2018年10月26日

韓国留学 梨花女子大学 @

こんにちは。9月から梨花女子大学に留学しています。
1回目は4つのことについて紹介したいと思います。

@大学について
 梨花女子大学はECCというとても芸術的な建物があったり、その周りにはたくさんの木や自然が溢れていたりと、学校の中を歩いていると、とても落ち着くような、たくさんの魅力がある学校だと思います。そのため、今でも毎日観光客の方がたくさん学校を訪れに来ています。学校の敷地がとても広いためか、食堂もいくつもあり、ECCの中にはコンビニ、銀行、映画館、本屋、文房具店、カフェ、そして教室などが入っていて、とても便利です。また、大学から出れば周りにごはん屋さんやカフェ、コスメショップ、ダイソーなど、たくさんあって生活しやすいです。

A授業について
 私は、韓国語が全くできない状態で留学を始めたので、韓国語の授業以外は英語での講義の授業を3つ履修しています。
 1、Korean 1 (韓国語)
 2、Microeconomics
   3、Social phychology
   4、Class Piano U               です。
英語も得意なわけではないので聞き取るのが難しく大変な時もありますが、みんな熱心に聞いていて授業の雰囲気もとてもいいので楽しく授業を受けることができています。

B寮について
 私は寮の2人部屋に住んでいて、アメリカ人と一緒に生活しています。起きる時間や寝る時間が違って気を使ったりと大変な面もありますが、一緒にごはんを食べに行ったり会話したり英語を使える点でもいい経験になっていると思います。また、寮にもジムやコンピューター室、売店、カフェなどがあります。門限はないです。

CPeace buddy制度、サークル(EKLES)について
 Peace Buddy制度では、少なくて留学生3人に対して一人の韓国人の学生がついてくれて、最初のオリエンテーションなどのお世話をしてくれたり、毎週ランチに行ったりしています。
 また、EKLESというサークルに入っています。毎週活動があって、韓国語を教えてくれたり、いろんな場所に連れて行ってくれたり、文化的な活動もできてとてもいいサークルです!

 簡単にしか書けていないので、次から一つ一つ詳しく説明できたらなと思います!



posted by くま at 16:38| 大分 ☁| Comment(1) | 2018-2019韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トビタテ事前研修✈️


ミンガラーバー!

現在ヤンゴンにインターンシップで留学していフガピョーディーです。(ミャンマー語でバナナです笑)

時系列が前後してしまいましたが今回はトビタテ合格までと印象に焼き付けられている事前研修について書こうと思います。

私は地域人材コース観光分野で念願のトビタテに参加することができました。

そこまでには本当に多くの方々、自分の目に見えている範囲から、見えていない本当に幅広い方々のおかげで留学することができています。

私はトビタテの存在は1年生の頃から知っていましたが、どうせ難しいんでしょ?どうせ受からないし、、、と思って敬遠していました。

しかし、私の友人がトビタテに参加したことから、もともと興味があったのでたくさん質問をし留学中も有意義な留学生活を送れていることを見に染みて感じました。

その後大分大学が設けている''ミニトビタテ''に参加し、トビタテに参加したいという気持ちがぶち上がりました。

''ミニトビタテ''に参加し、トビタテに参加したいという気持ちがぶち上がりました。

''ミニトビタテ''に参加し、トビタテに参加したいという気持ちがぶち上がりました。

大事なので2回ではなく3回書きました。
(お願いなので最後まで読んでください。。)

どうせ難しいんでしょ?
という気持ちが無くなり、絶対に参加したいという気持ちになっていきました。

そして、私は就職活動と並行してトビタテの申請をすることになります。

また長くなってしまいそうなので端的に書いていきます、、、、、


私が言いたいことは自分だけではやらず、貴重な周りの方々の意見を聞いて自分の計画書をブラッシュアップしていくことです。

自分だけではどうしても視野が狭くなっています。それを改善するためにも、よりいい意見をいただくためにも大切です。
実際私は計画書を何度も改善していただきました。ありがとうございました。

そして、無事トビタテ合格を就職活動で羽田空港に到着して飛行機から空港までの移動バスで知りました。飛び上がりました。

事前研修。

事前研修は強烈な個性の集まりです。
多分これを聞いた後でも、誰でもそう思います。笑

今までに出会ったことがない、ぶっ飛んだ発想を持った同期に出会い刺激をもらい続けました。

凄すぎて劣等感を感じてしまったのも事実です。
ですが、この気持ちを持ち続け同期達に置いていかれないように、引っ張っていけるように活動していこうと強く思いました。

何よりこのトビタテコミュニティに入れたことが大きな財産です。

現在インターンシップ中ですが、全力で取り組み、トビタテの仲間に胸を張って事後報告で会いたい。

支援企業の皆様やトビタテOBOGの方々、多くの関係者様の普通ではあり得ない支えがあってのプロジェクトを絶対に成功させて次の世代に繋げていきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
意識の再確認が出来て良かったです。

36C71315-6112-4536-AFD6-D8B87409D9FD.jpeg

posted by ダゴンライト at 11:31| 大分 ☀| Comment(1) | トビタテ!留学JAPAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

サクラメントで街づくりを学ぶ

こんにちは、2回目の投稿になります。

私は、トビタテ留学ジャパン第9期の地域人材コース観光分野で採択していただき、景観を統一する方法を学びにアメリカのカリフォルニア州サクラメントに1ヶ月間留学していました。特に私はサクラメントにあるOld Sacramentoと呼ばれる歴史的な建物を守りながら、観光業を両立させている観光地の研究をして来ました。
今回は、私の研究内容とサクラメントでどんな活動をしたのかを書きたいと思います。少し長くなりますが、読んでいただけたら嬉しいです。また、この記事をきっかけに少しでも景観と観光のつながりに興味を持っていただけたら、嬉しいです。
まず、私はサクラメント中央図書館に行きました。ここが私のベースとなる受け入れ機関でした。図書館に着くなり、Sacramento Room というサクラメントの歴史などを研究する部屋に行きました。すると、メールでコンタクトをとっていた司書の方が暖かく迎えて下さいました。これがSacramento Room の中の様子です。とても落ち着いた雰囲気でした。

IMG_2208.JPG

ここでは主に司書さんがSacramentoに関する文献を紹介してくださったり、私が何か疑問に思うことがあれば質問に行くという形で研究していました。質問していく中で、一番印象に残っているのは”新しくOld Sacramentoでビジネスをしたい人はどうして歴史的な建物を守り続けていることができているのか”という質問に対する答えでした。ちなみにこの質問をした理由は普通、ビジネスを目的に来ている人なら自分の店が一番目立ってやろうと思う気持ちから景観に対する意識が低くなるのではないかと感じていたからです。その答えは、元々ある歴史的な建物を使い回すということでした。お店の外観は変えずに、内装だけ変えるということです。店のオーナーが変わると、外観まで変えてしまうというのが普通だと思っていたので、この答えにはとてもびっくりしました。

図書館には週2回ほど通いながら、残りの日は語学学校やOld Sacramentoの視察に行っていました。Old Sacramentoには5回も行くことができました。行き過ぎですね。それでもやっぱり、何回行っても新たな発見や気づきがありました。これは土曜日のOld Sacramentoの様子です。たくさんの観光客で賑わっていました。
IMG_2253.JPG

研究も終盤に差し掛かって来たときに、司書さんがある歴史家を紹介して下さいました。この方はサクラメントの歴史とても詳しく、またアーテイストとしても活動している方でした。そこでは、主にサクラメントがどのようにして再生されていったのかを学ぶことができました。また、Old Sacramentoがどのような経緯でできたのかも知ることができました。予定は1時間の予定でしたが、気づいたら2時間も話していました。

最終週にはサクラメントの市議会議員の方にお会いすることができました。これは滅多にない機会です。はじめは市議会議員の方にお会いするだけの予定でしたが、市議会議員の方が、Old Sacramentoのディレクターの方や街の景観を担当している他の市の方も紹介して下さいました。Old Sacramentoを一緒に歩きながら、自分が今できるだけの質問を時間いっぱいさせてもらいました。ディレクターさんや市議会議員の方は、よくそんなことまで知っているねとおっしゃってました。Sacramentoの歴史的景観を本気で守ろうとする姿を生で感じ、湯布院との差を感じずにはいられませんでした。

下の写真は印象に残っているOld Sacramento にあったゴミ箱の写真です。ゴミ箱にもこだわっており、1980年代の雰囲気を出すために木を基調としてデザインされています。このゴミ箱は40個置いてあり、ゴミ箱をおく幅までもこだわって、等間隔においているとのことでした。ゴミ箱にまでこだわるなんて日本ではなかなか見られないことではないでしょうか?
IMG_2394.JPG

1ヶ月の留学を経て感じたことは、自分から道を切り開いて行くことの大変さと大切さです。私は留学をする前に、以前に伺おうと決めていた機関と上手くアポイントメントが取れず、訪れる機関を減らして、変更申請を出しての留学となりました。変更申請をし、訪れる機関を減らしたことは正直、とても悔しかったし、アポイントメントをとる難しさを痛感させられました。なので、その分、留学先では絶対に留学計画以上のことをしようと、いろいろな場所に自分から飛び込んで行きました。例えば、司書の方が発表をするプレゼンテーションを聞きに行ったり、Old Sacramentoの近くで行われたファーマーズマーケットに毎週通い、現地の方と友達になって現地ならではのお話を聞いたりしました。自分で飛び込んだ分、怖い思いも少しはしましたが、今思えばアクションを起こしてよかったと思っています。

これからは学んだことを生かして行く時期に入ります。現時点でお世話になった湯布院の旅館の方とのミーティング、また湯布院以外の地域でのインターンを経て少しずつですが、自分の学んだことを生かすことができています。11月には景観、まちづくりの専門家とのミーティングも控えています。とてもいい経験になりそうです。新たな課題も見つかりそうです。

長くなりましたが、読んでくださりありがとうございました。1ヶ月の研究を通して学んだことはたくさんあります。また、学べば学ぶほど課題も出てきました。しかし、この1ヶ月を通して確かになったことは、やっぱり私は街並みが好きだということです。これからもこの分野の研究については少しづつでも続けていけたらなと思っています。この投稿を読んで、観光や街づくりに少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです。また、これからトビタテで留学を考えている人の参考になればと思っています。

IMG_2271.JPG

posted by tobitat at 23:27| 大分 ☁| Comment(1) | トビタテ!留学JAPAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

ミャンマー生活1週間を終えて🇲🇲


ミンガラーバー。

7592B68C-64F0-470F-86AA-52335EDEE0A1.jpeg

現在ミャンマーでの生活を1週間終えようとしているのでダラダラと報告させていただきます笑

まず最初に関空発ヤンゴン着の飛行機に乗り遅れました笑

お金が飛んでいきましたので結構笑えないですが、良い勉強代になった。良いネタになった。
と自分に言い聞かせています😭😭😭

まぁなんとかインターンの始業時間には間に合ったのでセーフでした。

空港泊でのそのままインターンシップはなかなかきついものがありました。笑

インターンシップは現在、月〜金の朝8:00〜10:00まで隣にあるパークロイヤルホテルでホテルの宿泊客へのお土産の販売、パックツアーの販売をミャンマー人の方とやらせてもらっています。
比較的日本人の多いホテルなので新鮮さはあまりないです。
ですが、売れたときやお客様に感謝されたときは表現のしようのない嬉しさに襲われております。
10:00〜12:00までは会社に戻り、レストランの英文のメニューを、和文に書き換える業務をしております。

これが自分には難しすぎます。。。

ただでさえ、英語の上日本では食卓に並ばない食材が次から次へと出てきます。(僕が知らないだけかもしれないですが、、、)

そしてお昼休み。
1番大好きな時間かもしれないです笑

いつも社員の方々が美味しいお店に連れて行ってくれます。
毎日違うミャンマーの料理を食べて楽しんでます。
いまのところハズレはありません。本気で!
いつも料理をシェアしながら美味しいご飯を食べて幸せな時間を過ごしています。

13:00〜17:00までは再び残りの業務をやります。これが量が多くて頭を抱えています笑

途中途中で違った細かい業務もありますが大まかに言えば今はこのようなインターン生活です。
インターン生活は正直、朝も早くて難しいことも多いですがなんとか食らいついています。

その原動力ともなっているのがシェアハウスです。
シェアハウスについてはまた詳しく説明します。
出社方法と帰宅方法もまた詳しく説明します。



今回もう一つ綴りたいことがあります。

それはミャンマー人として認められた??ことです笑
ミャンマーにはシュエダコンパゴダという仏塔があり、これはミャンマー人なら誰もが行きたい場所です。
(僕の勝手な推測では日本の清水寺とかそんなかんじです。)

そのシュエダコンパゴダに入場するためには普通外国人はUS$8必要です。

ですが、私はforeigner扱いされずに無料で入場できました。笑笑

これはテクニックがあったのですが、まず
髪型をヤンゴンで1番人気の髪型にしました。
(要するにおまかせです笑笑)

1D666532-FB78-4A4B-BF50-88075555272C.jpeg

なかなかのローカル具合でしょ?笑
ローカルの中でもローカルだと思います。

結構勇気がいりましたし、日本でいまの髪型で歩きたくないです。笑笑

そして、ロンジースタイルと荷物を少なくして行きキョロキョロしないことです。

これで突破できました。笑

そして、私自身初めての雨の外国生活でした。
しかも雷雨笑

でも、そんな経験もなかなかできないと思い楽しめました。


72438DE5-C938-4BB3-A4FD-1EC04D4D5D36.jpeg

きちんと生まれ曜日の火曜日でお祈りを済ませ、夜のシュエダコンパゴダを堪能しました。

また絶対に行こうと思います。



そろそろ終わろうと思いますが、
ミャンマーでの生活は非常に楽しいです。

休日も遊びやご飯に誘ってくれる
友人や社員の方々がいてくれて
手が回らないくらい充実した日々を送っております。

最後まで読んでくれた方ありがとうございました。

また書かせていただきますのでお付き合いください。

posted by ダゴンライト at 23:32| 大分 ☀| Comment(1) | トビタテ!留学JAPAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

〜〜韓国留学〜〜

こんにちは。僕は韓国のソウルにある梨花女子大学に9月から留学しています。1か月が過ぎ留学生活に慣れ、楽しい日々を送っています。

これから、こちらの学校生活の様子について書いていきたいと思います!


<学習面>

授業は한국어Uと여행과지리と기업경영과법と북반정치의이해の4つを履修しました。全て韓国語の授業です。とてつもなく大変です。復習をしないとヤバイです。1限目が8時からあるので、朝がとても辛いです。

授業中は女子学生しかいないので、少し気まずいですね。


<生活面>

韓国は日本と物価があまり変わらないので、日本にいる時とお金の出費はあまり変わりません。

韓国の食べ物はとても美味しくて満足していますがら辛い食べ物は食べられないくらい果てしなく辛いです。


<困っていること>

1番困っていることは、トイレにウォシュレットが付いていないことです。。後は、特に無いですね。


とりあえず。1回目のブログはこんな感じで。

posted by まふまふ at 01:58| 大分 ☁| Comment(0) | 2018-2019韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月09日

Korea University -1-

はじめまして!
この9月から韓国のソウルにある高麗大学で留学している”のん”です!


@高麗大学について
一言でいうと本当に頭がいい人が集まる学校です!5か国語話せる人ととかも普通にいます。今期は留学生が700人程来ているそうなので、アジア圏で英語も勉強したいという欲張りさんにはとてもいい環境だと思います。また、キャンパスが広すぎてよく迷いますが、芝生があったりカフェがあったりなどとてもおしゃれな学校です。

A住む場所
私は大学の寮の抽選に落ちてしまったので、学校の近くのシェアハウスに住んでいます。今は、韓国人3人、フィンランド人1人、ベトナム人1人、フランス人2人という多国籍なメンバーで暮らしています!シェアハウスは個人の時間が欲しいという人には厳しいかもしれませんが私はとても気に入っています。深夜にみんなでチキンを宅配したり、ゲームをしたり、恋愛映画をみて騒いだり笑 留学して寂しくなっていないのはルームメイト達のおかげかなと思っています。昨日もルームメイト達とサムギョプサルを食べにいきました!

B授業
今期は経済の授業、ITの授業、英語、韓国語の授業をとっています。英語の授業は予習もかかせないし、課題が多くて大変ですけど、何とか頑張っています。再来週には中間テストがあるので勉強しないといけないです!

C行事
先週に高麗大学で一番の行事といっても過言ではないコヨンジョンというスポーツ大会みたいなものがありました。日本でいうと早慶戦みたいに、延世大学と5種目のスポーツで勝負するものです。今回は負けてしまいましたが、みんなでお揃いのTシャツをきて応援するなど本当に盛り上がりました。

D言語交換
現在私は言語交換のプログラムに2つ参加しています。韓国人に韓国語を教えてもらって、かわりに私は日本語を教えるというものです。1つは5人ほどのグループのものでもう1つは1:1のものです。グループのものはまだ1回しか行っていないのですが、1:1のやつは週に2回行っています。一緒に昼ご飯を食べながら軽く最近あった出来事を会話してから、実用的な韓国語を教えてもらっています。パートナーが凄く優しくて、毎回可愛く復習もかねてテストも出してくれます笑

D友達
最初ははじめての海外生活だったので友達ができるのか不安だったのですが、たくさんできました!授業が一緒になった韓国人の方に日本語を教えてほしいから友達になってと言われ、食事に誘われたり。たまたま隣に座っていた人と意気投合して遊びに行ったり…留学当初はコミュニケーションがとれなくて家に引きこもっていたのですがある時にふっきれてどんどん外にでるようになってから、交友関係が広がったような気がします。


留学開始してから早1か月
後悔のないようにたくさん勉強してたくさん友達をつくりたいと思います!
では、また次の投稿で!

PS 今回画像を載せるにあたってフォルダを見返したらご飯の画像しかなかったので次からご飯以外の写真も撮るようにします笑








posted by のん at 10:19| 大分 ☀| Comment(1) | 2018-2019韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月07日

韓国留学 高麗大学#1

みなさんこんにちは!


高麗大学に留学しているchimです^^

今回は私の約一か月の留学生活について報告していきたいと思います。

@.授業
 私は1.Globalization and beyond 2.Introduction to Korean and East Asian History 3.日本近現代文学と大衆文化 4.Beginner's KoreanU の4つの授業をとっています。1,2は英語で3は日本語、4は韓国語で行われています。
 私が今一番苦戦しているのは2.Introduction to Korean and East Asian Historyの授業です。この授業は月曜日と水曜日に行われ、月曜日は講義で、水曜日はdiscussionがあります。特にdiscussionは1グループ20人くらいずつに分かれて行われるのですが、内容も専門的なのでかなり難しいです。また、毎週要約の課題があるのですが100ページ以上読まないといけないこともあり大変ですが、なんとか頑張っています(^_^)
 10月下旬には中間試験があるので気を引き締めて頑張っていこうと思います!

A.寮
 私は大学の寮に住んでいます。ルームメイトはスペイン人なのですが、フレンドリーで優しいです^^英語やスペイン語で『君の名は』や『千と千尋の神隠し』などを見たり、コヨンジョンというスポーツマッチでもらったパックを一緒にしたりして楽しく生活しています!寮にはジムやATMもあり快適です。

B.イベント
 高麗大学には留学生をサポートしてくれるKUBAという団体があり、火曜日・木曜日のランチ・ディナーの他にもに漢江やcheering orientationに行ってきました!たくさん友達ができて楽しいです^^
 また、10月5日、6日にはコヨンジョンという日本の早慶戦のようなスポーツマッチがありました。私は5日に野球、6日にサッカーを見に行きましたが、野球は雨で中止になり、サッカーは2-1で負けてしまいました。でも、応援は本当に楽しかったです!


こんな感じで楽しい留学生活をおくっています!
何かわからないことなどあればいつでも質問してください〜





posted by chim at 16:45| 大分 ☀| Comment(1) | 2018-2019韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SWU ソウル女子大学vol.1

こんにちは。私はIBPで今韓国のソウル女子大学に半年間留学しています!

今回はソウル女子大学で履修している授業と寮(寄宿舎)について話そうと思います。
私が受講している授業は、4つです。
@専攻の財政学
A韓国の文化
Bヘルスフィットネス
C韓国語    

A以外はすべて韓国語での授業になっています。
留学に行く前に事前に履修登録ができたので、心配しなくて大丈夫です!
正直なところ、専門の財政学の授業は専門用語ばかりなのでとても難しいです...。
その他の授業は留学生活1か月が過ぎましたがしっかりついていける状態です。
韓国語の授業は事前にレベル分けテストがありました。
なので、自分のレベルに合った授業を受講できます!
韓国語の先生は2人いますが、どちらの先生も優しくてわかりやすいです。


次に寄宿舎についてです。
私は、国際交流館という寄宿舎です。
二人部屋で各部屋ごとにベッドや冷蔵庫、クローゼットが完備されています。
キッチン、洗濯機、乾燥機、シャワーは共同になっています。
初日に驚いたんですけど、キッチンに備え付けられているのは、電子レンジとトースターだけです。
火を使った調理ができないのが惜しいところです...。

また、寄宿舎には門限があります。
24時を過ぎると寄宿舎の中に入れなくなるので注意してくださいね!
金、土、日以外の日にランダムで点呼もあります。
寄宿舎のルールを破ってしまうとどんどん点数が引かれてしまって退寮になる場合もあるそうです。


今学期からの留学で英語圏の留学生はいませんでしたが、いろんな国から留学生が来ていて、交流できるのはとても楽しいですよ!
次回の更新の時にはもっと参考にしやすいように頑張ります。




posted by as at 13:16| 大分 ☁| Comment(1) | 2018-2019韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月06日

UCLanでの日々🇬🇧💂‍♀️

UCLanでの語学研修🇬🇧 (13.08.2018〜24.08.2018)
【寮】
ベット、シャワー、トイレは個室についておりキッチンは共有です。共有キッチンと言っても共有する相手は同じ大学の人だったので安心してください☺️
E0408961-600A-4C09-8E05-B3CEC5AAB304.jpeg

【学校】
とにかく敷地が広く迷子になります。最初に案内してもらいましたが広すぎてよく分かりませんでした。4日ぐらい通うとよく使う建物の周りは分かるようになりました。

【Wi-Fi】
学校や寮では学校や寮のWi-Fiを使っていました。学校に通うだけならWi-Fiは借りて行かなくても大丈夫です。ただ、イギリスはフリーWi-Fiが少ない印象を受けたので観光の時はWi-Fi借りて行ってよかったなと思いました。

【食べ物】
ピザ、ハンバーガー、グリルチキン、ソーセージ、フライドポテト(イギリスではチップスと呼びます)が好きならやっていけます。これらしかないんじゃないかというぐらいこれらばかり食べていました。お湯を入れるだけのお味噌汁があればなおよかったです。
CECD7A91-DE84-4EC2-9575-80FE94E1F1D6.jpeg

【気候】
寒いです。ジージャンを着ていても寒いだろうなという日もありました。長袖は必要です。


私はまさか自分が海外研修に参加するなんて思っていませんでしたが、このプログラムの案内を見て説明を聞き参加を決めました。普通に過ごしていては経験できないことを沢山経験し、日本に帰ってきてお世話になっている方に 目が輝いてる と言ってもらえました。思い切って参加してよかったです。
posted by Sanoth at 12:47| 大分 ☁| Comment(0) | 2018 UCLan夏季語学研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月05日

イギリス語学研修 UCLan

Hello everyone !!

工学部3年のタニタです


僕は夏休み期間中の811日から827日までイギリスのUCLanで語学研修をしてきました

元々海外に行ってみたいという興味と将来英語を話せるようになりたいので英語のスキルの向上のために今回の語学研修に参加することにしました。

2週間の語学研修はとても楽しく、沢山の人達と交流ができたので内容の濃い有意義な時間が過ごせました!

留学や語学研修に行く人や行くかまだ決まってない人達はこのブログをみて少しは参考になれば嬉しいです


《授業》

DD9C5EEE-13E3-40C7-9FBE-762F17AE79B9.jpeg

授業の日程は上の画像のような感じになっていて月火木曜日は16〜17時まで授業があって金曜日は午前の授業だけでした。

授業は語学研修の最初に受けるテストでレベル別に分けられて授業をを受ける形で1クラス10〜15人構成でした。割と日本人が多くてむしろ他の国の人の方が少なかったです。

授業は全部英語で初めは心配だったけどクラスの先生は自分たちのレベルに合わせてくれるので大丈夫でした。

《課外活動》

英語の座学以外にも毎週水曜日にはDay tripというものがあり、各週それぞれ違う観光地に行って自分たちで計画を立てて観光できるという催しがありました。

下にある画像はDay tripで行ったLiverpool とManchesterで撮影した写真です!

このDay trip以外にもスポーツ施設を自由に使えたり映画鑑賞があったりと授業以外にも楽しみがいっぱいありました。

F5E8FCFC-E8D3-4617-ACD1-4D7697A24C20.jpeg

Liverpool のアルバートデッキ

72E8C1AB-31A4-4700-9E20-F3048A6CBE08.jpeg

Manchesterの大聖堂

《生活》

イギリスは日本と比べて涼しくてジメジメしていないので語学研修に行った夏の時期でも快適に過ごせました。ただ夜や明け方は肌寒いくらいの気温なので羽織るものが必要でした。

また、日の出てる時間が長いので夜8時とかでも明るかったので始めは驚きました(笑)

一番気になるのが食べ物だと思いますが僕は全然食べ物には困りませんでした。イギリスは食べ物が美味しくないと言われてるかもしれないですが美味しいものがいっぱいでむしろ食事が楽しみでした。^_^

物価もそんなに差は感じなかったです。

1D1E13AB-2B74-4D4D-8433-C26707011A42.jpeg

寮で作ったハンバーガー

B22AD19F-45A7-48EB-AF72-4C9E0F7DF512.jpeg

イギリスといえばFish&Chips

《観光》

語学研修のない土日には自分で計画を立てて観光!

行きたいとこが多すぎて歩きまわりました(笑)

日本とは違う風景や建物を沢山みれてよかったです。

75D57E51-5C7E-4BC4-A90B-60505B973AB5.jpeg

Yorkでクルージング

1E23740B-EDC1-42BD-9C99-6BC0C16B6929.jpeg

ロンドンの夜景

《語学研修を通して》

今回のこの語学研修に参加して本当に良かったと思っています。

実際に英語を使って見ることで今現在の自分の英語レベルを知ることができ次の目標に向かっていく為のいい判断材料になりました。さらに異なる地域、専攻の人達と話していく中で自分とは違う考え方や価値観がありとても面白い話をたくさん聞くことができ自分の視野を広げることができました。


2週間という短い期間でしたがとても貴重な体験ができました。機会があれば今度はもっと長い期間留学や語学研修に行ってみたいです。

皆さんも興味が湧いたら是非一度行ってみることをオススメします👍



posted by タニタ at 03:17| 大分 ☔| Comment(0) | 2018 UCLan夏季語学研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする