2018年03月01日

台湾 東海大学B

台湾での留学生活も残り半年となり、今週から東海大学の春学期が始まりました。

年越しと、主に台湾人の友達のご実家で過ごした約一ヶ月間の冬休みについて今回は書こうと思います

12月31日には、台北101から打ち上げられるカウントダウン花火を見るために台北へ行きました。午後6時くらいに台北駅に着いた頃には、周辺駅は世界各国からこの花火を目的に集まった観光客で溢れかえり、新年を迎えるムードで盛り上がっていました。
カウントダウンが始まり、花火が打ち上がると、集まった観客から新年快樂〜(あけましておめでとう〜)!の大きな歓声が響き渡りました!!!


(カウントダウン花火の実際の様子)

一月中旬に期末試験が終わり、新竹市(台北と台中のちょうど真ん中あたり)の台湾人の友達のご実家にお邪魔しました。ご両親は私を優しく迎え入れてくれ、冬休みのほとんどを新竹で過ごし、何から何までお世話になりました。台湾の伝統的、代表的な食べ物をたくさん紹介してくれ、時には夜の10時過ぎに夜食を求めて、夜市に出向くこともありました(笑)夜食を食べる習慣のある台湾は一日4食が当たり前で、夜市には朝まで夜通し営業しているお店もあるほどです。特に美味しかったのは、「客家粄條(はっかきしめん)」という米粉と片栗粉を水で溶いて蒸した麵をモヤシやニラと一緒に炒め、醤油で味付けした客家人の料理です。台湾には元々台湾に住んでいた原住民と中国本土から移り住んだ本省人、第二次世界大戦後に台湾にやってきた外省人、18世紀初頭に東南アジア各地に移住した客家人の3つの漢民族が混在しています。そのなかで東南アジア各地に散在しつつも、客家人が継承しつづけてきた独自の料理が客家料理です。実際に台湾人の暮らしを体験することで、今まで知らなかった文化やそのルーツを知ることができ、私にとってとても貴重な経験となりました。

S_7552278280598.jpg

(客家粄條)

最後に半年間の台湾での留学を終えたルームメイトとの別れ(;.;)
中国語を教えてもらったり、映画やカラオケに行ったり、毎日夜遅くまで喋ったりと本当に楽しい半年間でした!!!!!

aaa.jpg

ほとんどの中国語は聞き取ることができるようになりましたが、スピーキングはまだまだなので残り半年間も頑張りたいと思います(;_;)/~~~



ラベル:Taiwan 東海大學
posted by ペコ at 15:52| 大分 ☁| Comment(0) | 2017-2018アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

開南大学 台湾


こんにちは。
そして、あけましておめでとうございます。



今回は、台湾での「春休みの過ごし方」を紹介したいと思います。

まず最初に、私の大学は春休み期間が約1ヵ月半ありました。
私の場合、日本には2泊3日でしか帰らずに残りの日々は台湾で過ごしました。寮から出なければいけなかったので、住む場所探しから始まりました。(結果的にはチューターが借りている部屋で過ごしました)
春休み期間、もちろん予定がなかったので台湾人の友達に連絡して週に2回、中国語を教えてもらう時間を作ってもらったり、家に招いてもらってご飯を食べさせてもらったり、泊りがけで旅行に行ったりと充実した時間を過ごすことができました。

そして「春節(旧正月)」の文化も経験しました。
今年の春節は2月15日〜20日の6日間で、この時期は町が赤一色になり華やかになります。
1日1日に意味があり、この6日間は家族や親せき一同が集まって一緒にご飯を食べて話します。(日本のお正月と同じ感じです)

この期間での、日本と台湾の文化の違いは
@水餃子の中にコインを1つ入れ、コイン入り水餃子を食べた人の1年がとても良い
A老若男女問わず、トランプゲームにお金(お年玉)をかける
B年越しそばの代わりに「年越しビーフン」
C6日間は花火・爆竹祭り(爆発音が絶えません)


ネットを使えばもっと多くの情報があるとは思いますが、私は特にこの4つが面白いな。と思いました。
お正月は、家族や親せきとの時間を楽しむ時間ですが、今回は特別に参加させてもらえたので貴重な経験ができてとても楽しかったです。

1年間の留学中、現地の文化に触れられる機会を待っているだけなく自分から触れに行くことで経験や体験が増えていくことを実感した春休みでした。ネット社会で色んな情報を気軽に手に入れることができますが、やっぱり「百聞は一見に如かず」!!!

残り半年!楽しみます!





posted by 台湾の自由人 at 19:22| 大分 ☀| Comment(1) | 2017-2018アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

UCLan夏休み短期語学研修

今回自分がこの分大の短期留学プログラムに参加しようと思ったのは、まず1つは、今までにも何度か海外に行ったことがあるのですが、もっといろんな国に行ってみたいと思っていたからです。そしてもう1つ、自分的には、もっと他の世界のことを知り、経験することで自分の見方や考え方が広げて、人生をより楽しんで過ごしたいと思ったのが個人的に大きな理由です。
 イギリスでの暮らしはとても楽しかったです。食べ物がおいしくないと聞いていたのですが、日本にはないような食べ物もたくさんあり、いつもとは違うものばかりだったのでとてもおいしく感じました。ケーキやチョコレートなど、サイズがとても大きいので、何も考えず食べ過ぎてしまうと確実に太るでしょう(笑)自分は5キロ太りました!気温は緯度的に考えてもわかるように、多少日本よりも寒かったです。自分は、どうせ程よく涼しいくらいだろと思って半袖しか持って行っていなかったので痛い目を見て、向こうでパーカーを買いました。また、天気も小雨くらいの通り雨が結構な頻度で降っていたような気がします。言われていた通り折り畳み傘は必須でしょう。ですが、なれてくると多少の雨ではもう傘をささなくなります。ですが一番驚いたのは、午後8時ごろまでは普通に日が照っていることです。午後9時ごろから暗くなり始めるのですが、そこからはあっという間に日が沈んでしまいます。日本と全然日照時間が違うので、時間がよく分からなくなります(笑)留学ということで、2週間ほどuclanというセントラルランカシャー大学という留学生を誘致している大学で、授業を受けたり交流を深めたりしました。授業自体も日本で今まで受けてきた授業と違い、先生がとてもユニークかつダイナミックで、とても授業が活気づいていて、自分もぐいぐい参加したくなるような授業で、なんか刺激がありました!この大学の授業やプログラムの中で、友達や先生、スタッフさんと交流する機会がたくさんあり、人見知りな自分でもここで仲良くなることができました。向こうの人はどんどん話しかけてくれて、Welcom精神が旺盛で、自分もこんな風になってもいいのかと気づくきっかけにもなりました。また、毎週水曜日は学校のプログラムとして1週目はリヴァプールに、2週目はマンチェスターに行きました。どちらもロンドンに次ぐ観光名所で、特にマンチェスターのときはあのマンチェスターユナイテッドのホームスタジアムを訪れ、その中をくまなく見まわることができました。自分は今までサッカーや野球観戦をしたことがなく、初めてのスタジアムということで(初めてがマンチェスターユナイテッドのホーム笑)この時はとても興奮しました。また、毎週土日は学校も休みなので、そこを使って自分たちで好きなところに観光に行ったりもできます。自分たちは、電車を使ってエディンバラやロンドンに行きました。チケットは事前に予約するのとしないのでは値段が大きく変わってきますし、乗る時間帯によっても値段はバラバラなので、よく考えて買うのをお勧めします。自分は友達と3人で週末観光をしていたのですが、見知らぬ地で自分たちで行動するというだけでドキドキワクワクしていましたし、一番最初に頑張って人に話しかけた時の喜びや楽しさは、とても良い経験になったと思います。みなさんもぜひ、外国に行った際にはいろんな人に話しかけてみてください。良い刺激を感じれると思います(上から目線ですいません笑)
 今思い返してみても、この短期イギリス留学は本当に楽しくて、有意義なものだったんだと思います。正直これで満足するどころかもっとほかの国に、次はニューヨークに行ってみたいななんて思っています(笑)みなさんも、ぜひ時間に余裕のあるこの大学生の間に、どこか日本を出た外の国を訪れてみてはいかかでしょうか。
posted by K・Y at 14:24| 大分 ☁| Comment(0) | 2017 UCLan 夏季語学研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

イギリス留学

私は2週間イギリスへ留学をしました。留学のきっかけは、友達が留学を行ってそれに感銘を受けたのと私はサッカー観戦が好きで、1度イギリスのサッカーを生で見てみたいという思いがあって決心しました。
 留学先はプレストンという町にあるセントラルランカシャー大学というところに留学しました。プレストンはイギリスの北西部に位置し、マンチェスターやリヴァプールに近い都市です。プレストンは非常に住みやすい都市で、気候はほとんど曇りで平均20℃くらいでした。町は困らない程度にものがあり、ショッピングモールもあり、何にも困ることはありませんでした。
 留学先の大学では自分が専攻する分野を決めて、その分野を1週間かけて学ぶというカリキュラムでした。タイムテーブルが決められており、それに従って行われました。その中で日本と違ってイギリスではプレゼンテーションをやるのが普通であるのに苦労しました。授業中にいきなり紙を配ってテーマを決められ、それを即発表というのがあったり、週末に各自が3〜5分の間でプレゼンをするというものがあったりして大変でした。私は、発表というのが苦手な上に英語で発表するというのは自分には苦痛でしたが、友達らと一緒に作って、なんとかやり遂げました。今思えば、英語力の向上という点でとてもいいプレゼンになったと思っています。
 そして、イギリスでは自由な時間がたくさんあったので旅行も行きました。基本的に学校は金曜の昼から日曜まで休みで、さらに水曜日は学校が運営してくれる旅行がありそれに参加したのでたくさんのところにいけました。
ロンドンやリヴァプールやマンチェスターやエディンバラに行きました。そして、自分が一番行きたかったサッカーもみてきました。スタジアムの熱気がすごくサポーターがチャントを真剣に歌っているのを見てサポーター愛を感じられ、テレビじゃ感じられない現地ならではの雰囲気を味わえて満足でした。
 このイギリスでの2週間は人生で1番有意義に過ごせたひと時だと改めて感じました。今まで味わったことのない文化や英語しか通用しない土地で自分の何かをぶち壊さないと行きていけない状況下に身をおくことで自分の幅が確実に広がったのは間違えありません。だから、留学に悩んでいる人や行く気のない人は1度行くことをオススメします。きっと何かが変わります。
プレストンの街並み 
 <a href="http://bunndai.up.seesaa.net/image/IMG_0694.JPG" target="_blank"><img border="0" alt="プレストンの町" src="http://bunndai.up.seesaa.net/image/IMG_0694-thumbnail2.JPG" width="640" height="480"></a>
リヴァプール
<a href="http://bunndai.up.seesaa.net/image/IMG_0747.JPG" target="_blank"><img border="0" alt="リヴァプール" src="http://bunndai.up.seesaa.net/image/IMG_0747-thumbnail2.JPG" width="640" height="480"></a>
ビッグベン
<a href="http://bunndai.up.seesaa.net/image/IMG_0794.JPG" target="_blank"><img border="0" alt="ビッグベン" src="http://bunndai.up.seesaa.net/image/IMG_0794-thumbnail2.JPG" width="640" height="480"></a>
バッキンガム宮殿
<a href="http://bunndai.up.seesaa.net/image/IMG_0841.JPG" target="_blank"><img border="0" alt="バッキンガム宮殿" src="http://bunndai.up.seesaa.net/image/IMG_0841-thumbnail2.JPG" width="640" height="480"></a>
大英博物館
<a href="http://bunndai.up.seesaa.net/image/IMG_0873.JPG" target="_blank"><img border="0" alt="大英博物館" src="http://bunndai.up.seesaa.net/image/IMG_0873-thumbnail2.JPG" width="640" height="480"></a>
マンチェスターのオールドトラッフォード
<a href="http://bunndai.up.seesaa.net/image/IMG_1030.JPG" target="_blank"><img border="0" alt="オールドトラッフォード" src="http://bunndai.up.seesaa.net/image/IMG_1030-thumbnail2.JPG" width="640" height="480"></a>
エディンバラ
<a href="http://bunndai.up.seesaa.net/image/IMG_1141.JPG" target="_blank"><img border="0" alt="エディンバラ" src="http://bunndai.up.seesaa.net/image/IMG_1141-thumbnail2.JPG" width="640" height="480"></a>
サッカー観戦
<a href="http://bunndai.up.seesaa.net/image/IMG_1215.JPG" target="_blank"><img border="0" alt="サッカーの試合観戦" src="http://bunndai.up.seesaa.net/image/IMG_1215-thumbnail2.JPG" width="640" height="480"></a>
留学のメンバー
<a href="http://bunndai.up.seesaa.net/image/IMG_1114.JPG" target="_blank"><img border="0" alt="留学のメンバー" src="http://bunndai.up.seesaa.net/image/IMG_1114-thumbnail2.JPG" width="640" height="479"></a>



















posted by wi-fi at 15:57| 大分 ☔| Comment(0) | 2017 UCLan 夏季語学研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

イギリス短期留学研修a

 私はイギリスにあるセントラルランカシャー大学に約2週間ほど留学しました。この大学はイギリスのプレストンというところにあります。プレストンはイギリスの真ん中にあり他の都市への行き来がしやすいです。泊まるところは大学寮です。1つの大きな部屋に1人ずつの小部屋と6人共同のキッチンがあります。洗濯機もロビーの横の部屋にあり、洗濯を待っている間に卓球なども楽しめます。
 大学での授業は週ごとに決めることができ、私は1週目はスポーツ,2週目はカルチャーを選択しました。授業日は月曜日から金曜日で1日5時間程度ありました。(授業と授業の間に休憩が2時間くらい)水曜日だけデイトリップの日で湖水地方、リヴァプール、マンチェスターなどに連れていってもらえます。金曜日は1週間のまとめのプレゼンテーションをクラスごとに行います。
 授業内容はスポーツの時はクリケットやテニスをしました。午前中にルールを学び午後は実際にプレーしました。カルチャーの授業では音楽やイギリス国内での発音の違いなどを学びました。全ての授業が英語で行われるので事前に勉強していくことをお勧めします。英語ができなくても優しく教えてくれますが、聞き取れたほうが断然楽しくなります。
 放課後にはさまざまなイベントを大学側が催してくれて、映画をみたりパブに行ったりスポーツセンターでバドミントンやバスケットボールもできました。参加は自由ですが違う国籍の人もたくさん参加し英語と触れ合える時間が長くなりました。
  休日の過ごし方は近くにあるデパートに入ったりやリスを探しに公園に行ったり、もしくは遠くに出かけました。ロンドンやエディンバラはプレストンから電車で片道2時間半でいけてしまいます。マンチェスターやリヴァプールは30分でいけます。どこの都市も有名な建物が近くに集まっており、1日で見ることができるので日帰りで帰れます。運賃も高くなく、日本にはない綺麗な建物を見ることができるので是非是非留学した場合行ってみてください。
 
 
  
  

大聖堂
IMG_3684.JPG 
フィッシュ&チップス
IMG_3761.JPG
夜中
IMG_4688.JPG
公園
IMG_3807.JPG
エディンバラ
IMG_4674.JPG
マンチェスター
IMG_5012.JPG
コッツウォルズ
IMG_5534.JPG
ロンドン
IMG_6322.JPG
posted by PCme at 19:25| 大分 ☁| Comment(0) | 2017 UCLan 夏季語学研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

SWUB

こんにちは!

最後の投稿になりました〜!

最近の韓国の状況はというと、寒すぎて痛い!!ていう感じです
最高気温がマイナス9度で体感温度がマイナス23度ていう
今までに体験したことない温度を体験できます、、、
韓国で冬を越す場合は覚悟が必要です!


そして今日語学堂の最後のテストが終わりました〜

という訳であと数日で韓国留学が終わります!!

ソウル女子大学がどのような大学だったかというと、
とにかく先生たちが親切で生徒もとても落ち着いてて優しい
そんな印象です。

留学生はたぶん100人近くいると思うのですが、
留学生の対応をする担当の人は一人ひとりの顔と名前とどこの大学から来たのかも
覚えてくれていて、本当にうれしかったです。

これが良いのか悪いのかは人それぞれだと思いますが、入金とか寮のことなど
大事なお知らせなどはそれぞれの国の言葉で書かれたやつを掲示してくれて、
日本語もあったので助かりました!
日本語を喋れる先生も何人もいて、本当に緊急のときは相談できるので心強いです

だからといって日常的に日本語を使う訳ではないのでそこは大丈夫です!!

留学生たちは、女子大ということもあってはぼ女子です
男子は本当に数えられる程度です!

女子の比率が高いからなのか、本当に落ち着いていてお友達も作りやすかったです!

普通学期の語学堂は交換留学生が多くてみんな大学生なんですが
休み期間の語学堂は社会人が多くて
いろいろな生き方があるな〜と知ることもできてそれも良かったです。

語学堂じゃなくて、学科の授業を取ると
当然ですが周りはみんな韓国人で、どの教科書を買うのか成績はどうやって評価するのか
全部韓国語で言われ、テストはグループでプレゼンという授業もあります、、、

留学に行ってすぐこういう授業をとろうと思ったら中々の韓国語の実力が必要だと思いました。

一年留学するのであれば半年間で韓国語をある程度伸ばして
後の半年で学科の授業をとるようにすれば内容も理解できていいのかなとも思います。

私はとってないですが、留学生だけがとれる韓国の文化の授業や
ヨガやバドミントンなど、スポーツを通して韓国人の生徒と関われるような
授業もありました〜


履修の決め方がよくわからなくて迷走することもあると思うので
もし困ったことがあれば私か友達の連絡先を探り当てていつでも
相談してください!!


実際私と友達はソウル女子に長期留学した先輩がみつからなくて
本当にいろいろと困ったので、、、


終わり方が微妙すぎますが、これで終わります!!


とりあず、留学はするべきです!迷うならなおさら!今しかできないことしましょう!!







posted by yul at 22:30| 大分 ☀| Comment(1) | 2017-2018アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

ハンガリー留学 11月、12月

11月、12月分のハンガリー留学について書きます。


10月の終わりから11月の始めにかけてトレーニング週間と秋休みがそれぞれ1週間ありました。トレーニング週間では、全ての学生がその期間だけにある授業を2つ選んで受けます。締め切りギリギリに選ぶと選択肢が少なくなるので、早めに選んだ方がいいと思います。サッカーと俳句の授業を選びましたが、人数不足でサッカーの授業がなくなりましたが、友達についていって他の授業にも参加しました。


秋休みにみんな実家に帰るので、寮はいつもより静かになって少し暇になります。友達の地元に行ったり、ホームステイをしました。ハンガリーでは111日が日本のお盆のような日で祝日になります。友達と友達の両親とお墓参りをしましたが、お墓が広すぎていつも迷うそうです。掃除をして、リースと火をつけたキャンドルを飾って祈ります。


ハンガリーのフォークミュージックの授業を受けているので、フォークダンスを体験したり、フォークミュージックの発表会に参加しました。


11月後半には、ブダペストにある各学校の留学生とハンガリーの学生のチーム対抗スポーツ大会がありました。バレーチームとフットサルチームでリーグ戦が行われます。試合の間には、自転車やポールダンス、チェスなどその他色々なアクティビティがあるので、暇つぶしが出来ますし、楽しいです。


12月中旬からテスト期間が始まります。レポートやプレゼンテーション、テストの準備で忙しくなります。しかし、留学生はクリスマス前にテストが終わって冬休みが始まります。しかし、その後一緒の寮に住んでいたアメリカ人のグループ留学生がアメリカに帰っていったので、とても悲しく寂しかったです。


クリスマスには留学生と集まって、クリスマスイブにはハンガリー人の家で過ごしました。大晦日にはデブレツェンの友達の家で年を越しました。正月になるとみんなでシャンパンで乾杯しました。大晦日にはハンガリーのミュージカルがテレビで流れるそうです。そして花火がハンガリー中で打ち上げられます。


11月くらいからハンガリー人の友達に地元に招いてもらって、色々なおもてなしをしてもらって感謝してもしきれないくらい大変お世話になりました。また、寮では他の部屋の子達が部屋に招いてくれて色々な話をしたり、料理を作ってくれたり、勉強を教えてくれて本当に感謝しています。留学生達も色々なイベントに誘ってくれたり、一緒に遊んでくれてとても楽しく過ごさせてもらっているので、正月以外はホームシックにならずに済んでいます。また、先生方がイベントを紹介してくれたり温泉に誘ってくださり、学生と先生の距離感が近いです。留学始めにカーロリ大学の先生が言っていたようにカーロリ大学は家族のような大学だと言っていたことがしみじみと感じました。来学期は勉強を今まで以上に頑張ります。


posted by まこっちゃん at 19:22| 大分 ☁| Comment(1) | 2017-2018ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

SWUA

こんにちは、おひさしぶりです!

韓国に留学してもう終盤に差し掛かってきました!
終盤というよりあと3週間で終わります、、、

私は半年留学の予定で9月から12月まで普通学期の授業を受けたのですが
冬休み期間にも語学堂に通うことに決めて、2月9日に全てが終わります!

今回は校外のことと費用のこととバディのことを書くと宣言していましたが
さすがに書ききれないので校外のこととバディのことを書きます!

私は韓国に来る前、シャンプーはいるのか洗剤はいるのかとても悩んで
結局全部持ってきました、めっちゃ重かったです、、
ですが、ソウル女子の最寄り駅のファランデ駅の近くにスーパーがあって
そこで買えるので、持ってくる必要はなかったです!

e martという韓国では有名なスーパーで、大きくはないですが
日用品はだいたいそろいます!心配ないです!

さらに、一駅先のボンファサン駅に行けばもっと大きいスーパーもあります!

ご飯を食べるところは、大学近辺にはあまりないです、、、
あることはありますが行かないです、、、

なのでみんなでご飯を食べる時は、20分ぐらいかけてアナムに行ったり
1時間かけて行ったりホンデやコンデに行ったりします。

アナムとコンデがご飯屋さんが多くて本当におすすめです!
ホンデは他より高めです、、ご飯よりは遊ぶ場所って感じです!

韓国は交通費が安くて、何時間乗ったとしても交通費は300円ぐらいで終わるので
どこにでも食べに行けます!!

そこは期待していいです!

次はバディのことです〜

バディは6人ぐらいの班に分かれていて
私の班は韓国人3人に日本人3人アメリカ人1人でした。
その中で韓国人1人がこの留学生を担当して、と決まっていました。

なので個人でご飯を食べに行くこともあれば班みんなで食べにいくということもあります!

私の班はみんな仲が良くて班で行動することが多かったです。
バディの韓国人もとてもいい人たちで、たくさん企画してくれて
いろんなところに連れていってくれました


1.jpg

これは北村です!有名な観光地です!
横にある伝統家屋には今も普通に人がすんでいるんだそうです
すごいですよね、、


3.jpg

班のみんなでチキンを頼んで食べよう!という日もありました!

4.jpg

これはナムサンタワーに行ったときの写真です!

ソウル女子でバディに参加している人たち全員を対象に
バスツアーなどもあったりしました
でもこれは先着順で人数も決まっているので行けたらラッキーです!

私たちのように何回も会った班もあれば
一回も会わなった班もあってそれぞれでしたが
確実に友達の輪は広がるので入ることをおすすめします!



とても長くなってすいません!これで終わりにします!
ビックリマークがやたら多くてごめんなさい。
質問などがあればコメントお願いします!

今回は一回も記事が消えることなくここまでこれました!!拍手!!!












posted by yul at 20:27| 大分 ☁| Comment(1) | 2017-2018アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソウル女子大学A

새해 복 많이 받으세요~

あけましておめでとうございます!

私は韓国で年を明けましたが、韓国はお正月が1月1日ではないので、全然年が明けた感じがしませんでした。家族とおせち料理を食べて、お餅を食べたいなと日本が恋しくなりました。笑


留学してすでに、4カ月が過ぎました〜。長いような短いような…でもほんとにあっという間です😥今ソウルは、寒い日が続いていて、なんとマイナス15度になる日もありました!寒いというよりかは、痛かったです。そして韓国は日本よりも湿度が低く、とても乾燥しています。

5BC6248C-1CDE-457D-BE10-8E0E051DF0D1.jpeg


食事について話したいと思います。学校には食堂が三つあり、スターバックスやパン屋さんもあります。私はいつも寮にある食堂で食べています。値段は2700ウォンくらいです。お昼にはもっと沢山の種類があり、値段も違います。こんな感じです。

3518C8DB-4F77-42BF-999C-BBAEEADCA5A6.jpeg57FFC117-DEA3-4D1B-886F-A6D2EB950A50.jpeg

そして学校の周りや駅にも少し食堂やカフェ、駅前にはスーパーもあります。学校から駅までは徒歩15分ほどです。駅までのスクールバスもあるので便利です。  

また韓国はタクシーがとても安いので、タクシーで行ったとしても400円くらいで行けます。


そして韓国は、宅配サービスが進んでいて、チキン、寿司、麺、アイスまであります。私はよくチキンを友達と宅配します。

F528F6F7-E9C8-4AC6-B21D-6C804F8A1FBD.jpeg
ほんとに韓国のチキンは美味しいので、機会があれば是非食べてみてください

聞きたいことがあれば気軽に聞いてください😇

posted by なつみ at 20:19| 大分 ☁| Comment(1) | 2017-2018アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

ドイツ パダボーン大学A

Frohes neues Jahr!

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます!
ドイツのパダボーン大学に留学中のayatakaです。

今回は、授業とドイツのクリスマスについて書いていきたいと思います!

*授業
2017-18の冬セメスターではドイツ語、英語、経済の授業を3つとりました。

アフタヌーンコース(ドイツ語)
他の授業は2月のあたままであるのですが、ドイツ語の授業は12月で終わってしまいました。9月に受けたクラッシュコースと同じく、スピーキングやゲームを取り入れつつの授業でした。授業時間は16時〜18時30分の2時間半なのですが、ゲームだけで授業が終わってしまったこともあります(笑)9月には先生のドイツ語が全く聞き取れず本当にどうしようかと思いましたがその頃に比べれば聞き取れるようになってきました。次のセメスターでもドイツ語は履修する予定です。

ビジネス英語
この授業では主にスピーキングの練習を行います。ビジネスでのシチュエーションが書かれた紙が配られ、それにそってペアになってロールプレイングをする感じです。それに加え、単語についても少し学習します。今さら単語?と思うかもしれませんが、日本語と同じでニュアンスの違いや使う単語による表現の強さ・弱さはあるのでそれについて詳しく先生が説明してくれます。

ヨーロッパ統合の経済
名前通りですが、EUや経済についての授業です。最初はヨーロッパの統合(EUやその前身組織など)についての歴史から学んでいきましたが、最近は経済の理論も学んでいます。分大で習ったはずのミクロ経済も語彙力が無さ過ぎて何の話をしているのかもよく分からないほどでした・・・。最近はさらに難しくなってきているので1月末のテストに向けてしっかり勉強していきたいと思います。

多国籍企業
こちらも文字通り多国籍企業についての授業ですが授業時間が長いので学習内容は幅広く、グラフを使いながら少し理論的な話をすることもあれば企業での最適な男女比について学ぶこともありました。授業はもちろん英語ですが、たまに先生がドイツ語で説明するので困ることがあります(笑)

ビジネスと経済におけるアジア学
経済学部開講の授業ですが特に経済についてという縛りはなく、生活習慣や大学生活など様々なトピックでドイツとアジアの国との違いについてプレゼンをする授業で、少人数でフランクな雰囲気で行われました。私のグループではお酒におけるドイツと中国、台湾、日本の違いについてプレゼンをしました。

授業については以上です!


*クリスマス
さて、ドイツのクリスマスといえば!!クリスマスマーケットです!!!
ドイツでは11月の下旬からクリスマスまで、大きい町でも小さい町でもクリスマスマーケットが開催されます!
日本では夏祭りのときに色んな屋台が並びますが、あれのクリスマスバージョンみたいな感じです。ただ約1ヶ月ほぼ毎日開催されるので、バスもいつものルートではなく違うルートを走るようになります(笑)スパイスを加えた温かいワイン(グリューワイン)や食べ物、お菓子、クリスマスの飾り、キャンドル、手袋や帽子などの防寒具まで色々なものが売られています。
中学生の時に存在を知ってからずっと憧れていたので、実際に行けてとても嬉しかったです!!


Aachen.jpg
↑奥がアーヘン大聖堂、手前にはクリスマスマーケットが広がっています。
この時はまだ夕方でしたが、夜になるとライトアップされて本当に綺麗です!


IMG-2887.JPG
↑ケルンです。アングルが微妙ですみません、、、
ケルン大聖堂は本当に圧倒されました!

IMG-2902.JPG
IMG-2708.JPG
↑その都市のシンボルとなる建物(大聖堂や市庁舎)の置物やクリスマスツリーに飾るオーナメントなども売られています。


*さいごに
ドイツだけでなくヨーロッパではクリスマスは家族と過ごすものらしく、ヨーロッパの国からの留学生は自国に帰ったりドイツ人の友達も皆実家に帰ってしまい少し寂しかったですが、年越しは大人数でにぎやかに過ごしました。ドイツでは年越しの時は外に出て花火をします。手持ちもありますが打ち上げ花火も多いです。その辺の路上でするので頭の真上で花火が打ちあがり、すごい迫力で最初は本当に怖かったです。慣れると周りでたくさんの花火が打ち上げられているのを見ることができ、とても綺麗でした!
さて、来年留学を目指している人はもうすぐ面接の時期でしょうか?去年めちゃくちゃ緊張しながら臨んだ覚えがあります(笑)これが終わればあとは結果を待つだけなのでもうひといき頑張って下さい!

それでは今回はこのへんで!


続きを読む
posted by ayataka at 07:25| 大分 ☁| Comment(1) | 2017-2018ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする