2017年11月08日

ソウル女子大学@

안녕하세요!!
こんにちは!わたしは今ソウル女子大学に留学しています。ソウル女子大学はソウルの中心地から少し離れた自然豊かなところにあります。今は紅葉がとても綺麗です🍁ですが、山が近いのでとても寒いです。
9AB5730F-74DE-4CB6-BE14-D577DB6DE463.jpeg

〈学校について〉
韓国語の授業は、月火木金曜日のお昼から4時間あります。レベル別に分かれていて少人数なので授業も受けやすいです。毎日宿題があり疲れますが、楽しく学んでいます。事務には日本語を話せる方もいるし、生徒の名前まで覚えてくれて、とても親切にしてくれるので安心です。
また寮は2人部屋で、私は日本人の方と同じ部屋です。冷蔵庫は部屋にありますが、お風呂、洗面所、台所(火は使えません)、洗濯機(1回1000ウォン)などは共同です。そして休日の前日、休日以外は門限があります。

〈秋夕(チュソク)について〉
チュソクとは秋の行事で長い休日です。ほとんどの人が帰省するので交通機関はとても混みます。私は学校が9/30〜10/9にまで休みだったので、釜山へ友達に会いに行ったり、韓服を着たりしました😊

7B5ED3E2-6E86-4BAE-A146-9ABEC1DF2290.jpeg4629F530-7184-4D65-B564-2084F93CC9DD.jpeg
釜山に行った時に、友達の親戚の集まりに参加させていただきました。茶礼といいこんな感じでご先祖様に挨拶をします。
48E09903-79F5-4976-B7FD-CF0B6DC81124.jpeg
釜山にある甘川洞文化村
4D5D6855-FAD2-41A0-AC6F-1B5117417B26.jpeg
そして、韓服を着て景福宮へ行きました🇰🇷

分からない事や気になることがあれば、気軽に聞いてください😇

最後まで読んでいただいてありがとうございました❣️


posted by なつみ at 16:45| 大分 ☁| Comment(1) | 2017-2018アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

☆Taiwan1☆


台湾の東海大学に留学中のnaoです。
未だに部屋では半袖短パン生活です。台湾に冬は来るのでしょうか。
今月は主に学習面について紹介します。

<華語中心(中国語センター)>
1、通常の授業
月曜から金曜、私は13時10分から16時まで華語中心の授業があります。クラスによって教科書は違うのですが、私のクラスでは中級ぐらいの文法の教科書を使って授業が進められています。クラスには日本人・韓国人・イギリス人がいて最初こそクラスの雰囲気に慣れませんでしたが、今ではジョークが飛び交うほどになりとても楽しいです。具体的には
@生詞    :新しい単語の確認
A句形、句型 ;新しい文法等の確認
B課文    :本文
C練習問題  :総復習
この4つ段階を繰り返しながら進められます。全て中国語で行われます。予習復習が欠かせません。ただ黙って話を聞くスタイルではなく、その場で文を作って発言したり意見を言ったりする機会が多いので、発音も見てもらえます。質問すると分かるまで何回も説明して下さります。扱うテーマも今のところ気候・学習・生活・食事などそこまでかけ離れたテーマでもなく、読みやすい中に初めて見る文法等がある感じで、勉強しやすいです。


2、小老師の補修
小老師とは、華語中心の先生以外で、個別に補修をして下さる先生のことです。私は月曜日と火曜日の朝2時間程度補修をしています。内容は人によって違いますが、今個人的に中検2級の勉強をしているので、そこで分からなかった問題を質問しています。こちらも全て中国語で行われます。無料です←最大のポイント!
補修等は華語中心のオフィスが紹介してくれるので、HPなどではあまり確認できないかと思います。しかし想像以上に補修や先生の紹介をしてくれます。台湾に来る前は、午前中(あるいは午後)の授業だけだと思っていて少ねぇなあとぼやいていましたが、そんなことはありませんでした!交換生は割と自由なので、後で紹介する言語交換や補修をバンバン入れて毎日フル活動しています。


3、スピーチコンテスト
10月下旬、華語中心でスピーチコンテストが行われました。私は特にcheng,sheng,yuなどの日本語にあまり馴染みの無い発音がヘタクソで、いつも先生に注意されます。コンテストの文章でもそれらの発音がチェックされるので、発音を見てもらいたく現地の友達を始め中国(マカオ)から来たインターン生にも手伝ってもらいました。本番はそこまで緊張せず結果もまあまあってところでしたが、先生方からの振り返りシートを読むと、発音や声調が全然ダメなどの辛口コメントもあり、今の現状に満足せず以後継続した練習が必要だと感じました💦


4、言語交換
言語交換とは、台湾人とペアを組み日本語と中国語を教え合うことです。私は5,6組ペアを作っており毎日誰かと言語交換をやっています。具体的には
@台湾人にテーマに沿って中国語で話してもらい、質問する←リスニング力をつける
Aテーマに沿って何とか頑張って中国語で話す      ←スピーキング力をつける
B発音を見てもらう                  ←発音強化
など相手と話し合って目標、時間を決めて行っています。これまでのテーマは台湾の社会問題や、高校生活について、アルバイトについてなど様々です。大学内のMr,Brownというカフェや自習室でやっています。日本語学科の人たちは本当に日本語が上手で、まるで日本人のようです。がしかし、こちらがひるんで日本語に戻っては意味がないので積極的に中国語で会話するスタンスで過ごしています。相手を見つけるのも簡単です。紹介用紙を書いて相手を探すだけです。話す機会が欲しいなあと思ったらぜひやってみて下さい。


私は前学期は中国語に集中したいと思ったので英語の授業は取りませんでした。しかし華語中心には多くの勉強システムがあるので、朝10時から夜18時まで授業..という時もあり、なかなかの忙しさではあります。けれど暇なのが一番嫌なのでむしろ楽しく過ごせています。

少し前に、短期研修でお世話になった先生と再会しお家にお邪魔させてもらいました(^▽^)/
先生から日本の漫画の中国語版も勉強になると教えてもらったので、早速本屋に行きました。非常に多くの日本の漫画があり(デ○・ノートや、進○の巨人、ナ○トなど)驚きました。自分は漫画が読めないので、ライトノベル版を買って読んでいます。まだ繁体字に慣れないので多少手こずってますが(笑)
ちなみに台湾の本屋は値段がすごく高くなってると思います。古本や漫画であれば40元から130元とお安いですが、日本の会社が出版した中国語の参考書なんかは1000円ぐらい高くなっています。日本で買った方がいいと思いました。日本から持って行って本当に良かったです涙

ではまた〜✨














posted by nao at 19:06| 大分 ☀| Comment(1) | 2017-2018アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

**北欧ブログ**〜大自然でのんびり楽しく留学生活:)〜vol.2「百聞は一見に如かず編」

みなさんこんにちは、FnF24です!

前回の投稿では文章だけで大概話した自然の魅力についてしっかりお見せすることが出来ず、不完全燃焼の感じが半端じゃないので、ここではとことん写真見せていきながら改めてタンペレの魅力について言及していきます!!!

どれもこだわりを持って撮り続けてきたものばかりなのでぜひご覧ください:)

まずはアパート周辺の写真から📷
DSC_0775.JPG
DSC_0740.JPG
DSC_0753.JPG
DSC_0770.JPG
DSC_0891.JPG
これらの写真は8月の下旬と9月の下旬に撮影したものです。
とにかく空気がたまらなくおいしい!呼吸税とかがあってもおかしくない!笑
アパートの近くにはきれいな湖があって、サウナもあったりします。あ、言い忘れていましたが、こちらのアパートはたいていどこでもアパートの住人専用の室内用サウナが備わっています:)

次にタンペレの特徴をとらえた写真をお見せしましょう!
はいどん!
DSC_0875.JPG
タンペレといえばこの方、ムーミン様ですね!なぜか日本でも大人気のムーミン様、タンペレには市民ホールにムーミン美術館なる物が今年の春先にオープンしたばかりです!その美術館の横の公園にこの神々しき像があります。

次は街中です!
DSC_1220.JPG
DSC_1021.JPG
DSC_3594.JPG
実はフィンランド、物もちの良い国として知られていて、1枚目の写真のように市内の至る所でフリーマーケットが頻繁に行われています!写真はタンペレで最大級のフリーマーケットの様子です
カメラには収めきることが出来ないほどの規模です!
最も頻繁になるのはもちろん季節の変わり目です!ここで冬服を調達することが物価の高い北欧の地を最も経済的に有利に暮らす良い方法なのでは?と思われます:)

そして今年はフィンランド独立100周年の年なので、なにかしらあるはずです!またご報告します!、、、、、っていうのが、二枚目の写真です笑

そして三枚目が一番最近撮った写真です!
こちら産業都市として栄えていた頃の紡績工場などを冬の時期にライトアップすることで北欧の産業都市タンペレの存在感を遺憾なく見せつける一枚。素晴らしいの一言✨

と、今回はこのくらいで本当に終わりたいと思います!笑

最後に、こちらタンペレは10月の22日に初雪を観測し、今でも毎日のように雪が降ります。
DSC_3585.JPG
足ずっぽりのこの写真で閉めさせていただきます笑

それではまた次回の投稿でお会いしましょう!
Moi Moi 〜✋
posted by FnF24 at 08:06| 大分 ☁| Comment(0) | 2017-2018ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

ドイツ留学記2017-2018

Guten Tag!

ドイツ・パダボーン大学に留学中の930です。
ドイツに来てもう2ヶ月。そろそろブログを書かなければ…ということで、ドイツ生活や大学の様子などを書いていきます!少しでもお役に立てば幸いです。

到着
8月の終わりにドイツへ出発しました。
ほかの留学仲間は直行便だったのですが、私は関空からバンコクを経由してフランクフルトに到着。約20時間のフライトでした。関空での出国審査は何事もなく終わりました。そこまで待たされなかった気がします。フランクフルト空港での入国審査も、特に何も聞かれることなくパスポートにスタンプを押されただけでした。ただし人が多かったので30分ほど待ち、おかげで電車に乗るのもギリギリでした。なので空港からの電車を予約する時は到着予定時間から1.5〜2時間ほど余裕を持たせたほうが良いと思います。普通はフランクフルトからパダボーンまで行くには乗り換えが必要なのですが、ちょうどフランクフルトから直行の電車があったので約4時間かけてパダボーンに到着しました。

住居
学生寮(Studentenwohnheim)に住んでいます。大学のすぐそばです。私の寮はシャワー、トイレ、キッチン共同の4人部屋で、一人分の部屋は広いです。キッチンには大きなオーブンがあるので買ってきたパンや冷凍ピザを温めたりしています。冷蔵庫は使用するスペースをルームメイトと相談して決めました。洗濯機、乾燥機は一番上の階に1台ずつありますが、どちらも1回2.5€かかります(;--) また現金ではなく専用のカードにチャージして使います。家賃は水道光熱費、インターネット使用料込です。徒歩1分でスーパーに、徒歩5分でショッピングセンターに行けるので買い物にはとても便利です!

大学
とても広くて綺麗なキャンパスです。新しい建物が多く、今でも増設工事が行われています。建物が多いので授業を受ける教室が変わると移動が大変です!ドイツ語の授業は曜日によって教室が変わるので、慣れないうちは教室を間違えて授業に遅れることがありました(;^^)
1つの建物内に学食が2箇所、カフェも2箇所あり、昼食や勉強によく利用しています。学食で出される料理は日替わりで基本的に量が多く、1.7€の料理だけで十分なほどでした。3〜4€あればおなかいっぱいになれます。カフェは授業の間の休憩時間や昼食時には学生でいっぱいになります。勉強している学生もたくさん見かけます。

セメスターチケット
学期内であればヴェストファーレン州内のバスや電車に乗り放題のチケットです。大学内のインターナショナルオフィスで学生証と一緒にもらいます。200€ほど支払い、健康保険証を見せる必要があります。保険については留学前に分大で傷害保険に加入しますが、それとは別にドイツ国内で有効な健康保険に加入する必要があります。パダボーン大学が推奨している保険はどれも高いので別の安い保険に加入しました。しかしインターナショナルオフィス職員によると第三者の保険会社からその保険が有効であることの証明をもらうことが必要なようで(言われずそのまま受け取れた人もいたようです…)、学内にあるAOK(ドイツの保険会社)のオフィスに行って証明をもらってきました。
セメスターチケットがあればパダボーンの中心街だけでなくデュッセルドルフ、ケルン、ボンなどの有名観光地にも気軽に行くことができます。とっても便利なのでパダボーン留学の際は購入をおすすめします!

ビザの手続き
ビザの手続きについて簡単に説明します。ビザはドイツに来てから取得しました。難しそうに思えますが、実際に必要だったのは以下の通りです。
・有効なパスポート
・写真1枚
・ドイツ国内で有効な健康保険証
・大学の入学許可証(オリエンテーション時にもらいました)
・奨学金の受け取りを証明する書類(英文または独文。金額は日本円表記でも問題ありませんでした)
申請を行う外国人局は大学からバスで30分ほどの場所にあります。私が行ったときにはビザ申請を待つ人が多く、かなり待たされました。申請はドイツ人バディが手伝ってくれて20分程度で終わりました。申請から約3週間後に封筒が届き、また外国人局に行ってビザカードをもらいました。

最後に写真をいくつか載せます。
IMG_20170901_191550[1].jpg
IMG_20170907_162710[1].jpg
中心街の街並み
IMG_20171001_131204[1].jpg
珍しく晴れた時の写真。お気に入りです。
IMG_20170930_192453[1].jpg
写りがよくないですね(;--) ドイツビールです。おいしい。
IMG_20170901_211402[1].jpg
9月初めに公園でお祭りをしていました。

ここまでドイツでの経験をいくつか紹介しましたが、まだ書ききれなかったことがたくさんあります。(授業については次回紹介します。)
ただ、留学してよかった、ここに来てよかった!と心から思いました。大学の学生、教授だけでなく町の人たちもみんな優しいです。周りの人たちに何度も助けてもらいました。留学するにはとても良い環境です。

以上、ドイツ留学記でした。
質問はいつでも受け付けますよ!なんでも聞いてください!
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

Tschüs bis bald!
posted by 930 at 07:48| 大分 ☀| Comment(0) | 2017-2018ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

**北欧ブログ**〜大自然でのんびり楽しく留学生活 :)

こんにちは!オーロラハンターことFnF24です!

北欧ブログ第一弾ということで、今回は僕の普段の生活の様子や楽しい観光に最適な情報もアップします
今留学で悩んでる人や旅行を考えている人!ぜひ見てね:)

では、はじめましょう✨

留学先は、北欧のフィンランドにあります、タンペレという街のTAMK大学です
こちら一言で言うと、最高です笑 
はい何が最高なんだ?とかってのは、ちゃんと記事を読んで理解してくださいねー

ちなみに僕はこちらのTAMK大学で国際ビジネスと観光学を学ぶために留学をしています

TAMK大学は地元の大学の調査によって「フィンランドで留学したい大学」No.1に選ばれた大学(らしい)です
大学の所在地は首都のヘルシンキから北へ、電車でおよそ2時間いった「タンペレ」という都市です。

それではまずは街の紹介からです!

こちらのタンペレは最近までフィンランド第二の都市とされていましたがエスポーとかいうところに先日人口を追い越されてしまったようで、、、、
しかし、かつては産業で栄えた都市ですので、もとから人口の流入は激しく、近年も人口は増えています。現在は街中がトラムの建設工事を行っていて、5年後に完成するとのことです。フィンランド自体が人口550万人と、人工的にみると小規模なため、タンペレの街もそこまで大きなわけではありませんが、とても暮らしやすくていい街ですよ:)

そしてこの街の最大の魅力の一つが、こちらのタンペレ、なんと全部で3つの大学があり、いずれかの大学の生徒であれば、3つの大学のすべての講義を受けることができ、ジムなどのすべての施設も使用可能です(ジムは会員制で多少の費用がかかります)!

つまり、様々なコースの中から自分の学びたい分野に合わせた最高の組み合わせで授業を受けることができるんです(僕はもともと国際ビジネスコースで登録していましたが、どうやら他のコースからもとれるらしいです)

そしてなんと言ってもなんと言っても、これを言いたい!!!!!!
こちらタンペレ、なんとなんと!!!!!

なーーーーんと、オーロラが見れちゃいます❗❗

みなさん、そこに暮らしているだけでオーロラがみれちゃうなんて本当にすごいことだと思いませんか!!!ぜひ思ってください!笑

ヘルシンキでオーロラなんてまず無理だとおもってください!それがさらに北のこちらタンペレであればちょこちょこ見れちゃうんです❗⤴⤴

これは特権中の特権!!!ぜひタンペレに!!!!!

僕は8月の中旬にやってきましたが10月の上旬にようやくその姿をとらえることができました!DSC_1653.JPGDSC_1652.JPG

続いては大学自体の話ですね、こちら、さきほども述べたように生徒の学びたいことを学びたいだけ学べる、そういうシステムになっています!まさに留学!って感じがしますね:)
僕は国際ビジネスと観光学を学ぶために今期は6つの授業を受講しています。授業形態としては、基本グループを作って、みんなで頑張るといった感じです。これは、時に仲間を頼ることができるが、時として、チームのために個人として、強い協力の姿勢が求められるということで、僕自身しばしばプレッシャーに感じることがあります。(本当は常にプレッシャーを感じてます笑)

ただ、グループの中では基本やりたいように出来ます!つまり、メンバーとコミュニケーションを上手に取りながら、自分の良いところを存分に発揮できる良きチャンスなのです

挑戦したい!って志をもつ人にはぴったりですね:)

それと、よくある質問なのが、日本人の数ですよね。
人によっては日本人がいた方が良いとか、いないほうがいいとか様々ですから笑

こちらTAMK大学には、今年は僕を含めた3人の日本人がいます。なんとそのうちの一人はAPUから来てます笑

しかしタンペレには合計で20人ほどの学生が来ていると認識しています。
つまり先ほど述べた3つの大学のいずれかに所属しているということですね。

しかし心配しないでください!誰とどう過ごしたいかはあなたが決めることです!例えばアパート選び!こちらもう一つ重要な情報を追加しておきますと、タンペレには大分大学でいうような学生寮や留学生用の寄宿舎といったものは一切ございません。現在僕はLapinkaariというアパートに住んでいますがこちらは言うなれば学生のためのアパートです。主に留学生が暮らしていて、友だちを作るならここ!という感じですね〜しかし僕の他に日本人は一人しか住んでいません:)僕は気にしたことはありませんが、日本人だけじゃなくて、他の国の友だちとも十分に仲良くできますよ!ただ、日本人同士で固まったりってのは、損じゃないですか?異文化に触れる機会って本当に貴重ですからね:)

僕はこのアパートで不定期で友だちと食事会を開きます、食文化こそ共生社会を代表する文化摩擦の引き金であり、最大の魅力です!特に日本食は大人気ですよ!タンペレにはアジアマートがありますからそこで材料調達もできます:)

ちなみにさきほどのオーロラ、このLapinkaariから徒歩10分ほどのところにある湖で観測したものです。はい、こちら大正解の物件ですね:)
(アパートの情報など詳しく知りたければ大分大学の国際交流課を通して僕に直接連絡していただければしっかりと教えます)

それとだいぶ話がずれましたが、大学の話、、、、、そうですね、あとは、毎年TAMK大学が受け入れる学生は基本的に世界中どこでもです。フィンランドですから主にヨーロッパの方が多いですね。全体で200人ほどが受け入れられていると思います。(南米の方はあまり見た覚えがありません)さきほども言ったように3つ大学があって誰がどこか分かりませんが、タンペレ全体としては世界中から集まっている気がします。ちなみにLapinkaariではUTAというタンペレで一番大きな大学に通う生徒が多いので、TAMK大学の友だちとはまた別に交友を持てる機会があるのも良いことなのかなと:)

そして次に北欧としての角度から、フィンランドでのここまでの暮らしぶりについて少し話します
まず気候ですね。気候は大変厳しいです。11月現在平均は-1℃といった感じで、それに加え、強い風や冷たい雨などが容赦なく降り注いできます。11月になって少しずつ晴れ間が続くようになった気がしますが、9月と10月は本当に太陽を拝めない日々が続いて精神的につらかったです。しかし、晴れると空気は気持ちが良いし、夜は星空がきれいだし、見る物すべてが最高なんですよね〜:)

旅行を考えている人は5月から7月をねらって来てください!天気が良いですし、大変過ごしやすいらしいです!もちろん僕の想像からもその時期をおすすめします!

さらに豆知識!

オーロラ見るなら秋か春!!!・・・・・実はオーロラって秋か春が一番の観測率をもっているらしいです。冬じゃないんだ!って僕も驚きました。でもありがたいですよね、冬に外に長時間もいたくないですもの。。。

ん、、、、「外」といえば、はいそうですね、フィンランドの外での楽しみといえばそう!「サウナ」です!
サウナ&湖の組み合わせですね:)こちら、かなり勇気が要りますよ笑

僕の最高記録は気温3℃の時でしたが、湖に首まで浸かったとき、「これやばすぎるやつだ。」と思いました。しかし、冬はこれから!真冬の中!頑張って挑戦してきます!

あとは物価ですかねー、まあおおよそ日本の1.5倍と考えていたらよろしいかと、、、僕もすべてを知り尽くしている訳ではありませんが、文房具や雑貨などは高いイメージです。食材は高すぎない程度ですね。たくさんお店もありますから、どこで買うかによりますけどね笑

とまあ、今回はこのような感じでまとめて見ました。

この三ヶ月弱を過ごしてみての振り返りでしたが
まだまだこれからフィンランドの本当の顔が見えてくるはずですので、また次回の投稿で新しいフィンランド生活の面をお知らせしていけたら良いなと思っています。

それではまた次回の投稿でお会いしましょう!
Moi Moi 〜✋










posted by FnF24 at 01:58| 大分 ☀| Comment(0) | 2017-2018ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

ドイツ パダボーン大学@

こんにちは!
ドイツのパダボーン大学に留学中のayatakaです!
ドイツに来て、ちょうど二か月経ちました。色々と戸惑うことや落ち込むこともありますが、とても楽しく過ごしています。今回はこれまでの生活について書いていこうと思います。

*ドイツ到着
8月の終わりに成田空港からデュッセルドルフ空港までの直行便で約12時間かけてドイツに到着しました。成田空港でのチェックインの時に目的は留学でビザは渡航後に申請すると伝えるとカウンターで驚かれ(笑)、そのまま20分ほど待ちました・・・。ドイツでは渡航後にビザ申請できると大使館のホームページにもしっかり書かれているので大丈夫なのですが、ここで行けなくなったらどうしようとかなりハラハラしました。
デュッセルドルフからパダボーンまで直行の電車があるので、飛行機を降りた後は電車に2時間ほど乗り、パダボーンに到着しました。

*買い物事情
大学の近くにいくつかスーパーがあるので、食品や生活用品はそこで大体買い揃えられます。ヨーロッパと聞くとどこでも物価が高い気がしますが、日本と同じか少し安いと思います。野菜は確実に安いです!最初に生活用品を買い揃えるのに大きいスーパーにバディ(大分大学でのチューター)と一緒に買い物に行ったのですが、食品から家電まで何でもそろうスーパーで、商品を見ているだけでも楽しいです!買うものはいつも決まっているのですが、ついつい長居してしまいます^^;
中心部にはH&MやLUSHなど日本にもあるお店もあります。服や靴はもちろん、本屋やドラッグストア、雑貨屋さんなどもあり、基本的に困ることはありません。ただ服のサイズには要注意です(笑)

*授業
9月に留学生向けのドイツ語の授業がありました。これは週に4回、9:00〜13:15(うち30分は休憩)の時間帯であります。交換留学生の他に、大学院留学の学生もいます。授業の中で自己紹介の練習をした時に、ほとんどが自分より年上だったので少し驚きました。私は日本でドイツ語を勉強していましたが、独学だったのでスピーキングはほとんど出来ませんでした。授業ではスピーキングやゲームなどが多めだったので大変でしたが、クラスメイトが優しくて、英語に直すなどして教えてくれました。
10月に入って、Winter Semesterが始まりました。経済の授業を3つと、英語の授業を1つ、それからドイツ語の授業をとっています。これについてはまた次回詳しく説明します。


*さいごに
来年留学したいと思っている人は説明会が終わって申請の書類を出す頃でしょうか。ネットで調べたり、このブログをさかのぼって見たり、情報収集の方法は色々ありますが、国際交流課で留学に行っていた先輩方のアンケートを見せてもらうのもおすすめです。私は主に授業の内容や費用について特に注目して見ていました。ネットでも大体の物価は調べられますが、家賃などは特に同じ国でも地域ごと、さらに大学ごとに事情が違うと思うので、実際に行っていた人が書いたアンケートはとても役に立つと思います。もちろん留学に行っていた先輩方に話を聞くのもとてもいいと思います。私はアンケートを去年2,3回見に行った気がします(笑)ただ、すべての協定校に大分大学から留学しているわけではないのでそこは注意です。他にも協定校のホームページを見てみたり、色々手段はあると思います。迷う人も多いと思いますが、しっかり情報収集して留学先を決めてくださいね^^


20.10.17 13.JPG
↑パダボーン大学にはたくさん建物があるのですが、ここは私が経済の授業の一つを受けている棟です。

20.10.17 12.JPG
↑秋のパダボーンです。高い建物があまりありません。今ではもう少し葉っぱも落ちて、気温も下がり冬に近づいています(生まれも育ちも大分の私には少々きついです・・・(笑)

それではまた!
posted by ayataka at 01:10| 大分 | Comment(0) | 2017-2018ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台湾 開南大学

こんにちは🎃


台湾に来て約2ヶ月経ちました。
開南大学への長期留学が私が初めてと言うことでなるべく多くの情報をお伝えしたいと思います。


✅授業
開南大学では、私のような1年間(もしくは半年)の留学生用特別プログラムはありません。自分の興味のある科目を受けることが可能です。しかし、全ての授業が受講可能と言う訳ではなく履修期間に興味のある授業に出て、その授業担当の先生から許可を得なければ行けません。かなりの授業(特に応用中国語学科)では日本人には難しい、あなた達はこの授業を受けれるスキルが足りない、と言われました💦でも、応用英語学科の授業は先生も生徒も留学生との授業に対してとても受け入れてくれて、たくさんのお世話をしてくれて助かっています💓


✅生活
私は4人部屋の寮に住んでいます。この量では部屋の中にシャワー、トイレが付いていて4人で共用しています。もちろんトイレットペーパーは流せませんよ?!そしてキッチンもありません。そのぶん学食は充実しています。大分大学の学食と違い、多くのお店が一箇所に集まっていて、自分の好きなものを選んで食べることができます。味に飽きない素敵な工夫です😆大学から駅へのバスも出ているので街に出るのは全く困りません!


✅その他
私は日本語学科のバレーボールサークルに所属しています。バレーボール未経験者ですが、人との繋がりを広げたい、もっと話す機会が欲しい!っと思ったので参加しています。試合もあるそうなので週2で練習に励んでいます👍運動好きな人の特権ですね!!最後に!!台湾ってまだ半袖でしょ?って思う方いるかも知れませんが、台湾意外と寒いです。すでに厚手の服を上に着てますよ!!毎日、気温チェックして着る服を考えています👚


以上、開南大学の紹介でした!
何か質問があればお願いします🙇‍♀️
次回もお楽しみに👋

posted by 台湾の自由人 at 00:15| 大分 | Comment(1) | 2017-2018アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

台湾留学

こんにちは

私はいま台湾の東海大学に留学しています。

留学してからもう1か月半がすぎ、台湾の生活にも慣れてきて楽しい毎日を送っています。


東海大学について

東海大学はとにかく敷地がとても広いです。なので最初のほうは授業の部屋を探すのが大変でした。敷地が広いこともあって、大学の中ではバスが走っています。

学校の中にはコンビニ、本屋さん、カフェ、食堂、郵便局といろいろなものがあります。なので基本的な生活用品などは学校内でも買えるのでとても便利です。

教室に関しては、冷房をきかせすぎているのでエアコンの風が当たるとこだと上着があったほうが快適に過ごせます。


学校の周辺

学校を出てすぐのとこに夜市があったり、バスで少し乗ったところに百貨店などがありとても便利です。

また、IKEAもあるのでほしいものはだいたい簡単に手に入ると思います。


授業

中国語のクラスは少人数で授業を受けています。授業時間は約3時間。だいたい同じくらいのレベルの人でクラスは構成されているので勉強する環境はとてもいいと思います。

授業の内容は、発音や文法を覚えたりします。ほぼ中国がわからなくても、先生方がやさしく教えてくれるので何とかなりました。


これからも中国語を喋れるように頑張っていきます。

posted by AR at 23:31| 大分 | Comment(1) | 2017-2018アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高麗大学(・±・)in Korea 10月

안녕〜^^
今、韓国の高麗大学に留学しているEringiです〜

最近はだいぶ肌寒くなってきました(*^_^*)
なんたってソウルの経度は東北と同じくらいですからね
冬はベンチコートが必須アイテムのようです

留学してから二ヶ月が経ちました。。。生活には一ヶ月あれば十分慣れます。いやかからないですね
私は今、大学の寮に住んでいます。私の部屋は二人部屋で一切プライバシーがないです。なのでルームメイトとの面会が一番不安だったかもしれません(笑) 外国人とだろうという期待と不安でいっぱいでしたが、まさかの日本人でした(笑)でも実際生活してみて、同じ日本人だと生活スタイルが似ているし、なんたって日本語が通じますから、、、すごく楽です(笑) 一歩外をでると外来語があふれてますからね。さらに、ルームメイトは努力家でいろんな刺激をもらってます。夜二人とも寝れなくて夜遅くまで寝ながら話したこともあります。プライバシーのない部屋だからこそできることですね(^^)
一番大変なのは冷蔵庫が一階のキッチンに四つの冷蔵庫しかなく、それを七階まである寮の男女が共同で使うことです(^^;) 洗濯機も同様です。でも、週に一回部屋の水回りの清掃をしてくれるのですごく助かります。部屋も新築並みにきれいです

生活用品はダイソーでそろえました。洗濯洗剤まで売っています。その代わり100円以上のものは多いです。大学の周りには飲食店が多く、駅も近いので便利です。韓国はとにかくご飯が安い!おなかいっぱい食べても1000円はいかないんです!!!しかもキムチは食べ放題!!!毎日食べてお肌つるつるを目指してます^^服も平均1000円から3000円と相当安くて目が飛び出そうでした。日本で服を買えなくなりそうです(笑)

*授業*
授業は韓国語の授業、英語でビジネスと美術系の授業、日本語で日本経済の授業、ヨガの授業を取っています。日本のようにお昼休憩の時間がないので3,4限は空きコマをつくりました。韓国語の授業は初級1,2中級1,2高級と分かれていて、しかも20人くらいのクラスなのでとてもいいです。韓国の大学は週2回同じ授業が行われます。日本は基本週1回ですよね。そして日本に比べて課題が多いです。私はまだ少ない方なのですが私の友達は、毎回授業のたびにあるみたいです。でもその方がテスト前に楽ですよね。日本とは違いみんなが積極的に授業に参加します。留学を終えるまでにはみんなのように挙手して英語で意見を言えるようになりたいです。いや、なります!また、韓国人はみんな勉強熱心なのですごく刺激的です。でもちゃんと勉強するときは勉強する、遊ぶときは遊ぶというメリハリがあってわたしは好きです。

*KUBA*
高麗大学にはKUBAという留学生の集まりのが特徴的です。留学生約100人を10グループに分けそのグループの中に何人かの韓国人のバディがいます。わたしのグループには日本語を話せる韓国人がいて、その方が中心となって日本人会というグループをつくてくれました。そこで日本人とも仲良くなりました。もうなんかファミリーみたいな感じですね。同じ日本人でも各々違う大学から来ているので新鮮です。名門大学からも来ていて最初はびびってましたけど(笑)KUBAでもこの日本人会でもいろんなところに連れて行ってくれるのでいろんな体験ができます。

*KJIF*
KJIFという団体を最近見つけまして、こないだその企画の女子会に行ってきました。韓国に興味のある日本人と日本に興味のある韓国人女子でいろんな話題についてトークしました。アイドル、恋愛、美容などなど。他にもみんなでパーティや漢江でチメックなど他にもいろいろな活動があります。韓国人の友達はもちろん日本人の友達も増えました。みなさん日本語が上手でここでもとてもいい刺激をもらっています。

*コヨンジョン*고연전
高麗大学のビックイベントと言えばコヨンジョンですね。サッカー、野球、バスケットボール、アイスホッケー、ラグビー五種目で高麗大学のライバル校の延世(ヨンセ)大学と試合を二日に分けてします。日でいうと早稲田大学VS慶応大学の早慶戦です。とても白熱していました。野球の試合を観に行ったのですが、試合はほとんど観ていないですね(笑)流れてくる歌に合わせて永遠とチアをしていました。でもそれがすっごく楽しいんです!!!みんなが一体となって応援するので!!!昨年までは連続で勝っていたみたいなのですが、今年は全敗でした。でも夜は勝敗に関係なく騒ぎます。大通りがクラブ状態で夜中中応援歌が流れていました。前の学期に来ていた先輩達もコヨンジョンのために日本から来ているほどです(^^)KakaoTalk_20171029_212751543.jpg

最近まで中間テスト期間でした。英語を使う機会が少なくなったように感じてあ!テスト期間でKUBAの活動がないから英語を使う機会が減ったんだ…そのとき改めてKUBAのありがたみに気づきました。私は英語と韓国語がしたくてここに来たのでそのような人にはこの大学はぴったりだなと感じました。KUBAのようなグループは他の大学にはなかなかないので、高麗大学の魅力の一つです

ここからは写真を連打しますね(笑)
KakaoTalk_20171029_233012363.jpg
これは西京刑務所です。大分大学に留学していた友達が案内してくれました。日本にいては学べなかっただろうなと思います。日韓の歴史にもっと触れていきたいなと思いました。日本で知り合った韓国人とまた別の場所で会うことになるなんて。。。二泊三日でスンチョンにいる友達にも会いに行きましたが、彼らに出会えてよかったです:)

KakaoTalk_20171029_23301184.jpg
これは日本では食べれないユッケです!!!意外といける

KakaoTalk_20171029_233017684 - コピー.jpg
このお店はまだ二ヶ月しか経っていないのに6回も行った行きつけのプルコギ屋さんなんです!!おかずとご飯が食べ放題なんです(^^)/

KakaoTalk_20171029_233013697.jpg
このワッフルなんと180円!アイスを2種類選べます!ちなみに私はチョコバナナがお気に入り〜

KakaoTalk_20171029_233014093.jpg
た、たこ焼き?!たこ飛び出てる。。。in 明洞

KakaoTalk_20171029_233018113 - コピー.jpg
韓国の辛い食べ物につかれたときはジャジャンパブ。ジャジャン麺のご飯版!まったく辛くない!!

KakaoTalk_20171029_233016122.jpg
長いチュウソク(韓国のお盆休み)、知り合いの方に家庭料理を振る舞っていただきました(*^_^*) なかなかない貴重な経験でした。

KakaoTalk_20171029_23301858.jpg
その方のお子さんとルームメイトと韓服を着て景福宮と仁寺洞へ。雰囲気のいいお茶屋さん

最後におしゃれなカフェを
KakaoTalk_20171029_233015211.jpg

KakaoTalk_20171029_233013289.jpg

KUBAで仲良くなった友達とカフェに行ったり、野球の試合を観たり(*^_^*) 私の周りにはドイツ人とシンガポール人が多くてみんなつたない英語を聞いてくれるんです(泣)日本では英語で話すことが恥ずかしくて英語を使うことに消極的でしたが、、日本人がいる中で外国人と話すときはまだまだ話せなくなってしまうんですけどね、、、でも会話しなきゃ仲良くなんてなれないし!!!って頑張ってます** 周りと比べてしまってへこんでもいろんな人の意見を聞いて、励まされて、、、 既に多くの人に支えられています(>_<)

長くなりましたが、充実した日々を送っています〜
今のうちにできることをできるときにできるだけしようと思ってます(^_^)
 
質問がありましたら気軽にコメントください(^^)/
ではまた안녕〜**
posted by Eringi at 22:16| 大分 | Comment(1) | 2017-2018アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台湾 東海大学➀

9月15日に台湾へやってきてあっという間に1ヶ月以上が経ちました。
東海大学がある台中市はやっと秋らしくなり、風が強く吹いてとても寒いです🍂
はじめての海外での生活にもだいぶ慣れ、毎日充実した日々を過ごせています。
〜授業について〜
私は今学期、中国語の授業(15単位分)と英語で開講されている授業(7単位分)を履修しています。中国語の授業は毎日午前中3時間のコースで、日本のほかの大学からの留学生5人と一緒に受ける少人数クラスです。大分大学では1年間、必修科目として中国語を学びましたが、ここでの授業は中国語の基礎的な文法や語彙力を身につけるとともに、ネイティブな先生に正しい発音方法を教えてもらいながら口を動かすことが多いです。先生は私たちが理解できているかどうか気にかけてくれたり、授業後は個別に質問を受け付けてくれたりととても親切でわかりやすいです。
英語開講科目は経済学、台湾の歴史と遺産について学ぶ授業、そしてグローバル問題についてほかの学生とディスカッションをする内容の授業を受けています。特にグローバル問題について考える授業は、台湾人の学生だけでなく他の国からの留学生の意見や考え方を聞くことができ、国際的な視野を広げる良い機会となっています。

〜寮での生活〜
私は東海大学の敷地内にある女子寮で中国の上海、無錫そして香港から来た留学生と一緒の部屋で暮らしています。お風呂やトイレ、洗濯機は各階で共有して使っています。私のルームメイトは日本にとても興味があり、休日は一緒に日本のアニメの映画を観たり、日本製のコスメを買いに行ったり、夜は、台中の夜市へご飯を食べに行ったりします。

S_6920026708895.jpg

S_6920026768165.jpg

(益民一中商圏、台中市)

また、寮の近くには土日も開いているコンビニや食堂、少し歩けば最寄りのバス停もあるのでとても便利です。

〜休日の過ごし方〜
休日は台湾人の友達とカフェ巡りや大学主催のフィールドトリップに参加したりしています。10月は台南市と日月潭に行ってきました\(^ω^)/ 両日ともあいにく雨でしたが、フィールドトリップで仲良くなった韓国人の友達と飲みに行けて楽しかったです🍻

Image_b421a1c.jpg

Image_43206cd.jpg

次回の投稿までにはもっと上手く中国語を喋れるようになりたいです👋
ラベル:東海大學 Taiwan
posted by ペコ at 14:57| 大分 ☀| Comment(1) | 2017-2018アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする