事業、ビジネス雑誌の発行、広告事業、人材紹介事業など、様々な事業を行っています。

しかし、私が興味を持ったのは事業ではなく、この会社を起業した芳賀啓介さんです。

ここでは会社についてというより、芳賀さんの今までの経歴や、起業に至った経緯について、

座談会形式で詳しくお話を聞くことが出来ました。

聞くお話全てが刺激的で、感銘を受けましたが、特に印象に残ったことを書きます。


「本当にやりたいことって、人間ないから」


芳賀さんがミャンマーで起業したきっかけにも繋がることですが、

最初から前述したようなハイヤーサービス事業等を行おうとしてミャンマーに来たわけではありませんでした。

海外で働きたいという漠然とした考えから、市場を考慮し、その場のニーズを汲み取り、

現在の事業に至ったそうです。

芳賀さんのこの言葉は、私の価値観を大きく変えました。

これが全てではないにしろ、突き詰めていくとその通りなのかも、と考えさせられました。

困っている人の助けになるならその方法は何でもよい、という考え方を突き詰めた言葉にするとそうなるのかと私は感じました。

自分の将来のことを考え直すきっかけとなりました。

上手く言えませんが、とにかく直接、芳賀さんのお話を聞くことが出来てよかったです!


2、担当係:リーダーについて

私は、リーダーをさせていただきましたが、正直に言うと、メンバーのみんながしっかりとしていて、特にすることがなかったように思います。()

したことと言えば、全員分の訪問アポ取りの把握、そこからのスケジュール管理、先生との連絡、その伝達ですかね…

本当にメンバーに恵まれていたからこそできたことだと思っています。


1だけリーダーの特権を使ったことを挙げるなら、研修中に毎晩実施したミーティングです。

訪問先についてや、その日の感想、学びや反省点など、メンバー全員が話す機会を設けたことです。

せっかく海外に来たのだから、夜に出歩きたかった人もいたと思います…

早く寝て次の日に備えたいという人もいたと思います…

そんな中でも、みんな協力してくれました。


みんなの考えを共有する、とても充実した時間になり、提案して良かったと本当に思います。

日を重ねるごとに研修先での質問や学習意欲の質が向上することにも繋がったと思います。

自分になかった視点や考えを聞くことが出来て、研修先で聞くお話だけではなく、

メンバーみんなから学ぶことも非常に多くありました。


3、研修全体の感想

人材紹介、メーカー、食品会社、起業家、日本語学校、インターナショナルスクール、国際協力機構…

今回の研修先は本当に多分野で、様々なことを学ぶことが出来ました。メンバーみんなの頑張りのおかげであり、ここまで上手く受け入れ先が見つかったことは、本当にすごいことだと思います。

しかし同時に、ミャンマーのことを多くの人に知ってもらいたいという、現地で活躍する方々からの期待もあったのかもしれません。

「とても充実した研修になった」で終わらせるだけではなく、ミャンマーの現状を発信していき、これからのミャンマーの発展に少しでも携わる、というどこか運命的な使命があるのかなと今になって思うようになりました。


「ミニトビタテinミャンマーへの参加」という自分で起こしたアクションで得た知識、経験をこれからに最大限に活かしていきます!!


長くなりましたが最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

posted by Halohalo at 20:13| 大分 ☁| Comment(1) | 2018ミニトビタテinミャンマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

☆シンガポール留学

こんにちは

ついに学内の選考会も終わり本格的に留学が少し現実味を帯びてくる頃ですよね!!


私の通う南洋ポリテクニックはグループレポートやテストも無事に終え、2月から4月までの長い春休みを迎えました(シンガポールは常に夏なので実質春休みではないですが、、、)留学生活が半分終わったと思うとあっという間だったなという感覚です。半年留学の子たちは2月中にそれぞれの母国に帰国してしまったのでその前にお別れバーベキューパーティーをしました!(留学生は全員で50人以上いるのに1年間留学するのは私を含めたった4人です。) せっかく仲良くなれた子とお別れをしなければいけなかったのは本当に寂しかったのですが、次のセミスターからは新しい留学生が来るので友達を増やせたらいいなと期待もしています!そして2月はChinese New Yearがあったのでデパートや大通りなどは1月のお正月より盛大にお祝いモードで賑わっていました!買い物したらお年玉袋が付いてきたり、スーパーに並べられている商品のパッケージが赤だらけの異様な光景だったりと、とても驚きました!でも当日は親戚同士が集まってごちそうを食べたり、お年玉をもらったりと日本のお正月と同じようです!今年は216日、17日が祝日となっており閉まっているお店も多く見ました。私は見に行けませんでしたが、花火も盛大に上がるみたいです!


Chinese New Yearが終わると同時に、雨季も終わり暑い乾季がやってきました。日焼け止めが手放せない毎日です(笑)そんな中、長期休みを利用して友達と東南アジアを旅行してきました!シンガポール以外の東南アジアは基本的に物価が安いので、ほかの留学生もかなり頻繁に旅行しています!とにかく旅行好きな留学性が多くて海外の情報をシェアしたり、たまたま同じ時期に同じ国を旅行していた友達と会えたり楽しいです!!また皆さんも知っていると思いますがシンガポールにはチャンギ空港というとても大きな空港があるので旅行がしやすいですよ〜!(笑)


今回は近況を書いてみました!留学の準備も少しずつ始まってくると思うので、質問等あれば気軽に聞いてください!

 チリクラブ.jpg

シンガポール料理のチリクラブです!誕生日に友達がおごってくれました(笑)

辛いけど、それ以上においしいです!!!友達はカニを食べ終わった後、チャーハンもチリソースにつけて食べるほどでした(笑)


posted by RINA at 01:37| 大分 | Comment(1) | 2017-2018アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

アメリカ留学記#2

お久しぶりです。
突然ですが、先月、サンフランシスコで行われたキャリアフォーラムに参加して来ました。キャリアフォーラムとは海外で活躍している日系企業の就活イベントのようなものです。数十から大型のフォーラムになると数百の企業が集まります。そこでは企業説明から、採用を視野に入れた面接まで行ったりとかなり大きなイベントとなっております。今回参加したのはサンフランシスコのフォーラムだったのでシリコンバレーを拠点にアメリカ国内はもちろん、世界で頭角をあらわしている日系企業が30社ほどエントリーしていました。シリコンバレーということでサンフランシスコキャリアフォーラムはエンジニアやIT専攻の学生をメインとしたものになっておりました。
関連画像
二日間の日程の中で最も印象に残ったのは、イベントの一環として行われた日本人たちによるパネルディスカッションです。パネラーの1人であったヤマハ・モーター・ベンチャーズ・アンド・ラボラトリー・シリコンバレーのCEO兼Managing Directorの西条洋志氏は僕に強い衝撃を与えてくれました。「働き方」ということに関しての根本的な考え方が変わったといっても過言ではないと思います。詳細な内容についてはまたの機会にさせてください。一言にすることは出来ないので(TT)
みなさんも留学した際には、機会があればぜひ訪れてみることを強くおすすめします。人生はやはりConnecting the dotsであるのではないかと思いますので。-前回ほかの方が挙げていたため挙げるのを避けた一番好きなスピーチより。

お相手は私、KOHEIでした。ここまで読んでくださりありがとうございました。次回の更新でまた会いましょう。では。

 

posted by ムラマツコウヘイ at 05:12| 大分 | Comment(1) | 2017-2018アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

ボランティア

こんにちは、今回は参加したボランティアについて話していこうと思います。
私は友達に誘われボランティア活動に参加しました。参加したボランティア活動は木を植える活動。
この活動に参加した学生は見た感じ100人近くいて、台中以外の学校からも来ている人がいました。
台中は工場や火力発電の数が多く空気が悪いということなので、このボランティア活動はとても有意義な活動だと思いました。
IMG_4756.jpg
またこのようなボランティアに参加する機会があれば、参加したいと思いました。
posted by AR at 23:58| 大分 | Comment(1) | 2017-2018ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする